イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<イギリス菓子・レシピ> オートケーキ【Oatcake】


e0038047_2032368.jpg
オートケーキには代表的なものにスコットランド風、ウェールズ風、
そして北イングランド風があり、それぞれに違いがあります。
北イングランド風はエリアによっても特徴が見られます。
それぞれに違いがあり、中でも一番よく知られているのは、スコットランド風です。
スコットランドはその気候からオーツの産地。
その昔は、オートケーキを作るのに、
グリドル(暖炉に使う鉄板のようなフライパンのようなもの)を使っていたようです。

現在、スコットランドスタイルのオートケーキは、
地元のベーカリーお菓子屋さんやパン屋さんで入手でき、
スーパーなどでは工場生産されたものも販売されています。
ウォーカーズのオートケーキは王室御用達ともなっています。
実際、エリザベス女王もスコットランド滞在中、朝食にオートケーキを召し上がるとか。
また、現首相のデイヴィッド・キャメロンは、
好きなケーキとしてオートケーキを挙げています。

このレシピはいわばスコットランス風をベースにした折衷案。
スコットランド風は薄力粉を使わず、
油脂もラードなどを使うようですが、
そのへんもアレンジしました。

ケーキとはいうものの甘くありません。
体にもよさそうで、朝食に食べてもいいかと思います。
感覚としては、クラッカーとかそんな感じかも。
味がないといえばないので、
物足りないようだったら、ハチミツやチーズと一緒に。

<材料(直径18cmの丸型1枚分)>
オーツ……180g(6oz)
薄力粉……60g(2oz)
塩……小さじ1/2
バター……30g(1oz)
熱湯……90ml(3oz)
e0038047_2032588.jpg


<作り方(調理:35分 オーブン:40〜45分)>
下準備
*型にバターを塗っておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_20333875.jpg


1. お湯をわかす。薄力粉を2〜3回ふるう。
e0038047_20335975.jpg

2. ボウルに1の薄力粉、オーツ、塩を入れ、ナイフなどで軽く混ぜ、くぼみを作る。
e0038047_20341755.jpg

e0038047_20343722.jpg

e0038047_2035692.jpg

3. バターを溶かし、1のお湯とともに、2のくぼみに注ぐ。
e0038047_20352493.jpg

e0038047_20354794.jpg

4. ナイフなどで軽く混ぜ、少しまとまってきたら手でこねながら、ひとまとまりになるまで混ぜる。※まとまらない場合は熱湯を少し加える。
e0038047_2036684.jpg

e0038047_20363718.jpg

e0038047_20365915.jpg

e0038047_20371781.jpg

5. バターを塗った型に敷き詰める。
※このとき、すき間を作らないように表面を押さえてながら、しっかり敷き詰める。
e0038047_20373776.jpg

e0038047_20375512.jpg

6. ナイフで放射線状に切れ目を入れる。
e0038047_20381228.jpg

7. 180℃に温めておいたオーブンで40〜45分焼く。
e0038047_20383114.jpg

8. 焼き上がったら網の上で冷ます。
e0038047_203938.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

トラックバックURL : https://ricorice.exblog.jp/tb/11679964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ricoricex | 2009-11-29 20:43 | イギリス菓子・レシピ | Trackback