イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2011年 11月 02日 ( 1 )



8:30起床。前日のだらけを取り戻すべく、今日は仕事する!と心に誓う。まずは連絡事項あれこれ。
午後、びっくりすることが(私の身に、ではない。そして、それは私の杞憂だったが。。。)! 私は3年前に、突如生死をさまよう状態に陥り、つい先日、ようやく福岡での生活も落ち着いたこともあり、そろそろ事後経過兼メディカルチェックで病院に行きたいんだけどどこかないかなぁ、なんて話をし、作ってもらっていた紹介状やカルテ(今までの記録)を用意した矢先。その頃のことを思い出していた時期だったので、余計に。。。ひとまずは杞憂でよかった!
ふと当時の記録が残ってないかブログをチェックしたけれど(こんなことしたの初めて。自分の行動の記録を見直すなんてね。でも、便利でいいかもしれない)、2008年は8月下旬に引っ越し、9月下旬に先のことで入院(無理を言って1週間ほどで退院したが)もあって、その頃は更新というものをしていない。あっても、福岡に越すまでは日々の雑事は、食がらみぐらいしか書いてない。
はっと思い出して、2009年1月の福岡日帰り出張の日の記録を読み返す。食べたものについて記したのは覚えていたが、福岡に住みたいなぁ(以前から口頭では言っていたけれど)、ってこともちゃんと文章に残しているんだなぁ。もちろん本当にそう思ってはいたが、具体性はまったくなく、あくまでそうなるといいなぁぐらいのぼんやりしたものだった。そして今実際に住んでいるから、不思議だ。生死をさまよう状態から蘇生したのも(このまま死ぬのかもなぁ、とも思っていたので)、不思議といえば不思議だ。本当に世の中は不思議に満ちている。1:30就寝。
by ricoricex | 2011-11-02 08:17 | 福岡雑記 | Trackback