イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス菓子・レシピ> マーマレード・ケーキ【Marmalade Cake】


e0038047_13165758.jpg

マーマレードとイギリスを代表するジャム/プリザーヴで、トーストに欠かせない存在。
(トーストにバターを塗り、マーマレードをのせる、黄金の組み合わせは天国!です)
そのマーマレードを使ったお菓子といえば、
スコットランド・ダンディー生まれの、
その名もダンディー・ケーキが広く知られています。

ダンディー・ケーキはドライフルーツやアーモンドを使ったリッチなケーキ。
マーマレードやオレンジは使うものの、あくまで材料のひとつといったところです。

材料をふんだんに使う、クリスマスの定番菓子でもあるダンディー・ケーキがハレのお菓子なら、
このマーマレード・ケーキはぐっとシンプル。
オレンジ風味のバターケーキといったところで、日常的なケのケーキです。
お茶の時間、いかにも、なマグで飲むイギリスのミルクティーにふさわしく、
とりわけ北東イングランドで人気があります。

マーマレードは、イギリスもしくは輸入品を。
というのも、マーマレードに限らずジャム全般にいえることですが、
日本の製品は、甘味や風味が弱いんです。
なので、こういうお菓子に使うと、いまひとつぼんやりした印象に。
甘味も苦味も酸味もあってこそマーマレードということで、
ここはぜひイギリスものを使ってください。

<材料(12×21.5cmのパウンド型1本分)>
薄力粉……175g
ベーキングパウダー……小さじ1 1/2
バター……145g
グラニュー糖……125g
卵……3個
オレンジ……1個
マーマレード……75g
粉糖……80g
e0038047_13225563.jpg


<作り方(調理:40分 オーブン:40〜50分)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*型にバターを塗り、クッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_13223299.jpg

e0038047_13224046.jpg

e0038047_13224626.jpg


1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。オレンジは皮をおろし、半分に切り、搾る。
※オレンジの搾り汁は50mlはケーキに、大さじ1は仕上げのアイシングに使う。
e0038047_13232876.jpg

e0038047_13233601.jpg

e0038047_13234265.jpg

e0038047_13235356.jpg

e0038047_13235867.jpg

e0038047_13240308.jpg

e0038047_13241007.jpg

e0038047_13241678.jpg

2. バターとグラニュー糖をよくかき混ぜる。
e0038047_13245035.jpg

e0038047_13252556.jpg

e0038047_13253009.jpg

3. 2に1のふるった薄力粉とベーキングパウダーを少し入れ軽く混ぜ、卵を2〜3回に分けて入れ、混ぜる。
e0038047_13255002.jpg

e0038047_13255521.jpg

e0038047_13260015.jpg

e0038047_13260661.jpg

e0038047_13261399.jpg

e0038047_13262067.jpg

e0038047_13264660.jpg

e0038047_13265265.jpg

e0038047_13265704.jpg

e0038047_13270341.jpg

e0038047_13271041.jpg

e0038047_13271697.jpg

4. 残りの薄力粉とベーキングパウダーを入れてざっくり混ぜる。
※粉っぽさが残っているぐらいでよい。
e0038047_13274291.jpg

e0038047_13274763.jpg

e0038047_13275427.jpg

5. 4に1のオレンジの皮をおろしたものとマーマレードを加えて混ぜる。
e0038047_13280969.jpg

e0038047_13281481.jpg

6. 5に1のオレンジの搾り汁50mlを加えて混ぜる。
e0038047_13282819.jpg

e0038047_13283585.jpg

e0038047_13284123.jpg

7. 6の生地のパウンド型に入れ、180℃のオーブンで40〜50分焼く。
※生地をケーキ型に入れたあと、平面をならし、中央をくぼませる。
※途中、表面が焦げそうになったら(匂いがする)、アルミホイルで覆う。
e0038047_13290976.jpg

e0038047_13291490.jpg

e0038047_13312369.jpg

e0038047_13312962.jpg

e0038047_13313594.jpg

e0038047_13314086.jpg

8. ケーキを焼く間にアイシングを作る。1のオレンジの搾り汁大さじ1と粉糖をよく混ぜ合わせる。※粉糖をふるって使うと、アイシングがダマにならない。
e0038047_13323486.jpg

e0038047_13323977.jpg

e0038047_13324300.jpg

9. オーブンから取り出したケーキは型に入れたまま10分以上、そのままにしておき、その後型から出し、網の上で冷ます。
e0038047_13405047.jpg

e0038047_13411362.jpg

10. 9のケーキの粗熱がとれたら、表面に8のアイシングを塗る。
e0038047_13413706.jpg

e0038047_13414364.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/26819476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2018-02-18 00:00 | イギリス菓子・レシピ | Trackback