イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2018年 08月 25日 ( 1 )



BBCがFBにシェアしてニュースフィードに流れてきたとき、
一体何ごと?と思ってとびついて読んでしまいましたよ。。。

百歩譲って大御所ならともかく、ザ・リバティーンズ/The Libertinesピート・ドハーティ/Pete Dohertyがらみの記事が、
音楽関連ではなく、一般ニュースとして流れてきたので、
とんでもないことが起こったな!と思ったら、ある意味正しく、とんでもないことが起こったのでした。

それは何かっていうと、
ピート・ドハーティがカフェの大食いチャレンジで見事成功」(↓)。
Libertines frontman Pete Doherty wins cafe breakfast fame
https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-kent-45264871


2018年8月21日(火)づけで報じられたもので、
ピート・ドハーティが見事大食いチャレンジに成功したのは、
ケント州はマーゲイト、クリフトンヴィルにある“Dalby Cafe”。
https://www.facebook.com/dalbycafe

超ビッグな朝食を完食する、そのメニュー内容は、というと、
・卵4個
・ベーコン4枚
・ソーセージ4本
・1/4パウンドのハンバーグ
・ハッシュブラウンズ(ハッシュドポテト)
・マッシュルーム
・フライドポテト
・オニオンリング
バブル・アンド・スクィーク(ジャガイモとキャベツを使ったパンケーキ、のようなもの)
・ベイクドビーンズ(もしくはトマト) ※ピート・ドハーティはベイクドビーンズを選んだ模様
・厚切りトースト2枚
これらを紅茶かコーヒーで流し込む(この場合、もはや、飲むではなく、流し込むが正しい)、と。

計4,000カロリー。
パーティなどで登場するような大きなプレートにでん!とこれらがのっかった写真は迫力満点!
見ているだけで、うっぷ!となって、私なんぞ、却って食欲をなくしそうです。。。

ピート・ドハーティは19分30秒で完食!
さらに、ストロベリー・ミルクシェイクも飲んだ、と。
ひょえ〜!


ピート・ドハーティはこのカフェの壁にある
完食者リストに見事、名前を連ねることに。
写真を見る限り、7人目になるのかな。

でもって、19分30秒で平らげた!ってのもポイントで、
このお店では20分以内に見事完食したら、£17.50の料金が無料になる、んですね。


ええと、なんで、ピート・ドハーティがケント州はマーゲイト、クリフトンヴィルにいるのか、っていうと、
ザ・リバティーンズは今、この地で“The Albion Rooms”という名のスタジオとホテルを作っている最中だから。

なので、ピート・ドハーティがこのカフェを訪ねたのは初めてではなく、
すでに何度も来ているらしい。
犬と一緒にやって来るので、彼が座る席はいつも外。

この朝食チャレンジの日も同様で、
「犬に食べ物をやったら無効ですよ」と伝えたところ、
「この犬は£4,500もしたんです。なので食べ物には気をつけています。ご心配なく!」だって!


BBCだけでなく、音楽メディアのNMEや、ロンドンのフリー新聞「Metro」でも、
このピート・ドハーティの快挙を以下のように伝えています。
ご興味のある方はこれらも併せてどうぞ(↓)。

Pete Doherty becomes one of only a few people to conquer long-running Kent breakfast challenge
https://www.nme.com/news/music/pete-doherty-kent-breakfast-challenge-2369288


Pete Doherty smashes epic breakfast challenge at Margate cafe, so he gets the meal for free
https://metro.co.uk/2018/08/21/pete-doherty-smashes-epic-breakfast-challenge-at-margate-cafe-so-he-gets-the-meal-for-free-7866617/l



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○リック・アストリーがデンマーク発クラフトビールバーのロンドン進出を後押し → https://ricorice.exblog.jp/27411759/
○ロンドンに今も残るカフ(安食堂)10選 → https://ricorice.exblog.jp/26361168/
○ロンドンで食べるイングリッシュブレックファスト・おすすめ10選 → http://ricorice.exblog.jp/24846252/
○保存版! 英国伝統メニューはロンドンのこの店で食べる! → https://ricorice.exblog.jp/27157119/
○バブル・アンド・スクィーク【Bubble and Squeak】 → https://ricorice.exblog.jp/22698677/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-08-25 00:00 | イギリスの食ニュース | Trackback