イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

英語でレシピを読む! ~単位 01:大さじ小さじ~


e0038047_9243520.jpg
前回より新しくスタートした不定期連載、「英語でレシピを読む!」。
そのときに記したように、英語のレシピ本を読むことはまったく簡単なことです。
もちろん、ていねいに読みこなそうと思えば、骨の折れることもありますが、それでも身近な単語のオンパレードなので、心配ご無用! ひるむに及びません。
むしろ、電化製品の取り扱い書や、電車の時刻表から乗り継ぎを考えるよりもぐぐっとイージーです。

簡単な大きな理由のひとつ。
私が昔やっていたように、材料さえちゃんと押さえれば、作り方やコツなどはすっとばしてもたいがい問題ありません!
おまけに今の料理本はビジュアルも重視するようになったので、仕上がり写真(ときにプロセス写真も!)あるので、どんな工程を経るのか見当をつけやすい。
特に、少しでも料理をし、日本語のレシピを読んだことのある人であれば、ふんふん、ってな調子で材料を理解できると思います。

繰り返しになりますが、材料さえきちんと押さえておけばいいということです。
材料は、egg/卵だの、flour/小麦粉だの、onion/タマネギだの、身近なものがほとんどなので、もし知らない単語が出てくればググればいい(これが面倒なんじゃん!という声が聞こえてきそうですが、まあ、全体からみれば数は少ないはずですし、これってこのことかぁ〜、というものについてはおいおい述べていきます)。

材料では、何を使うかもそうですが(さっきも述べたように知っておいた方がいい材料についてはおいおい)、どのくらい使うかも知っておきたいところ。
正直、料理であればさほど気にしなくてこんなもんかな〜、あ〜こういう組み合わせね、はいはい、と自己流でやっても構わないのですが、お菓子となるとそうはいかない。お菓子作りが成功するかどうかは、その大きな部分を“正確に分量する”ということが占めるからです。
なので、その後、アレンジするにしても、基本の分量はおさえておきたい。

分量といってもですね、重さはg(かつてはイギリスのレシピ本はオンス表記でしたが、今はg表記か併記)ですし、容積はccもしくは㎖(こちらも、かつてはイギリスのレシピ本はパイント表記でしたが、今はccもしくは㎖表記か併記。これらについても追って)。
あとはそれ以外の単位を、と言っても多くはありませんが、習得していればOK。
e0038047_9335817.jpg

容積で少量の場合は、日本ではccや㎖ではなく、大さじ(15cc/㎖)や小さじ(5cc/㎖)が用いられます。
イギリスでもこの単位は同じ。
では、大さじ、小さじはどう表現されているか。
大小のサイズがそのままわかる言葉ではないものの、実にイメージしやすいspoon/さじ表記の、tablespoon/テーブルスプーン、teasppon/ティースプーンとなります。
e0038047_9345522.jpg

e0038047_9342812.jpg

tablespoon/テーブルスプーンとは食事の際にテーブルにおかれるスプーンをイメージするとわかりやすい。大きめのスプーンです。
一方、teasppon/ティースプーンは、お茶に添えられるスプーン。こっちはサイズは小さめ。
なので、tablespoon/テーブルスプーンは大きい方、teasppon/ティースプーンは小さい方というわけです。
ここでひとつ注意を。
tablespoon/テーブルスプーン、teasppon/ティースプーンはそれぞれそのまま、tablespoon、teaspponと表記されることもありますが、これらを略して、tbsp、tspとされることもあります。
そして、お気づきのようにそれぞれ最後の2つのアルファベット、spはspoonの略です。
e0038047_9364092.jpg

e0038047_9355569.jpg

というわけでまとめると、
・大さじ=tablespoon=tbsp
・小さじ=teaspoon=tsp
となり、容量の多さに比例して、略すと小さじより大さじの方がアルファベットがひとつ多いな、という覚え方でもいいんじゃないかな。

もうひとつ。
日本語にしろ英語にしろ共通事項として、意外と、大さじは小さじの倍量を思っている方が多いのですが、3倍ということをお間違えないよう。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○英語でレシピを読む! ~序章 01~ → http://ricorice.exblog.jp/23122508/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/23158480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2015-05-26 00:00 | 英語でレシピを読む! | Trackback