イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2018年 10月 17日 ( 2 )



e0038047_15154029.jpg

午後早い時間に、銀座界隈(東京駅、日比谷、有楽町)で会いましょう、となり、
13時30分スタートで遅いランチでも、と。
待てよ、夕方まで腰を落ち着かせる可能性もあるなぁ。
途中で移動してもいいけれど、それは避けたいなぁ。

ランチだと、15時ごろに終わっちゃうんですよね。
お店自体がいったん閉まる。そうでないとしても、そのまま居るのはなぁ、な感じになるので、さて、どうしよう。
ゆったりしていて、終日メニューをおいているところかな。

いや、待てよ! アフタヌーンティーって手があるじゃない!

私は欲しいものをがしっと食べたいタイプ。
ほとんど選択の余地がなくあれもこれもなメニューは積極的に選ばないので、すぐには思い浮かばなかった!

アフタヌーンティーは銀座界隈なら選び放題でしょ!
てなわけで、あれこれ眺めていて出くわしたのが、帝国ホテルのアフタヌーンティー。

17Fのバーラウンジ「アクア」だけでなく1Fの「ランデブーラウンジ・バー」でもやってんだ〜。
しかもお手頃価格で、予約も不要。
お茶だけ利用に比べると、びっくりするほどお値打ち価格。
間違っていないか、見間違いじゃないか、入念に確認しちゃいましたよ。

帝国ホテル1F、メインロビーに接した「ランデブーラウンジ・バー」なら
待ち合わせにこれ以上ないほどの場所だし、
席数も多いから気忙しくなることはないし、
ゆっくり話したいからざわざわしていないところを希望していて、その条件にも合うし、決まり!


そんなわけで、いざ。

私が到着したとき、待ち合わせた方々はひと足早く来ていて(私が遅れたわけではありません、念のため)、
お腹すいた!とすでにサンドイッチをシェアしていらして、私もご相伴に預かりました。

で、いざ。
アフタヌーンティーをオーダー(写真は2人前です)。
e0038047_15160234.jpg


「ランデブー」のアフタヌーンティーは和テイスト。
3段プレートで現れ、上のプレートから順番にこんな内容です。
・上段:プティフール(洋風水ようかん、和栗のモンブラン、抹茶のバウムクーヘン、アップルとシナモンのマカロン)
e0038047_15162868.jpg

e0038047_15163277.jpg

e0038047_15163693.jpg

e0038047_15170878.jpg

e0038047_15171371.jpg

・ 中段:スコーン(プレーン、ゴマ)
e0038047_15174357.jpg

e0038047_15174723.jpg

e0038047_15175029.jpg

・ 下段:サンドイッチ(海苔のパン/ツナ、トマト、チーズ、白パン/ハム、卵、キュウリ)
e0038047_15180774.jpg

e0038047_15181079.jpg


スコーンは、
・クロテッドクリーム、黒蜜を添えた生クリーム、マーマレード
の3種類が付きます。
e0038047_15182454.jpg


ウェルカムティーでは抹茶が登場。
本気の抹茶ではなく、さらりとライト。
飲みやすく、この按配はなかなか。
e0038047_15182851.jpg


紅茶はティーポットで
・ダージリン、アッサム、アールグレイ
などから選べます。
私はミルクティーで飲むので、アッサムをチョイス。
e0038047_15184171.jpg


紅茶はお代わり自由。その際、茶葉の変更もOKです。
なんて太っ腹!
ちなみにコーヒーやハーブティーを選ぶこともできます。


量はそれぞれ小ぶりなのですが、意外と食べ甲斐がありました。
プティプールがそれぞれインパクトがあったのと、
スコーンの添え物をあれやこれやたっぷりつけたからでしょう
(スコーンの割に種類も量もあったのでした)。

ええと、スコーンやサンドイッチはちょっとパサついていたかなぁ。
アフタヌーンティーで注文を受けてからひとつひとつ作るわけじゃないから、
ある程度は作りおきだし、許容範囲ではあるのだけれど。

スコーンは小さいサイズなので加減がむずかしいのは承知の上で、
もう少ししっとりふんわりさせてもいいかも。
クロテッドクリームや生クリームと合わせること、考えれば、ね。

黒蜜を添えた生クリームは新鮮で、味自体はスコーンに合ったんだけど、
食感がややさらりとしていたので、こっくりさせてもらえるとうれしいなぁ。

マーマレードは私好み。
決して主張するタイプではなく、
苦味も酸味も(特に苦味)がしっかりあって、
オレンジの皮が細かいチャンクになっていて、この食感が心地いい。
このマーマレードだけで食べてもいいなぁ。

プティフールはどれも力作!
アフタヌーンティーの一皿としてでなく、これだけのプレートでもオーダーしちゃうね。
甘さは全体に控えめ。
お菓子が違うから、ってこともあるんだけれど、
それぞれ食感のバリエーションの幅があって、それがおもしろい。
満足度にも満腹度にもつながります。


この帝国ホテル「ランデブーラウンジ・バー」のアフタヌーンティー、
料金:3,500円(消費税込、サービス料別)
です。
ねっ、相当お得でしょ!

詳細はこちらからどうぞ(↓)。


e0038047_15191920.jpg



で、ですね、ここ、帝国ホテル「ランデブーラウンジ・バー」(&周辺)で目につくものが、
あれもこれも(チャールズ・レニー・)マッキントッシュっぽいことに、今さら気づく。
(まあ、マッキントッシュが日本のデザインに影響を受けたってこともあるけれど)。
なんで今まで気がつかなかったんだろう。
4時間以上いて、すっかりくつろぎ、周囲を見渡す余裕があったからかもしれないな。
次はそういう視点で帝国ホテルを歩こう。
e0038047_15202261.jpg

e0038047_15214678.jpg

e0038047_15215345.jpg

e0038047_15215704.jpg

e0038047_15220361.jpg

e0038047_15220992.jpg

e0038047_15221734.jpg


sat 29/09/18


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○アフタヌーンティー@アイヴィー・ブラッスリー/The Ivy Brasserie(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25716932/
○アフタヌーンティー@オランジェリー/The Orangery(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25239247/
○日本風アフタヌーンティー@マガジン・レストラン/The Magazine Restaurant(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/22477020/
○アフタヌーンティー・バスツアー by BBベーカリー/BB Bakery(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/22451445/
○アフタヌーンティー@ベアズ・オブ・ブルームズベリー/Bea's of Bloomsbury(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/19438004/
○アフタヌーンティー@スケッチ/Sketch(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/19376254/
○セットティー@フレッチャーズ・ハウス/Fletcher’s House(ライ) → https://ricorice.exblog.jp/25989838/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-10-17 12:00 | 店レポート(日本) | Trackback

今年は季節が変わるよりも、台風、台風に押しやられての秋の幕開けですね。
もうこれ以上のことがないことを願いつつ。。。

さて。月初ということで、当ブログの前の月の記事別アクセスランキング、2018年9月によく読まれた記事トップ10をご紹介します。


e0038047_00075269.jpg01. 人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答
初回から唯一「The Great British Bake Off」に継続出演しているのはこんな人
https://ricorice.exblog.jp/22037113/

02. 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち
2017年から放送局が移動し、出演者も3人変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25619402/

e0038047_00075990.jpg03. 「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!
2014年のチャンピオンはこの人!(私の予想は外れました。。。)
https://ricorice.exblog.jp/22459636/

04. ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う
2017年夏で“さようなら”。何年も前に決断してもよかったのになぁ
https://ricorice.exblog.jp/25922946/

e0038047_00080826.jpg05. メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄
2016年まで「The Great British Bake Off」のジャッジを務めた人物について
https://ricorice.exblog.jp/20988657/

06. 新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか
放送局&出演者の大半が代わり、いい意味で民放のよさが出た気がします
https://ricorice.exblog.jp/26207338/

e0038047_00094173.jpg07. ゴールデンシロップ【Golden Syrup】
イギリスの製菓や料理で使うことの多い、ハチミツ、のようなもの
https://ricorice.exblog.jp/13224158/

08. メアリー・ベリーとポール・ハリウッドの好きなお菓子
メアリー・ベリーはケーキ、ポール・ハリウッドはパンからセレクト
https://ricorice.exblog.jp/22227622/

e0038047_00095423.jpg09. 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?
2017年から放送局、そして司会&ジャッジが変わりました
https://ricorice.exblog.jp/25364202/

10. お会計をお願いします【The Bill, Please】
支払いもさることながら、その前のコンタクトのとり方も重要です
https://ricorice.exblog.jp/24102256/


e0038047_00095815.jpg先月、2018年9月も、「The Great British Bake Off」関連は、相変わらず強い!
1位の“人気ベイカー、ポール・ハリウッドへの一問一答”、
2位の“ 決定! 「The Great British Bake Off」の新しいジャッジと司会はこの人たち” 、
3位の“「The Great British Bake Off」シリーズ5終了!”、
5位の“メアリー・ベリーについて知られていない12の事柄” 、
6位の“新装開店した「The Great British Bake Off」シリーズ8、最終回の視聴状況はいかなるものだったか”、
8位の“メアリー・ベリーとポール・ハリウッドの好きなお菓子”、
9位の“「The Great British Bake Off」の新しいジャッジにプリュ・リースか?”と、
広義なものまで入れると7記事もエントリー。いやはや。

e0038047_00101203.jpg4位の“ハロッズの日本撤退は遅かったんじゃないか、って思う”も、
相変わらずたくさんの方に読んでいただいています。

同じように、常連記事だった記事に
ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ”があり、
トップ10からは外れたものの、チェックすると11位。
この記事も強いなぁ。


先月もたくさんの方にアクセス&ご拝読いただきました。
どうもありがとうございます! この場を借りて、お礼申し上げます。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○当ブログでよく読まれた記事、2018年8月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27467162/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年7月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27374083/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年6月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27311466/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年5月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27254181/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年4月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27181388/
○当ブログでよく読まれた記事、2018年3月のトップ10 → https://ricorice.exblog.jp/27122434/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2018-10-17 00:00 | 順位&セレクト | Trackback