人気ブログランキング |

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライターの羽根則子がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。http://hanenoriko.daa.jp/


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<イギリス菓子・レシピ> レッド・ヴェルヴェット・ケーキ【Red Velvet Cupcakes】1


e0038047_206791.jpg
もう10年近く前になるでしょうか。
アメリカから飛び火してイギリスにやって来たカップケーキ・ムーブメント。
現在、イギリスではカップケーキはブームを通り越し、今や一大産業です。
専門店もいくつもあります。

ずっと気になりつつも、どぎつい赤い色が日本人向きと思えず、
自分で作るにはいたっていませんでした。
ところが、半年ほど前、
私が主宰する「イギリス菓子の会」で、実際に食べていただくイベントを行った際に
食べてみたいとリクエストをいただき、本腰を入れて、レシピ作りに取りかかりました。
その時のイベントでも好評をいただき、
今回ようやくレシピとしてご紹介にいたります。

生地にココアパウダーを加えるのは、食紅だけだと
鮮やかな赤色にならないため。色の深みを加えるために不可欠です。
酸を少し加えると味がしまるので、白ワインビネガーで。
レモンだと、ココアパウダーとどうしても喧嘩してしまいます。
ちなみに、イギリスのカラーリングはパウダーではなく液状のものです。

しっかりカップケーキを覆い隠すため、
そしてたっぷりめが“らしい”ので、フロスティングはやや多め。
重いと感じられる方は半分〜8割程度で作ってください。

このケーキは、なんといっても赤い生地と白いフロスティングのコントラストの美しさが身上。
お祝い事などに使うのもおすすめです。

<材料(12個分)>
薄力粉……150g
ココアパウダー……10g
食紅……小さじ1
ベーキングパウダー……小さじ1 1/2
バター……50g
グラニュー糖……120g
卵……1個
無糖ヨーグルト……125g
ワインビネガー……小さじ1
バニラエッセンス……2〜3滴

〜〜フロスティング〜〜
バター……35g
クリームチーズ……150g
粉糖……100g
e0038047_206594.jpg


<作り方(調理:50分 オーブン:30分)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*型にケースをおいておく。
*オーブンを170℃に温めておく。
e0038047_2075093.jpg

e0038047_2071934.jpg


1. 薄力粉、ココアパウダー、食紅、ベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。
e0038047_2092327.jpg

e0038047_2085795.jpg

e0038047_2083131.jpg

2. ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでやわらかくする。グラニュー糖を加え、かき混ぜる。
※2〜4の工程では、ぼそぼそした状態になることがあるが、気にしなくてよい。
e0038047_2012967.jpg

e0038047_20113869.jpg

e0038047_20111811.jpg

e0038047_20105551.jpg

3. 2に1のふるった粉類を少し入れ軽く混ぜ、卵を2〜3回に分けて入れ、混ぜる。
e0038047_20152283.jpg

e0038047_2015287.jpg

e0038047_2014393.jpg

e0038047_2014819.jpg

e0038047_2013472.jpg

e0038047_20132868.jpg

e0038047_201377.jpg

e0038047_20124519.jpg

続きはこちら → → https://ricorice.exblog.jp/19733009/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-02-03 20:28 | イギリス菓子・レシピ