イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2016年 10月 23日 ( 1 )



e0038047_12451466.jpg
子ども時代の甘く懐かしい思い出(ある人にはあまり楽しくなかった給食の記憶)として、
イギリス人にとって幼少の頃から慣れ親しんだデザートのブレッド・アンド・バター・プディング。
バターを塗ったパンに牛乳と卵を合わせたものを注いでオーブンで焼いたもので、
いわば、イギリス版“パン・プディング” “パン・ベルデュ”。

もともと古くなったパンの再利用の意味もあったため、
時間が経って、ややパサついた食パンを使うのが王道。
実際に新鮮なものよりもこちらの方が仕上がりがいい気がします。
とはいえ、新鮮なものを使う人もいて、そこは好みで。
新鮮なものを使うと。食感がよりやわらかく、
そこをよりいいと捉えるか、ふにゃっとしたと感じるか、といったところです。

ここではごくシンプルなレシピを紹介していますが、
お好みで、バニラやナツメグ、レモンの皮やマーマレード、ラム酒を加えてもおいしい。
そして、食べるときはそのままでもよし、
カスタードをかけてイギリス流に楽しむのもありです。

<材料(4人分)>
食パン(6枚切り)……3枚
バター……20g
牛乳……200ml
卵……1個
グラニュー糖……大さじ1 1/2
レーズン……20g
e0038047_12453951.jpg


<作り方(調理:15分 オーブン:30分)>
下準備
*耐熱器にバターを塗っておく。
e0038047_1246297.jpg


1. 卵をときほぐし、牛乳と合わせる。
e0038047_12463815.jpg

e0038047_12462656.jpg

e0038047_12461411.jpg

2. 食パンの片面にバターを塗る。
e0038047_1247938.jpg

e0038047_12465862.jpg

3. 2の食パンを対角線に沿って4等分に切る。
e0038047_12474789.jpg

e0038047_12472714.jpg

4. バターを塗っておいた耐熱容器に、3の切った食パンをバターを塗った面を上にして並べる。
e0038047_12481878.jpg

e0038047_1248430.jpg

5. 4にグラニュー糖を振りかけ、レーズンを散らす。
e0038047_12491735.jpg

e0038047_12485780.jpg

e0038047_12484288.jpg

6. 2の卵と牛乳を合わせたものを、こしながら5に注ぎ入れる。
e0038047_12494380.jpg

7. そのまま30分おく。オーブンを180℃に温める。
e0038047_12495927.jpg

8. 7のプディングを180℃のオーブンで30分焼く。
e0038047_12501414.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-10-23 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback