人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ロンドンのかわいいケーキ屋さん・ベスト9


e0038047_244345.jpg
イギリスのアッパーミドル&アッパークラス向けのライフスタイル・マガジンに「Tatler」があります(出版社は、コンデ・ナスト・トラベラー/Condé Nast Traveller)。
この雑誌の2016年10月4日(火)づけで以下の記事がありました。

ロンドンのかわいいケーキ屋さん・ベスト9
London’s 9 best cake shops
http://www.tatler.com/news/articles/august-2016/best-cake-shops-bakeries-london-review

選ばれたのは、以下の9軒です。

01. Dominique Ansel London(ベルグレイヴィア)
02. Peggy Porschen Cakes(ベルグレイヴィア)
03. Cutter & Squidge(ソーホー)
04. Crumbs & Doilies(ソーホー)
05. Ottolenghi(ベルグレイヴィア、ノッティング・ヒル&イズリントン)
06. Bea's Cake Boutique(メリルボーン、ブルームスベリー、セント・ポール&ファリンドン)
07. Palm Vaults(ハックニー)
08. Violet Cakes(ハックニー)
09. Fleet River Bakery(リンカーンズ・イン・フィールズ)

かわいい、というのは私がラインナップを眺めて勝手に名付けました。
だって、lovely!を連呼したくなるところがそろい踏みなんだもん!

1は、かのクロナッツで一躍有名になったニューヨークのケーキ屋さんのロンドン店(今さらって気もしますが)。

9のFleet River Bakeryはかわいい、というよりも、なんというのかなぁ、ニューヨークという街のパブリックイメージをベーカリー・カフェにしたような感じ(ここでいうベーカリーはパン屋さんではなくケーキ屋さんのこと)。
このすぐ界隈に意外と気のきいたカフェが多くないのと(と、私には思える)、外から見るよりも店内(奥と地下)がぐんと広いので、覚えておいて損はない1軒かと、
e0038047_252279.jpgでもって、お菓子が大きい! 特にスコーン! 私はよく食べるので、たいがいのお店で出される量は気にならないのですが、このお店の直径15cmほどもあろうかというス大きなスコーンにはびっくりした!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○カップケーキ@ペギー・ポーシェン(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/18710427/
○テイクアウェイ@オトレンギ(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/18365143/
○アフタヌーンティー@ベアズ・オブ・ブルームズベリー(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/19438004/
○ロンドンのイートインできるケーキ屋さん・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/24685549/
○ロンドンのベスト・ベーカリー&ケーキショップ → http://ricorice.exblog.jp/24331357/
○ロンドンのケーキ屋さん・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/22726539/
○お菓子のハイブリッドはつまるところマッシュアップ? → http://ricorice.exblog.jp/21185677/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-10-25 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)