イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2018年 11月 07日 ( 1 )



e0038047_19133442.jpg

イギリスのタブロイド紙“デイリー・メイル/Daily Mail”の2018年4月23日(月)づけであったこんな記事。
目的別、イギリスのアフタヌーンティー・スポット10選
The 10 best places for afternoon tea
http://www.dailymail.co.uk/travel/article-5641571/The-10-best-places-afternoon-tea-UK-revealed.html


選ばれたのは以下の10スポットです。

○バース観光にここもプラス/ Enjoy an Extra Splash of Bath Flavour
Royal Crescent Hotel(バース) £37〜

○ヤシの木に囲まれて/Take Your Tea among the Palm Trees
The Ritz(ロンドン) £57〜

○ヨークシャーらしさを感じるなら/Essence of Yorkshire in a Tea Cup
Bettys(ハロゲイト) £32.85〜

○自家製ケーキに頬がゆるむ/A Generous Slice of Home-Baked Heaven
The Angel(アバガヴァニー、ウェールズ) £25〜

○お財布を気にせずにロンドンで楽しむなら/Capital Fun without Breaking the Bank
The Wolseley(ロンドン) £29.75〜

○乳製品の愉しみはコーンウォールで/Savour the Authetic Cream of Cornwall
The Nare(コーンウォール) £18〜

○夜でもアフタヌーンティーを/Sip Your Way into the Twilight Zone
Principal(エディンバラ) £22.50〜

○とりわけスコーンは特筆もの/Scrummy Scones Piled High with Tradition
The Goring(ロンドン) £49〜

○ウェールズで訪ねるならここ/Treat with a Strong Welsh Accent
Lake Country House Hotel and Spa(ポーイス、ウェールズ) £17.95〜

○美しい湖水地方の風景に囲まれて/Tea with Lashings of Lakeland Elegance
Holbeck Ghyll(レイク・ディストリクト) £27.50〜


デイリー・メイル”というタブロイド紙が選んでいる、というのがミソで、
初心者向けというか、入門編というか、素直な感じで、とてもわかりやすい。
文章がいたって平易なのも◎。

普段私は、“デイリー・メイル”に限らず、タブロイド紙ってそんなに目を通さないのですが、
ときどき、おっ!とするような視点と、はっ!と思うような企画があって、これもそーかも。
(ただし、大げさ、ときに虚偽報道もあるので、そこは要注意!)
https://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Reliable_sources/Noticeboard/Archive_220#Daily_Mail_RfC

ちなみにオリジナル記事の最後には、“アフタヌーンティーのエチケット”動画もはり付けてあり、これもへええ〜、でした
(同内容は以前にどこぞの記事(テキスト)で見たような。。。)。



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリス版「Vogue」が選ぶロンドンのアフタヌーンティー・スポット14選 → https://ricorice.exblog.jp/27448111/
○アフタヌーンティー・アウォーズ2018 → https://ricorice.exblog.jp/27372450/
○値段順、ロンドンのアフタヌーンティー・スポット38選 → https://ricorice.exblog.jp/26117220/
○2017年ロンドンのアフタヌーンティースポット・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/25173571/
○エキスパートが選ぶ、イギリスのアフタヌーンティー・スポット30選 → https://ricorice.exblog.jp/25875125/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-07 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店) | Trackback