イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 08月 01日 ( 1 )



e0038047_15141749.jpg

初見で真っ先に思い出されたのは、ル・コルビュジエによるユニテ・ダビタシオン/Unité d'Habitation(シテ・ラデュース/Cité radieuseとも)。
完成した建築はフランス、ドイツにあり、2001年4月、私は最初に造られた、フランス・マルセイユのユニテ・ダビタシオンを訪ね、また宿泊もしました。
今も強く印象に残っていることのひとつに、共有スペースがしっかり考えられて造られているなぁ、ってことがあります。

屋上のプールとか保育園、体育館、上階と中階には郵便局やショップ、ビストロというかカフェというか、な飲食店も入っていました(今は違うかもしれません)。住民たちのためのコミュニティスペース(公民館のようなところ)もある、って聞いたような。。。

そもそも宿泊できるのは、住居用に1〜4人向けに造られたこれらの住宅にはゲストルームがなく、
その代わりに訪問者が宿泊できるホテル的な役割を担ったスペース(部屋)を造ったから、って説明を受けた記憶。
現在宿泊可能な部屋は、これらの部屋なのか、空き部屋を利用したものかは分かりませんが。

本日の話題の本丸はユニテ・ダビタシオンではなく、また私が訪問したのは20年近くも前なので、最新の情報はチェックしてもらう、として。。。


で、本題。で、リドル/Lidl
リドルはドイツ発の激安スーパーマーケットとして、アルディ/Aldiとともにイギリスで大躍進を続けており、その勢いはまだまだとどまるところをしらないなぁ、といった印象です。

近年、イギリス、というかロンドンでは地価の高騰に伴う住宅事情が大きな問題となっており、
需要と供給のバランスが非常に悪い状況が続いています。
わかりやすくいうと、もう、フツーに働いているフツーの人はロンドンにはとてもじゃないけれど住めない、ってこと(当然、お金を出せばいくらでも住めます)。

いくらなんでもあまりにもバランスが悪く、行政もいろいろ手を打とうとはしているものの、な状態。そんな中、スーパーマーケットのリドルが、
ロンドン南西部のリッチモンドに新しく造る建物は、
スーパーマーケットの店舗以外に、3000戸の住宅と、小学校(名称はDeer Park School)を2フロアで擁する計画であることが公表されました。
屋外にはサッカーやホッケーなどで利用できる球技場も備えるとのことです。


リドルだけではなくほかのスーパーマーケットでも住宅を併設、ってのはやってなかったわけではないのですが、
3,000戸、そして学校も、という大規模なものは革新的なのではないか、と。

前述のフランス・マルセイユのユニテ・ダビタシオン
近くに行くとその大きさにも圧倒されたわけですが、戸数としては337戸。
大型船のよう、と評されたようにコンクリートの横に長い造りで、
リドルの場合は縦に長い造りになるのでしょうが、なんせ3,000戸ですからね、横も相当な大きさになるんだろうなぁ、と想像をめぐらせたわけです。

ロンドンのバービカン/Barbicanは、学校や映画館、アートギャラリーもあり、
住居だけでなく都市としての機能が盛り込まれた建築ではあるものの、ここの戸数が2,000ちょい
バービカンは分かりづらいというよりも広すぎて、行くたびに迷子になりそうなほど)。
単純比較はできないのですが、ここよりも1.5倍の住居がでいるのか〜、と考えると、
やっぱりリドルのこれは、都市計画に匹敵する巨大な計画だなぁ、と思うわけです。


スーパーマーケットも小売りだけをやっているわけではなく、
大手ともなると金融だとか複合的に事業展開するわけだけれど、
こういう社会問題を解決する、そのために乗り出す(もちろん収益も見越してですが)って姿勢は、ベクトルが違えど、先日ご紹介したモリソンズ/Morrisonsの自閉症の方が買い物しやすいように配慮(↓)じゃないけれど、

企業の姿勢としてますます求められるようになり、それが信頼につながり、結果、業績に反映される、ってサイクルになるんだなぁ、って改めて感じたりして。


このニュース、2018年7月29日(日)づけのイギリスの飲食メディアで以下のように伝えています(“ガーディアン/The Guardian”の記事がより詳しい)。

The Guardian
Discount grocer Lidl plans to build 3,000 homes and a school
https://www.theguardian.com/business/2018/jul/29/discount-grocer-lidl-plans-build-3000-homes-school-planning-permission-new-stores


i
Lidl is building new homes and schools to help expand its supermarkets
https://inews.co.uk/news/consumer/lidl-building-new-homes-schools-hotels-student-accomodation/



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスで、ドイツのスーパーマーケットの快進撃が止まらない! → https://ricorice.exblog.jp/26019699/
○ドイツのスーパーマーケットがイギリスを征服! → http://ricorice.exblog.jp/25264915/
○英国スーパーマーケットのモリソンズが自閉症の人が買い物しやすい取り組みを開始 → https://ricorice.exblog.jp/27360334/
○ロンドンのモダン住居建築ツアー 04 ~バービカン・センター~ → https://ricorice.exblog.jp/22549563/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2018-08-01 00:00 | イギリスの食ニュース | Trackback