イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

カテゴリ:賞/アウォード( 70 )



e0038047_14320387.jpg

2018年7月24日(火)、“アフタヌーンティー・アウォーズ(賞)2018”の発表、および授賞式が
ロンドンのHotel Cafe RoyalPompadour Ballroomを会場に行われました
(ちなみにHotel Cafe Royalは、昨年2017年の“最優秀伝統的アフタヌーンティー”に輝いたスポットです)。
その様子はこちら(↓)。
Afternoon Tea Awards 2018 Winners Announced
https://afternoontea.co.uk/blog/the-afternoonteacouk-team/afternoon-tea-awards-2018/


Top Afternoon Tea Award Winners
https://afternoontea.co.uk/top-afternoon-tea-award-winners/


各賞およびおすすめとして選ばれたアフタヌーンティー・スポットは以下のとおりです。


○最優秀伝統的アフタヌーンティー/Best Traditional Afternoon Tea
Coworth Park

○最優秀モダン・アフタヌーンティー/Best Contemporary Afternoon Tea
Rosewood London

○最優秀テーマ性のあるアフタヌーンティー/Best Themed Afternoon Tea
Ampersand Hotel

○最優秀子どもにやさしいアフタヌーンティー/Best Children's Afternoon Tea
Fortnum & Mason

○最優秀サーヴィスの優れたアフタヌーンティー/Best Tea Service
The Langham, London


○これらも甲乙つけがたい/Highly Commended
01. Celeste at The Lanesborough
02. Mandarin Oriental Hyde Park London
03. Hotel Cafe Royal
04. Corinthia Hotel London
05. The Langham, London
06. Harrods
07. Intercontinental London Park Lane
08. Fortnum & Mason
09. The Savoy
10. Landmark London

11. Kona at Taj Hotel St James' Court
12. The Dorchester
13. St James's Hotel and Club
14. Jean Georges at The Connaught
15. Chinoiserie Jumeirah Carlton Tower
16. Ampersand Hotel
17. Chesterfield Hotel Mayfair
18. Meridian Lounge at InterContinental London - The O2
19. The Capital Hotel
20. The Milestone Hotel

21. Aqua Shard
22. Grosvenor House
23. Sanderson London
24. The Den St Martin's Lane
25. COMO The Halkin
26. Royal Lancaster London
27. Claridge's
28. Pennyhill Park
29. The White Horse(ロムジー)
30. Café at the Palace(エディンバラ)


○おすすめ/Commended
01. Dandelyan at The Mondrian
02. Egerton House
03. Sheraton Grand London Park Lane
04. The Wellesley
05. Conrad London St James
06. The Montague on the Gardens
07. London Hilton on Park Lane
08. The Stafford London, St James's
09. Verdi at Royal Albert Hall
10. Rubens at the Palace

11. Hush
12. Marriott Hanbury Manor(ウェア)
13. Laura Ashley - The Tea Room(ソリフル)
14. Cuthbert's Bakehouse(リヴァウール)
15. The Grand(ヨーク)
16. Principal York(ヨーク)
17. Caledonian Waldorf Astoria(エディンバラ)
18. Galgorm Resort & Spa(北アイルランド)


各賞と“これらも甲乙つけがたい”は入れ替わり立ち替わりといった感が否めませんが、
“おすすめ”は、例えば09のVerdi at Royal Albert Hallといったロイヤルアルバート・ホールのイタリア料理店が入っていたり、地方の(比較的)新しいお店も入っていたりで、
ほかには見ないラインナップは、なかなか新鮮です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○アフタヌーンティー・アウォーズ2017 → https://ricorice.exblog.jp/25940575/
○アフタヌーンティー・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24585472/
○値段順、ロンドンのアフタヌーンティー・スポット38選 → https://ricorice.exblog.jp/26117220/
○2017年ロンドンのアフタヌーンティースポット・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/25173571/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-08-02 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

e0038047_23363129.jpg

今年のイギリスのトップ100レストランを伝える
ナショナル・レストラン・アウォーズ2018
National Restaurant Awards 2018
http://www.nationalrestaurantawards.co.uk/

が、2018年6月11日(月)、ロンドンはThe Hurlingham Clubを会場に発表と授賞式が行われました。

気になる1〜100位のレストランを以下にお知らせします。
(店名の隣の数字は昨年2017年の順位 *以下はそのレストランが受賞した賞)


01. Kiln(ロンドン) 09 *National Restaurant of the Year
02. Sabor(ロンドン)
03. A Wong(ロンドン) 03
04. Core by Clare Smyth(ロンドン) *The Service Award
05. L'Enclume(カートメル、カンブリア) 17
06. Moor Hall(オートン、ランカシャー) 70
07. Lyle's(ロンドン) 12
08. Restaurant Sat Bains(ノッティンガム) 16
09. The Sportsman(シーソルター、ケント) 01 *Gastropub of the Year
10. Nathan Outlaw(ポート・アイザック、コーンウォール) 27

11. Bibendum(ロンドン) 23
12. The Coach(マーロウ、バッキンガムシャー) 32
13. Coombeshead Farm(ローンセストン、コーンウォール) 18
14. Brat(ロンドン)
15. Padella(ロンドン) 39
16. Quality Chop House(ロンドン) 43
17. The Ledbury(ロンドン) 02
18. Freemasons at Wiswell(クリザーロー、ランカシャー) 77
19. Wreckfish(リヴァプール)
20. The Black Swan(オールドステッド、ノース・ヨークシャー) 58

21. River Café(ロンドン) 11
22. Indian Accent(ロンドン)
23. No 6, Paul Ainsworth(パドストウ、コーンウォール) 71
24. El Pastor(ロンドン) 65
25. Le Manoir Aux Quat'Saisons(グレイト・ミルトン、オックスフォードシャー) 55
26. Ondine(エディンバラ、スコットランド) 89 *Best in Scotland
27. Casamia(ブリストル) 06
28. Ynyshir(ポーイス、ウェールズ) *Best in Wales
29. Som Saa(ロンドン) 04
30. House of Tides(ニューカースル)

31. The Clove Club(ロンドン) 07
32. The Fat Duck(ブレイ、バークシャー) 15
33. Chez Bruce(ロンドン) 35
34. Elystan Street(ロンドン) 08
35. The Crown at Burchetts Green(メイデンヘッド、バークシャー) 51
36. Trinity(ロンドン) 46
37. Little Fish Market(ホヴ) 44
38. The Walnut Tree(アバガヴァニー、ウェールズ) 20
39. Quo Vadis(ロンドン) 72
40. The Seahorse(ダートマス、デヴォン)  76

41. Barrafina(ロンドン) 05
42. Lorne(ロンドン) 91
43. The Waterside Inn(メイデンヘッド、バークシャー) 21
44. Brawn(ロンドン) 28
45. Raby Hunt(ダラム) 25
46. Hispi(マンチェスター) 54
47. Hoppers(ロンドン) 13
48. Midsummer House(ケンブリッジ) 26
49. Noble Rot(ロンドン) 36 *Wine List of the Year
50. Gymkhana(ロンドン) 22

51. Nuala(ロンドン)
52. Hedone(ロンドン) 10
53. Alchemilla(ノッティンガム)
54. Kricket(ロンドン) 80
55. Pollen St Social(ロンドン) 67
56. Tyddyn Llan(コーウェン、ウェールズ)
57. Root(ブリストル)
58. St John Bread & Wine(ロンドン) 95
59. The Star Inn(ハローム、ノース・ヨークシャー) 82
60. Farang(ロンドン)

61. Holborn Dining Room(ロンドン) 66
62. The Hand & Flowers(マーロウ、バッキンガムシャー) 41
63. Wilson’s(ブリストル)
64. 40 Maltby Street(ロンドン) 42
65. Black Axe Mangal(ロンドン) 63
66. Carter's(バーミンガム)
67. The Palomar(ロンドン) 14
68. Smoking Goat(ロンドン) 49
69. The Beehive(ホワイト・ウォーザン、バークシャー) 93
70. The Hardwick(アバガヴァニー、ウェールズ) 83

71. Timberyard(エディンバラ、スコットランド) 62
72. Xu(ロンドン)
73. The Dairy(ロンドン) 19
74. Le Gavroche(ロンドン) 38
75. Paco Tapas(ブリストル)
76. The Parker's Arms(クリザーロー、ランカシャー)
77. Rambla(ロンドン)
78. Wine & Brine(モイラ、北アイルランド) 84 *Best in Northern Ireland
79. The Frog by Adam Handling(ロンドン)
80. Where The Light Gets In(マンチェスター)

81. Bonhams(ロンドン)
82. Andrew Fairlie(アーキテラーダー、スコットランド) 87
83. Fraiche(オクストン、チェシャー)
84. Restaurant Story(ロンドン)
85. Sardine(ロンドン)
86. The Ritz(ロンドン)
87. Kitchen Table(ロンドン)
88. Inver(ストラチャー、スコットランド)
89. Lima(ロンドン)
90. The Fordwich Arms(スタリー、ケント)

91. Frenchie(ロンドン) 37
92. The Elephant Restaurant(トーキー、デヴォン) 24
93. The Barbary(ロンドン)
94. Neo Bistro(ロンドン)
95. Mark Greenaway(エディンバラ、スコットランド)
96. Morston Hall(モーストン、ノーフォーク)
97. Northcote Manor(ラングホー、ランカシャー)
98. Westerns Laundry(ロンドン)
99. Perilla(ロンドン)
100. Ikoyi(ロンドン)


結果は、ロンドン・ソーホーにある、タイをベースとしたモダン東南アジア料理店、Kilnが1位に。

上記のランキングに併記できなかった賞の受賞はこちら。
*Lifetime Achievement Award:レイモンド・ブラン(ク)/Raymond Blanc
※レイモンド・ブラン(ク)は、25位のLe Manoir Aux Quat'Saisonsのシェフ
*One to Watch: Cornerstone
*Sustainable Restaurant of the Year: ODE true food
*OpenTableDiner’s Choice ‘Fit for Foodies’ Award: The Chef's Table
*Chef's Chef of the Year:ニエーベス・バラガン・モハチョ/Nieves Barragán Mohacho
*Chef to Watch: トム・ブラウン/Tom Brown
*Cocktail List of the Year: Temper
*Restaurateur of the Year: JKS Restaurants


相変わらず入れ替わりが激しいなぁ。
私の印象としては、ゴージャスというよりは、よりきれいな(clean)な方向にシーンが向かっているのかなぁ、です。


メディアによる寸評はこちらをどうぞ(↓)。

Big Hospitality(イギリスの飲食メディア)
Soho’s Kiln named Best Restaurant in the UK
https://www.bighospitality.co.uk/Article/2018/06/11/Soho-s-Kiln-named-Best-Restaurant-in-the-UK


Hot Dinners(イギリスの飲食メディア)
Soho's Kiln is crowned top restaurant in the UK at the 2018 National Restaurant Awards
https://www.hot-dinners.com/Gastroblog/Latest-news/kiln-soho-no-1-national-restaurant-awards-100-best-britain-2018


London Evening Standard(ロンドンの夕刊)
Soho’s Kiln crowned the UK's best restaurant at the National Restaurant Awards
https://www.standard.co.uk/go/london/restaurants/soho-s-kiln-crowned-best-uk-restaurant-at-national-restaurant-awards-a3860331.html



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2017 → https://ricorice.exblog.jp/25849829/
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24537044/
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2015 → http://ricorice.exblog.jp/23478309/
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2014 → http://ricorice.exblog.jp/22167271/
○続・ナショナル・レストラン・アウォーズ2014 → http://ricorice.exblog.jp/22170111/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-06-13 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

e0038047_02593769.jpg

今年、2018年で第6回目となるイギリスのデパート、フォートナム&メイソン/Fortnum & Masonによる
F&Mフード・アンド・ドリンク・アウォーズ2018
Food and Drink Awards 2018
https://www.fortnumandmason.com/events/food-and-drink-awards-winners

が5月10日(木)に発表されました。

受賞作品&受賞者は以下のとおりです。

<食の本/Food Book Winner>
The Christmas ChroniclesNigel Slater


<料理本/Cookery Book Winner>
The Sportsman』Stephen Harris


<食の本・デビュー作/Debut Food Book Winner>
Salt, Fat, Acid, HeatSamin Nosrat


<ドリンク本/Drink Book Winner>
The Wine Dine DictionaryVictoria Moore


<ドリンク本・デビュー作/Debut Drink Book Winner>
Bursting Bubbles』Robert Walters


<写真家/Photographer Winner>
Hugh Johnson

<テレビ番組/Programme Winner>
Nadiya's British Food AdventureBBC Studios


<フードライター/Food Writer Winner>
Bee Wilson: 「The Guardian」「Observer Food Monthly

<料理本ライター/Cookery Writer Winner>
Meera Sodha:「The Guardian Weekend magazine

<ドリンクライター/Drink Writer Winner>
Nina Caplan:「New Statesman

<レストランライター/Restaurant Writer Winner>
Jay Rayner:「The Guardian Weekend magazine

<ラジオ番組&ポッドキャスト/Radio or Podcast Winner>
The Food Programme: TurmericBBC Radio 4

<特別賞/Special Award Winner>
Ruth Rogers

<今年の顔/Personality of the Year Winner>
Nadiya Hussain
※一般投票によって選出


至極まっとうな選出かな、と感じます。
<特別賞>に選ばれた、Ruth Rogersは、30余年前の1987年、イギリスにモダンカジュアル・イタリアンをもたらしたレストラン、River Cafeの創設者。
(もうひとりの共同創設者、Rose Grayは2010年に逝去)。
Chef Ruth Rogers on 30 years at The River Cafe
https://www.ft.com/content/9367b5ce-9d90-11e7-9a86-4d5a475ba4c5


あまりに有名な店ですが、ここで働いていたJamie Oliver/ジェイミー・オリヴァーがBBCの目にとまり、一躍有名人の仲間入りとなり社会現象となったテレビ番組『The Naked Chef』(1999- 2001年)に大抜擢されたエピソードでも知られます。

そして、<今年の顔>のNadiya Hussain/ナディア・フセイン
放送中から大きな人気を博したテレビ番組『The Great British Bake Off』の2015年優勝者で、その後の活躍もめざましい。

この賞だけはジャッジではなく、一般投票によるもので、いかに彼女の高い人気を誇っているのかが、よく分かります。


私がときどき聞くラジオ番組も入賞!
The Food Programme』。
BBCはテレビ・ラジオともおっかけて視聴できるようになっていて(テレビは日本だと観られない。。。)、
ラジオは放送後1カ月だったか4週間だったか、聞き放題(時間制限なし)なのが本当にありがたい!


最後に、このアウォーズの審査員はこちらの7人です(今年の顔/Personality of the Year Winnerのみ一般投票>。
・審査員長: Ewan VentersFortnum & Mason CEO)
Diana Henry(作家、ブロードキャスター、「The Sunday Telegraph」フードライター、「Stella Magazine」コラムニスト)
José Pizarro(作家、「José Tapas」「Pizarro Rrestaurant」「José Pizarro Broadgate」「Little José」シェフオーナー)
Marina O'Loughlin(「The Sunday Times Magazine」レストラン評論家)
Dan Keeling(「Noble Rot Magazine」共同創始者&エディター、「Noble Rot Wine Bar & Restaurant」共同オーナー)
Henry Jeffreys(「The Spectator」「The Guardian」「Food & Wine」ドリンク情報&知識協力者、『Empire of Booze』著者)
Pete Brown(ビール、サイダー/シードル、ドリンクカルチャー専門ブロードキャスター、作家、ジャーナリスト)


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○発表! F&Mフード・アンド・ドリンク・アウォーズ2017 → https://ricorice.exblog.jp/25783230/
○オブザーバー・フード・マンスリー・アウォーズ2017 → https://ricorice.exblog.jp/26085869/
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2017年のベスト・フードブック11選 → http://ricorice.exblog.jp/26233052/
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2017年のベスト・ドリンクブック10選 → https://ricorice.exblog.jp/26233053/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞2017 → https://ricorice.exblog.jp/26295378/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-05-17 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

飲食店デザインを対象にした、
レストラン&バー・デザイン・アウォーズ
Restaurant & Bar Design Award
http://restaurantandbardesignawards.com/


イギリスをベースにしたこの賞の、2017年の受賞者が発表されました
(といっても、2017年秋に、なので、ちょっと時間が経っちゃいましたが)。
レストラン&バー・デザイン・アウォーズ 2017
Restaurant & Bar Design Award 2017
https://restaurantandbardesignawards.com/archive/16-17


<イギリス><イギリス&国際><国際>
の3つのエリアに大別して、賞が設けられています。
当ブログでは、<イギリス>の入賞店をご紹介します。(店名のあとは担当の設計デザイン会社)


○ベスト・レストラン/Best UK Restaurant
Fucina(ロンドン) by Andy Martin Architecture

○ベスト・バー/Best UK Bar
The Escapologist(ロンドン) by Finch Interiors


○スタンドアローン・レストラン部門/Standalone Restaurant<
Clerkenwell Grind(ロンドン) by Biasol Design Studio

○ホテル内の店舗部門/Restaurant or Bar in a hotel
Eneko(ロンドン) by Casson Mann

○ロンドンのレストラン部門/London Restaurant
Fucina(ロンドン) by Andy Martin Architecture

○歴史的建造物内店舗部門/Restaurant or Bar in a heritage building
Lost & Found(ナッツフォード) by Concorde BGW

○一風変わったところにある店舗部門/Restaurant or Bar in another space
Nando's Putney Kitchen(ロンドン) by Fusion DNA

○カジュアル店舗部門/Fast/Casual
Nelson's Diner(ニューベリー) by Prosper

○パブ部門/Pub
No 197 Chiswick Fire Station(チズィック) by Red Deer Architects & Box 9 Design

○マルティプル・レストラン部門/Multiple Restaurant
Obica(ロンドン) by Superfutures

○バー&クラブ部門/Bar or Club
The Escapologist(ロンドン) by Finch Interiors

○ロンドンのバー部門/London Bar
The Kitty Hawk(ロンドン) by Russell Sage Studio

○ショップ内店舗部門/Restaurant or Bar in a retail space
Wallpaper* Bar + Kitchen(ロンドン) by Virgile + Partners


ちなみに、<イギリス&国際>部門で入賞したイギリスの店舗はこちら。

○屋外店部門/Outside
Colicci(ロンドン) by Mizzi Studio

○ラグジュアリー部門/Luxury
Collins Room(ロンドン) by Robert Angell Design Internationa

○ポップアップ部門/Pop-Up
Coppa Club(ロンドン) by Inhouse Design


先日、取材で若いシェフの方と話したときのこと。
「料理の知識とか技術は日本である程度培ってから渡仏したので、
現地ではそれらをなぞる、って感じでした。
むしろ、店舗デザインが個性的なところが多く、実際にアイディアもお金もかけていて、
そっちの方が刺激的でした」

そんなことをおっしゃっていて、あ〜、わかる〜!だったのです。
もはや現地に行かなくっても、特にフランス料理&菓子、イタリア料理は、
日本のヴァラエティの豊かさ、そして厚みは、すごいな〜、で、
実際に現地修業せずして活躍なさっている方もいらっしゃいます。

その若いシェフがおっしゃったように、
私が外国の飲食店と日本のそれとの大きな違いは、 “食がテーマの総合演出としての場”だと思うんですよね。
それを押し進めているのは店舗デザインで、
工夫を凝らしたところ、ワクワクする店舗が多く、
「こういう空間ならその分お金払っても当然だな〜」って思わせるような、ね。


上記のポップアップ部門で選ばれた、Coppa Clubはロンドン・ブリッジ近くに、
透明なイグルー、っぽい、というか、大きなスノードームっぽい、というか、な建物が登場し、
お客はその中で、食事を摂る、という。

提供されるメニューは二の次三の次で、
わ〜っ、行ってみたい!って思わず前のめりになっちゃいましたもんね。

これが“デザインの勝利”なんだよなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○発表! レストラン&バー・デザイン・アウォーズ2014/15 → https://ricorice.exblog.jp/23811822/
○2017 R200アウォーズ発表! → https://ricorice.exblog.jp/26503730/
○店構えがステキ! それだけでも訪問する価値あるロンドンの店41選 → https://ricorice.exblog.jp/24999425/
○ロンドンのスタイリッシュなレストラン・ベスト9
http://ricorice.exblog.jp/24951738/
○インテリアが素敵! ロンドンのレストラン・ベスト7 → http://ricorice.exblog.jp/24851870/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-03-07 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

e0038047_09075975.jpg

2018年1月25日(木)、
フィッシュ&チップス・アウォーズ
The National Fish & Chips Awards
http://www.fishandchipawards.com/

が、今年で30年目を迎え、
ロイヤル・ランカスター・ロンドン/Royal Lancaster Londonで式典を開催。受賞者が発表されました。

いくつかの部門に分かれているこの賞、主だった部門の受賞リストを以下に紹介します。

<持ち帰り/Shop部門>
○大賞/National Winner
Millers Fish & Chips(ハックスビー、ノース・ヨークシャー)

○2位/2nd Place
Burton Road Chippy(リンカン、リンカンシャー)

○3位/3rd Place
Harbourside Fish & Chips(プリマス、デヴォン)

<イートイン/Restaurant部門>
○大賞/National Winner
The Pelican(バーンステープル、デヴォン)

○次点/Other Finalists
Eric’s Fish & Chips(ソーナム、ノーフォーク)
Poppie’s Fish & Chips(ソーホー、ロンドン)
Something Else Fishy(ミルボーン・ポート、ドーセット)
The Cod's Scallops(ノッティンガム、ノッティンガムシャー)
Trenchers Restaurant(ウィットビー、ノース・ヨークシャー)

<ヘルシー/Healthy Eating部門>
○大賞/National Winner
Fish City(ベルファスト、北アイルランド)

○次点/Other Finalists
Penaluna’s Famous Fish & Chips(ロンザ・カノン・タフ、ウェールズ)
The Dolphin Takeaway(ダンガノン、北アイルランド)

<ニューカマー/Best Newcomer部門>
○大賞/National Winner
Malt and Anchor(サイレンセスター、グロスタシャー)

○次点/Other Finalists
Fish & Chips @ Weston Grove(チェスター、チェシャー)
Quayside. Restaurant & Fish Bar(グードン、スコットランド)


ほかにもサステナブル、マーケティング、サーヴィス、スタッフトレイニング、オペレーション、モバイル、給食(!)など、さまざまな部門賞が設けられています。
給食ってのが、さすが本国ですねぇ(受賞対象は行政機関や学校です)。
フィッシュ・フライディ/Fish Fridayにひっかけた、“Fish & Chip Friday’ – The School Meal Education Award”って部門タイトルもかわいい。

これらの賞、気になる方はオリジナル記事(↓)でご確認を!
http://www.fishandchipawards.com/images/pagebuilder/NFCA2018-WinnersandFinalistBrochure.pdf


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○フィッシュ&チップス・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/25406974/
○フィッシュ&チップス・レストラン・ベスト10 for 2017 → http://ricorice.exblog.jp/24780431/
○フィッシュ&チップス・ショップ・ベスト10 for 2017 → http://ricorice.exblog.jp/24776644/
○フィッシュ&チップス・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24166117/
○ フィッシュ&チップスだけじゃない! イギリスのこのエリアではこの魚料理を試したい! → http://ricorice.exblog.jp/25903055/
○ ランチ@ポピーズ/Poppie's(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/26325157/



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-02-07 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

2017 R200アウォーズ発表!


e0038047_21194093.jpg

日本でもメディアで取り上げられるので、ご存知の方も多いと思うのが、
毎年春、イギリスの飲食業界誌「Restaurant Magazine」によって発表される世界のベストレストラン。
このメディア、そもそもが業界向けなので、こんな賞も設置されています。

それは、
R200 Awards: Overall Restaurant Operaror Awards at Restaurant Magazine
http://www.r200.co.uk/
(R200は、トップ200レストラングループの略。イギリスのレストラン・ネットワークと捉えるとよいかと)

遅くなってしまいましたが、昨年、2017年について、2016年12月6日(水)に各賞受賞レストランが発表されました。
Blacklock named Best New Scaleable Concept at R200 Awards
https://www.bighospitality.co.uk/Article/2017/12/07/Blacklock-named-Best-New-Scaleable-Concept-at-R200-Awards



各受賞レストランは以下のとおりです。

<優秀店舗デザイン/Most Effective Restaurant Design>
Gaucho, birmingham

<ニュー・コンセプト/Best New Scaleable Concept>
Blacklock

<ベスト・ドリンク/Best Restaurant Drinks Offer>
The Alchemist

<店舗が20以下の優良バリュー店/Best Value Restaurant Operator - Under 20 sites>
Flat Iron

<店舗が20以上の優良バリュー店/Best Value Restaurant Operator - Over 20 sites>
Franco Manca

<食事に注力したパブ会社・オブ・ザ・イヤー/Food-Led Pub Company of the Year>
ETM Group

<新店・オブ・ザ・イヤー/Opening of the Year>
The Ned

<ベスト・ファミリーレストラン/Best Family Restaurant Operator>
Bill's

<店舗が20以下の優良店/Best Restaurant Operator - Under 20 sites>
Dishoom

<店舗が20以上の優良店/Best Restaurant Operator - Over 20 sites>
Wagamama

<陰の立役者・功労賞/Unsung Hero Award>
Paul Moran


レストラングループのネットワークを対象とした賞なので、
シェフ名を掲げたファインダイニングではなく、スマートカジュアルで何店舗か展開している店舗が多いのですが、
おもしろいのは、Wagamamaや、今回は選ばれていないけれど前回は受賞レストランに選ばれたNando'sといった、ファストフードに限りなく近い飲食店も選ばれていること。
確かにこれらの店舗は人気店だし、企業努力も相当だと見受けられるのですが、
そういう店舗もしっかり選ばれる、このあたりのフラットな視点がおもしろい!のです。

私にとっての問題は、この手のファストフードちっくなお店は見つけやすいし、いつでも行ける安心感からつい後手に回ってしまうこと。
次の渡英では、こういう店舗を改めて訪問したいな!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2016 R200アウォーズ発表! → http://ricorice.exblog.jp/24974512/
○2015 R200アウォーズ発表! → http://ricorice.exblog.jp/23939516/
○イギリスの業界誌が選ぶ2017年“世界のベストレストラン50” → http://ricorice.exblog.jp/25670504/
○イギリスの業界誌が選ぶ2017年“世界のベストレストラン”51〜100位 → http://ricorice.exblog.jp/25651934/
○ブランチ@ビルズ/Bill’s(ルイス) → http://ricorice.exblog.jp/26104817/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-02-02 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

前回、前々回とお伝えした、イギリスのフードマガジン「Great British Food Magazine」による
イギリス・食の生産者賞2017” と、
イギリス・読者が選ぶフード大賞 2017”。

こちらのオリジナル記事(↓)には、
http://greatbritishfoodmagazine.com/awards/winners/
もうひとつ賞がありまして、それはイギリスの8つのエリアから優れた食品小売店を対象としたもの。
実際には地元住民でないと有益な情報とはいえないのですが、
でも、だからこそこういった情報が、エリアごとにバラバラではなく、まとまって紹介されるというのはそうそうないので、貴重だなぁ、と感じるわけです。

そんなわけで、2017年のエリアごとの“食品小売店/Best Independent Retailer”受賞ショップは以下のとおりです。

○南部イングランドのショップ/South Of England
Foxholes Farm Shop(ハートフォードシャー)
…次点 Cheeses(マズウェル・ヒル、ロンドン)、The Hungry Guest(ケント&ウェスト・サセックス)

○西部イングランドのショップ/West of England
Padstow Farm Shop(コーンウォール)
…次点 Darts Farm Shop(デヴォン)、Washingpool Farm Shop(ドーセット)

○東部イングランドのショップ/East Of England
The Norfolk Deli(ノーフォーク)
…次点 Suffolk Food Hall(サフォーク)、Gog Magog(ケンブリッジシャー)

○ミッドランズのショップ/Midlands
Chatsworth Estate Farm Shop(ダービーシャー)
…次点 Ludlow Farm Centre(シュロップシャー)、Becketts Farm Shop(バーミンガム)

○北部イングランドのショップ/North Of England
Keelham Farm Shop(ソーントン&スキップトン)
…次点 The Hollies Farm Shop(チェシャー)、Fodder(ノース・ヨークシャー)

○ウェールズのショップ/Wales
Penylan Pantry(カーディフ)
…次点 Rhug Estate Farm Shop(デンビーシャー)、Llwynhelyg Farm Shop(ケレディジョン)

○スコットランドのショップ/Scotland
The Scottish Deli(パースシャー)
…次点 Valvona & Crolla(エディンバラ)、Ardoss Farm Shop(ファイフ)

○北アイルランドのショップ/Northern Island
Pheasants' Hill Farm(ダウンパトリック)
…次点 Ballylagan Organic Farm(ダウン州)


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリス・食の生産者賞2017 → http://ricorice.exblog.jp/26295377/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2017 → http://ricorice.exblog.jp/26295378/
○イギリス・食の生産者賞2016 → http://ricorice.exblog.jp/24642068/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2016 → http://ricorice.exblog.jp/24644034/
○オブザーバー・フード・マンスリー・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/26085869/
○発表! F&Mフード・アンド・ドリンク・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/25783230/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-01-19 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

e0038047_22251685.jpg

前回お伝えした、イギリスのフードマガジン「Great British Food Magazine」による“イギリス・食の生産者賞2017” 。
http://greatbritishfoodmagazine.com/awards/winners/

イギリス・食の生産者賞2017”はプロによる選定ですが、ほかにも賞があり、それは読者が選んだもの。
1万1000人もの読者が選んだ賞は、食品アイテムだけでなく、テレビ出演者やブロガー、料理本などの部門も設けられ、個人的にはこれが非常に興味深い。

そんなわけで、2017年の受賞は以下のとおりです。

○テレビ出演者/Best British TV Personality
Mary Berry
…次点 James MartinThe Hairy Bikers

○小売店/Multiple Retailer
Waitrose
…次点 AldiM&S

○イギリスの食品ブランド/Best British Food Brand
Tyrrells
…次点 BettysMaldon Sea Salt

○クッカリースクール/Best Cookery School
River Cottage
…次点 Leiths School of Food and WineRick Stein's Cookery School

○キッチン用品ブランド/Best Cookware Brand
Lakeland
…次点 KenwoodAga

○フードライター/Best Food Writer
Nigel Slater
…次点 Jay RaynerGiles Coren

○ドリンクライター/Best Drinks Writer
Olly Smith
…次点 Oliver WardFiona Beckett

○オンライン・フードショップ/Best Independent Online Retailer
The Cheese Shed
…次点 The Cornish FishmongerThe Whisky Exchange

○イギリスの新商品/Best New British Product
The Yorkshire Meatball Co
…次点 Booja-Booja Dairy Free Ice CreamManchester Gin

○レストラン/Best British Restaurant
The Hand & Flowers – Tom Kerridge(マーロウ)
…次点 The Man Behind the Curtain - Michael O'Hare(リーズ)、Dinner – Heston Blumenthal(ロンドン)

○料理本/Best British Cookbook
Super Food Family Classics』by Jamie Oliver

…次点 『Long Weekends』by Rick Stein、『Fresh India』by Meera Sodha

○フードブログ/Best Food Blog
Eat Like a Girl – eatlikeagirl.com
…次点 My Fussy Eater – myfussyeater.comLavender and Lovage, lavenderandlovage.com


料理本が一番顕著で、これ、2017年の賞ですが、メディアを賑わせていたのは1年前の2016年。実際にユーザーが手にとって判断するまでには、当然その分時間がかかるので、1年前に批評されていたのが、リアルな結果として表れた恰好です。

料理本部門の大賞となったのは、Jamie Oliver/ジェイミー・オリヴァーの『Super Food Family Classics』ですが、
実際のところ、彼の著作で2017年売れたのは、『5 Ingredients - Quick & Easy Food』。


この本は、2017年11月中旬時点で、イギリスでこの年もっとも売れた料理本で( → http://ricorice.exblog.jp/26218882/)、
イギリス国内だけですでに50万部近くの売上げがあったのですが、購入はしていてもまだ評価の対象にはいたっていない、ということ。

本が出版されたり、店が開業したり、ブログやインスタグラムが話題になったりすると、とかく沸騰した時点で情報は伝達され、こちらもそれを収集(そして選択)するのですが、
実のところどう消費されたか、つまり、ユーザーのいい!という評価は、こういう賞に反映されるので、検証も大事だなぁ、とつくづく感じるのです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリス・食の生産者賞2017 → http://ricorice.exblog.jp/26295377/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2016 → http://ricorice.exblog.jp/24644034/
○イギリス・食の生産者賞2016 → http://ricorice.exblog.jp/24642068/
○オブザーバー・フード・マンスリー・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/26085869/
○発表! F&Mフード・アンド・ドリンク・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/25783230/
○2017年イギリスでよく売れた料理本・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/26218882/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-01-18 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

e0038047_00002936.jpg

イギリスのフードマガジン「Great British Food Magazine」による食の生産者賞/Great British Food Producer Awards 2017。
http://greatbritishfoodmagazine.com/awards/winners/
受賞者リストは以下のとおりです。


○チーズ/Cheese(選者は、エグゼクティブシェフのDan Doherty@a href=" https://duckandwaffle.com/" target="_blank">Duck & Waffle(ロンドン))
Cornish Kern@Lynher Dairies
…次点 Yorkshire Blue@Shepherds Purse、Baron Bigod@Fen Farm Dairy

○食用油/Cooking Oil(選者は、料理家のRachel Allen
Gold Cold Pressed Rapeseed Oil@Ocado
…次点 Extra Virgin Cold Pressed Rapeseed Oil@Hillfarm、Gold@Borderfields

○乳製品/Dairy(選者は、オーナーシェフのSimon RoganL’Enclume(カンブリア))
Greek Style Yoghurt made from Fresh Jersey Cream@Cotteswold Dairy
…次点 Honey Ice Cream@Handmade by Hadley’s、Blackcurrant & Liquorice Ice Cream@Beckleberry’s

○加工品/Savoury Preserve(選者は、園芸家&料理家のSarah Raven
Black Garlic Ketchup@Hawkshead Relish Company
…次点 Spicy Apple Chutney@Heidi Jane Preserves、Spicy Tomato & Sticky Onion Chutney@Mrs Darlington’s

○シリアル/Cereal(選者は、シェフのMichel Roux Jr.Le Gavroche
Oat & Nut Granola@Husk & Honey
…次点 Organic Naked Barley Flakes@Hodmedod’s、Apple & Peanut Granola@Spoon Cereals

○食事パイ/Savoury Bake(選者は、シェフのNathan Outlaw
Leek & Kentish Blue Cheese Tart@Bessie’s Tea Parlour
…次点 Chicken & Chestnut Pie@Fuud Ltd’s、Beef, Horseradish & Cheddar Pie@Aryzta

○甘いもの/Confectionary(選者は、パティシエのEric Lanlard
First Class Chocolate Collection@Lauden
…次点 Salted Caramel Gourmet Popcorn@Popcorn Shed、Liquorice Toffees@Walkers Non Such

○プリザーヴ・ジャム/ Sweet Preserve(選者は、料理家のRosemary Shrager
Blood Orange & Gin Marmalade@Ludlow
…次点 Strawberry Jam with Norfolk Lavender@Season’s Bounty、Orange Brownie Butter@Gower Cottage Brownies Ltd

○焼き菓子/Sweet Bake(選者は、「Great British Food Magazine」編集部)
Allotment Cake@Bessie’s Tea Parlour
…次点 Marmalade Sponge Pudding@The Proof Of The Pudding、Raspberry & White Chocolate Gateau@Tiptree Patisserie Ltd

○グルテンフリー/Gluten-free(選者は、栄養士のNaomi DevlinRiver Cottage
Leek and Bacon Quiche@Oast To Host Quongo
…次点 The Mojo Bar@Pollen + Grac、Handmade Double Chocolate Brownies@Love Brownies

○ソーセージ/Sausages(選者は、シェフのRichard Corrigan
Sheepdogs Sausages@Lobsterdog Ltd
…次点 Traditional Pork Sausages@Ginger Pig、Sticky Italian Pork Sausages@Muscle Food

○魚のスモーク/Smoked Fish(選者は、フードライターのTim Hayward
Maldon Deep Smoked Salmon@Lambton & Jackson
…次点 Flaky Smoked Salmon@Salar、Smoked Scottish Organic Salmon@Inverawe

○肉類/Fresh Meat(選者は、「Great British Food Magazine」編集部)
Himalayan Salt Aged T Bone Steak@Lidgate Butcher
…次点 Game Hung Chicken@The Thoughtful Producer、Fillet Of Scottish Wild Venison@Highland Game

○ベーコン/Bacon(選者は、シェフのValentine Warner
Dry Cured Back Bacon@Ludlow
…次点 Blythebrough Pork Unsmoked Back Bacon@Emmetts、Smoked Back Bacon@Helen Browning

○シャルキュトリ/Charcuterie(選者は、燻製エキスパートのSteven LambRiver Cottage
Suffolk Black Ham@Emmetts
…次点 Wild Venison Biltong Original Beef@Woza、Rare Breed Chorizo@Three Little Pigs

○ビール/Beer(選者は、ビールライターのSophie Atherton
Cwtch@Tiny Rebel
…次点 Nor’ Hop@Moor Beer、Bourbon Milkshake@Siren Craft Brew

○サイダー/Cider(選者は、ドリンクエキスパートのOlly Smith
Organic Perry@Dunkertons
…次点 Black Fox Organic Sparkling Cider@Dunkertons、Real Cider@Hallet’s

○ジン/Gin(選者は、「The Great British Bake Off」2012年チャンピオンのJohn Whaite
Pollination Gin@Dyfi Distiller
…次点 Manchester Gin@Drinks of Manchester Limited、Hedgerow Gin@Sloemotion

イングリッシュワイン/Wine(選者は、フードライターのGrace Dent
Rosé Brut@Lyme Bay Winery
…次点 Blanc De Blancs 2015@Bolney Wine Estate、Greenfields Brut@Denbies

○スナック/Savoury Snack(選者は、ジャッジ@MasterChefJohn Torode
Sourdough Crispbread Bites@Peter’s Yard
…次点 Seeded Crackers@Gail’s、Original Biltong Slices@The Yorkshire Wagyu Company


毎年、少しずつ部門が増えているような。。。
それだけ、食への感心がますます高まり、結果、細分化されていることの表れですね。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリス・食の生産者賞2016 → http://ricorice.exblog.jp/24642068/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2016 → http://ricorice.exblog.jp/24644034/
○イギリス・食の生産者賞2015 → http://ricorice.exblog.jp/23394813/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2015 → http://ricorice.exblog.jp/23393955/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-01-17 00:00 | 賞/アウォード | Trackback

年は明けましたが、昨年2017年の集大成的な記事はしばらく続きますよ〜。

ロンドンのフードシーンを紹介する飲食メディア、“Hot Dinners”の2017年12月14日(木)づけで、
ベスト・レストランやベストなひと皿など、ロンドンの外食についての賞を発表!
その名も“ホット・ディナーズ・アウォーズ2017”(↓)。
The Hot Dinners Awards - the full list
http://www.hot-dinners.com/Features/Hot-Dinners-recommends/the-best-of-london-s-food-and-drink-in-2017-the-hot-dinners-awards


受賞リストは以下のとおりです。


○ニュー・レストラン/Best new restaurant
Westerns Laundry
…次点 Farang

○伝統的なレストラン/Best classic London restaurant
Joe Allen
…次点 Wiltons, Launceston Place

○ひと皿/Best dish
ウサギのパイ/Rabbit pie@Rochelle Canteen
…次点 アレキサンダー・リーフの天ぷら/Tempura Alexander leaf@Dandy、豚まん/Pork pancakes@Xu

○デザート/Best dessert
クール・クーラン・オ・キャラメル/Coeur Coulant au Caramel@Tratra
…次点 マドレーヌ・ウィズ・シャンティリークリーム/Madeleines with Chantilly cream@Henrietta

○ポップアップ/Best pop-up
WastEDSelfridges

○最大のトレンド/Biggest trend
フードクォータやフードコート(Nova VictoriaThe NedBloomberg ArcadeBang Bang Orientalなど)

○カウンター・ダイニング/Best Counter Dining
The Cheese Bar
…次点 Temper CityUntitled

○揚げ物/Best use of a deep fat fryer
Gilly's Fry Bar

○内装の美しいレストラン/Best looking restaurant
Duddell's
…次点 Rick Stein Barnes

○インスタ映えするひと皿/Most instagrammable dish
ココナッツ・クリーム・パイ/Coconut Cream Pie@Jacob the Angel

○サイドディッシュ/Best side dish
ジョロフライスとスモークド・ボーン・マロー/Jollof Rice & Smoked Bone Marrow@Ikoyi
…次点 マッシュ・ウィズ・バーントエンズ/Mash with burnt ends@The Coal Shed

○行くべし!/Restaurant we're most embarrassed we haven't been to yet
Darjeeling Express
…次点 The Oystermen

○ロンドン以外での食体験/Best out of town experience
Azurmendi(ビルバオ、スペイン)
…次点 The Abergavenny Food Festival(アバーガベニー、ウェールズ)


“インスタ映え”ってのは納得として、“カウンター・ダイニング”や“サイドディッシュ”の部門があるってのが、時代、というかトレンドを反映していますねぇ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドン・イーター・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/26227000/
○オブザーバー・フード・マンスリー・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/26085869/
○発表! F&Mフード・アンド・ドリンク・アウォーズ2017 → http://ricorice.exblog.jp/25783230/
○イギリス・読者が選ぶフード大賞 2016 → http://ricorice.exblog.jp/24644034/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-01-08 00:00 | 賞/アウォード | Trackback