イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2018年 11月 04日 ( 1 )



e0038047_20245090.jpg

ジンジャーブレッドはやっかいな食べ物です。
食品としてのジンジャーブレッドではなく、その定義が、ね。

ブレッドとはいうものの、バナナブレッド同様、その内容はパンというよりはケーキ。
そして、紛らわしいことに、クリスマスの時期に
微笑ましい表情で登場する、ショウガ風味のビスケットは、
ジンジャーブレッド・マンと呼ばれます。
こちらはケーキではなく、ましてやパンでもなく、
パキッとした食感のビスケット。

なので、ジンジャーブレッド・マンと同じ生地で作る、
人間の形をしておらず表情のないものは、
ジンジャー・ビスケットなどと呼んだりしますが、
ジンジャーブレッドとジンジャー・ビスケットの明確は使い分けは見られず。
それが証拠に、ジンジャー・ビスケットを使って家に見立てたものは
ジンジャーブレッド・ハウスであり、
ジンジャー・ビスケット・ハウスではない、というややこしさです。

ここで紹介するのは、ケーキタイプのジンジャーブレッド。
イギリスでは一般的なケーキで、その派生系も多く、
11月5日のガイフォークス・デイ(ボンファイヤ・ナイトとも呼ばれる)のお菓子として知られる
パーキンもそのひとつです。

ジンジャーブレッドはこういった定義がかたまっていないことで、
どんなものか想起しやすくするためか、
ジンジャー・ケーキと呼ばれることも少なくありません。
そして、複数のスパイスを使いったものを(ラムを入れるわけではない)、
ジャマイカン・ジンジャー・ケーキとすることがあるのも、おもしろいところです。

ジンジャーブレッドは名前のとおり、ショウガを効かせたお菓子ですが、
ブラック・トリークルを使うのもポイント。
日本では入手しづらいので、私のレシピでは黒蜜で代用させました。

<材料(12×21.5cmのパウンド型1本分)>
薄力粉……175g
重曹……小さじ1 1/2
ジンジャーパウダー……小さじ1
シナモン……小さじ1/2
ナツメグ……小さじ1/4
バター……60g
ハチミツ……50g
黒蜜……75g
三温糖……50g
卵……1個
牛乳……100ml
e0038047_20251569.jpg


<作り方(調理:18分 オーブン:1時間)>
下準備
*型にバターを塗り、クッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_20252814.jpg

e0038047_20253366.jpg

e0038047_20253683.jpg


1. 卵をときほぐす。
e0038047_20284362.jpg

e0038047_20284667.jpg

2. 鍋にバター、ハチミツ、黒蜜、三温糖を入れて弱火にかけ、混ぜ合わせる。
e0038047_20285583.jpg

3. 2のバターがとけて、三温糖が全体になじんだら火からおろす。
e0038047_20285926.jpg

4. 薄力粉と重曹、ジンジャーパウダー、シナモン、ナツメグを合わせて、2〜3度ふるい、真ん中にくぼみを作る。
e0038047_20292355.jpg

e0038047_20292683.jpg

e0038047_20292968.jpg

5. 4のくぼみに1のときほぐした卵、牛乳を入れ、混ぜる。
※多少、粉っぽさが残っていてもよい。
e0038047_20295890.jpg

e0038047_20300257.jpg

e0038047_20300509.jpg

6. 5に3を加えて混ぜる。
e0038047_20304975.jpg

e0038047_20305312.jpg

e0038047_20305684.jpg

e0038047_20305951.jpg

7. 6の生地を型に入れる。
e0038047_20314504.jpg

e0038047_20314739.jpg

8. 180℃のオーブンで1時間焼く。
※途中、表面が焦げそうになったら、アルミホイルで覆う。
e0038047_20315903.jpg

9. オーブンから取り出したケーキは型に入れたまま10分以上、そのままにしておき、その後型から出し、網の上で冷ます。
e0038047_20322899.jpg

e0038047_20323150.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-11-04 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback