人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:順位&セレクト(ロンドンの店)( 396 )



e0038047_14493444.jpg

2019年7月8日(月)づけのロンドンの情報メディア、Time Outにあったのはこんな記事。
Time Outが選ぶロンドンのバー・トップ50
The best bars in London
https://www.timeout.com/london/bars-and-pubs/the-best-bars-in-london


ロンドン事情に詳しい、地元のエディターらによるランキングは以下のとおりです。


01. Tayēr + Elementary(オールド・ストリート)
02. Lyaness(サウス・バンク)
03. Sager & Wilde Hackney Rd(ハックニー・ロード)
04. Frank's Cafe(ペッカム)
05. Mother Kelly's(ヴォクソール)
06. Bar Three(スピタルフィールズ)
07. Swift(ソーホー)
08. Trailer Happiness(ポートベロー・ロード)
09. Authentique Epicerie & Bar(タフネル・パーク)
10. Fam(メリルボーン)

11. Crate Brewery(ハックニー・ウィック)
12. Satan's Whiskers(ベスナル・グリーン)
13. Little Nan’s Bar(デットフォード)
14. Bar Termini(ソーホー)
15. Supermax(キングス・クロス)
16. Fitz’s Bar(ブルームズベリー)
17. Little Mercies(クラウチ・エンド)
18. Terroirs(コヴェント・ガーデン)
19. Ridley Road Market Bar(ダルストン)
20. Black Rock(ムーアゲイト)

21. Howling Hops(ハックニー・ウィック)
22. Diogenes the Dog(ウォルワース)
23. Ruby’s Bar & Lounge(ダルストン)
24. The Connaught Bar(メイフェア)
25. Vermuteria(キングス・クロス)
26. Hacha(ダルストン)
27. Two Tribes(キングス・クロス)
28. Coupette(ベスナル・グリーン)
29. Beaufort Bar at The Savoy(ストランド)
30. Four Quarters South(ペッカム)

31. Punch Room at The London Edition(フィッツロヴィア)
32. The Coral Room(ブルームズベリー)
33. Copeland Social(ペッカム)
34. The Doodle Bar(バーモンジー)
35. Hackney Church Brew Co(ハックニー)
36. Heads + Tails(ウェスト・ハムステッド)
37. Genuine Liquorette(フィッツロヴィア)
38. Original Sin(ストーク・ニューイントン)
39. Homeboy(イズリントン)
40. Tabac(ケンティッシュ・タウン)

41. GinTonica(ポートベロー・ロード)
42. Blind Pig(ソーホー)
43. Ladies & Gentlemen(ケンティッシュ・タウン)
44. Every Cloud(ハックニー)
45. Cocktail Trading Company(ショーディッチ)
46. Craft Tooting(トゥーティング)
47. Happiness Forgets(ホクストン)
48. The K Bar(サウス・ケンジントン)
49. Bussey Rooftop Bar(ペッカム)
50. Funkidory(ペッカム)


ひと言でバーといっても、いわゆるバー然としたバーだけでなく、ワインバー、ポップアップ、レストランに併設、お酒のラインナップが豊富なカフェなど、広義でのバーからのランキングとなっています。

それにしても、ロンドンのバーについて、こういう統括したものをしばらく扱わなかったせいか、順位よりも、お店の入れ替わりの激しさに目が向くなぁ。。。
これって、バーが、そのカテゴリーを含めて店舗が増えたのが、いい!という店の流れが変わったためにピックアップされる店が変わったのか。。。
う〜ん。一考の価値ありですなぁ。





~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○デートにうってつけ! タイムアウトが選ぶロンドンのバー・ベスト22 → https://ricorice.exblog.jp/27589337/
○これが今を体現するロンドンのワインバー・ベスト20 → https://ricorice.exblog.jp/27084899/
○ロンドンのカクテルバー・ベスト50 → http://ricorice.exblog.jp/24689703/
○タイムアウト(Time Out)ロンドン・バー・アウォーズ2017 → https://ricorice.exblog.jp/25895372/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-07-17 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_11181396.jpg

ロンドンの飲食メディア“Hot Dinners”の2019年7月3日(水)づけであったのはこんな記事。

開放感抜群! 屋外ペースがあるロンドンの店37選
The very best restaurants in London for eating alfresco
https://www.hot-dinners.com/Features/Hot-Dinners-recommends/the-best-places-for-al-fresco-eating-in-london


選ばれたのは以下のお店です。

<ロンドン中心部>
01. Barrafina Drury Lane(スペイン料理)
02. Bentley's(シーフード)
03. Boulestin(フランス料理)
04. Chiltern Firehouse(モダンヨーロッパ)
05. Coq D'Argent(フランス料理)
06. Dalloway Terrace(モダンヨーロッパ)
07. Dominique Ansel Bakery(ペイストリー)
08. Ham Yard(ブティックホテル)
09. Hush(ブラッスリー)
10. The Orrery(フランス料理)

11. Petersham Nurseries Covent Garden(カフェ)
12. Le Pont de la Tour(フランス料理)
13. The Ritz Restaurant Terracer(フランス料理)
14. Scott’s(シーフード)
15. alto by San Carlo on the Selfridges rooftop(イタリア料理)

<ロンドン東部>
16. The Coach(パブ)
17. CRATE Brewery(ブルワリー)
18. The Marksman(モダンブリティッシュ)
19. Modern Pantry(フュージョン)
20. Rochelle Canteen(カフェ)
21. Smokestak(バーベキュー)

<ロンドン西部>
22. Bar Boulud(カジュアルダイニング)
23. Chucs at the Serpentine(イタリア料理)
24. Ivy Chelsea Garden(カフェ)
25. Number Sixteen(ブティックホテル)
26. Ognisko(ポーランド料理)
27. The River Café(イタリア料理)

<ロンドン南部>
28. Fiume(イタリア料理)
29. The Lido Cafe(モダンブリティッシュ)
30. Pear Tree Cafe(カフェ)
31. San Lorenzo(イタリア料理)
32. Trinity(季節メニュー)

<ロンドン北部>
33. Coal Drops Yard(レストランコンプレックス)
34. Frederick's(モダンブリティッシュ)
35. The Lighterman(モダンブリティッシュ)
36. Michael Nadra(コンテンポラリー)
37. Smokehouse(バーベキュー)


屋外での食事は気持ちですもんね〜。
でも、こんなに暑いと、湿気が少ないとはいえ昼間はきついかもしれない。。。

おなじみのお店もあれば、ポップアップやブティック、ペイストリー、入り口からはわからない店舗までずらり。
へええ〜、ここ、屋外スペースがあるんだ〜、って知った店もちらほらです。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンの眺めのいいレストラン・ベスト27 → https://ricorice.exblog.jp/28288554/
○これからの季節は気持ちよさがアップ、ロンドンの川べりのパブ&バー26選 → https://ricorice.exblog.jp/28091263/
○夏到来! ロンドンで屋外スペースのあるパブ49選 → https://ricorice.exblog.jp/27159170/
○川べりのパブで1杯! ロンドンでおすすめの5軒 → https://ricorice.exblog.jp/25908355/
○ロンドンでこの夏試したい、テラス席のある店10選 → https://ricorice.exblog.jp/25872684/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-07-11 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22025790.jpg

これ、保存版になりそう!
ロンドンの飲食シーンを伝えるメディア、Hot Dinnersの2019年6月13日(木)づけであったのは、こんな記事(↓)。

セットランチが充実したロンドンのレストラン・ベスト54
The best London restaurants with set lunch deals
https://www.hot-dinners.com/Features/Hot-Dinners-recommends/the-best-london-restaurants-with-set-lunch-deals


選ばれたお店は以下のとおりです(アルファベット順)。

01. Adam Handling Chelsea
内容:コースごとに3つのチョイス
日時:月〜金曜

02. Alain Ducasse at the Dorchester
内容: 3コース、ワイン2杯、水、コーヒーか紅茶 £70
日時:火〜金曜

03. Alyn Williams at The Westbury
内容: 火〜金曜 3コース £35/土曜 3コース £45
日時:火〜土曜

04. Aqua Shard
内容: 2コース £28/3コース £32〜
日時:月〜金曜

05. Aquavit
内容: 2コース £27/3コース £30
日時:月〜金曜

06. Bao Fitzrovia
内容: £15
日時:月〜金曜 12.00〜15.00

07. Bar Boulud London
内容: 2コース £20/3コース £24
日時:月〜日曜 12.00〜18.30

08. Bernardi's
内容: 2コース £19/3コース £23
日時:月〜金曜 12.00〜15.00

09. Claude Bosi at Bibendum
内容: 3コース £65(コーヒー、水含む)
日時:木〜土曜

10. Caractere
内容: 3コース £39
日時:毎日


11. The Coal Shed
内容: 1コース £15/2コース £20/3コース £24
日時:月〜土曜 12.00〜18.30

12. Core by Clare Smyth
内容: 3コース £70
日時:木〜土曜

13. Corrigan's Mayfair
内容: 2コース £28/3コース £34
日時:月〜土曜 12.00〜15.00

14. Craft London
内容: 3コース+スナック £38
日時:毎日

15. La Dame de Pic
内容: 2コース £32/3コース £42/3コース £60

16. Dinner by Heston Blumenthal
内容: 3コース £45〜
日時:月〜金曜 12.00〜14.00

17. Duddell's
内容: 点心3個+メイン1皿 £24
日時:月〜金曜 12.00〜14.00

18. Elystan Street
内容: 3コース £30
日時:月〜金曜 12.30〜14.45

19. Frenchie
内容: 2コース £29/3コース £32
日時:月〜土曜

20. The Game Bird
内容: 2コース £25/3コース £30


21. Galvin at Windows
内容: 2コース £31/3コース £37〜

22. Gezellig
内容: 2コース £25

23. Gymkhana
内容: 2コース £27/3コース £33.50〜

24. Hide
内容: 5コース £48
日時:月〜日曜

25. Hawksmoor
内容: 2コース £26/3コース £29
日時:月〜土曜

26. Hélène Darroze st The Connaught
内容:£60

27. Hereford Road
内容: 2コース £13.50/3コース £15.50
日時:月〜金曜

28. Hix Soho
内容: 2コース £19.50/3コース £23.95
日時:月〜土曜 12.00〜18.30

29. Ikoyi
内容: 3コース £35
日時:月〜金曜

30. Indian Accent
内容: 2コース £24
日時:毎日


31. Kerridge's Bar and Grill
内容: 2コース £24/3コース £29.50
日時:毎日 12.00〜19.00

32. Kutir
内容: 2コース £20/3コース £25
日時:月〜金曜 12.00〜14.30/17.30〜18.30

33. The Ledbury
内容: 4コース £80
日時:水〜金曜

34. Le Gavroche
内容: £74
日時:水〜金曜

35. Marcus
内容: 5コース £55
日時:月〜土曜

36. Mere
内容: 2コース £29/3コース £35〜
日時:月〜金曜

37. Murano
内容: 2コース £32/3コース £37〜

38. The Ninth
内容: 2コース £22/3コース £28〜
日時:月〜土曜 12.00〜15.00

39. Noble Rot
内容: 2コース £18/3コース £22
日時:月〜土曜

40. Oldroyd
内容:£10
日時:月〜金曜 12.00〜16.00


41. Pollen Street Social
内容: 3コース £39.50
日時:月〜土曜 12.00〜14.30

42. Quaglino's
内容: 2コース+ワイン1杯 £23/3コース+スパークリングワイン1杯 £33

43. Quality Chop House
内容: 2コース £22/3コース £26

44. Restaurant Gordon Ramsay
内容: 3コース £70
日時:月〜金曜

45. Roganic
内容: 4コース £35
日時:火〜土曜

46. Sartoria
内容: 2コース £26.50/3コース £32.50

47. Savoy Grill
内容: 2コース £31/3コース £35

48. Sette
内容: 2コース £23/3コース £29
日時:月〜土曜

49. Spring
内容: 2コース £28.50/3コース £31.50
日時:毎日

50. St Leonards
内容: 2コース £18/3コース £22
日時:火〜金曜


51. StreetXO
内容: £30〜
日時:月〜金曜

52. The Square
内容: 3コース £37
日時:月〜土曜

53. Two Lights
内容: 2コース £17/3コース £20
日時:水〜日曜

54. Wild Honey St James
内容: 2コース £23/3コース £27
日時:毎日




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○セットランチを狙え! ロンドンの人気レストラン40軒 → https://ricorice.exblog.jp/25619404/
○初デートにうってつけ!なロンドンのレストラン10選 → https://ricorice.exblog.jp/28156314/
○ひとりごはんの強い味方! カウンター席のあるロンドンのレストラン14軒 → https://ricorice.exblog.jp/27370748/
○ロンドンでひとりごはんをするならこの14軒 → https://ricorice.exblog.jp/27185229/
○ロンドンでひとりでも気後れなくディナーできる店10選 → https://ricorice.exblog.jp/23580756/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-06-26 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22344474.jpg

ロンドンの情報メディア、“Time Out”の2019年6月4日(火)づけであったのはこんな記事。

ロンドンの眺めのいいレストラン・ベスト27
London restaurants with the best views
https://www.timeout.com/london/restaurants/london-restaurants-with-the-best-views


選ばれたのは以下の店です(かっこの中はジャンル、そしてエリアの順番です)。

01. 5th View(バー/ピカデリー・サーカス)
02. Aqua Shard(イギリス/ロンドン・ブリッジ)
03. Blueprint Café(ヨーロッパ/バーモンジー)
04. Boundary Rooftop(バー/ショーディッチ)
05. City Social(ヨーロッパ/ムーアゲイト)
06. Coppa Club(ヨーロッパ/アルドゲイト)
07. Darwin Brasserie(イギリス/アルドゲイト)
08. Duck & Waffle(ヨーロッパ/ムーアゲイト)
09. Fenchurch Restaurant(シーフード/ムーアゲイト)
10. Galvin at Windows(フランス/メイフェア)

11. Giant Robot(ストリートフード/カナリー・ワーフ)
12. Hutong(アジア/ロンドン・ブリッジ)
13. Le Pont de la Tour(フランス/バーモンジー)
14. Min Jiang(中国/ケンジントン)
15. Oblix(バラエティ/ロンドン・ブリッジ)
16. OXO Restaurant(イギリス/サウス・バンク)
17. Plateau(ヨーロッパ/カナリー・ワーフ)
18. Portrait Restaurant(イギリス/トラファルガー・スクウェア)
19. Rick Stein(シーフード/モートレイク)
20. Sargeant's Mess(イギリス/タワー・ヒル)

21. Skylon(ヨーロッパ/サウス・バンク)
22. ‘Smiths’ of Smithfield: Top Floor(イギリス/ファーリンドン)
23. Sushisamba(ブラジル/ムーアゲイト)
24. Swan at the Globe(イギリス/サウス・バンク)
25. Tate Modern Café: Level 1(カフェ/サウス・バンク)
26. Tate Modern Café: Level 9(カフェ/サウス・バンク)
27. Ting(アジア/ロンドン・ブリッジ)


“眺めがいい”となると、高層階から、というのが多くなり、そうするとどうしてもシティの高層ビルの上階にあるレストランが多く選ばれています。
もちろんそれだけでなく、テムズ川の景色が楽しめる開放感あふれる飲食店、そして階数こそ高くはないけれど(もっとも周辺にそんなに高い建物が多くない)本屋さんや美術館の飲食スペースも選ばれていて、これが狙い目なんじゃないか、ってひそかに思う私です。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○これからの季節は気持ちよさがアップ、ロンドンの川べりのパブ&バー26選 → https://ricorice.exblog.jp/28091263/
○開放感いっぱい! 屋上スペースがあるロンドンの飲食店11軒 → https://ricorice.exblog.jp/27197013/
○夏到来! ロンドンで屋外スペースのあるパブ49選 → https://ricorice.exblog.jp/27159170/
○川べりのパブで1杯! ロンドンでおすすめの5軒 → https://ricorice.exblog.jp/25908355/
○ロンドンでこの夏試したい、テラス席のある店10選 → https://ricorice.exblog.jp/25872684/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス



by ricoricex | 2019-06-24 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

日本でのブームは1990年頃。
時はバブル。イタメシなんて言葉も出てきた頃だったか、いやぁ〜、すごかったなぁ。

なんてことを思い出したのは、ロンドンの食メディア “Eater London”の2019年4月25日(木)づけのこんな記事を見たから。

ロンドンでティラミスを食べるなら、この10軒
10 Places Serving Terrific Tiramisu In London
https://london.eater.com/maps/best-tiramisu-italian-dessert-london


選ばれたのは以下の10軒です。

01. OMBRA(ハックニー)
02. Brawn(ベスナル・グリーン)
03. Gloria(ショーディッチ)
04. Ciao Bella(ブルームズベリー)
05. Terroni of Clerkenwell(クラーケンウェル)
06. Mortimer House Kitchen(フィッツロヴィア)
07. Chin Chin Dessert Club (Chin Chin Ice Cream)(ソーホー)
08. Pastaio(ソーホー)
09. The Crown(チズィック)
10. Stockwell Continental(ストックウェル)

もともとイギリスではイタリア料理店は人気があったわけですが、より細分化し、奥の店舗が登場し、デザートにも目を向けられるようになった、ってことかな。




~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンでチョコレート・デザートを食べるならここ! → https://ricorice.exblog.jp/27557199/
○アイスクリームデザート目当てで行きたいロンドンの飲食店12選 → https://ricorice.exblog.jp/27382120/
○ロンドンでワッフルを食べるなら、この11軒 → https://ricorice.exblog.jp/28036053/
○ロンドンでパンケーキを食べるなら、この15軒 → https://ricorice.exblog.jp/27979899/
○思わず目を引く、ロンドンのシュークリーム8選 → https://ricorice.exblog.jp/27099410/


** 絶賛、発売中です! **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-06-07 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_21393945.jpg

ロンドンのメディア、Time Outの2019年5月16日(木)づけであった、こんな記事。

ロンドンのガストロパブ・ベスト28
London’s best gastropubs
https://www.timeout.com/london/restaurants/best-restaurants-gastropubs


選ばれたのは以下のお店です。

01. Anchor & Hope(ウォータールー)
02. The Brookmill(デットフォード)
03. The Camberwell Arms(カンバーウェル)
04. Canton Arms(ストックウェル)
05. The Coach(クラーケンウェル)
06. The Cow(ノッティング・ヒル)
07. The Crabtree(フラム)
08. The Culpeper(ホワイトチャペル)
09. The Drapers Arms(イズリントン)
10. The Eagle(ファーリンドン)

11. The Garrison(バーモンジー)
12. The Green(クラーケンウェル)
13. The Harwood Arms(フラム)
14. The Horseshoe(ハムステッド)
15. The Jugged Hare(バービカン)
16. The King & Co.(クラパム)
17. The Lady Ottoline(ブルームズベリー)
18. The Marksman(ハックニー)
19. The Norfolk Arms(ブルームズベリー)
20. The Old Red Cow(スミスフィールド)

21. The Pig & Butcher(イズリントン)
22. The Prince(ストーク・ニューイントン)
23. The Princess of Shoreditch(ショーディッチ)
24. The Princess Victoria(シェパーズ・ブッシュ)
25. The Royal Oak(ベスナル・グリーン)
26. The Thomas Cubitt(ベルグレイヴィア)
27. Three Cranes(シティ)
28. Upstairs at The French House(ソーホー)


従来のパブは衰退の一途をたどっているようですが、ガストロパブについては、上記10のThe Eagleの1991年のオープンが始まりとさて、以降、ジャンルとして確立し、2000年代半ばには、Diana Henryによる書籍『The Gastropub Cookbook』が出版されたり(その概念や具体的なメニュや店舗を知りたく、私もソッコーで購入)、

2012年には“gastropub”という言葉が辞書に登場したりで、すっかり市民権を得ています。
ここで上がっているのも、安定の“おなじみ”店が多い印象です。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○2019年イギリスのガストロパブ・トップ50 → https://ricorice.exblog.jp/27925840/
○グッド・パブ・ガイド・アウォーズ2019 その1 → https://ricorice.exblog.jp/27517889/
○グッド・パブ・ガイド・アウォーズ2019 その2 → https://ricorice.exblog.jp/27521064/
○グッド・パブ・ガイド・アウォーズ2019 その3 → https://ricorice.exblog.jp/27521065/
○屋外で食事が楽しめる、ロンドンの飲食店・ベスト60 → https://ricorice.exblog.jp/28143233/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-06-01 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22304590.jpg

ロンドンの情報メディア、“Time Out”の2019年4月11日(木)づけであったのはこんな記事。

ロンドンのタイ料理店・ベスト16
London’s best Thai restaurants
https://www.timeout.com/london/restaurants/londons-best-thai-restaurants


選ばれたのは以下の16軒です。

01. 101 Thai Kitchen (レイヴンズコート・パーク)
02. Begging Bowl(ペッカム・ライ)
03. Champor-Champor(ロンドン・ブリッジ)
04. Esarn Kheaw(シェパーズ・ブッシュ)
05. Farang(ハイベリー)
06. Heron(パディントン)
07. Isarn(バーンズベリー)
08. KaoSarn(ブリクストン)
09. Kiln(ソーホー)
10. Kin + Deum(ロンドン・ブリッジ)

11. Nipa Thai(ベイズウォーター)
12. Patara(ソーホー)
13. Singburi(レイトンストーン)
14. Smoking Goat (ショーディッチ)
15. Som Saa(スピタルフィールズ)
16. Sukho (パーソンズ・グリーン)


何の先入観もなく私を見たら、日本人に見えないと思うんですよね〜。
では、何人に見えるか、というと、タイ人、だと本人は思っています。
事実、タイでタイ人にタイ人と間違われるぐらいだから。

ところが(?)ですね〜、ロンドンでぶらぶらしていると、例えばバスを待っているときとか、レジで並んでいるときとか、ロンドン在住のフィリピン人にフィリピン人に間違えられること、しょっちゅう。
現地の言葉で話しかけられるからよくわからず、「Sorry?」と聞き返すと、「あっ、ごめんなさい! フィリピン人かと思ったんです」と。

そうかぁ、フィリピン人に見えるんだね。
いずれにしろ、東アジアではなく東南アジア系、ってことです。


ここのところ、ロンドンのタイ料理店がおもしろい!と個人的に思っていて、食堂然、ぐっとシックな店、地方に特化、カフェ風、に加えて、近年はスマートカジュアルで、タイ料理の基礎を踏まえた上でイギリスで受けるスタイルに変化させている店が増えた印象。
こういう店はメニューが多くない。絞り込んだ内容で勝負しているのもおもしろい。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○イギリスのタイ料理店・ベスト10 → https://ricorice.exblog.jp/23593976/
○東アジア料理で試したい5品。イギリスで食べるならここ! → https://ricorice.exblog.jp/24485252/
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2018 → https://ricorice.exblog.jp/27273168/
○ランチ@ソム・サー/Som Saa(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25151358/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-05-28 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22465974.jpg

あれっ。
そこそこの頻度で取り上げてるいるようで、そうじゃなかったみたい。。。

なわけで、今回お届けするのは、ロンドンのメディア、Time Outの2019年3月12日(火)づけであった、こんな記事。

ロンドンのインド料理店・ベスト29
London’s best Indian restaurants
https://www.timeout.com/london/restaurants/londons-best-indian-restaurants


選ばれたのは以下のお店です。

01. Amaya(ベルグレイヴィア)
02. Apollo Banana Leaf(トゥーティング)
03. Bombay Bustle(メイフェア)
04. Booma(ストックウェル)
05. Brigadiers(マンション・ハウス)
06. Brilliant(サウソール)
07. Chai Ki(カナリー・ワーフ)
08. Cinnamon Club(ウェストミンスター)
09. Cinnamon Kitchen(アルドゲイト)
10. Dip in Brilliant(ウォラム・グリーン)

11. Dishoom(コヴェント・ガーデン)
12. Dosa n Chutny(トゥーティング)
13. Gunpowder(スピタルフィールズ)
14. Gymkhana(メイフェア)
15. Hoppers(ソーホー)
16. Indian Accent(メイフェア)
17. India Club(テンプル)
18. Jamavar(メイフェア)
19. Kahani(ベルグレイヴィア)
20. Kricket(ピカデリー・サーカス)

21. Kutir(チェルシー)
22. Lahore Kebab House(ホワイトチャペル)
23. Masala Wala Cafe(ブロックリー)
24. Needoo Grill(ホワイトチャペル)
25. Talli Joe(コヴェント・ガーデン)
26. Tamarind(メイフェア)
27. Tandoor Chop House(コヴェント・ガーデン)
28. Tayyabs(ホワイトチャペル)
29. Trishna London(メリルボーン)


こうやって統括すると、ロンドンのインド料理店も進化しているのがよくわかります。
食堂然とした店が主流だったところから、2001年、ミシュランの星を獲得した26のTamarindが出てきたことに象徴されるように、洗練された高級レストランが次々と登場。
そして、2010年、11のDishoomがオープンし、そのスタイリッシュながら肩肘張らないカフェスタイルが人気を博し、インド料理の新しいジャンルを構築。
近年はフードマーケットから固定店になるケースも少なくなく、インド料理店にもその傾向は見られます。

こうして層が厚くなると、単にインド(そしてその周辺の国々)でなく、インドの中でも地域に特化した料理を提供する店も増えています。
ここで取り上げられたお店をみると、こういったうねりを実感!です。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○寒い日こそカレー! ロンドンのおすすめインド料理店 → https://ricorice.exblog.jp/24070933/
○朝食@ディシューム/Dishoom(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/27226476/
○カレー・ランチ@インディアン YMCA/Indian YMCA(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25683596/
○カレーブッフェ@ライジング・サン/Rising Sun(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25854367/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-05-25 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22290398.jpg

好きだなぁ〜、こういうの。
だって、確かに気になるし、思わず写真に撮ったりもしちゃうもの
(一歩間違えればヤバい人がいる!なわけだから、通報されないようにしないと。。。)。

イギリスの飲食メディア、“SquareMeal”の2019年3月13日(水)づけであったのはこんな記事。

インスタ映えするトイレがある、ロンドンの飲食店12軒
The 12 most Instagrammable loos in London
https://www.squaremeal.co.uk/restaurants/best-for/Instagrammable-loos-and-toilets-in-London_8985


選ばれたのは以下のお店です。

01. Sketch(メイフェア)
02. Annabel’s(メイフェア)
03. Brasserie of Light(メリルボーン)
04. The Ned(シティ)
05. Park Chinois(メイフェア)
06. Aqua Shard(ロンドン・ブリッジ)
07. Isabel(メイフェア)
08. Restaurant Ours(ナイツブリッジ)
09. Nopi(ソーホー)
10. Blanchette(ブリック・レーン)

11. The Mandrake(フィッツロヴィア)
12. German Gymnasium(キングス・クロス)


ここで挙がっているお店の中には“トイレ必見!”が枕詞のように言われているところもあるし(ほんと、魅力的!)、思わずパチリ!してしまったお店もあるし、トイレがイケイケだと、ことのほか、ハイパーになってしまう私です。
逆にいえば、ここまで神経を使っているお店、ってのは、ハズレなし!っていえるかも。
外で食べるってことは、単においしいものを食べるだけでなく、それ以外の設備含め、体験にお金を払う、ってことだよなぁ、と思わされます。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンで、トイレで飲食店を選ぶなら、この8軒! → https://ricorice.exblog.jp/26445279/
○ロンドンの飲食店のトイレあれこれ → https://ricorice.exblog.jp/24935504/
○How Grammable! インスタ映えするロンドンの飲食店12選 → https://ricorice.exblog.jp/27411760/
○インスタ映えするロンドンのフードスポット40選 → https://ricorice.exblog.jp/26102709/
○インスタ映えするロンドンのアイスクリーム8選 → https://ricorice.exblog.jp/27470443/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-05-22 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_23522783.jpg

ロンドンの食メディア “Eater London”の2019年2月21日(木)づけであったのはこんな記事。

食事も満足できる、ロンドンのライブハウス10選
10 Terrific London Music Venues with Brilliant Food
https://london.eater.com/maps/best-london-restaurants-bars-live-music-jazz-blues


選ばれたのは以下の10のヴェニュです。

01. Pueblito Paisa Cafe London(トテナム)
02. Northern Soul Bar & Kitchen(アーチウェイ)
03. The Dalston Jazz Bar(ダルストン)
04. Made In Brasil(カムデン・タウン)
05. Plaquemine Lock(イズリントン)
06. Troy Bar(ショーディッチ)
07. Ronnie Scott's(ソーホー)
08. Buster Mantis(デトフォード)
09. Hideaway(ストリーサム)
10. Little Bay Croydon(クロイドン)


ストレートな飲食店情報ではなく、こういう付随するところでも食がスポットが当てられるようになったことから、ロンドン、ひいてはイギリスはフーディーになっていて、ますますその傾向は強まっていると、痛感します。

っと、ソーホーの老舗ジャズ・ライブハウス、Ronnie Scott'sも選ばれている!
意外!なような、うれしい、ような。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○バロウランドこそが夢の国/Barrowland is a Wonderland(グラスゴー) → https://ricorice.exblog.jp/28165843/
○ロンドンの美術館&博物館レストラン・ベスト10 → https://ricorice.exblog.jp/27367158/
○ロンドンのミュージアムカフェ・ベスト7 → https://ricorice.exblog.jp/27126367/
○£5はありがたい! グラストンベリーの今年2017年のフード事情 → https://ricorice.exblog.jp/25865853/
○なんと! プレミアリーグの新スタジアムは、ミシュラン星つき店の料理を提供 → https://ricorice.exblog.jp/25847517/


** 絶賛、発売中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-05-21 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)