人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2019年 02月 27日 ( 1 )



e0038047_13224555.jpg

ヴィヴィアン・ウエストウッド/Vivienne Westwoodといえば、生き方そのものが“パンク”。
見るたびに、“Let It Rock”を頭から浴びせかけられた気分になり、はっ!としてしまう私です。

2019年2月14日(木)から19日(火)まで開催されたロンドン・ファッションウィーク/London Fashion Weekで、ヴィヴィアン・ウエストウッドのキャットウォークが開催されたのは、2月17日(日)。
この日、バックステージでふるまわれたのは、リッジビュー/RidgeviewのBloomsbury NVなど。
リッジビューCEOのTamara Robertsも顔を出しました。

このニュース、リッジビューの公式サイト、および、2019年2月22日(金)づけのイギリスワインについてのサイト、Wine GBで以下のように伝えています。

Ridgeview partners with Vivienne Westwood
https://www.ridgeview.co.uk/ridgeview-partners-with-vivienne-westwood/


Ridgeview partners with Vivienne Westwood London Fashion Week Show
https://www.winegb.co.uk/ridgeview-partners-with-vivienne-westwood-london-fashion-week-show/



ヴィヴィアン・ウエストウッドの2019/20の秋冬コレクションのタイトルは“Homo Louquax”(“chattering man”の意)。
“Buy less, Choose well, Make it last(本当に必要なものを買い、よく考えて選び、長く使う)”のメッセージを掲げ、環境問題を声高に訴える近年のヴィヴィアン・ウエストウッドリッジビューとパートナーシップを組んだのは、意味深だなぁ、とも思うのです。

というのも、イングランド・サセックスにあるリッジビューをはじめ、イングリッシュワインが良、質ともに好調なのは、地球温暖化の影響で、ワインづくりに好適な環境になったから、でもあるんですよね、皮肉なことに。

1995年に設立されたリッジビューはイギリスのワインエステイトでは老舗に数えられ、そのワインはバッキンガム・パレスの宴会で供されたり、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション/International Wine and Spirit Competition 2018(略してIWSC)ではワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたり(↓)。

また、世界17カ国に輸出されている、イングリッシュワインのリーディング企業でもあります。

今回のヴィヴィアン・ウエストウッドリッジビューのパートナーシップには、階級を飛び越える、国境を飛び越える、といった暗黙のメッセージも込められているように感じるのは、私だけでしょうか。




~~これまでの関連記事も併せてどうぞ
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2018 → https://ricorice.exblog.jp/27673670/
○イギリスでスパークリングワインの消費が増加中(英国産含む) → https://ricorice.exblog.jp/27931513/
○イギリス政府による、自国ワインの消費がますます増加 → https://ricorice.exblog.jp/27708252/
○発展目覚ましいイングリッシュワインの現状はこんな感じ → https://ricorice.exblog.jp/27541695/
○生産者曰く、2018年のイングリッシュワインは期待大! → https://ricorice.exblog.jp/27419996/


** ご予約受付中です **

Amazon


楽天ブックス


by ricoricex | 2019-02-27 00:00 | イングリッシュワイン