イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス菓子・レシピ> アップサイドダウン・バナナ・プディング【Upside-down Banana Pudding】1


e0038047_2120144.jpg
アップサイドダウン・ケーキを知っていますか?
焼き上がりをひっくり返して、底面に敷いた果物を表面に見せるケーキで、
よく使われるのはパイナップル。
アメリカの代表的なお菓子のひとつとして知られています。

このアップサイドダウン・ケーキ、もともとはアイルランドのお菓子だったようで、
パイナップルではなく、リンゴを使い、また名前も異なるようですが、
失念! どこでその記述を読んだのか、肝心の資料が見当たらず。。。
きちんと書けずにいます。そのうち、見つけたら修正します。

ここではパイナップルでもリンゴでもなく、バナナを使います。
通常はカラメルを敷くのですが、バナナは火を通すとさらに甘くなるので、
ここではハチミツを使用。
バナナと相性のよいクルミ、
さらに風味と食感のアクセントにラムで漬けたレーズンも加えます。

レーズンはラムに30分以上漬けるのが望ましい。
なので、このレシピでは、最初にすることはそれ。
その後、計量したり、作業を進めたりすると、ちょうどよい時間になります。

食べるときは、そのままでもよし、
ホイップクリームもしくはクレーム・アングレーズを添えるといっそうおいしくいただけます。

<材料(12×21.5cmのパウンド型1本分)>
薄力粉……175g
ベーキングパウダー……小さじ1 1/2
バター……60g
グラニュー糖……80g
卵……1個
バナナ……小6本(大4本/約700g)
レーズン……80g
ラム……大さじ2
ハチミツ……大さじ3
クルミ……50g
バニラエッセンス……2〜3滴
e0038047_2120502.jpg


<作り方(調理:40分 オーブン:約1時間)>
*レーズンをラムに漬ける(30分以上)。
*バターを室温でやわらかくしておく。
*型にバター塗り、クッキングシートを敷いておく。
*オーブンを160℃に温めておく。
e0038047_21231941.jpg

e0038047_21224626.jpg

e0038047_21222339.jpg


1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。クルミを粗くくだく。
※クルミはあくまでざっくり粗くくだく。そうすることで食感や風味を残す。
e0038047_21242344.jpg

e0038047_212408.jpg

e0038047_21233949.jpg

2. バナナを縦半分に切り、型の底に合わせて長さを切り、並べ、ハチミツを注ぐ。
e0038047_21254812.jpg

e0038047_21252625.jpg

e0038047_2125635.jpg

3. 2の残ったバナナは適当な大きさに切り、フードプロセッサーで回す。
e0038047_21273674.jpg

e0038047_21271251.jpg

e0038047_21264996.jpg

e0038047_21261827.jpg

続きはこちら → → https://ricorice.exblog.jp/18030249/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/18030081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2012-05-21 21:58 | イギリス菓子・レシピ | Trackback