イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

レストラン&バー・デザイン・アウォーズ2017


飲食店デザインを対象にした、
レストラン&バー・デザイン・アウォーズ
Restaurant & Bar Design Award
http://restaurantandbardesignawards.com/


イギリスをベースにしたこの賞の、2017年の受賞者が発表されました
(といっても、2017年秋に、なので、ちょっと時間が経っちゃいましたが)。
レストラン&バー・デザイン・アウォーズ 2017
Restaurant & Bar Design Award 2017
https://restaurantandbardesignawards.com/archive/16-17


<イギリス><イギリス&国際><国際>
の3つのエリアに大別して、賞が設けられています。
当ブログでは、<イギリス>の入賞店をご紹介します。(店名のあとは担当の設計デザイン会社)


○ベスト・レストラン/Best UK Restaurant
Fucina(ロンドン) by Andy Martin Architecture

○ベスト・バー/Best UK Bar
The Escapologist(ロンドン) by Finch Interiors


○スタンドアローン・レストラン部門/Standalone Restaurant<
Clerkenwell Grind(ロンドン) by Biasol Design Studio

○ホテル内の店舗部門/Restaurant or Bar in a hotel
Eneko(ロンドン) by Casson Mann

○ロンドンのレストラン部門/London Restaurant
Fucina(ロンドン) by Andy Martin Architecture

○歴史的建造物内店舗部門/Restaurant or Bar in a heritage building
Lost & Found(ナッツフォード) by Concorde BGW

○一風変わったところにある店舗部門/Restaurant or Bar in another space
Nando's Putney Kitchen(ロンドン) by Fusion DNA

○カジュアル店舗部門/Fast/Casual
Nelson's Diner(ニューベリー) by Prosper

○パブ部門/Pub
No 197 Chiswick Fire Station(チズィック) by Red Deer Architects & Box 9 Design

○マルティプル・レストラン部門/Multiple Restaurant
Obica(ロンドン) by Superfutures

○バー&クラブ部門/Bar or Club
The Escapologist(ロンドン) by Finch Interiors

○ロンドンのバー部門/London Bar
The Kitty Hawk(ロンドン) by Russell Sage Studio

○ショップ内店舗部門/Restaurant or Bar in a retail space
Wallpaper* Bar + Kitchen(ロンドン) by Virgile + Partners


ちなみに、<イギリス&国際>部門で入賞したイギリスの店舗はこちら。

○屋外店部門/Outside
Colicci(ロンドン) by Mizzi Studio

○ラグジュアリー部門/Luxury
Collins Room(ロンドン) by Robert Angell Design Internationa

○ポップアップ部門/Pop-Up
Coppa Club(ロンドン) by Inhouse Design


先日、取材で若いシェフの方と話したときのこと。
「料理の知識とか技術は日本である程度培ってから渡仏したので、
現地ではそれらをなぞる、って感じでした。
むしろ、店舗デザインが個性的なところが多く、実際にアイディアもお金もかけていて、
そっちの方が刺激的でした」

そんなことをおっしゃっていて、あ〜、わかる〜!だったのです。
もはや現地に行かなくっても、特にフランス料理&菓子、イタリア料理は、
日本のヴァラエティの豊かさ、そして厚みは、すごいな〜、で、
実際に現地修業せずして活躍なさっている方もいらっしゃいます。

その若いシェフがおっしゃったように、
私が外国の飲食店と日本のそれとの大きな違いは、 “食がテーマの総合演出としての場”だと思うんですよね。
それを押し進めているのは店舗デザインで、
工夫を凝らしたところ、ワクワクする店舗が多く、
「こういう空間ならその分お金払っても当然だな〜」って思わせるような、ね。


上記のポップアップ部門で選ばれた、Coppa Clubはロンドン・ブリッジ近くに、
透明なイグルー、っぽい、というか、大きなスノードームっぽい、というか、な建物が登場し、
お客はその中で、食事を摂る、という。

提供されるメニューは二の次三の次で、
わ〜っ、行ってみたい!って思わず前のめりになっちゃいましたもんね。

これが“デザインの勝利”なんだよなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○発表! レストラン&バー・デザイン・アウォーズ2014/15 → https://ricorice.exblog.jp/23811822/
○2017 R200アウォーズ発表! → https://ricorice.exblog.jp/26503730/
○店構えがステキ! それだけでも訪問する価値あるロンドンの店41選 → https://ricorice.exblog.jp/24999425/
○ロンドンのスタイリッシュなレストラン・ベスト9
http://ricorice.exblog.jp/24951738/
○インテリアが素敵! ロンドンのレストラン・ベスト7 → http://ricorice.exblog.jp/24851870/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/27040316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2018-03-07 00:00 | 賞/アウォード | Trackback