イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2018年 10月 29日 ( 1 )



e0038047_21070187.jpg

2018年5月23日(水)づけのイギリスのフードマガジン「オリーヴ・マガジン/Olive Magazine」にあったのはこんな記事。

休日に出かけたいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ!
Best English vineyard breaks
https://www.olivemagazine.com/travel/uk/best-english-vineyard-breaks/


イングリッシュワインを飲むだけでなく、
原料となるヴィンヤード(ブドウ畑)にも行ってみましょう!ってわけです。

オリジナル記事には、ワインのほかに、
おすすめの食事や宿についても言及していますが、
当ブログでは、とりあえずおすすめワインまでご紹介します。

あっ、そうそう、オリジナル記事に倣って“ヴィンヤード(ブドウ畑)”と綴っていますが、
ワインエステイト/ワイナリーと同じと捉えて問題ないか、と。

そんなわけで、選ばれたのはヴィンヤード(ブドウ畑)は以下のとおりです。

01. Tinwood Estate(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: Blanc de Blancs sparkling Chardonnay

02. Hush Heath Estate and Winery(ケント)
おすすめワイン: Balfour Brut Rosé 2010

03. Kingscote(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: The Fat Fumé

04. Camel Valley Vineyard(コーンウォール)
おすすめワイン: The 2012 Cornwall Pinot Noir Rosé Brut

05. Three Choirs(グロスターシャー)
おすすめワイン: The Siegerrebe 2012

06. Wyken Vineyards(サフォーク)
おすすめワイン: Wyken Moonshine

07. Chapel Down(ケント)
おすすめワイン: The 2014 Flint Dry

08. Sharpham Wine and Cheese(デヴォン)
おすすめワイン: The Estate Selection 2014

09. Ryedale Vineyard(ノース・ヨークシャー)
おすすめワイン: Yorkshire’s Lass

10. Rathfinny Estate(ウェスト・サセックス)
おすすめワイン: Sparkling


09のRyedale Vineyardのように、
もはやイングランド南部だけでなく、北部もヴィンヤードが当たり前にある状況になったことを、改めて認識。

こういう記事を眺めるとすぐに飛んで行きたくなり、
私自身これまでにいくつかのヴィンヤードを回ったけれど、問題は足!
車でないとなかなか不便で、友人と連れ立ったり、タクシーで行ったり、一度は迎えにきてもらったこともありました。

運転免許は持っているし、オートマよりもミッションの方が運転しやすいな〜、だったので(遠い記憶)、
ミッションカーが主流(今も、かな?)のイギリスではい〜んじゃない!って思わなくもないけれど、
年に数日のために、すっかり錆びた腕を取り戻すために、ペーパードライバー教室に行くのもなぁ〜、とほったらかし。
早く自動運転車が一般化することを願う!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○訪問したいイギリスのヴィンヤード(ブドウ畑)はここ! → https://ricorice.exblog.jp/27514898/
○保存版! 活用したいイギリスのヴィンヤードマップ → https://ricorice.exblog.jp/27116137/
○ロンドンから2時間以内、訪問したいイギリスのワイナリー → https://ricorice.exblog.jp/26476583/
○イングリッシュワイン用、ユニークなブドウ畑10選 → https://ricorice.exblog.jp/25071276/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-29 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback