イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:順位&セレクト( 183 )




e0038047_00142533.jpg


イギリスの新聞「The Guardian」の2018年12月1日(土)づけであったのは以下の記事。
選者は、「The Guardian」のチーフ書評家、Lisa Allardice
選ばれた12冊は以下のとおりです。

01. 『Ottolenghi Simple』Yotam Ottolenghi(Ebury)


02. 『Jamie Cooks Italy』Jamie Oliver(Michael Joseph)


03. 『Let's Eat France!』Francois-Regis Gaudry and Friends(Artisan)


04. 『The Nordic Baking Book』Magnus Nilsson(Phaidon)


05. 『Basque Country』Marti Buckley(Artisan)


06. 『Mazi』Christina Mouratoglou and Adrien Carré(Mitchell Beazley)


07. 『The Mezze Cookbook』Salma Hage(Phaidon)


08. 『Zaitoun』Yasmin Khan(Bloomsbury)


09. 『Together』The Hubb Community Kitchen(Ebury)


10. 『Planted』Chantelle Nicholson(Kyle)


11. 『The Green Roasting Tin』Rukmini Iyer(Square Peg)


12. 『How to Eat a Peach』Diana Henry(Mitchell Beazley)



やはり、ともいうべきか、当ブログでもご紹介した本(↓)も選ばれています。

この「The Guardian」のセレクション、
食のプロではなく、本のプロが選んだことも関係しているかもしれませんが、
“ブックデザイン(エディトリアルデザイン)が優れた”
“テーマ(コンセプト)が明確な(そして、それがちゃんとデザインにも反映されている)”
本が選ばれている印象です。

私自身、チョイス自体に異論はなく、
すべてに目を通したわけではないものの、
買っておききたいな、と思った本が何冊も。

イギリスの印刷物は、出版物含め、優れているなぁ、を再確認した次第です。
英語という言語だから?(う〜ん、でも同じ本でもアメリカ班はデザインがイマイチのことが多々ある)
単に嗜好の問題?

ずっとずっと刺激され続けているなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2017年のベスト・フードブック11選 → https://ricorice.exblog.jp/26233052/
○2017年イギリスでよく売れた料理本・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/26218882/
○注文しとく? 2017年注目の料理本15選 → https://ricorice.exblog.jp/25215183/
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2016年のベスト・フードブック20選 → http://ricorice.exblog.jp/25106290/
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2015年のベスト・フードブック → https://ricorice.exblog.jp/23979936/


(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)
お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-12-19 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

e0038047_15422194.jpg

イギリスの新聞でいうと、私はガーディアン/The Guardian(日曜日はオブザーヴァー/The Observer)が好きで、
それは、どうでもいいことを大マジメにぐっと掘り下げてくれるから(そして結論はない)。
なんというか、エンターテインメントとしておもしろいんですよね〜。

食についてもいろいろな企画で読ませてくれて、
このスーパーマーケット(&α)の食品をテストする、という連載もそのひとつ。
毎回、その内容に沿ったプロが登場し、
おなじみのスーパーマーケットの食品を試食&採点するもので、
2018年11月18日(日)づけものは、今年もその時期ということで、テーマは“クリスマス食品”。

イギリスのクリスマス食品を3人の女性シェフが評価する!
OFM’s great Christmas taste test 2018
https://www.theguardian.com/food/2018/nov/18/christmas-taste-test-2018-mince-pies-chocolates-cheese


ブラインドテイスティングで試食された、気になる結果は以下のとおりです。

[チョコレート&甘いもの/Chocolates and Sweets部門]
※ジャッジは、マスターシェフ/MasterChefモニカ・ガレッティ/Monica Galetti

<ソルト・キャラメル・トリュフ/Salted Caramel Truffles>
Fortnum & Mason Sea Salted Caramel Truffle Drum £13.95(125g)
★★★★★

Waitrose 1 Salted Caramel Truffles £6(120g)
★★★★☆

Selfridges Selection Salted Caramel Truffles £9.99(95g)
★★★★☆

Tesco Finest Salted Caramel Truffles £5(140g)
★★★☆☆

<詰め合わせ(£10以下)/Selection Boxes Under £10>
Waitrose Partridge in a Pear Tree Chocolate Box £10(144g)
★★★★☆

Godiva The Belgian Winter Selection Box@Ocado £10(80g)
★★★☆☆

Marks & Spencer Milk, Dark & White Chest of Drawers £10(160g)
★★☆☆☆

Co-op Irresistible Winter Dessert Collection £6(170g)
★★☆☆☆

<詰め合わせ(£10以上)/Selection Boxes Over £10>
Pierre Marcolini Malline Découverte £35(222g)
★★★★★

Fortnum & Mason Milk and Dark Handmade Chocolates £38.95(460g)
★★★★☆

Waitrose The Chocolate Fascinator Box £30(640g)
★★★★☆

Hotel Chocolat Christmas Luxe Classic £35.95(470g)
★★★☆☆

ターキッシュ・ディライト/Turkish Delight
Waitrose Rose & Lemon Turkish Delight £6(400g)
★★★★☆

Sultans Rose & Lemon Turkish Delight@Amazon £7.95(325g x 3)
★★★★☆

Hotel Chocolat Turkish Delight £14(454g)
★★★☆☆

Fortnum & Mason Rose & Lemon Turkish Delight £15(227g)
★★☆☆☆

<ヌガー/Nougat>
Waitrose 1 Hazelnut and Almond Italian Nougat Bar £3(100g)
★★★★☆

Morrisons The Best Cranberry & Almond Nougat £2.50(120g)
★★★☆☆

Marks & Spencer Gourmet Handmade Nougat £5(100g)
★★★☆☆

Pandora Bell Honey Nougat With Orange & Almonds@Ocado £7.40(200g)
★★★☆☆

<マシュマロ/Marshmallows>
Pierre Marcolini Chocolate Coated Marshmallows £7(85g)
★★★★☆

Waitrose Mallow & Marsh Vanilla Marshmallows Coated in Milk Chocolate £2.79(100g)
★★★☆☆

MellowMallow Belgian Chocolate Vanilla Marshmallows@Ocado £3.70(85g)
★★★☆☆

Hotel Chocolat Chocolate Marshmallow Nibbly Pot £6(60g)
★★☆☆☆


[チーズ&パーティフード/Cheese and Party Food部門]
※ジャッジは、シェフ&作家のゾーイ・アジョニョ/Zoe Adjonyoh

<マンチェゴ/Manchego ※スペインの羊乳ハードチーズ>
Paxton & Whitfield Manchego Curado £35/kg
★★★★☆

Iceland Luxury Spanish Manchego Cheese £2.70(175g)
★★★★☆

Sainsbury’s Taste the Difference Manchego £3(170g)
★★★☆☆

Tesco Finest Manchego £3.30(200g)
★☆☆☆☆

<カマンベール(チーズ)/Camembert>
Le Rustique Camembert@Ocado £2(250g)
★★★★☆

Aldi Emporium French Camembert 99p(250g)
★★★★☆

Morrisons French Camembert £1.60(250g)
★★★☆☆

Sainsbury’s Taste the Difference Brittany Camembert £2.50(250g)
★★☆☆☆

<ゴルゴンゾーラ/Gorgonzola>
Waitrose 1 Gorgonzola Piccante £2.15(200g)
★★★★☆

Morrisons The Best Gorgonzola Piccante £2(150g)
★★★★☆

Tesco Gorgonzola £2(175g)
★★★★☆

Asda Extra Special Gorgonzola £2(150g)
★★★☆☆

<クリスマス・ポテトチップス/Christmas Crisps>
Asda Mature Cheddar & Winter Chutney 85p(150g)
★★★★☆

Iceland Luxury Christmas Tree Flavour £1(180g)
★★★★☆

Waitrose Iberico Ham & Fig Chutney £1.60(150g)
★★★☆☆

Co-op Irresistible Ultimate Roast Potato £1.70(150g)
★★☆☆☆

<ウィスキー・スモークサーモン/Whisky Smoked Salmon>
Tesco Finest Scottish Smoked Salmon with Laphroaig Islay Scotch Whisky £4.80(100g)
★★★★☆

Marks & Spencer Whisky Gold Scottish Smoked Salmon £10.50(200g)
★★★★☆

Co-op Irresistible Whisky Smoked Salmon £4(100g)
★★★☆☆

Morrisons The Best Whisky Gold Smoked Salmon £5(120g)
★★★☆☆

<ロブスター・カナッペ/Lobster Canapés>
Marks & Spencer Mini Lobster Mac and Cheese £7(230g)
★★★★☆

Co-op Irresistible King Prawn & Lobster Thermidor Bakes £5(210g)
★★★☆☆

Sainsbury’s Taste the Difference Mini Scallop & Lobster Bisque Shells £6.50(150g)
★★★☆☆

Waitrose 1 Lobster Thermidor £9(150g)
★★☆☆☆


ミンス・パイ&ケーキ/Mince Pies and Cakes部門]
※ジャッジは、ヴァイオレット・ケークス/Violet Cakesクレア・プタク/Claire Ptak

ミンス・パイ/Mince Pies
Marks & Spencer The Collection Mince Pies £2.50(6個)
★★★★☆

Asda Extra Special All-Butter Luxury Mince Pies £1..50(6個)
★★★☆☆

Iceland Luxury Mince Pies £1..89(6個)
★★☆☆☆

Sainsbury’s Taste the Difference All Butter Mince Pies £2(6個)
★★☆☆☆

<変化球ミンス・パイ/Alternative Mince Pies>
Morrisons The Best Black Forest Mince Pie Crumbles £2(6個)
★★★★☆

Aldi Selected Sloe Gin Mince Tart £1.99(6個)
★★★☆☆

Co-op Irresistible Brandy Buttercream Mince Pies £2(4個)
★☆☆☆☆

Waitrose Heston from Waitrose Chocolate and Sour Cherry Crumble Mince Pies £3(6個)
★☆☆☆☆

パネトーネ/Panettone
Marks & Spencer Collection Panettone Classico £15(1kg)
★★★★★

Waitrose 1 Classic Panettone £15(750g)
★★★★☆

Asda Extra Special Classic Panettone £6(500g)
★★★☆☆

Selfridges Selection Classic Panettone £19.99(1kg)
★★☆☆☆

<クリスマス・ケーキ/Christmas Cake>
Fortnum & Mason Iced Christmas Cake in a Tin £25(1kg)
★★★★☆

Asda Extra Special Brandy-Soaked Iced Fruit Cake £9(907g)
★★★☆☆

Daylesford Organic Fruit & Nut Christmas Cake £35(1.4kg)
★★★☆☆

Sainsbury’s Taste the Difference Falling Leaves Christmas Fruit Cake £15(1.3kg)
★★★☆☆

<スペシャル・チョコレートケーキ/Festive Chocolate Cake>
Morrisons The Best Hand Finished Belgian Chocolate Christmas Pudding Cake £12(1161g)
★★★★☆

Marks & Spencer The Collection Belgian Chocolate & Hazelnut Mirror Glaze Cake £15(900g)
★★☆☆☆

Co-op Ruby the Reindeer Cake £7(798g)
★☆☆☆☆

Aldi Specially Selected Exquisite Chocolate Bauble Cake £12.99(820g)
★☆☆☆☆

<アイスクリーム/Ice Cream>
Ben & Jerry Minter Wonderland Ice Cream@Ocado £5.49(500ml)
★★★★★

Aldi Specially Selected Mince Pie Ice Cream £2.49(480ml)
★★★★☆

Sainsbury’s Taste the Difference Mince Pie Ice Cream £2.85(500ml)
★★★★☆

Co-op Blackberry & Sloe Gin Ice Cream  £3.50(500ml)
★★★☆☆


先日ご紹介した“イギリスのスーパーマーケットのミンス・パイを評価する!”でも、
一般的なミンス・パイのほかに、
リッチタイプ、グルテン&乳製品フリーのカテゴリーがあったように、

実にさまざまなミンス・パイが作られているのが見てとれます。

そして、カテゴリーにスペインチーズのマンチェゴがあるのは、
それだけスペインの食文化が広く愛されている証拠。
バル・ブームを経て、地域色豊かだったり、よりクリーンでナチュラルなアプローチだったり、
一口にスペイン料理といっても、それぞれに特色のあるお店が増えましたもんね〜。

また、パネトーネもイギリスのクリスマスを彩るお菓子としておなじみに。
すでにクリスマス商戦が始まっていた
今年2018年秋のロンドンのデパートやスーパーマーケットなどでも、
どんとスペースをとって紹介されていたもんなぁ。


ところで、オリジナル記事のタイトル周りの写真は、
Three wise men(東方の三博士)ならぬ、Three wise women。
イギリスに住み始めた頃、ザ・ストーン・ローゼズ/The Stone Rosesの「I Am the Resurrection」をはじめ、


慣れ親しんだ歌のタイトルなどが、
いかにキリスト教文化圏に基づいているのかを知り、ハッとしたのですが、
こういうの、ありとあらゆるシーンで見られることを、今回改めて思い知った次第です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスのスーパーマーケットのミンス・パイを評価する! → https://ricorice.exblog.jp/27661293/
○イギリスのスーパーマーケットのクリスマス食品を評価する! → https://ricorice.exblog.jp/25067699/
○2016年のイギリスのクリスマスは、どこもかしこもパネトーネ → https://ricorice.exblog.jp/25062218/
○<イギリス菓子・レシピ> ミンス・パイ【Mini Mince Pies】 → https://ricorice.exblog.jp/21420933/
○ターキッシュ・ディライト【Turkish Delight】 → https://ricorice.exblog.jp/21984013/
○イギリスのクリスマスのお菓子 → https://ricorice.exblog.jp/21446958/
○ハリー(ヘンリー)王子&メーガン・マークルのウェディングケーキを手がけるクレア・プタクはこんな人! → https://ricorice.exblog.jp/27204466/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-12-05 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

今年ももう終わりの月に突入しました。
秋気分がまったく抜けず、先日も11月も終わりというのに10月と言ってしまいました。。。

さて。月初ということで、当ブログの前の月の記事別アクセスランキング、2018年10月によく読まれた記事トップ10をご紹介します。


e0038047_15343033.jpg01. ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う
2017年夏で“さようなら”。何年も前に決断してもよかったのになぁ
https://ricorice.exblog.jp/25922946/

02. ジェイミー・オリヴァー、イタリア料理店に続きステーキハウスも閉鎖へ
閉店に追い込まれたのは、イタリアンだけではありませんでした
https://ricorice.exblog.jp/26819474/

e0038047_15355985.jpg03. ゴールデンシロップ【Golden Syrup】
イギリスの製菓や料理で使うことの多い、ハチミツ、のようなもの
https://ricorice.exblog.jp/13224158/

04. <レシピ> バブル・アンド・スクィーク【Bubble and Squeak】
マッシュポテトにキャベツを混ぜて焼く、お好み焼きを思わせる一品
https://ricorice.exblog.jp/22698677/

e0038047_21122118.jpg05. ルビー・タンドー/Ruby Tandohが新聞「ガーディアン」の連載を降りる!
結局はクラスシステムに戻ってしまう、これは考えさせられる記事
https://ricorice.exblog.jp/27269551/

06. <レシピ> レーズン・ティー・ローフ【Raisin Tea Loaf】
スライスして、バターをたっぷりのせて食べるのが、私のおすすめ
https://ricorice.exblog.jp/17263001/

e0038047_21123339.jpg07. ロンドンでひとりごはんをするならこの14軒
カウンター席、予約を取らない店から選ばれている印象です
https://ricorice.exblog.jp/27185229/

08. 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち
2017年から放送局が移動し、出演者も3人変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25619402/

e0038047_21022031.jpg09. <レシピ> ミンスミート【Mincemeat】
イギリスのクリスマス菓子、ミンス・パイのフィリングがこれ
httsp://ricorice.exblog.jp/21298412/

10. <レシピ> オートケーキ【Oatcake】
エリアによって違いがあります、このレシピのベースはスコットランド
https://ricorice.exblog.jp/11679964/


e0038047_21132317.jpgThe Great British Bake Off」関連の何本もの記事が長い間エントリーしていたのですが、
先月は9位の“決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち”のみ。
少し様相が変わってきました。

e0038047_21175166.jpgとはいえ、
1位の“ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う”、
ジェイミー・オリヴァー関連の
2位の“ジェイミー・オリヴァー、イタリア料理店に続きステーキハウスも閉鎖へ”は、
相変わらず強い!

レシピがいくつか入っている中、
8位が“<レシピ> ミンスミート【Mincemeat】”なのは、
クリスマスが近いからですね〜。


先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○当ブログでよく読まれた記事、2018年10月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27598840/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年9月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27553949/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年8月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27467162/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年7月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27374083/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年6月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27311466/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年5月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27254181/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-12-04 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

e0038047_11384229.jpg

イギリスの食メディア、BBC good foodにあったのはこんな記事(果たしていつの記事だ?)。

イギリスのノスタルジック・デザート10選
Top 10 retro British desserts
https://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/top-10-retro-british-desserts


選ばれたデザートは以下のとおりです。

01. アークティック・ロール/Arctic Roll
02. パイナップル・アップサイドダウン・ケーキ/Pineapple Upside-Down Cake
03. ゼリー・アンド・アイスクリーム/Jelly & Ice Cream
04. ブレッド・アンド・バター・プディング/Bread & Butter Pudding
05. スティッキー・トフィー・プディング/Sticky Toffee Pudding
06. クランブル/Crumble
07. スポティッド・ディック/Spotted Dick
08. ライス・プディング/Rice Pudding
09. チョコレート・ケーキカスタード添え/Chocolate Sponge with Custard
10. ローリーポーリー/Roly-Poly


オリジナル記事は、ここからレシピへの導入がそもそもの狙いでしょうが、
きれいに撮られた写真を眺めていると、
ノスタルジック・デザートって温かい気持ちになりますね〜。

オリジナル記事では、実際に作ろうと思っている人に親切なつくりになっていて、
そのデザートのざっとした説明と、まずはベーシックなレシピへのリンクがあり、
その後にアレンジ版、簡単ヴァージョン、モダンにひねりを加えたものなどが紹介され、
こちらもそれぞれのレシピにリンクがはってあります。
常時試作中の私、参考にしようっと!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○国を離れて暮らすイギリス人が恋しがる、母国のデザートはこれ! → https://ricorice.exblog.jp/27529000/
○ほかの国は理解不能? イギリス人が愛するイギリスらしいデザート → https://ricorice.exblog.jp/26503714/
○あまりにもイギリス的な食べ物19選(よその国の人は理解しかねる) → https://ricorice.exblog.jp/26047571/
○いかにもイギリスらしいお菓子・ベスト9 → https://ricorice.exblog.jp/24365718/
○イギリスで育った人が懐かしさを感じるお菓子36選 → https://ricorice.exblog.jp/23792782/
○イギリス人が本当に好きな地方菓子・トップ9 → https://ricorice.exblog.jp/22496402/
○イギリス人の好きなティータイムのお菓子 → https://ricorice.exblog.jp/19762032/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-12-03 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

e0038047_20542188.jpg

“消費者の権利”というとかたいですが、消費者が正しく、自分の嗜好や予算に合った商品やサーヴィスを選ぶための情報を届ける、
イギリスのメディア“Which?” 。


こちらのサイトの2018年11月15日(木)づけで以下の記事がありました(↓)。
イギリスのスーパーマーケットのミンス・パイを評価する
Asda premium mince pies voted best from supermarkets for Christmas 2018
https://www.which.co.uk/news/2018/11/asda-premium-mince-pies-best-christmas-2018/


イギリスで全国展開する11のスーパーマーケットから、栄えあるベストなミンス・パイに選ばれたのは、
Asda Extra Special Mince Pies £1.50(6個入り)

2位につけたのは、イギリスで躍進を続けるドイツの激安スーパーマーケットのひとつ、
Lidl Deluxe Luxury Mince Pies £1.79(6個入り)

このミンス・パイテストは、
各分野で活躍する以下4人のプロフェッショナルのブラインドテストによるもの(プロ用ファンオーヴンで160℃で6分温めてから試食)。
ダン・レパード/Dan Lepard(パン職人、フードライター&ブロードキャスター)
シャーロット・メリフィールド/Charlotte Marrifield(「Harrogate Cake Company」オーナー)
・キャサリン・ロバーツ/Kathryn Roberts(「Bread Ahead」ゼネラルマネージャー)
パトリック・ムーア/Patrick Moore(カンブリアのベーカリーカフェ「More?」(創設者)

こちらでは、俎上に載せられたスーパーマットの価格が、
1個あたりの価格の安い順に表になっています(↓)。
(ただし、大きさや重さが違うので、純粋に安い順とはいえませんが)。

こちらの表には、得点とコメントへのリンクもはってあります(ただし、有料会員用です)。


彼らがジャッジしたのは、100以上ものミンス・パイ
上記、スーパーマーケットの手頃なものだけでなく、ハロッズ/Harrodsなど高級店のミンス・パイも試食し、
この“高級カテゴリー”でベストなミンス・パイに選ばれたのは、
Fortnum & Mason Traditional Mince Pies £10.95(6個入り)

また、“グルテン&乳製品フリー”のカテゴリーのベストなミンス・パイは、
M&S gluten-free mince pies £2.50(4個入り)

結果よりも、このミンス・パイテストに“グルテン&乳製品フリー”のカテゴリーがあることの方が興味深いですねぇ。
(同様の事象に、フリーフローム、ヴェジタリアン、ヴィーガン、クリーン・イーティングが挙げられます)

“グルテン&乳製品フリー”のカテゴリーは、ベーシックなミンス・パイテスト同様、表も作成されています(↓)。


総評としては、「全体で見た場合のクオリティは落ちている。
原因はドライフルーツやバターといった材料の価格高騰による」としています。

また、スーパーマーケットと高級店とは値段が1桁程度違ったりするわけですが、
「必ずしも質に比例するわけではない」と。

まっ、そりゃそうです。
何を買うかよりもどこで買うか、が大事な人が存在するわけですからね。
ショートブレッドや紅茶のおみやげを買うのに、
名前の知れたところで買う人がいるのに似た心理じゃないですかね〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○<イギリス菓子・レシピ> ミンス・パイ【Mini Mince Pies】 → https://ricorice.exblog.jp/21420933/
○イギリスのクリスマスのお菓子 → https://ricorice.exblog.jp/21446958/
○困った! レーズン不足がイギリスを襲う!→ https://ricorice.exblog.jp/26996918/
○イギリスのスーパーマーケットのミンス・パイ食べ比べ → https://ricorice.exblog.jp/26231153/
○2016年のイギリスのクリスマスは、どこもかしこもパネトーネ → https://ricorice.exblog.jp/25062218/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-26 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

すっかり肌寒くなり、秋ですね。

さて。月初ということで、当ブログの前の月の記事別アクセスランキング、2018年10月によく読まれた記事トップ10をご紹介します。


e0038047_15343033.jpg01. ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う
2017年夏で“さようなら”。何年も前に決断してもよかったのになぁ
https://ricorice.exblog.jp/25922946/

02. ジェイミー・オリヴァー、イタリア料理店に続きステーキハウスも閉鎖へ
閉店に追い込まれたのは、イタリアンだけではありませんでした
https://ricorice.exblog.jp/26819474/

e0038047_15351992.jpg03. 人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答
初回から唯一「The Great British Bake Off」に継続出演しているのはこんな人
https://ricorice.exblog.jp/22037113/

04. <レシピ> シュロプシャー・ソウル・ケーキ【Shropshire Soul Cakes】
ハロウィーンの翌日、オール・ソウルズ・デイ(万霊節)のお菓子です
https://ricorice.exblog.jp/24770923/

e0038047_15353963.jpg05. メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄
2016年まで「The Great British Bake Off」のジャッジを務めた人物について
https://ricorice.exblog.jp/20988657/

06. 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち
2017年から放送局が移動し、出演者も3人変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25619402/

e0038047_15355985.jpg07. ゴールデンシロップ【Golden Syrup】
イギリスの製菓や料理で使うことの多い、ハチミツ、のようなもの
https://ricorice.exblog.jp/13224158/

08. ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ
その理由はBrexitとされています。ほかにも同じような店が出てきそう
https://ricorice.exblog.jp/25138762/

e0038047_15374902.jpg09. 「The Great British Bake Off」シリーズ4が驚異の視聴率で終了
BBC2で放送された最後の年、2013年の最終回が終わっての備忘録
https://ricorice.exblog.jp/21235932/

10. 新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか
放送局&出演者の大半が代わり、いい意味で民放のよさが出た気がします
https://ricorice.exblog.jp/26207338/


e0038047_15381068.jpg先月、2018年10月も、「The Great British Bake Off」関連は、相変わらず強い!
3位の“人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答”、
5位の“メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄” 、
6位の“ 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち” 、
9位の“「The Great British Bake Off」シリーズ4が驚異の視聴率で終了”、
10位の“新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか”で
と、広義なもの含め5記事がエントリー。

同じように当ブログの常連記事に、10月もアクセスが多かったのが、
1位の“ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う”。

e0038047_15383858.jpgジェイミー・オリヴァー関連の記事も同様に人気の記事です。
常連の8位の“ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ
に加えて、突如(?)2位に浮上したのが、
ジェイミー・オリヴァー、イタリア料理店に続きステーキハウスも閉鎖へ”もランクイン。
今年2018年2月の情報で新しい内容でもないのに、なぜだ?

e0038047_15385075.jpgそんななか、4位に入った
シュロプシャー・ソウル・ケーキ【Shropshire Soul Cakes】”は、この時期ならではのお菓子。
日本だとホラーは夏の定番ですが、イギリス(欧米?)だと秋なんですよね〜。


先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○当ブログでよく読まれた記事、2018年9月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27553949/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年8月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27467162/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年7月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27374083/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年6月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27311466/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年5月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27254181/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年4月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27181388/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-11-16 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

イギリスの飲食業界誌「Restaurant Magazine」が選ぶ
世界のベストレストラン50”といえば、
毎年春に発表され、大きな話題となるので、ご存知の方も多いかと思います。
( → https://ricorice.exblog.jp/27208867/

世界のベストレストラン50は、その名のとおり、世界を対象に優良なレストランをランキングするもので、
Restaurant Magazine」を擁するWilliam Reed Business Mediaでは、
バーについても同じように“世界のベストバー50”をランキング。
こちらは毎年秋に発表され、今年は、2018年10月3日(水)に発表されました。
The World’s 50 Best Bars
http://www.worlds50bestbars.com


ランキングは以下のとおりです。
※レストラン名の後にある数字(かっこに入った場所の後)は、昨年、2018年のランキング、Nはニューエントリーです。

01. Dandelyan, Mondrian London(ロンドン、イギリス) 02
02. American Bar, The Savoy Hotel(ロンドン、イギリス) 01
03. Manhattan, The Regent Hotel(シンガポール) 07
04. The NoMad, NoMad Hotel(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 03
05. Connaught Bar, The Connaught(ロンドン、イギリス) 04
06. Bar Termini(ロンドン、イギリス) 09
07. The Clumsies(アテネ、ギリシャ) 06
08. Atlas(シンガポール) 15
09. Dante(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 16
10. The Old Man(香港) N

11. Licoreria Limantour(メキシコシティ、メキシコ) 14
12. High Five(東京、日本) 13
13. Native(シンガポール) 47
14. Floreria Atlántico(ブエノスアイレス、アルゼンチン) 23
15. Attaboy(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 08
16. The Dead Rabbit(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 05
17. Oriole(ロンドン、イギリス) 17
18. Coupette(ロンドン、イギリス) N
19. Himkok(オスロ、ノルウェー) 20
20. Speak Low(上海、中国) 10

21. Sweet Liberty(マイアミ、アメリカ合衆国) 27
22. Baba Au Rum(アテネ、ギリシャ) 30
23. Operation Dagger(シンガポール) 24
24. Le Syndicat(パリ、フランス) 34
25. Lost & Found(ニコシア、キプロス) 29
26. Employees Only(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 37
27. Central Station(ベイルート、レバノン)
28. Scout(ロンドン、イギリス) N
29. Three Sheets(ロンドン、イギリス) N
30. Black Pearl(メルボルン、オーストラリア) 22

31. Tales & Spirits(アムステルダム、オランダ) 35
32. Linje Tio(ストックホルム、スウェーデン) 44
33. Little Red Door(パリ、フランス) 11
34. 28 HongKong Street(シンガポール) 25
35. Happiness Forgets(ロンドン、イギリス) 12
36. La Factoría(サンフアン、プエルトリコ) 39
37. Paradiso(バルセロナ、スペイン) N
38. Indulge Experimental Bistro(台北、台湾) 28
39. El Copitas(サンクトペテルブルク、ロシア) N
40. Tommy's(サンフランシスコ、アメリカ合衆国) 48

41. Blacktail(ニューヨーク、アメリカ合衆国) 32
42. Candelaria(パリ、フランス) 19
43. Schumann´s(ミュンヘン、ドイツ)38
44. Trick Dog(サンフランシスコ、アメリカ合衆国) 26
45. Fifty Mils(メキシコシティ、メキシコ) N
46. Swift(ロンドン、イギリス) N
47. Salmon Guru(マドリード、スペイン) N
48. Buck and Breck(ベルリン、ドイツ)
49. Bar Benfiddich(東京、日本) 36
50. Lost Lake(シカゴ、アメリカ合衆国) N


詳細は、以下で(↓)
The World’s 50 Best Bars
http://www.worlds50bestbars.com

でチェックするのがいいのですが、
ざっとならすなら、こちら(↓)がおすすめ。
The World's 50 Best Bars 2018: the list in pictures
https://www.theworlds50best.com/blog/News/worlds-50-best-bars-2018-list-in-pics.html


とにかく写真がきれいでね。
眺めているだけで楽しい。
カクテルでシンプルな分、作る方も撮る方も創作意欲がかき立てられて楽しいんだろ〜な〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスの業界誌が選ぶ2017年“世界のベストバー50” → https://ricorice.exblog.jp/26092218/
○イギリスの業界誌が選ぶ2018年“世界のベストレストラン50” → https://ricorice.exblog.jp/27208867/
○イギリスの業界誌が選ぶ2018年“世界のベストレストラン”51〜100位 → https://ricorice.exblog.jp/27284095/
○exエル・ブジのシェフ、今夏ロンドンはメイフェアにレストランをオープン! → https://ricorice.exblog.jp/27278749/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-31 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

今年は季節が変わるよりも、台風、台風に押しやられての秋の幕開けですね。
もうこれ以上のことがないことを願いつつ。。。

さて。月初ということで、当ブログの前の月の記事別アクセスランキング、2018年9月によく読まれた記事トップ10をご紹介します。


e0038047_00075269.jpg01. 人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答
初回から唯一「The Great British Bake Off」に継続出演しているのはこんな人
https://ricorice.exblog.jp/22037113/

02. 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち
2017年から放送局が移動し、出演者も3人変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25619402/

e0038047_00075990.jpg03. 「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!
2014年のチャンピオンはこの人!(私の予想は外れました。。。)
https://ricorice.exblog.jp/22459636/

04. ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う
2017年夏で“さようなら”。何年も前に決断してもよかったのになぁ
https://ricorice.exblog.jp/25922946/

e0038047_00080826.jpg05. メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄
2016年まで「The Great British Bake Off」のジャッジを務めた人物について
https://ricorice.exblog.jp/20988657/

06. 新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか
放送局&出演者の大半が代わり、いい意味で民放のよさが出た気がします
https://ricorice.exblog.jp/26207338/

e0038047_00094173.jpg07. ゴールデンシロップ【Golden Syrup】
イギリスの製菓や料理で使うことの多い、ハチミツ、のようなもの
https://ricorice.exblog.jp/13224158/

08. メアリー・ベリーとポール・ハリウッドの好きなお菓子
メアリー・ベリーはケーキ、ポール・ハリウッドはパンからセレクト
https://ricorice.exblog.jp/22227622/

e0038047_00095423.jpg09. 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?
2017年から放送局、そして司会&ジャッジが変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25364202/

10. お会計をお願いします【The Bill, Please】
支払いもさることながら、その前のコンタクトのとり方も重要です
https://ricorice.exblog.jp/24102256/


e0038047_00095815.jpg先月、2018年9月も、「The Great British Bake Off」関連は、相変わらず強い!
1位の“人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答”、
2位の“ 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち” 、
3位の“「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!”、
5位の“メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄” 、
6位の“新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか”、
8位の“メアリー・ベリーとポール・ハリウッドの好きなお菓子”、
9位の“「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?”と、
広義なものまで入れると7記事もエントリー。いやはや。

e0038047_00101203.jpg4位の“ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う”も、
相変わらずたくさんの方に読んでいただいています。

同じように、常連記事だった記事に
ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ”があり、
トップ10からは外れたものの、チェックすると11位。
この記事も強いなぁ。


先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○当ブログでよく読まれた記事、2018年8月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27467162/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年7月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27374083/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年6月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27311466/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年5月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27254181/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年4月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27181388/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年3月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27122434/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-10-17 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

e0038047_01262494.jpg

4年以上前の記事ですが、、、
まあ、内容的に今も相違ないでしょう!(多分)

ということで、本日お届けするのは、2014年7月10日(木)づけの、BBC Americaにあった、こんな記事。

国を離れて暮らすイギリス人が恋しがる、母国のデザートはこれ!
10 Desserts That Brits Miss When They Leave the U.K.
http://www.bbcamerica.com/anglophenia/2014/07/10-desserts-make-brits-america-homesick


気になる10のデザートは以下のとおりです。

01. トライフル/Trifle
02. イートン・メス/Eton Mess
03. アークティック・ロール/Arctic Roll
04. ジャム・ローリーポーリー/Jam Roly-Poly
05. パーキン/Parkin
06. バノフィー・パイ/Banoffee Pie
07. ブレッド・アンド・バター・プディング/Bread and Butter Pudding
08. ニッカーボッカー・グローリー/Knickerbocker Glory
09. スティッキー・トフィー・プディング/Sticky Toffee Pudding
10. スポティッド・ディック/Spotted Dick


うんうん、ほとんどはそーだろーなー、と思われるものです。
何たるものか知らないアメリカ人にも向けて、ってこともあって、
それぞれのデザートには、わかりやすくまとめて説明が記されているので、オリジナル記事の一読をおすすめましますっ!

e0038047_01384985.jpg私自身が恋しくなるのは、09のスティッキー・トフィー・プディングです。
自分で作るんじゃなくって、スーパーマーケットのインディヴィジュアルタイプ(1人用)、
プディングベイスンの小さい版みたいなプラスティック容器に入ったものを買って来て、電子レンジでチン!
そこにシングルクリームをかけかけ食べるのが至福のひとときです。
(カロリーを考えたらおそろしい。でもカロリーはこの際、無視するのだ!)


BBC Americaって、アメリカから、ひいてはイギリスの外から見たイギリスへの視点、ってことでたまに読むけれど、
内容もさることながら、デザインがすごおおおく違うのよね。
ほかのメディアもそうなんだけれど、イギリスのBBCBBC Americaはその違いが見えやすい。

アメリカのメディアのデザインは見た目で内容が推量しやすく説明っぽい、っていうのかな。
それとフォント(文字書体)が、なんというか、カウボーイっぽい、っていうか、
1990年代後半だったかな、一斉を風靡したラ・ボエムとかゼストっぽい、っていうか
(っと、この2軒って東京ローカル?)。

こういう違いって、きちんと検証してみたいもんです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ほかの国は理解不能? イギリス人が愛するイギリスらしいデザート → https://ricorice.exblog.jp/26503714/
○あまりにもイギリス的な食べ物19選(よその国の人は理解しかねる) → https://ricorice.exblog.jp/26047571/
○いかにもイギリスらしいお菓子・ベスト9 → https://ricorice.exblog.jp/24365718/
○イギリスで育った人が懐かしさを感じるお菓子36選 → https://ricorice.exblog.jp/23792782/
○イギリス人が本当に好きな地方菓子・トップ9 → https://ricorice.exblog.jp/22496402/
○イギリス人の好きなティータイムのお菓子 → https://ricorice.exblog.jp/19762032/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-10-04 00:00 | 順位&セレクト | Trackback

ようやく暑さが和らいできたでしょうか。
風や雲に秋の気配を感じる、9月の幕開けです。

月初ということで、当ブログの前の月の記事別アクセスランキング、2018年8月によく読まれた記事トップ10をご紹介します。


e0038047_15360348.jpg01. 「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!
2014年のチャンピオンはこの人!(私の予想は外れました。。。)
http://ricorice.exblog.jp/22459636/

02. ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う
2017年夏で“さようなら”。何年も前に決断してもよかったのになぁ
http://ricorice.exblog.jp/25922946/

e0038047_15362179.jpg03. 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち
2017年から放送局が移動し、出演者も3人変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25619402/

04. ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ
その理由はBrexitとされています。ほかにも同じような店が出てきそう
http://ricorice.exblog.jp/25138762/

e0038047_15364575.jpg05. 人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答
初回から唯一「The Great British Bake Off」に継続出演しているのはこんな人
http://ricorice.exblog.jp/22037113/

06. 新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか
放送局&出演者の大半が代わり、いい意味で民放のよさが出た気がします
https://ricorice.exblog.jp/26207338/

e0038047_15584124.jpg07. 「The Great British Bake Off」シリーズ4が驚異の視聴率で終了
BBC2で放送された最後の年、2013年の最終回が終わっての備忘録
https://ricorice.exblog.jp/21235932/

08. メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄
2016年まで「The Great British Bake Off」のジャッジを務めた人物について
https://ricorice.exblog.jp/20988657/

e0038047_09332133.jpg09. <レシピ> クランペット【Crumpets】
イギリスのもっちりパン(のようなもの)。バターをたっぷりのせて食べます
http://ricorice.exblog.jp/24055864/

10. 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?
2017年から放送局、そして司会&ジャッジが変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25364202/


e0038047_15382094.jpg先月、2018年8月も、「The Great British Bake Off」関連は強かったなぁ!
1位の“「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!”でしょ、
3位の“ 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち”でしょ 、
6位の“新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか”でしょ、
7位の“「The Great British Bake Off」シリーズ4が驚異の視聴率で終了”でしょ、
10位の“「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?”でしょ。

広義では以下の2つの記事もそうですし、ね。
5位の“人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答”、
そして、8位の“メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄”。

e0038047_15390301.jpgこちらの2つの記事も相変わらず、多くの方に読んでいただいています。
2位の“ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う”、
4位の“ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ”。

ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ”については、
この後も当ブログで随時状況をお知らせしてきたのですが、
2018年8月末、イギリスの経済紙「ファイナンシャル・タイムズ/Financial Times」の取材で、
ジェイミー・オリヴァー自身が、レストラン経営危機について語っていて、
これが、そうかぁ、と胸をつかれる内容だったので、
9月1日(土)に以下のように記事でご紹介しました(↓)。
ご興味を持たれた方は、ぜひご一読を。


先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○当ブログでよく読まれた記事、2018年7月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27374083/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年6月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27311466/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年5月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27254181/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年4月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27181388/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年3月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27122434/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年2月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27006994/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-09-06 00:00 | 順位&セレクト | Trackback