イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2018年 09月 16日 ( 1 )



e0038047_13523854.jpg

イメージはさわやかな夏の日の午後、テニスでひと汗かいたあとの1杯。
私の勝手な想像です。
スパークリングワインがベースのシュワシュワと、
適度な甘さと酸味が疲れを癒してくれるイメージだから、です。

デザートワインを除いて、普段私は甘口のワインを好まないのですが、
このカクテルだけは、甘口が断然いい!
なので、甘めのスパークリングワインとして知られるイタリアのアスティがぴったりです。
なければほかの、できればイタリアの甘口スパークリングワインを使ってください。

柑橘類にライム、というのがポイントで、
酸味や甘さだけなく、独特の緑っぽさが、
アスティのブドウの甘さとはじける泡の清涼感によく合います。

アルコールがあまり飲めない方も
これだとすっきりとした甘さで、比較的なじみやすいかな、とも思います。

<材料(1人分)>
アスティ(もしくは甘口スパークリングワイン)……120ml
ライム……1個
e0038047_13525992.jpg


<作り方(調理:5分)>
1. ライムを半分に切り、輪切りを1枚作る。
e0038047_13530782.jpg

2. 1の輪切りに切り込みを入れる。ライムを搾る。
※ライムの絞り汁は大さじ2必要。
e0038047_13531830.jpg

e0038047_13532515.jpg

e0038047_13533106.jpg

3. グラスに2のライムの搾り汁を入れる。
e0038047_13540055.jpg

4. アスティで満たし、軽くかき混ぜる。
e0038047_13541317.jpg

e0038047_13542012.jpg

e0038047_13542479.jpg

5. 2のライムの輪切りをグラスのふちにひっかけて、飾る。
e0038047_13544861.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-09-16 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback