イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

ロンドンでヘルシーな料理を食べられる店・ベスト40


e0038047_20050671.jpg

2017年11月23日(木)づけのロンドンの情報メディア、Time Outにあったのはこんな記事。
ロンドンでヘルシーな料理を食べられる店・ベスト40
The best healthy restaurants in London
https://www.timeout.com/london/restaurants/the-best-healthy-restaurants-in-london


時代は明らかに“クリーン・イーティング/Clean Eating
(“クリーン・イーティング”についてはこちらを(↓))。

それがゆえにこういうテーマでお店がピックアップされ、記事が成立するわけで。

ロンドンを5つのエリアに分けて、選ばれたお店は以下のとおりです。
1行目は店名、かっこの中はジャンル、そしてエリア、2行目は予算です(一部不明なところあり)。

<ロンドン中心部>
01. Ahi Poké(ハワイ/フィッツロヴィア)

02. Apres Food Co(カフェ/ファーリンドン)

03. Casita Andina(南米/ソーホー)

04. Ethos(ヴェジタリアン/フィッツロヴィア)
予算:£

05. Farmstand(グローバル/コヴェント・ガーデン)
予算:£

06. Hemsley + Hemsley(オーガニック/メリルボーン)
予算:££

07. Honi Poké(ハワイ/ソーホー)
予算:£

08. Hummus Bros(中近東/ソーホー)
予算:£

09. Island Poké(ハワイ/ソーホー)

10. Itadaki Zen(日本/セント・パンクラス)
予算:££


11. Jar Kitchen(イギリス/コヴェント・ガーデン)
予算:££

12. Malibu Kitchen at The Ned(アメリカ/マンション・ハウス)
予算:£££

13. Mildreds(ヴェジタリアン/ソーホー)
予算:££

14. NOPI(グローバル/ソーホー)
予算:££££

15. Rawligion(カフェ/フィッツロヴィア)

16. Wild Food Café(グルーバル/コヴェント・ガーデン)
予算:£


<ロンドン北部>
17. Granger & Co(フュージョン/キングス・クロス)
予算:££

18. LLS Café(カフェ/ハムステッド)

19. Nectar Café(カフェ/カムデン・タウン)


<ロンドン東部>
20. Andina(ペルー/ショーディッチ)

21. Beany Green(カフェ/ムーアゲート)
予算:£

22. Bread Street Kitchen(イギリス/マンション・ハウス)
予算:£££

23. Ceviche Old St(ペルー/オールド・ストリート)

24. Cojean(フランス/スミスフィールド)
予算:£

25. Mooshies London(ヴィーガン/ブリック・レーン)

26. Palm Vaults(カフェ/ハックニー)

27. Shot(カフェ/スミスフィールド)

28. Vita Mojo(グローバル/スピタルフィールズ)
予算:£


<ロンドン南部>
29. Bonnington Café(イギリス/ヴォクソール)
予算:£

30. Lu-Ma(カフェ/ウィンブルドン)

31. Mommi(ペルー/クラパム)

32. Spinach(イギリス/イースト・ダリッジ)


<ロンドン西部>
33. 222 Veggie Vegan(ヴィーガン/ウェスト・ケンジントン)
予算:£

34. Amaya(インド/ベルグレイヴィア)
予算:£££

35. Chicama(ペルー/チェルシー)

36. Cocotte(フランス/ウェストボーン)

37. Farmacy(グローバル/ロイヤル・オーク)

38. Hally's and Little H(グローバル/パーソンズ・グリーン)

39. Snaps & Rye(デンマーク/ノース・ケンジントン)
予算:££

40. Squirrel(イギリス/サウス・ケンジントン)


これ、オリジナル記事は、以前ご紹介した
ロンドンのヘルシーレストラン・ベスト37”をアップデイトしたもの。
ヘルシーなメニューを提供するレストランが当時も多かったのはもちろですが、
今回ピックアップされた店舗と比べると
・入れ替わりの激しさ
が浮き彫りに。

そこには閉店した店もあるでしょうが、すべての店を掲載するわけではないですから、
それだけ店舗が多く、より裾野が広がっている、ってことなんだろうなぁ、と推察されるわけです。

それと、食の意識が高さは、クラス(階級に比例するなぁ、ってこと。
通常、今どきのお店だったり、話題店だったり、新規開業の情報は、ロンドン中心部はもちろん、まだまだ東部が強いのですが、
今回のように“クリーン・イーティング”をテーマにすると、
ポッシュな方々が多く暮らす、西部から多くの店がエントリー。
いい/悪い、ではなく、こーゆーことなんだよなぁ、と妙に納得したりするわけです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○クリーン・イーティングの立役者、Deliciously Ellaが実店舗を1つに集約 → https://ricorice.exblog.jp/27064276/
○ロンドンのヘルシーレストラン・ベスト37 → https://ricorice.exblog.jp/24543893/
○2018年のイギリスのフードトレンドはこれ! → https://ricorice.exblog.jp/26252225/
○2017年イギリスでよく売れた料理本・トップ10 → https://ricorice.exblog.jp/26218882/
○ロンドンのヘルシーレストラン&バー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22789643/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/27219190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2018-05-26 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店) | Trackback