人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<イギリス菓子・レシピ> バース・バン【Bath Buns】


e0038047_1872812.jpg
その名の通り、イギリスはバースで生まれた菓子パン。
18世紀に誕生し、1851年のロンドン万国博覧会に登場したことで、
その名が全国に知られるようになったようです。
バース・バンが、ロンドン・バース・バンと呼ばれることがあるのもそのためでしょう。

このバース・バン、ドライフルーツとスパイスが入り、
砕いた砂糖をのせた菓子パンと捉えられていますが、
もともとはドライフルーツは入らず、サフランで黄色く色づけした生地だったようです。
しかしながら、トッピングの砂糖はここでも変わらず。
砂糖をのせて仕上げることがこのバース・バンの大きな特徴なのかもしれません。

ここでご紹介するレシピでは、トッピングの砂糖は、カフェなどで見る
ベギャンセ社の「ア・ラ・ペルーシュ」を砕いて使っています。
手元にない場合は、わざわざ買い求めなくとも、
普通の角砂糖を砕いても、中ザラ糖やコーヒーシュガーでも構いません。

<材料(8個分)>
強力粉……225g
インスタント・ドライイースト……大さじ1/4(小さじ1弱)
塩……小さじ1/2
グラニュー糖……50g
バター……25g
卵……1個
牛乳……115ml
ドライフルーツ(レーズン、サルタナ、カランツ、ミックルピールなど合わせて)……75g
角砂糖……10g
e0038047_1881328.jpg


<作り方(調理:40分 発酵:1時間30分 オーブン:10〜12分)>
下準備
*大きいボウルにバターを塗っておく。
e0038047_188541.jpg


1. 強力粉と塩を合わせてふるう。インスタント・ドライイーストとグラニュー糖を混ぜる。バターを適当な大きさ(3cm角より小さいとよい)にカットする。卵をときほぐし、大さじ1は仕上げ用にとっておく。牛乳は人肌程度に温める。
e0038047_18124063.jpg

e0038047_1812715.jpg

e0038047_18112846.jpg

e0038047_1811367.jpg

e0038047_18103086.jpg

e0038047_1892933.jpg

2. フードプロセッサーに1の粉類とバターを入れ、そぼろ状になるまで回す。
※フードプロセッサーが小さい場合は、適度な量の粉類とバターを回し、その後でフードプロセッサーに入らなかった粉類と合わせる。
e0038047_18143227.jpg

e0038047_1814111.jpg

e0038047_18132725.jpg

3. 2をボウルにあけ、1のインスタント・ドライイーストとグラニュー糖を合わせたものを加えて混ぜ、真ん中にくぼみを作る。
e0038047_18172621.jpg

e0038047_1816537.jpg

e0038047_18155874.jpg

e0038047_18151128.jpg

4. 3のくぼみに1のときほぐした卵、温めた牛乳を入れる。
e0038047_18182482.jpg

e0038047_1818112.jpg

5. 生地をこねる。最初はべたべたするが、だんだんまとまってくる。
※このとき、生地がベタベタするようであれば、強力粉を少し(大さじ1)加える。
e0038047_18185229.jpg

6. 弾力が出てきて、なめらかになるまで、5〜10分こねる。
e0038047_18191673.jpg

7. 指で押してしっかり戻るようになったら、バターを塗っておいたボウルに移し、軽くラップをして、暖かい場所で約1時間、生地が約2.5倍になるまで発酵させる。
e0038047_18212855.jpg

e0038047_1821363.jpg

e0038047_18204120.jpg

e0038047_18195266.jpg

8. 天板にクッキングシートを敷く。
e0038047_18284834.jpg

9. 7の生地に、ドライフルーツ類を加え、ひとこね(ガス抜き)する。
e0038047_18364278.jpg

e0038047_18361095.jpg

e0038047_18354240.jpg

10. 生地を8等分にする。
※半分、半分、半分とカットする。きっちりやりたい場合は、この時点で生地の重さを量り、8等分した重さに分割する。
e0038047_1838244.jpg

e0038047_1837175.jpg

11. 8の天板の上に、カットした生地を丸めながら、間隔をあけておく。
e0038047_18385335.jpg

e0038047_183831100.jpg

12. 暖かい場所で約30分発酵させる。
※ビニール袋にお湯を注いだマグカップと一緒に入れるとよい。
e0038047_18392255.jpg

13. 角砂糖をめん棒などで砕く。
※ビニール袋などに入れてやるとよい。
e0038047_18403371.jpg

e0038047_18401221.jpg

e0038047_18395029.jpg

14. オーブンを200℃に温める。
15. 12の表面に1でとっておいたときほぐした卵を塗り、13で砕いた角砂糖を散らす。
e0038047_18421367.jpg

e0038047_18415161.jpg

e0038047_1841263.jpg

e0038047_1841635.jpg

16. 200℃のオーブンで10〜12分、表面に焼き色がつくまで焼く。
e0038047_18433877.jpg

e0038047_1842479.jpg

17. 焼き上がったら網の上で冷ます。
e0038047_1844827.jpg





(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-01-10 00:00 | イギリス菓子・レシピ