イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 08月 12日 ( 1 )



e0038047_20404491.jpg

イートン・メスの大人版といったところでしょうか。
生クリームとメレンゲを合わせる、基本的な考え方はイートン・メスと同じ。
違いは、スコッチ・ミストの場合は、風味づけにウィスキーを使うこと。
大人版、と私が称するのはそのためです。

ウィスキーといえばスコットランド。
このデザートの名称が“スコットランドの霧”なのも、
ウィスキーを使うからに他なりません。

食べるシーンは自由。
暑い日の冷たいデザートとして食べてもいいのですが、
私自身はどっしりたっぷりの濃厚なディナーの締めに食したい。
ふくよかな満足感を持続させ、かつ最後まで盛り上げてくれるような気がするのです。

このレシピでは仕上げに乾煎りしたアーモンドスライスを使いましたが、
オーツをローストして活用すると、よりスコットランドらしい。
また、使う材料こそ少ないシンプルレシピですが、だからこそ、
ウィスキーによる違いは味と風味に明確に表れます。
ウィスキーによる違いを試してみるのもおもしろいかもしれません。

<材料(4人分)>
生クリーム……200ml
ウィスキー……大さじ1 1/2
アーモンドスライス……小さじ1

〜〜メレンゲ〜〜
卵白……1個分
グラニュー糖……50g
e0038047_20410749.jpg


<作り方(調理:30分 オーブン:3時間以上)>
下準備
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを100℃に温めておく。
e0038047_20411497.jpg


1. メレンゲを作る。ボウルに卵白を入れて泡立て、グラニュー糖を加え、さらに角がピンと立つまで泡立てる。
e0038047_20414470.jpg

e0038047_20415152.jpg

e0038047_20415674.jpg

e0038047_20420293.jpg

e0038047_20422473.jpg

e0038047_20422976.jpg

e0038047_20423347.jpg

2. 準備しておいた天板に、1をテーブルスプーンですくっておいていく。
e0038047_20425344.jpg

e0038047_20425984.jpg

3. 100℃のオーブンで1時間焼く。
e0038047_20430863.jpg

4. 表面がかたまり、焼き上がっているのを確認したら、火を切り、最低2時間、そのままオーブンの中に入れておく。
※かたまっていない場合は、表面がかたまるまで、さらに焼く。
e0038047_20431204.jpg

5. アーモンドスライスをフライパンで乾煎りにする。
e0038047_20432652.jpg

e0038047_20433489.jpg

6. 生クリームを角が立つまで泡立てる。
e0038047_20434868.jpg

e0038047_20435572.jpg

7. 6にウィスキーを加えて混ぜる。
e0038047_20441292.jpg

e0038047_20441694.jpg

e0038047_20442166.jpg

8. 4のメレンゲを軽く砕き、7に加え、さっくり混ぜる。
※さっと混ぜるぐらいでOK。しっかり混ぜないこと。
e0038047_20444077.jpg

e0038047_20444471.jpg

e0038047_20444813.jpg

e0038047_20445246.jpg

9. 器に盛り、5の乾煎りにしたアーモンドスライスをおく。
e0038047_20450819.jpg

e0038047_20451280.jpg

e0038047_20451682.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-08-12 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback