イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:イングリッシュワイン( 180 )



e0038047_21352757.jpg

「Decanter」アウォーズ”や“インターナショナル・ワイン・チャレンジ”に並び、
世界のワインのマーケットの中心はロンドンであることを感じる競技会のひとつ、
インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション/International Wine and Spirit Competition(略してIWSC)。

2018年のインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションは、11月14日(水)にロンドンはギルドホール/Guildhallを会場に発表および授賞式が行われ、
昨日は“生産者、小売り、ビジネスの部門”についてお知らせしました(↓)。


本日はイングリッシュワインの受賞ワインについてご紹介します。


○金賞/Gold
Marks & Spencer, Marksman English Sparkling Brut Blanc de Blancs 2014

Bluebell Vineyard Estates Hindleap Late Disgorged Blanc de Blancs 2008
Chapel Down, Kit's Coty Blanc de Blancs 2013
Chapel Down, Kit's Coty Coeur de Cuvée 2013
Greyfriars Vineyard Sparkling Rosé Reserve 2014
Wiston Estate Cuvée 2009

Breaky Bottom Cuvée Reynolds Stone 2010
Fox & Fox Meunier Brut 2014
Greyfriars Vineyard Blanc de Blancs 2013


○銀賞/Silver
Bolney Blanc de Blanc 2015
Hattingley Valley Classic Reserve NV
Ridgeview Bloomsbury NV
Wyfold Brut 2013
Broadland Wineries, Three Mills Varietals Sauvignon Blanc

Albourne Estate Blanc de Noirs 2013
Albourne Estate Premier Cuvee 2013
Bluebell Vineyard Estates Hindleap Rose 2014
Bluebell Vineyard Estates Hindleap Blanc de Blancs 2014
Breaky Bottom Cuvée Cornelis Hendrinkson 2013
Broadland Wineries, Three Mills Reserve White NV
Broadland Wineries, Three Mills Summer Berry Fruits Fruity Rose
Chapel Down, Three Graces 2013
Chapel Down, Kit's Coty Bacchus 2016
Chapel Down, Kit's Coty Chardonnay 2015

Coates and Seely, Blanc de Blancs La Perfide 2009
Coates and Seely, Rose La Perfide 2009
Cottonworth Classic Cuvee NV
Court Garden Blanc de Blancs 2014
Court Garden Classic Cuvée 2014
Court Garden Ditchling Reserve 2014
Denbies Cubitt Blanc de Blancs 2013
Denbies Greenfields NV
Denbies Noble Harvest 2016
Denbies Pinot Gris 2015

Denbies, The Brokes Botrytis Ortega 2016
Exton Park Blanc de Noirs 2013
Fox & Fox, Essence Pure Chardonnay Brut 2014
Greyfriars Vineyard Cuvee NV
Gusbourne Estate Blanc de Blancs 2013
Gusbourne Estate Brut Reserve 2013
Gusbourne Estate Rosé 2014
Harrow & Hope Brut Reserve NV
Harrow & Hope Brut Rosé NV
Haygrove Evolution, Sixteen Ridges Signature Cuvee 2013

Haygrove Evolution, Sixteen Ridges Bacchus 2017
Kingsland Drinks, Willow and Stone Rose Fizz
Lakestreet Vineyard, Tradition Blanc de Noir 2014
Lyme Bay Winery Chardonnay 2016
Lyme Bay Winery Shoreline 2017
Nutbourne Vineyards, Nutty Brut 2014
Woodchurch Blanc de Blancs 2014
Woodchurch Classic Cuvée 2014
Wyfold Brut Rosé 2014
Woodchester Valley Pinot Rose 2017

Woodchester Valley Sauvignon Blanc 2017


○銅賞/Bronze
Bluebell Vineyard Estates Hindleap Classic Cuvee 2014
Broadland Wineries, Three Mills Reserve Red NV
Broadland Wineries, Three Mills Reserve Rose NV
Broadland Wineries, Three Mills Tropical Fruits Flavour Fruity White NV
Broadland Wineries, Three Mills Varietals Merlot
Broadland Wineries, Three Mills Varietals Pinot Grigio
Broadland Wineries, Three Mills Varietals Pinot Grigio Blush
Broadland Wineries, Three Mills Varietals Shiraz
Coates and Seely, Brut Reserve La Perfide 2011 Magnum
Chapel Down Classic Non-Vintage Brut NV

Chapel Down Bacchus 2016
Danebury Madeleine Angevine 2015
Danebury Reserve 2016
Denbies Cubitt Blanc de Noirs 2013
Exton Park Brut NV
Flint Vineyard Pinot Noir Précoce 2017
Flint Vineyard Rosé 2017
Greyfriars Vineyard Classic Cuvee 2013
Gusbourne Estate Guinevere Chardonnay 2014
Gusbourne Estate Pinot Noir 2016

Harrow & Hope Blanc de Noir 2013
Jenkyn Place Brut Cuvée 2013
Kingscote Blanc de Blanc NV
Kingscote Blanc de Noir NV
Kingscote Estate Chardonnay 2014
Kingsland Drinks, Garden Party Sicilian Lemon with a hint of English Garden Mint
Kingsland Drinks, Willow and Stone White Fizz NV
Lakestreet Vineyard, Inspiration Blanc de Gris Brut 2014
Lyme Bay Winery Pinot Noir 2016
Lyme Bay Winery Pinot Noir Rose 2017

Ridgeview Fitzrovia NV
Royal Agricultural University, Cotswold Hills Dry White 2017
Westwell Sparkling NV
Westwell, Ortega Classic Ferment 2016
Woodchester Valley Bacchus 2017
Woodchester Valley Orpheus 2016


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2018 その1 → https://ricorice.exblog.jp/27673670/
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その1 → https://ricorice.exblog.jp/24880678/
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その2 → https://ricorice.exblog.jp/24940044/
○「Decanter」アウォーズ2018 その1 → https://ricorice.exblog.jp/27298859/
○「Decanter」アウォーズ2018 その2 → https://ricorice.exblog.jp/27298860/
○インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018 → https://ricorice.exblog.jp/27410312/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-12-11 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_20305948.jpg

「Decanter」アウォーズ”や“インターナショナル・ワイン・チャレンジ”に並び、
世界のワインのマーケットの中心はロンドンであることを感じる競技会のひとつに、
インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション/International Wine and Spirit Competition(略してIWSC)があります。

2018年のインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションは、11月14日(水)にロンドンはギルドホール/Guildhallを会場に発表および授賞式が行われました。
当ブログではワインそしてイギリスに関する受賞リストを2回に分けてご案内します。


<大賞部門/Top Awards>
○審査員/Associate Judge Of The Year 2018
Lisse Garnett

○蒸留酒製造者/Distiller Of The Year Trophy 2018
William Grant & Sons

○功労・生涯業績/Lifetime Achievement Trophy 2018
Jancis Robinson MW

○ソムリエ/The Sommelier Prize 2018
Lucas Reynaud-Paligot

○ワインメイカー/Winemaker Of The Year Trophy 2018
Ridgeview


<功績者部門/Achievement Awards>
○ワイン産業/Julian Brind Memorial Trophy For Outstanding Achievement in the Wine Industry 2018
Clara Rubin(ワイン教育において)

○スコッチ・ウイスキー/Outstanding Achievement In The Scotch Whisky Industry Trophy 2018
Sukhinder Singh@Elixir House Group

○スピリッツ/Spirit Communicator Of The Year 2018
Tom Sandham

○ワイン/Wine Communicator Of The Year Trophy 2018
Tom Cannavan


<ビジネス部門/Business Awards>
○スピリッツ流通/Spirits Distributor of the Year 2018
Maverick Drinks

○ワインインポーター/Wine Importer Of The Year Trophy 2018
Hallgarten & Novum Wines

○ワイナリーイノヴェーター/Winery Innovator Of The Year 2018
De Bortoli


<デザイン&メディア部門/Design & Media Awards>
○スピリッツ・ワートワーク&デザイン/Spirits Artwork And Design Trophy 2018
Squadron 303 Vodka by Ground Control(イングランド)

○スピリッツ・パッケージ/Spirits Packaging Trophy 2018
UWA Tequila - Platinum Blanco by UWA Tequila(メキシコ)

○ワイン・ワートワーク&ボトルデザイン/Wine Artwork And Bottle Design Trophy 2018
Bodegas El Grillo 2011 by Bodegas El Grillo y la luna S.L.(スペイン)


<小売り部門/Retailer Awards>
○スピリッツ小売り店/Independent Spirit Retailer Of The Year 2018
Tomoka Spirits Boutique

○ワイン小売り店/Independent Wine Retailer Of The Year 2018
Mr & Mrs Fine Wine

○スーパーマーケット・イノヴェーター/Supermarket Innovator Of The Year 2018
Lidl

○スーパーマーケット大賞/Supermarket Of The Year 2018
Waitrose

○スーパーマーケット・スピリッツ・バイヤー/Supermarket Spirits Buying Team 2018
Waitrose

○スーパーマーケット・ワイン・バイヤー/Supermarket Wine Buying Team 2018
Asda


<ワイン生産者部門/Wine Producer Awards>
イングリッシュワイン生産者/English Wine Producer Of The Year Trophy 2018
Ridgeview

<ワイン部門/Wine Product Awards>
○イングリッシュスパークリングワイン/English Sparkling Wine Trophy 2018
Marks & Spencer, Marksman English Sparkling Brut Blanc de Blancs 2014


なんといっても大きな話題は(イギリスでは)、
“ワインメイカー・オブ・ザ・イヤー/Winemaker Of The Year Trophy 2018”で、
イングランド・サセックスのワイナリー、リッジビュー/Ridgeviewが受賞したことでしょう!
イギリス国内でなく、世界のワイナリーの中で、ですからね。
これ、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションの49年の歴史の中で、初の快挙!
さらに、スーパーマーケット、Marks & Spencerとのコラボワイン、
Marks & Spencer, Marksman English Sparkling Brut Blanc de Blancs 2014”はイングリッシュスパークリングワインの最高峰に選ばれています。

当のワイナリーであるリッジビュー、そしてイギリスのワインメディア、“WINE GB”では以下のように伝えています。




~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その1 → https://ricorice.exblog.jp/24880678/
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その2 → https://ricorice.exblog.jp/24940044/
○「Decanter」アウォーズ2018 その1 → https://ricorice.exblog.jp/27298859/
○「Decanter」アウォーズ2018 その2 → https://ricorice.exblog.jp/27298860/
○インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018 → https://ricorice.exblog.jp/27410312/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-12-10 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_16320990.jpg

2018年11月12日(月)づけの、ワインメディア「デカンタ/Decanter」に以下の記事がありました(↓)。
イギリスの33,700ヘクタールの土地がブドウ畑として好適
‘Prime’ English vineyard sites identified – study
https://www.decanter.com/wine-news/english-vineyard-sites-404107/


イースト・アングリア大学/University of East Angliaの調査チームが“Journal of Land Use Science”に発表したもので、
イングランドおよびウェールズには、
ワイン用ブドウ栽培に非常に適した、まだほとんど手つかずの土地が33,700ヘクタールもある、という内容。

地球温暖化の影響によるところが大きく、
これは、イングリッシュワインのポテンシャルが示された格好です。

現に、イギリスのワイン用ブドウ畑の面積を2004年と比較すると
246%増、2,500ヘクタールとなっていて、急成長ぶりが伺えます。
また、調査報告では、ブドウ栽培に適した土地として、ケント、サセックス、イースト・アングリアが挙げられています。
ただし、気候条件に恵まれた土地から必ずしもすぐれたワインが造られるわけではないことにも言及。
やみくもにイングリッシュワインの見通しは明るい、とすることには、警鐘を鳴らしています。


確かに、気候や土壌だけで、いいワインが造られるわけではないですもんね。
そのブドウに適したワインを造る技術も必要なわけで。
とはいえ、気候条件が適しているというのは、いいニュースには間違いなく、これからの動きを見守っていきたいと思います。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○休日に出かけたいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ! → https://ricorice.exblog.jp/27572904/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○英ワイナリー、チャペル・ダウンがブドウ畑を大幅拡大! → https://ricorice.exblog.jp/27563135/
○イングリッシュワイン用ブドウ、今年だけで100万本植えられる → https://ricorice.exblog.jp/25724705/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-30 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_09102420.jpg

イングランド・サリー州にあるワインエステイト、デンビーズ/Denbiesが、
ヴィンヤードホテルに着手、というニュースが!

すでにファームハウスB&Bがあり、宿泊施設を併設しているデンビーズですので、
新規建設、というよりも大幅改修、という方が適切かもしれません。
今年2018年秋からこの計画は始動しており、来年2019年春に完成予定です。

このデンビーズのヴィンヤードホテルの部屋数は17。
ホテル内にはバー&レストランを擁し、地元産の良質な食材を利用したメニューが登場します。

ワインエステイトのホテルとあって、自社ワインがあれこれ試せる設備も準備。
デンビーズが手がける全種類のワインを試すことが可能。
環境にも配慮し、カーボンニュートラルへの取り組みも実施されます。

イギリス最大のシングルヴィンヤード・ワイナリーであるデンビーズは、
ワイナリーツアー、ショップ、レストランを備え、年間35万もの人が訪れます。
イギリスのワインツーリズムの旗手として、さらなる先の一手を打つべく、
今回のヴィンヤードホテルの建設にいたったようです。


この“デンビーズのヴィンヤードホテルの開業”について、イギリスの料飲サイトでは、2018年11月7日(水)&8日(木)づけで以下のように伝えています。

Wine GB
Denbies Wine Estate Announces Development of the UK's First Vineyard Hotel
https://www.winegb.co.uk/denbies-wine-estate-vineyard-hotel/


The Drinks Business
Denbies to develop UK's first vineyard hotel and quadruple production
https://www.thedrinksbusiness.com/2018/11/denbies-to-develop-uks-first-vineyard-hotel-and-quadruple-production/



また、デンビーズのウェブサイトでサインアップすれば、
このヴィンヤードホテルの進捗状況について、随時お知らせが届きます(↓)。



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○休日に出かけたいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ! → https://ricorice.exblog.jp/27572904/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○イギリスのワイナリー 〜スリー・クワイヤーズ/Three Choirs Vineyards〜 → https://ricorice.exblog.jp/22404954/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-21 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_17544086.jpg

後手に回ってしまいましたが。。。
2018年9月6日(金)にワインメディア“デカンタ/Decanter”が、
翌週の9月14日(土)には当事者であるワインエステイト、チャペル・ダウン/Chapel Downがリリースで、
イングランド南東部のケント州に、新たに388エーカー(157ヘクタール)のブドウ畑を借り入れることを発表。

Chapel Down to create ‘largest vineyard’ in England
https://www.decanter.com/wine-news/chapel-down-to-create-uks-largest-vineyard-401002-401002/


Agreement to Lease 388 acres of prime viticultural land
https://www.chapeldown.com/news/agreement-lease-388-acres-prime-viticultural-land/


具体的な場所は、ケント州ノース・ダウンズのボクスレーで、この借入れにより、
チャペル・ダウンのブドウ畑の面積は、950エーカー(384ヘクタール)、
借入れだけを見ると、ほぼ2倍の788エーカー(319ヘクタール)となります。

この新しく借入れが決まったブドウ畑の近くには、Kits Cotyというブドウ畑があります。
ここでとれたブドウを使ったワインが高品質、かつ好評価を獲得していることから、
チャペル・ダウンはこの新しいブドウ畑にも大きな期待を寄せています。
質だけでなく、イングランド最大級のブドウ畑に数えられるようになるとあって。
ブドウが充分に収穫できるようになれば、年間100万本のスパークリングワインが造れるのでは、としています。
来年2019年から2021年にかけて植樹が行われる予定です。

このブドウ畑借入れについて、チャペル・ダウンいわく「需要の拡大に応えるため。そしてこれからの25年を見越して」。

実際にワインとなって流通されるのは、まだ先ですが、
Kits Cotyのように、新たに優良なカテゴリーが誕生するのでしょうか。
期待して、成り行きを見守りたいを思います。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○テタンジェがイギリス・ケントの畑で植樹式を行う → https://ricorice.exblog.jp/25754935/
○イングリッシュワイン用ブドウ、今年だけで100万本植えられる → https://ricorice.exblog.jp/25724705/
○イングリッシュワイン用、ユニークなブドウ畑10選 → https://ricorice.exblog.jp/25071276/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-09 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_21070187.jpg

2018年5月23日(水)づけのイギリスのフードマガジン「オリーヴ・マガジン/Olive Magazine」にあったのはこんな記事。

休日に出かけたいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ!
Best English vineyard breaks
https://www.olivemagazine.com/travel/uk/best-english-vineyard-breaks/


イングリッシュワインを飲むだけでなく、
原料となるヴィンヤード(ブドウ畑)にも行ってみましょう!ってわけです。

オリジナル記事には、ワインのほかに、
おすすめの食事や宿についても言及していますが、
当ブログでは、とりあえずおすすめワインまでご紹介します。

あっ、そうそう、オリジナル記事に倣って“ヴィンヤード(ブドウ畑)”と綴っていますが、
ワインエステイト/ワイナリーと同じと捉えて問題ないか、と。

そんなわけで、選ばれたのはヴィンヤード(ブドウ畑)は以下のとおりです。

01. Tinwood Estate(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: Blanc de Blancs sparkling Chardonnay

02. Hush Heath Estate and Winery(ケント)
おすすめワイン: Balfour Brut Rosé 2010

03. Kingscote(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: The Fat Fumé

04. Camel Valley Vineyard(コーンウォール)
おすすめワイン: The 2012 Cornwall Pinot Noir Rosé Brut

05. Three Choirs(グロスターシャー)
おすすめワイン: The Siegerrebe 2012

06. Wyken Vineyards(サフォーク)
おすすめワイン: Wyken Moonshine

07. Chapel Down(ケント)
おすすめワイン: The 2014 Flint Dry

08. Sharpham Wine and Cheese(デヴォン)
おすすめワイン: The Estate Selection 2014

09. Ryedale Vineyard(ノース・ヨークシャー)
おすすめワイン: Yorkshire’s Lass

10. Rathfinny Estate(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: Sparkling


09のRyedale Vineyardのように、
もはやイングランド南部だけでなく、北部もヴィンヤードが当たり前にある状況になったことを、改めて認識。

こういう記事を眺めるとすぐに飛んで行きたくなり、
私自身これまでにいくつかのヴィンヤードを回ったけれど、問題は足!
車でないとなかなか不便で、友人と連れ立ったり、タクシーで行ったり、一度は迎えにきてもらったこともありました。

運転免許は持っているし、オートマよりもミッションの方が運転しやすいな〜、だったので(遠い記憶)、
ミッションカーが主流(今も、かな?)のイギリスではい〜んじゃない!って思わなくもないけれど、
年に数日のために、すっかり錆びた腕を取り戻すために、ペーパードライバー教室に行くのもなぁ〜、とほったらかし。
早く自動運転車が一般化することを願う!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ! → https://ricorice.exblog.jp/27514898/
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○イングリッシュワイン用、ユニークなブドウ畑10選 → https://ricorice.exblog.jp/25071276/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-29 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_08135585.jpg

ロンドンの夕刊(フリーペーパー)、London Evening Standardの2018年8月2日(木)にあったこんな記事。

「ロンドン・イヴニング・スタンダード」が選ぶイギリスのワイン・ベスト9
Best English wines
https://www.standard.co.uk/shopping/esbest/food-drink/best-english-wines-a3890021.html


選ばれたのは以下の9本です。

01. Gusbourne English Sparkling Brut Reserve, 2013 £35
02. Gusbourne Guinevere Chardonnay, 2014 £23
03. Chapel Down Kit’s Coty Estate, Bacchus, 2016 £28.99
04. Nyetimber Classic Cuvee, 2009 £34.99
05. Bolney Wine Estate Blanc de Noirs, 2015 £32.99
06. Harrow and Hope Brut Rose, NV £30
07. Ridgeview South Ridge Cuvée Merret Brut, 2014 £24.99
08. Court Garden Classic Cuvée, 2014 £25.99
09. Black Chalk Wild Rose, 2015 £40


すかっとさわやか系、すっきりと喉を潤してくれるワインが選ばれています。

こういう記事は導入部分で、昨今の状況がかいつまんで紹介されていて、
イングリッシュワインの銘醸地はイングランド南のサセックス、ケント、ハンプシャーが知られていますが、
今は北の、たとえばヨークシャーでもブドウ栽培がなされている、と。
ワインのセレクションもだけれど、こういう情報も大事、大事。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○この夏飲みたいイギリスのワインはこの5本 → https://ricorice.exblog.jp/27457728/
○今注目のイギリスのスパークリングワイン16本 → https://ricorice.exblog.jp/27426542/
○個性的なイギリスのスパークリングワイン6選 → https://ricorice.exblog.jp/27351718/
○泡だけじゃない! 今こそ飲みたいイギリスのスティルワイン15本 → https://ricorice.exblog.jp/27211751/
○今すぐ試したい! これが飲むべきイングリッシュワイン → https://ricorice.exblog.jp/27145431/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-20 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_08033959.jpg

先日お伝えしたイングリッシュワインに関する記事、
訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ!”(↓)。


こちらのオリジナル記事は、イギリスの新聞「デイリー・テレグラフ/Daily Telegragh」の2018年7月13日(金)づけのこちら(↓)。
The English county taking on Champagne – plus the best British wine weekends
https://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/europe/united-kingdom/articles/british-wine-weekends/


後半は、当ブログでもご紹介した“訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ!”、
前半では、“イングリッシュワインの現状”が紹介されています。
データは大事!ということで、当ブログでもお知らせします。

・産業としては遅まきながら、イギリスでのワイン醸造は、ローマ人によってもたらされ、11世紀には46のヴィンヤード(ブドウ畑)があったことが記録に残っている。
・その後ワイン醸造は衰退。第一次世界大戦が集結する頃には、壊滅したかのように思われた。
・本格的に産業として息を吹き返したのは、1960年代。以降、年々成長を続けている。

このあたりは資料を当たれば出てくる話で、うんうん、だったのですが、
成長を裏付けとして、消費者としてのイギリス人の嗜好がある、ということについても触れられていて、
私にはあっ、そうか!でした。

「自国のスパークリングワインを愛好する様子は、
ジン産業の興隆、近年ではマイクロブルワリーの人気に近いものがある。
イギリス人はちょっとしたマニア心をくすぐるような、時代を先取りしたブティックドリンクが好きなのだ。
それがスパークリングワインを冠とするイングリッシュワインの浸透を加速した」。

どうしても製造の方に目が向きがちで、
・ブドウ栽培に適した気候や土壌
・すぐれたワインメーカーの存在や技術の躍進
といった“造る”にあたっての条件はもちろんですが、
いくら造っても消費されないことには、産業としては発達しないわけで、
それを思い出させてくれたのが、「デイリー・テレグラフ」の記事だった、というわけです。

“製造”と合わせて急成長の両輪の片方を担う、“消費”について。
日本でも、日本ワインの人気が高まっているように、
イギリスでも国産ワインへの眼差しへは熱いものがあるわけで、
加えて環境問題に敏感な国ですから、
フードマイレージ(食糧の輸送に伴って排出される燃料・二酸化炭素の排出量を距離と重量で数値化したもの)を背景に、
“ローカルのすぐれた食品に目を向けましょう”な方向に向かうのは必然であり自然でもあり、
そこに“時代を先取りしたものを好む”嗜好性もプラスされるとなると
(いささか眉唾な気もしますがが。どこまで、というのは???
ただ、そういう側面なしでは、イングリッシュワインの成長には繋がらなかっただろうし、
 確かに、変化を拒否する、という姿勢はなさそうではありますが)、
消費の面でも、イギリスのワイン産業の躍進に大きく後押ししていることが読みとれます。


では、ここで、数字関係をいくつかご紹介。
○生産量(ボトル数):2015年/506万本、2016年/415万本、2017年/531万本
○ワイナリー数:150
○ヴィンヤード(ブドウ畑)数:500以上
○ヴィンヤード(ブドウ畑)の面積:5548エーカー(約2245m²)
○主要ブドウ品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ(この3種で全体の半数以上を占める。いずれもシャンパーニュでもメインで使われるブドウ品種)


データ関係は、見るたびに数字が大きくなっているので、刷新していかないとなぁ。

また、イギリスのワイン産業の近年の状況については、同じく「デイリー・テレグラフ」の別の記事(昨年、2017年秋のものですが)でも紹介してされていますので、
ご興味のある方はこちら(↓)も併せてどうぞ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ! → https://ricorice.exblog.jp/27514898/
○生産者曰く、2018年のイングリッシュワインは期待大! → https://ricorice.exblog.jp/27419996/
○イギリスのスーパーマーケットM&Sの、英国産スパークリングワインの売上げ上昇! → https://ricorice.exblog.jp/26856532/
○イギリス大手のワイン店で、英国産スパークリングワインの売上げが好調! → http://ricorice.exblog.jp/26623778/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-09 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_07143993.jpg

2018年7月13日(金)づけのイギリスの新聞「デイリー・テレグラフ/Daily Telegragh」にあったのはこんな記事。

訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ!
The English county taking on Champagne – plus the best British wine weekends
https://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/europe/united-kingdom/articles/british-wine-weekends/


オリジナルタイトルは、“週末の小旅行に”といったところですが、
イギリス国内で暮らしていない身としては、さすがにそこはね〜、ではありますが。

そうそう、通常は便宜上、ワイナリー、ワインエステイトとして紹介するのですが、
今回はオリジナル記事に従ってヴィンヤード(ブドウ畑)としています。
こういう案内では同義と捉えていただいて、とりあえずは問題ないかな〜、ではありますが。

ともあれ、選ばれたのは以下のヴィンヤード(ブドウ畑)です。

01. Astley(ウスターシャ―)
02. Aldwick Estate(ブリストル)
03. Adgestone Vineyard(ワイト島)
04. Camel Valley(コーンウォール)
05. Chapel Down(ケント)
06. Denbies Wine Estate(サリー)
07. Hanwell Wine Estate(ノッティンガムシャー)
08. Leventhorpe(ヨークシャー)
09. White Castle Vineyard(アバーガヴェニー、ウェールズ)

個々のヴィンヤードを自分のスケジュールに合わせて訪問するのもいいけれど、
・ぐるっと何カ所か回りたい(でもヴィンヤードはたいがい不便な場所にあるのでアクセスが大変)
・ハンドルキーパーでもめたくない(大事なことですね)、
に、うってつけなこんなツアーが、ハンプシャーにはあります。
その名も、Hampshire Vineyard Tours

ハンプシャーのワインを盛り上げようと、地元のヴィンヤードが集結したプログラムで、
6人までに対応してくれるプライベートツアーで、値段は£90〜。
訪問するヴィンヤードは、DaneburyExton ParkCottonworthHambledonHattingley ValleyJenkyn PlaceRaimes
もともとセラードアを開けているところもありますが、なかには一般にはオープンしていないところもあるので、
これも含め、優良ツアーに思えます。


ヴィンヤード訪問はブドウの栽培、収穫といった時期に拠るところが大きいので、
詳細は各ヴィンヤードのウェブサイトなどで最新情報をチェックしてください。

オリジナル記事では広範囲にわたって、多様なエリアからヴィンヤード訪問できるところが選ばれている印象で、
現在、イギリスのワイン用ブドウの栽培は広範囲にわたっていることがよくわかります。
ウェールズからもピックアップされているように、
またイギリスのワイン産業界もイングランドだけでなくウェールズ、近い将来はスコットランドも含めて(すでに、かな?)、イギリス全体で盛り上げようという動きもあり、
イングリッシュワインだけでなくウェルシュワインにも注目です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○イングリッシュワイン用、ユニークなブドウ畑10選 → https://ricorice.exblog.jp/25071276/
○イングリッシュワイン用ブドウ、今年だけで100万本植えられる → https://ricorice.exblog.jp/25724705/
○スコットランドで初めてワインが生産される(ただし、飲めないけどね) → https://ricorice.exblog.jp/23532795/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-09-25 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback

e0038047_18172868.jpg

報道がされて1カ月近く経ってしまいました。。。
状況が変わっていないことを期待しつつ。

2018年8月31日(金)づけの、
イギリスのワインに特化したメディア“Wine GB”にあったのはこんな記事。

生産者曰く、2018年のイングリッシュワインは期待大!
Uk Winemakers Optimistic about a Dream Harvest This Year
https://www.winegb.co.uk/uk-winemakers-optimistic-about-a-dream-harvest-this-year/


その理由として大きく挙げられるのは、イギリスを襲った長く暑い夏。
日本も猛暑というか激暑というか、外出するのが怖いほどの暑さで、
イギリスも暑さのタイプは違うものの(温度もだけど湿度がね)、暑い暑い夏でした。

これはブドウの出来にいい方に作用する、のです。
収穫も例年より早く、8月の最終週に開始したところも。
平均して収穫期は2週間ほど早い模様。

今や、イングランド南部に限らず、イングランドおよびウェールズで広く、
ブドウ栽培およびワイン醸造が行われていますが、
いずこもこの好状況に大差なさそうです。

Wine GB会長にして、
ハンプシャーのワインエステイト、Hattingley ValleyのオーナーでもあるSimon Robinsonによると、
「量、質ともかつてないほどの当たり年になるでしょう。
となると、イギリス国内はもちろん海外での消費の大きなる上昇も期待できます。
ワイン産業は、ブレキジット/ブレクジット(Brexit)後のイギリスの農業分野において、重要なポジションとなることは間違いないでしょう」と、
2018年のイングリッシュワインについての明るい見通しを述べています。

オリジナル記事では、イングランドおよびウェールズのいくつかのワインエステイトの声を取り上げており、
いずれもポジティブな見解です。

“イギリスの農業分野において重要な役割を果たす”とは大げさなように聞こえますが、
果たしてそうではなく、実際のところ数字においても、
過去10年でブドウの栽培面積は2倍、2000年時と比較すると3倍となっており、
過去2年間においては、250万本ものブドウが植えられているほどの成長産業なのが、
現在のイギリスのワインの状況です。

対照的になかなか厳しい状況である、フランス(というか大陸、なのかな?)。
有名シャンパーニュメゾンが、イギリスにブドウ栽培の地を求めたことは、当ブログでもお伝えした通りですが、

単にマーケットや話題づくりだけではなく、現実的なリスク回避の意味もあるんだなぁ、と思わされます

また、世界的ワインの権威“デカンタ/Decanter”も今年のイングリッシュワインの状況を以下のように伝えています。



2018年はイングリッシュワインにとってどのような年になるのか。
楽しみにしながら見守りたいと思います。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○英国大手パブチェーン、ウェザースプーンのスパークリングワインが仏から英国産へ → https://ricorice.exblog.jp/27280557/
○アラン・デュカスのレストランで英スパークリングワインが提供される → https://ricorice.exblog.jp/27368943/
○テタンジェがイギリス・ケントの畑で植樹式を行う → https://ricorice.exblog.jp/25754935/
○仏シャンパーニュメゾン、テタンジェがイギリスに畑を購入! → http://ricorice.exblog.jp/23996871/
○EU 離脱! これがイギリス国民が出した答 → http://ricorice.exblog.jp/24481123/



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-09-19 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback