イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

ランチ@ローザズ/Rosa’s(ロンドン)


e0038047_18412086.jpg

何の先入観もなく私を見たら、日本人とは思わないんじゃないなかぁ〜。
じゃあ、何人に見えるかっていうと、私自身はタイ人だろーなー、と思っていて、
実際にタイでタイ人と思われたこと、ままあり
(もっとも、シンガポールではシンガポール人と思われるわけだけど)。

ただ、ロンドンだと、フィリピン人に見える、らしい。
というのも、現地在住のフィリピン人に、たとえばバスを待っているとき、レジで並んでいるときに
「あなた、フィリピン人?」と何度話しかけられたことか。
フィリピンの言葉で話しかけられたこともあるなぁ。
(私がタイ人に見えるのは自分でも納得!だけど、フィリピン人はよくわからない。
 でも、毎度、話しかけられるんだよなぁ〜)

要は、アジアとひとくくりでいっても、私の場合は、
東アジアじゃなくって、東南アジア、なんですよね〜。
外国で和食が恋しくなったり、中国料理に走ったり、ってことはないんだけれど、
無性に食べたくなるのはタイ料理だったりヴェトナム料理だったりします。
見た目は体を表す? そっちの血が流れているのかな?


その日、13時ごろまで、プロとロンドンのチョコレート専門店をいくつか回り、
当然試食や試飲もし、
となると終わった頃には、すっかり別のものを食べたい気分に。

ソーホーにいた私の目に真っ先に留まったのは、タイ料理店。
まさにタイ料理こそ食べたい!だったし、「このお店、最近勢いがあるなぁ〜。うん、入ってみるか」と即決で入店。
e0038047_18414758.jpg


店の名前は、
ローザズ・タイ・カフェ/Rosa's Thai Café(以下、ローザズ)
https://www.rosasthaicafe.com/

13時を回ってもまだランチタイムまっただ中のロンドンにしてはお客が少なく、埋まっている席は半分程度。
e0038047_18420402.jpg

e0038047_18420934.jpg

e0038047_18421627.jpg


すぐに席に通され、迷うことなくメニューをチョイス。
・トム・ヤム・クン・ヌードル/Tom Yam Noodle Soup £9
飲み物は、
・チャーン(ビール)/Chang £4
サーヴィス料など込みで、トータル£15。
e0038047_18425183.jpg


私、辛いものが大好き!なわけじゃなく、
辛いものはまた他の料理の味がわからなくなったりするので、
タイ料理で単品となると、パッタイとかマイルドなものを選ぶのですが、
この日ばかりは、チョコレート三昧だったので、
辛くって酸っぱくって、なものが断然食べたかったわけです。

肝心の味はねぇ、まあ、こんなもんかな(笑)。
特別おいしいわけでもていねいに作っているわけでもなく、
食堂のメニューをカフェ用におきかえて出している、って感じ。
(日本でもカフェのメニューって、たいがい、激ウマ、ってことはないでしょ。
 なんとなくきれいで、そこそこかな〜、という、ね)

でも、だからこそ入店しやすいのは間違いなく、
しかもローザズの場合は、ランチタイムが夕方5時までというのも、いかにもカフェっぽくって、ありがたい!

むしろ注目すべきは、もうこれは完全に時代、なのですが、
ヴェジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーにしっかり対応していて、
私が訪問したソーホー店では、2018年1月15日(月)〜4月15日(日)は、
期間限定のヴェジタリアンメニューも多数登場。

時代に対応の別の面では、フードデリバリーやオンラインオーダーも相当多いようで、
私が通された席からはレジが見え、そこに紙袋が常時7〜8個おかれていて、
最初は気に留めていなかったのですが、
それはデリバルーやウーバーイーツといったフードデリバリー用だったり、
スマホを見せて商品を受け取っていく人のためだったり。
明らかにイートインより利用が多い模様。

それは、ローザズのウェブサイトを見たら一目瞭然! 上部のバーには(↓)、
https://www.rosasthaicafe.com/
“BOOK A TABLE(席予約)”と並んで“DELIVERY & COLLECTION(デリバリー&受取り)”がきっちりあるのでした。

そう、だから、ローザズ、お昼時なのにあまりお客がいないな、と思ったのは大きな間違いで、
イートイン以上のお客をがっちりつかまえていたのでした。
これも時代だなぁ〜、これまでの感覚を基準にして、見誤ってはいけないなぁ。
はい、大きな教訓をもらいました!


ところで、ローザズでおいていたビールは、
日本ではこっちを見る割合が高い(と思われる)シンハー/Singhaではなく、チャーン/Chang
チャーンシンハーよりうんと遅れて参入した後発組だけど、
タイではチャーンの方が売上げが上じゃなかったっけ?
そんな話をタイできいた、ような記憶。
e0038047_18431522.jpg


fri 03/11/17


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ランチ@ソム・サー/Som Saa(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25151358/
○ランチ@カイ・チェ/Cây Tre(ロンドン) → https://ricorice.exblog.jp/25951255/
○フードデリバリー、デリバルー/Deliverooの2017年人気メニューはハンバーガー(イギリスでも世界でも!) → https://ricorice.exblog.jp/26252227/
○ロンドンのフードデリバリー、急成長で発展中! → http://ricorice.exblog.jp/25233403/
○イギリスのタイ料理店・ベスト10 → https://ricorice.exblog.jp/23593976/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/26943397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2018-02-27 00:00 | イギリスのグルメ店レポート | Trackback