イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2011年 11月 12日 ( 2 )



Why Birmingham is the food capital of Britain
1カ月前ほどの記事になりますが、Olive誌(イギリスのフードマガジン)によると、イギリスで一番の食の都市はバーミンガムだそうです。
私だけでなく、たいがいの人はほんとかよ?と思うのではないでしょうか?
なぜか、を解説しています。
by ricoricex | 2011-11-12 20:31 | イギリスの食ニュース | Trackback

4:30起床。カサビアン、ローゼス、オエイシスをけっこうな音量で流しながら(ときに歌いながら)仕事。すっかりハイパーだ。午後、おそろしい睡魔の波が。ちょっと横になったものの、30分もしないうちに、電話で起こされる。なんだかな〜、な電話。まあ、起きなきゃだからいいけど。仕事に戻る。19:00ごろ最低限今週中に終わらせるものは終わった、気がする。気が抜ける。チルアウトといった体で、頭も体も、何も使いたくないので、散乱とした状態はそっちのけで、目を通せていなかった資料を斜め読み。
fbを眺めていて思い出した。あ〜、そうか、今日はリメンバランス・デイだ。この時期にイギリスに行ったことのある方は知っているだろうが、駅とかでポピーのブローチ(???)を売ったり、政治家、テレビのニュースリーダーや司会者が胸につけてたりする。リメンバランス・デイは第一次世界大戦に起源をもつ戦没将兵追悼記念日だが、単にそのときだけでなく広義で使われているようである。なぜポピーかはちゃんと理由があるのだが、ここでは端折る。とにかく、この日の前後は、追悼を表意するのである。
24:00就寝。
by ricoricex | 2011-11-12 07:17 | 福岡雑記 | Trackback