人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<イギリス菓子・レシピ> ティプシー・ケーキ【Tipsy Cake】


e0038047_13138100.jpg
ティプシーとは“ほろ酔いの”という意味。
その言葉どおり、ケーキをたっぷりのアルコールに染み込ませて作ります。
18世紀後半からポピュラーになり、トライフル然り、
ケーキ、アルコール、クリームを合わせるやり方が当時の最先端だったのでしょう。
私のレシピではアルコールはシェリーを使っていますが、
ほかにもブランデーやワインも使われていたようです。

現在では、イギリスでよく見るタイプのケーキではないのですが、
ティプシー・ケーキはアメリカ南部では今も人気のあるお菓子のようです、
デコレーションにスライスアーモンドを刺したものもあり、
その見た目からハリネズミのケーキ/Hedgehog Cakeとも呼ばれています。
しっかりハリネズミに見立てて作ることも少なくなく、
アルコールをジュースにおきかえて作れば子どもが喜びそうな一品になります。

ティプシー・ケーキはほかのアルコールを染み込ませるケーキ同様、
作ってすぐではなく、数時間経って食べると、味がしっとりなじみ、よりおいしく食べられます。

<材料(直径18cmの円型1台分)>
スポンジ・ケーキ……1台
クレーム・アングレーズ……約175g
シェリー……大さじ6
アプリコットジャム……大さじ4
スポンジ・ケーキクレーム・アングレーズのそれぞれの作り方については、
 リンクをはってありますので、クリックしてご確認ください。
e0038047_132429.jpg


<作り方(調理:25分)>
下準備
スポンジ・ケーキを3〜4日前に焼いておく。

1. クレーム・アングレーズを作る。
2. スポンジ・ケーキを横3分の1ずつ、3枚に切り分ける。
e0038047_1353039.jpg

e0038047_1351887.jpg

3. 切り分けたスポンジ・ケーキそれぞれに、爪楊枝や竹串などを刺す。
e0038047_13664.jpg

4. 皿に底生地となる3のスポンジ・ケーキをおき、シェリー大さじ2を打ち、アプリコットジャム大さじ2を塗る。
※アプリコットジャムがかたいようなら、かき混ぜてやわらかくする。
e0038047_1381586.jpg

e0038047_1375425.jpg

e0038047_1372687.jpg

e0038047_1371181.jpg

e0038047_1363299.jpg

5. 4に中段となる3のスポンジ・ケーキをおき、シェリー大さじ2を打ち、アプリコットジャム大さじ2を塗る。
e0038047_14195.jpg

e0038047_1404525.jpg

e0038047_1402516.jpg

e0038047_1395798.jpg

e0038047_13923100.jpg

e0038047_139151.jpg

6. 5に上段の3のスポンジ・ケーキをおき、シェリー大さじ2を打つ。
e0038047_1421792.jpg

e0038047_14218.jpg

e0038047_1415089.jpg

7. 6にクレーム・アングレーズをかけ、表面を軽くならす。
e0038047_1425555.jpg

e0038047_1423979.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-01-15 00:00 | イギリス菓子・レシピ