イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2018年 09月 09日 ( 1 )



e0038047_07540091.jpg

ビールや冷たく冷やした白ワイン、微発砲ワインによく合う一品。
この手の料理は、イカを使うし、
スペインとかポルトガルとかにありそうだけれど、
whitebait(小魚)のフライは、イギリスのパブでおなじみのメニューで、
これに通じるような、イカをカリカリに焼いたものは、確かに好まれるかもな、と
元ネタになったレシピを見ながら思った次第です。

これ、イカをくぐらせた卵白もフライパンで焼くのがポイントで、
香ばしくカリカリの卵白が、イカの香りと相まって、食欲を刺激します。
冷めたらおいしさが激減する(ように感じる)ので、できたての熱々をいただきましょう。

イカさえ買ってくれば、あとは常備している調味料などで充分なこのレシピ、
ちょっとおつまみが欲しいな、ってときに便利です。
ポイントとしては、塩・コショウは多めにふる方がおいしい。

<材料(3人分)>
イカ……300g
卵白……1個分
薄力粉……大さじ2
オリーブオイル……大さじ2
塩・コショウ……適量
e0038047_07540465.jpg


<作り方(調理:25分)>
下準備
*キッチンタオルを皿などの上におく(皿は2枚必要)。
e0038047_07574928.jpg


1, イカは一口大に切り、用意しておいたキッチンタオルにおき、上にキッチンタオルをかぶせ水気をしっかりとる。
e0038047_07542152.jpg

e0038047_07542867.jpg

e0038047_07543280.jpg

e0038047_07543674.jpg

e0038047_07544004.jpg

2. 卵白を角がピンと立つまで泡立てる。
e0038047_07580754.jpg

e0038047_07581048.jpg

e0038047_07581479.jpg

3. 塩・コショウをふり、手でもみ込むようにして下味をつける。
e0038047_11561818.jpg

e0038047_11562742.jpg

e0038047_11564224.jpg

4. 3のイカに薄力粉をまぶす。
※新聞紙で袋を作り、薄力粉を入れ、そこにイカを入れ、口の部分をもってシャカシャカふると、簡単かつ台所が汚れません。
e0038047_11565784.jpg

e0038047_11570374.jpg

e0038047_11570759.jpg

5. フライパンにオリーブオイルを入れて熱する。
e0038047_11573060.jpg

6. 5のフライパンが熱くなったら、4のイカを2の泡立てた卵白に入れて手で切るようにからませ、イカ、卵白もすべてフライパンに入れ、中火で5分焼く。
※途中途中でヘラで切るようにする。
e0038047_11573824.jpg

e0038047_11574499.jpg

e0038047_11575568.jpg

e0038047_11580006.jpg

e0038047_11580472.jpg

e0038047_11580745.jpg

e0038047_11581271.jpg

e0038047_11581641.jpg

7. 用意しておいたもうひとつのキッチンタオルにおき、上にキッチンタオルをかぶせ余分な油をとる。
e0038047_11594214.jpg

e0038047_11594567.jpg

e0038047_11594946.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-09-09 00:00 | イギリス料理・レシピ | Trackback