イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2013年 04月 25日 ( 1 )



イングランドにワインがあるんだなぁ、と認識したのは2000年代半ば。
そのときは、ただ事実として受け止めていたのが、
俄然興味がわき、これはぜひ訪ねたいと思ったのが、2007年秋。
現地のクッカリースクールを受講していたときでした。
平日はその学校に泊まり、週末はロンドンの知人のフラット。
その人は休暇の都合で、途中でコースをやめられたけれど、
彼がクッカリースクールに通っている間、月曜の朝、ロンドン某所で落ち合い、
学校まで車で連れて行ってもらっていました。
すると、vineyardとかwineryという標識をぽつぽつと目にしたのです。
訊くと、そう、イングリッシュワインは産業として成長中なんだ、
地球温暖化の影響でブドウにいい環境になったし、ワイナリーも増えているし、と。
へぇ〜、と感心し、次こそは!と決心しました。

e0038047_1843770.jpgその後、体調を崩したりして、3年もの間があき、
イギリスに訪問したのは2010年秋。
このとき、以下の4軒(ジャージー島含む)のワイナリーを回りました。
(それぞれのワイナリー名に、訪ねたときを綴ったブログ記事をリンクさせています)
La Mare(in jersey)
Ridgeview
Breaky Bottom
そして、もう1軒。あっ、まだブログをアップしていない。。。
(写真はBreaky Bottom)

e0038047_1862328.jpg現地で消費し、日本へは連れて帰らなかったのですが、
おもしろかったので、日本でも飲みたいと思い、
Ridgeviewで教えていただいたワイン屋さんを訪ねました。
それが、東京・御徒町にあるワイン・スタイルズさん。
初訪問が2010年末だったか、2011年年明けだったか。
2011年7月に私が福岡に移って、縁遠くなっていましたが、
なんとfbでワイン・スタイルズさんとつながり、
今年の1月には、東京・荏原中延のきりんストアさんで
一緒にイングリッシュワイン・イベントもさせていただきました。
そのときの様子はこちら。(→) http://ricorice.exblog.jp/19579273/
同時期の、ワイン・スタイルズさんのマリアージュ・テイスティングでは、
イギリスらしいおつまみを提供させていただきました。(↓)
http://ricorice.exblog.jp/19652758/

先週末、東京へ出向いた際に、日本橋タカシマヤさんの「世界のワインフェア」に
ワイン・スタイルズさんが出店なさっているとのことで、出かけました。
そこで購入したのは、私がまだ飲んだことのないワインを2本。
24日に届きました!
e0038047_17595945.jpg


e0038047_1822776.jpg購入したワインは、デンビーズの「ROSE HILL」と「Flint Valley」。
「ROSE HILL」はロゼワイン。試飲させていただくと、
イチゴやラズベリーなどレッドフルーツのアロマが、やさしく甘く、とてもチャーミングです。
味そのものは中辛口。
チキンや豚肉をハーブでロースト、グリルした料理や
ベトナム料理、スイートチリを使うアジア料理によさそうです。
そして、これはサマー・プディングに合う! 間違いない!
(サマー・プディングは日本で材料を手に入れるのはちょっと大変なので、
 イチゴのプディングを作って合わせようと思います)
「Flint Valley」は辛口の白ワインとのことで、今後のお楽しみ。
タラの芽の天ぷらとか、菜の花など少しえぐみのあるものと油との組み合わせ、
そして、それこそフィッシュ&チップスのフィッシュにいけるのでは、と睨んでいます。

e0038047_1810871.jpg日本橋タカシマヤさんで、ワイン・スタイルズさんにうかがったところによると、
私が2010年秋に訪問したRidgeview、今は人気が非常にあがり、
本業に専念するため、ワイナリーを一般に開放していないそうです。
このとき、Nyetimberにも行きたく、でもNyetimberは一般開放しておらず、
ダメもとで打診したのですが、やはりダメだった(笑)思い出があります
(非常にていねいなお断りをいただき、印象がよかったです)。

<ワイン・スタイルズ>
東京都台東区台東3-40-10 大畑ビル1F
tel: 03-3837-1313
http://www.winestyles.jp/



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-04-25 00:00 | イングリッシュワイン | Trackback