イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

<イギリス菓子・レシピ> アーモンド・フォーク・ビスケット【Almond Fork Biscuits】


e0038047_853358.jpg
このビスケット、もともとの配合自体は非常にシンプルで
薄力粉:バター:グラニュー糖の比率は3:2:1。
薄力粉150gに対しバター100g、グラニュー糖50gとなりますが、
それではやや重い印象。
ですので、バターとグラニュー糖を減らして作っています。
とはいえ、このレシピで試して、もう少しサクッと軽い食感にしたいなら、
バターの量を90gにするなど、若干増やして作るとよいでしょう。

分量は異なるものの、作り方としてはチョコレート・ビスケットの応用。
手で丸めフォークで模様をつけて作るので、のばしたり、型抜きは不要。
天板1枚で一度に16個すべてをこなすのはむずかしいので、2回に分けて焼きます。

上にアーモンドフレークをのせるので、焦げやすいのが難点。
オーブンの下段に入れ、でもそれだけだと下火が強いので、
天板を2枚重ねるとよいでしょう。
中段に入れて、焼き色がついたら上にアルミホイルを覆うやり方でもいいかもしれません。

<材料(16個)>
薄力粉……150g
ベーキングパウダー……小さじ1 1/2
バター……80g
グラニュー糖……40g
バニラエッセンス……2〜3滴
アーモンドフレーク……10g
e0038047_8523017.jpg


<作り方(調理:25分 オーブン:30〜40分)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_8521019.jpg


1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2〜3度ふるう。
e0038047_8514939.jpg

2. ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、軽く白っぽくなるまでかき混ぜる。
e0038047_8512895.jpg

e0038047_851919.jpg

e0038047_8504626.jpg

3. 2に1の粉類とバニラエッセンスを加えて混ぜる。
e0038047_8502697.jpg

e0038047_850761.jpg

e0038047_8494691.jpg

4. ある程度まとまったら、手で生地をまとめる。
e0038047_8491595.jpg

e0038047_8485737.jpg

5. 半分、半分とちぎり、16個に分割する。
e0038047_8483862.jpg

e0038047_8482199.jpg

6. 準備しておいた天板に5の生地を丸めながら置き、フォークで押し格子模様を描きながら、上面を平らにする。
※フォークを水につけながらやる。水が接着剤の役割と果たし、7の工程でのアーモンドフレークをはり付ける。
e0038047_848324.jpg

e0038047_847071.jpg

e0038047_8474294.jpg

e0038047_8472112.jpg

7. アーモンドフレークを表面に散らす。
e0038047_8464155.jpg

e0038047_8461590.jpg

8. 180℃のオーブンで15〜20分焼く。
※途中、天板の前後を入れ替える。
e0038047_8455281.jpg

e0038047_8453253.jpg

9. 焼き上がり、粗熱がとれたら網の上で冷ます。
e0038047_845113.jpg

e0038047_844127.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/14837382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2011-05-25 08:57 | イギリス菓子・レシピ | Trackback