イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

英語でレシピを読む! ~単位 06:山盛り~


e0038047_1432230.jpg
当連載“英語でレシピを読む!”で、最初の頃にぜひとも覚えておきたいこととして、大さじ小さじを取り上げました。
この大さじ小さじに付随する言葉としてときどき登場するのが

Heaped
e0038047_146329.jpg

2 heaped tablespoons
などといった形で使われます。

以前の記事、大さじ小さじでご紹介したように、tablespoonは大さじのこと。
ということは、
先の例、2 heaped tablespoonsは大さじ2なんだけれど、ただの大さじ2じゃない。
というのも、heapedという言葉がtablespoonsの前にありますから。

ふむ。heapedって何?

これ、山盛りのって意味なんです。
そう、2 heaped tablespoonsは大さじ山盛り2杯ってこと。

ちなみに、よく見ていると、イギリスでの(人にもよるでしょうが)すりきり1杯の量り方はいたってラフ。
すくって軽くゆすって、はい、おしまい(中にはゆすらない、つまり表面をならさない人も)。
また、お菓子ではより材料を正確に量ることが求められるので、特に生地やクリームの基本材料では、heaped/山盛りという曖昧な分量はあまり出て来ないような気がします。

ちなみにheaped、動詞のheapの受動態が形容詞化したもので、
heapは山盛りにする、積み上げるという意味なので、
heapedは山盛りにされた → 山盛りの、となるのです。
このheap、名詞や単位を表す言葉としても使われ、
a heap of oranges
であれば、山盛りのオレンジ、といった具合。


というわけで、
heaped → 山盛りの
と覚えてくださいね。

ではでは〜!


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○英語でレシピを読む! ~序章 01~ → http://ricorice.exblog.jp/23122508/
○英語でレシピを読む! ~単位 01:大さじ小さじ~ → http://ricorice.exblog.jp/23158480/
○英語でレシピを読む! ~単位 02:順番~ → http://ricorice.exblog.jp/23214349/
○英語でレシピを読む! ~単位 03:○人分~ → http://ricorice.exblog.jp/23351954/
○ 英語でレシピを読む! ~単位 04:○個分など~ → http://ricorice.exblog.jp/23410107/
○英語でレシピを読む! ~単位 05:グラウンド~ → http://ricorice.exblog.jp/23738822/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/23902472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2015-11-26 00:00 | 英語でレシピを読む! | Trackback