イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

<イギリス・菓子レシピ> サンド・ケーキ【Sand Cake】


e0038047_20102852.jpg

“挟む”を意味する“サンド”は、完全にカタカナ英語。
英語では“挟む”を意味する“サンドイッチ”を“サンド”とは略しません。
なので、イギリスのケーキの定番中の定番、
ヴィクトリア・サンドイッチ(・ケーキ)をヴィクトリア・サンド(・ケーキ)と呼ぶことも
絶対と言っていいほどありません。

なせかっていうと、英語の頭だと、
サンド=sand=砂
になるから、なんですよね。
“サンドときいて、“サンドイッチ”を連想することはなく、まず思い浮かべるは“砂”ってわけです。

今回ご紹介するサンド・ケーキは、その象徴といってもいいでしょう。
名称の理由は、何かを挟んだケーキではなく、その食感が砂のようだから。

サンド・ケーキは現在あまり見ないタイプですが、イギリスの伝統的なケーキのひとつで、
パウンドケーキと同じ配合ゆえ重さのあるヴィクトリア・サンドイッチ(・ケーキ)
ふわふわと軽いスポンジ・ケーキの中間、といったところ。
“砂”と称されるザクザクした食感は小麦粉だけでなく、ライスフラワー(米粉)だったりコーンスターチだったり、アーモンドプードルだったり、別の粉の配合を多くして作るからです。

確かに、このザクザク感と軽やかな食感は、夏場でも食べられる軽快さ。
スポンジ・ケーキと違ってデコレーション要らずなので、
焼きっぱなしでいい手軽さもいいところです。

かつてはシェリーと一緒にを食べていたとか。
コーヒーや紅茶は熱いのはもちろん、冷たくても違和感なく合います。
ほうじ茶や中国茶と合わせてもよさそうです。

<材料(直径18cmのケーキ型1個分)>
バター……70g
グラニュー糖……85g
卵……2個
薄力粉……25g
ライスフラワー(米粉)……50g
コーンスターチ……60g
ベーキングパウダー……小さじ1 1/2
レモン……1個
粉糖……適量
e0038047_20105381.jpg


<作り方(調理:25分 オーブン:25〜30分)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*型にバター塗り、クッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_20115438.jpg

e0038047_20121497.jpg

e0038047_20122222.jpg

e0038047_20123122.jpg


1. 薄力粉とライスフラワー、コーンスターチ、ベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。レモンの皮をおろし、レモン汁大さじ1分を搾る。
※レモンの皮をおろしたものと搾り汁は一緒にしておいてよい。
e0038047_20130391.jpg

e0038047_20132158.jpg

e0038047_20132986.jpg

e0038047_20134796.jpg

e0038047_20135378.jpg

e0038047_20140664.jpg

2. ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでやわらかくする。グラニュー糖を加え、軽く白っぽくなるまでさらにかき混ぜる。
e0038047_20144988.jpg

e0038047_20145749.jpg

e0038047_20150160.jpg

e0038047_20150605.jpg

e0038047_20152100.jpg

3. 2に1のふるった粉類を少し入れ軽く混ぜ、卵を3回に分けて入れ、混ぜる。
e0038047_20171297.jpg

e0038047_20173031.jpg

e0038047_20173913.jpg

e0038047_20174448.jpg

e0038047_20175030.jpg

e0038047_20175665.jpg

e0038047_20180811.jpg

e0038047_20181372.jpg

e0038047_20195381.jpg

e0038047_20200095.jpg

e0038047_20200591.jpg

e0038047_20200929.jpg

4. ふるった粉類を入れて混ぜ、レモンの皮をおろしたものとレモン汁を加えてさっくりと混ぜる。
e0038047_20202747.jpg

e0038047_20205409.jpg

e0038047_20210716.jpg

e0038047_20211735.jpg

e0038047_20212832.jpg

e0038047_20214970.jpg

5. 4の生地を用意しておいた型に流し入れ、表面をならす。
e0038047_20223299.jpg

e0038047_20223774.jpg

e0038047_20224284.jpg

e0038047_20224611.jpg

6. 180℃のオーブンで25〜30分焼く。表面に焼き色が付き、生地がかたくなったらOK。
e0038047_20232886.jpg

7. オーブンから取り出したケーキは型に入れたまま10分以上そのままにしておき、その後型から出し、網の上で冷ます。
e0038047_20242203.jpg

e0038047_20245809.jpg

8. ケーキが冷めたら皿におき、粉糖をふる。
e0038047_20250854.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/27377310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2018-08-05 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback