イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2018年 10月 26日 ( 1 )



e0038047_15425872.jpg

4〜5年前だったでしょうか。
駅前の広場でストリートフードマーケットが立ち、
その日の私の動線上にあり、さっとテイクアウェイして、さっと食べるのにいいし、
何より好奇心がむくむく沸き起こって、キングス・クロスに立ち寄ったのは。

キングス・クロスに到着したときに、あれっ?となったのは、
2012年に駅舎の改修工事が終わり、
そういえば、と思い起こせば、隣接するセント・パンクラス駅が2007年にユーロスターの発着駅となり、
ここから拍車がかかり始めたのか、
かつての薄汚い、いかにも治安の悪い場所だったのと打って変わって、
なんだかきれいになっていて、活気もあるじゃない!

キングス・クロスの再開発が目覚ましいのは、駅もさることながら、
リージェンツ・カナルを渡ったエリアもそう。
2011年、ロンドン芸術大学のカレッジのひとつ、セントラル・セント・マーチンズ/Central Saint Martinsが、ウェストエンドから
元穀物倉庫、グラナリー・ビルディング/Granary Buildingを改修した建物に引っ越し、
セントラル・セント・マーチンズと聞けば、パブロフの犬のごとく、Pulpの「Common People」を口ずさんでしまう私です)



e0038047_15453967.jpgこの建物にぐるっと沿って歩くと、モダン・インディアンカフェのディシューム/Dishoomをはじめ、
気のきいた飲食店が入っていたりします。

また、このエリアの大きな話題といえば、
ここにはグーグル/Googleの英国本社が(これが巨大なビルらしい)建設されるってこと(↓)。


そして、運河沿いのコール・ドロップス・ヤード/Coal Drops Yardもそのひとつ。
コール・ドロップス・ヤードはその名のとおり、
かつては北イングランドから運ばれてきた石炭を管理していた場所。
ヴィクトリア朝時代の建物が非常に印象的です。
この建物がショョッピングコンプレックスとして新しく息を吹き返し、
本日、2018年10月26日(金)、約50の店舗がオープンを迎えます。
すでにトム・ディクソン/Tom Dixonの旗艦店は4月にオープンしていたりするのですが、
本日が実質的なグランドオープンといえるでしょう。

先に記したトム・ディクソンのほか、ポール・スミス/Paul Smithマーガレット・ハウエル/MHL.(Margaret Howell)フレッドペリー/Fred Perryユニバーサル・ワークス/Universal Worksロスト・プロパティ・オブ・ロンドン/LPOL(Lost Property of London)といったファッションブランドのほか、
飲食店も店舗数こそ多くないものの、“今”を感じさせる話題のお店が入店。
ラインナップは以下のとおりです。

Barrafina
Bodega Rita’s
Casa Pastor
Coal Office
Hicce
House of Cans
Le Chocolat Alain Ducasse
Morty & Bob's
Redemption Roasters

何より、コール・ドロップス・ヤードのウェブサイトがワクワク感あふれていて楽しい!
私の好きな世界観だわっ!


このコール・ドロップス・ヤードのオープンについて、イギリスのメディアの報道のリンクをはっておきますね。

London Evenig Standard(ロンドンの夕刊)
Coal Drops Yard: London’s new eating, shopping and playing paradise
https://www.standard.co.uk/go/london/attractions/coal-drops-yard-eating-shopping-kings-cross-a3963551.html


Time Out(ロンドンの情報メディア)
London’s coolest new shopping district opens this week
https://www.timeout.com/london/news/londons-coolest-new-shopping-district-opens-this-week-102218


Eater London(ロンドンの飲食メディア)
The Lowdown on All the New Restaurants Coming to King’s Cross
https://london.eater.com/2018/7/31/17633766/kings-cross-coal-drops-yard-barrafina-pastor-harts-group



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○朝食@ディシューム/Dishoom(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/27226476/
○ランチ@ヴィノテカ/Vinoteca(ロンドン) → <https://ricorice.exblog.jp/27367160/
○お茶@ジャーマン・ジムナジウム/German Gymnasium(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/27302483/
○アラン・デュカスのチョコレートショップ、2018年秋ロンドンにオープン → https://ricorice.exblog.jp/27320487/
○2017年秋、ロンドン・シティに登場するブルームバーグのヨーロッパ本部は新ダイニングスポットでもある → https://ricorice.exblog.jp/25977424/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-10-26 00:00 | イギリスの食ニュース | Trackback