イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

e0038047_0135091.jpg

2017年1月4日(水)づけのイギリスの飲食メディア“Big Hospitality”にあったのは、こんな記事。

2017年のイギリスの食シーンを予測する
Restaurant trends: 7 things we'll see in 2017
http://www.bighospitality.co.uk/Business/Restaurant-trends-2017


今年、2017年こういったことがイギリスの飲食業界のキーワードになりそうです。

01. イギリスのEU離脱で起こりうること
イギリス国内の食材に対する、ますますの見直し。生産者に注目が集まり、サポートする動きが盛んになるだろう。その筆頭に挙がるのはワイン
一方で、人材不足への対策を考慮し、手を打つ必要がある。

02. 野菜選択&摂取はより当たり前に
ヴェジタリアン、ヴィーガンのみならず、野菜コンシャスな風潮はますます広がり、メインは肉ではなく野菜ということも珍しくなくなるだろう。

03. 朝食が飲食店のポイントになる?
2016年は朝食が大きなビジネスとなった年。今年、2017年はそれをさらに拡大させて、ブランチで、もしくは一日中朝食を提供、なんてことが一般化する可能性も。
そしてその内容はバリエーションに富み、タコスも朝食メニューのひとつに。

04. スパイス使いがもっと広がる
中近東をはじめ世界の料理が身近になった今、よりバラエティ豊かなスパイス使いが見られるようになる。その筆頭は、コリアンダー、クミン、フェンネル。実際に、カイエンヌペッパー、キャラウェイ、サフラン、レモングラス、ジンジャー、クミン、シナモンの売上げは増加している。

05. “魅せる”デザートが人気に
見た目楽しいアイスクリーム・デザートに期待大。
また、ビーツ、コーン、サツマイモと、材料に野菜を使うことも注目されており、大衆性を獲得、となるか?

06. 物価&賃料はますますあがる
ワイン、食材の物価の上昇により、外食費も当然高くなる。
飲食業界が頭を抱えるのが人件費と賃料。
理由は解決策にこれ!という決定打はない。ひとつひとつを検証し、それぞれに合ったやり方でやるしかない。

07. インテリアのデザイン性も重要
新しいメニューやとひとり客へのアプローチなど、とかく目の前の注文に目が向かいがちだが、選り意識的にインテリアに取り組むこと大事。


うんうん。
飲食業界視点の、課題を含みつつ、のトピックが並んでいます。
でも、ここではあまり言及されていないけれど、デジタルとどうタグを組んでいくか(それをアナログに落とし込むか、含め)、というのも今やこれなしでは物事は進まない要のひとつだと、私は思っています、私としては。
そのあたりもふれて欲しかったな。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2017年イギリスのフードトレンドを予測する! → http://ricorice.exblog.jp/25358568/
○2017年ロンドンのレストランシーンはこうなる(かも?) → http://ricorice.exblog.jp/25269524/
○食のプロが予想する、2017年イギリスのフードシーンはこうなる! → http://ricorice.exblog.jp/25192988/
○今年、2017年の開業が待たれるロンドンのレストラン30選 → http://ricorice.exblog.jp/25221311/
○2016年のイギリスの食シーンを振り返る → http://ricorice.exblog.jp/25121083/
○ロンドンのフードデリバリー、急成長で発展中! → http://ricorice.exblog.jp/25233403/
○イングリッシュワイン → http://ricorice.exblog.jp/i23/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-21 00:00 | イギリスの食ニュース

e0038047_053584.jpg

2016年11月8日(火)〜18日(金)(日本着は11月19日(土))までイギリスに行ってきました。
この滞在は、10日というとても短い期間だったでアートギャラリーやミュージアムの企画展示をゆっくり観る時間がとれず。。。
せっかく世界のいろんなものが集まっているのに、なかなかに残念なことです。

e0038047_06274.jpgでも、ロンドン滞在最終日、飛行機のオンラインチェックインのおかげもあり(空港到着の時間が1時間以上短縮できる!)、やっとやっと行けました。それは、
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム/Victoria and Albert Museumで開催されていた
You Say You Want a Revolution? Records and Rebels 1966-1970」(2016年9月10日(土)~2017年2月26日(日)。あと少しです!)。

この企画展、日本語を使ってぴたっと短い言葉に当てはめづらい。
1966〜1970年のポップミュージックやファッションなどのユースカルチャーから見た社会の変容を紹介したもので、そのキーワードはRevolution(革命)であり、そこにはいつも象徴的なrecords(音楽)が流れていて、それを担っていたのはrabels(反逆者たち)ってこと。
非常に示唆的なのが、サブタイトルに“How have the finished and unfinished revolutions of the late 1960s changed the way we live today and think about the future? ”とあること。
訳すと“1960年代後半のさまざまな革命(終わってしまったもの、続いているもの含め)はいかに今日の我々の生活を変え、それが未来にどうつながるのか?”といったところでしょうか。
ここで、革命について、終わってしまったもの、続いているものとあるのが肝だなぁと思ったのです。
e0038047_06234.jpg



結果の是非はともかく、Brexit/イギリスのEU離脱、アメリカ合衆国のトランプ政権の誕生もまさにこの革命に含まれると、個人的には思っています。
(日本での報道の大半が、イギリスのEU離脱 = 悪、アメリカ合衆国のトランプ政権 = 悪という大前提で、そればかりに焦点をあてて、あれこれ言っていて、でも結果は出たわけで、であれば、どうしてそうなったのか、これからどうなるのか/どう対応していくのかを検証する方がずっとマトモだと思うのですが。。。
とにかく、イギリスのEU離脱 = 悪、アメリカ合衆国のトランプ政権 = 悪を声高々に、あたかもそれが正論のように言っている風潮には心底うんざり!)
そして、イギリスをはじめヨーロッパでは日常的な交通公共機関のストや、授業料値上げに対する学生デモや、これらのことも、日常の小さな革命だと思っています。


革命が成功する/しないはおいておいて、まずは声を上げる。
その繰り返しが歴史となり、その上で現代の欧米が成立していることを、この企画展ではひしひしと感じざるを得なかったのです。


この企画展、あまりに考えさせられることが多くって、いずれちゃんと綴りたいと思いますが、
展示を見ながら、確信したのは、
“村上春樹はノーベル賞を獲れない”
ってことです。
(日本社会の、いちいちノーベル賞でぎゃあぎゃあ言うのもうざいし、日本人受賞者を不必要なまでに取り上げるのもうざいし、そもそもノーベル賞に限らず、こういう白人社会の権威と呼ばれるものに無条件にへこへこする姿勢が嫌いだ!)

私は1969年生まれなので、この当時の日本にも革命吹き荒れた時代は体験していないし、記憶にもないのですが、日本での革命は革命とならず、結果、無力化と虚無感を植え付け、その空気感のまま今まできているんだ、ってことを否が応でも痛感!

で、ノーベル文学賞って、革命側、実際に革命に身をおくか、もしくは真っ向から反対するか、はおいておいて、どうして革命が起こったか、とか、そこでは何があったのか、とかを、つまり立ち位置はどうあれ、ともかく現場に向かう視点を持っている、切り取るってことが、イコール、社会へのまなざしと捉えられていて、そこに価値を見出しているように思えるのです。(実際のところ、革命どっぷりはNGでしょうし)

で、一方の村上春樹。
私はあまり得意でなく、特に最近の作品は読んでいないのですが、一貫して底辺に感じるのは、
もがいてももがいても、もはやもがくことすら諦めてしまったかのような、自分を取り囲む世界をすっぽり覆ってしまうほどの
“虚無感”
なんですよね〜。

そこには、世の中はこんなもんだから、という諦念。結果、自分のごくごく手の届く範囲、というか。
そこに革命は入ってこない。遠くで革命、革命と声を上げている人がいるなぁ、でも自分には関係ないから、という遠くから見ている視点。

いや、その視点から大きな社会へつながるってことはあるんですよ。
でも、姿勢としては、社会というものに距離をおいている印象。
(なので、なぜ彼が世界で読まれているかというと、社会のなかで疲れちゃってる、なんとなくもやもやしているものを抱えている人がエリアや人種などを超えて多くって、彼らが村上春樹の作品世界に自分を見出し、共感するという構図なんだろうなぁ)

となると、ノーベル賞と相性がいいわけがない。
そう、傍観者には賞はくれてやらない、んです。
あれこれ言われていますが、実のところ、ものすごくシンプルな、そういうことなんじゃないかな、とぼんやり思っていたことが確信に変わった次第。
なので、もし彼がノーベル賞を獲る可能性が出てくるとしたら、無力感とか虚無感をぶち壊す“何か”、それはおそらく理性とか感情では説明のつかないもの、もっと人間の本能的なものであり本質的なもの(それは見たくはないものかもしれない)を描いたときじゃないかな、と思うのです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ 私と村上春樹 → http://ricorice.exblog.jp/22460048/
○ EU 離脱! これがイギリス国民が出した答 → http://ricorice.exblog.jp/24481123/
○ロンドンのクリスマス 2016/Happy Christmas from London 2016 → http://ricorice.exblog.jp/25084190/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-20 12:00 |

e0038047_01393.jpg
ワインメディア“デカンタ/Decanter”の2017年2月14日(火)づけであったのはこんな記事。

2017年世界のワイン祭りガイド
Wine festivals guide: Where to go in 2017
http://www.decanter.com/wine-travel/wine-festivals-guide-where-to-go-288062/


今年、2017年はこんなワインイベントに注目!です。

3月3日(金)〜5日(日)
Colchagua Wine Festival(チリ)

4月1日(土)
Cheltenham Wine Festival(イギリス)

4月28日(金)〜30日(日)
Vineyard to Vintner(カリフォルニア、アメリカ合衆国)

5月13日(土)
Mediterranean & Balkan Fine Wine Encounter(ロンドン、イギリス)

6月29日(木)
La Batalla del Vino(リオハ、スペイン)

7月14日(金)〜16日(日)
Finger Lakes Wine Festival(ニューヨーク、アメリカ合衆国)

9月25日(月)
Feste dell’Uva(キャンティ、イタリア)


セレクトの基準がいまひとつよくわからないのですが、滅多にないチャンス!には間違いないでしょう。
タイミングが合いそうなら、旅行のプランに加えてみてはいかがですか。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ワイン好きなら訪ねたいイギリスのワイナリー5選 →http://ricorice.exblog.jp/24518293/
○旅行がてら訪ねたいイギリスのワイナリー10選 → http://ricorice.exblog.jp/23628198/
○訪ねてみたい! 世界のフードマーケット16選 → http://ricorice.exblog.jp/23486358/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-20 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_024578.jpg
その名前のとおり、コーンウォールの郷土菓子。
一見、コーンウォールとサフランのつながりがピンときませんが、
実は深い関係があるのです。
昔、コーンウォールでは錫鉱が盛んでした。
そのときに、貿易で錫と引き換えにもたらされたのがサフランで、
それはそれは高価なものでしたが(今もそうですね)、
とはいえ、やはり広がりを見せ、コーンウォールで使われるようになったのです。
そのメニューのひとつがこのコーニッシュ・サフラン・ケーキです。

ケーキというものの、イーストを発酵させて作り、お菓子というよりはパンに近いものです。
実際に食べるときは、スライスしてバターを塗って食べるとおいしくいただけます。

このレシピでは、レーズンを使っていますが、サルタナでもカランツでもお好みで。
また、すぐに作れるように牛乳を沸騰させてサフランを入れ、速く抽出させるようにしていますが、
時間があれば、数時間そのままおいて、しっかりサフランの色と風味を出したい。
その場合は、イーストの発酵を促すために、使うときに人肌程度に温め直すといいでしょう。

<材料(12×21.5cmのパウンド型1本分)>
薄力粉……225g
インスタント・ドライイースト……大さじ1/4(小さじ1弱)
グラニュー糖……大さじ2
塩……小さじ1/4
バター……80g
牛乳……150ml
レーズン……80g
ドライミックスフルーツ……20g
サフラン……少々(ふわっと入れて小さじ1/4)
e0038047_031397.jpg


<作り方(調理:25分 発酵:30分 オーブン:30〜40分)>
下準備
*型にバターを塗っておく。
e0038047_033389.jpg


1. 鍋に牛乳を入れ、火にかける。
e0038047_034917.jpg

2. 沸騰したら火をとめ、素早くサフランを入れる。
※ときどき鍋をゆする。
e0038047_044279.jpg

e0038047_042115.jpg

e0038047_04241.jpg

3. 薄力粉と塩を合わせてふるう。インスタント・ドライイーストとグラニュー糖を混ぜる。バターを適当な大きさ(3cm角より小さいとよい)にカットする。
e0038047_053916.jpg

e0038047_052890.jpg

e0038047_051626.jpg

e0038047_05167.jpg

4. フードプロセッサーに3の薄力粉と塩をふるったものとバターを入れ、そぼろ状になるまで回す。
※フードプロセッサーが小さい場合は、適度な量の粉類とバターを回し、その後でフードプロセッサーに入らなかった粉類と合わせる。
e0038047_061066.jpg

e0038047_055620.jpg

5. 4をボウルにあけ、3のインスタント・ドライイーストとグラニュー糖を合わせたもの、レーズン、ドライミックスフルーツを加えて混ぜ、真ん中にくぼみを作る。
e0038047_065035.jpg

e0038047_063974.jpg

e0038047_06282.jpg

6. 5のくぼみに、茶こしでサフランをこしながら、2のサフランを抽出させた牛乳を、茶こしでサフランをとりながら注ぐ。
※牛乳が冷めてしまったら、火にかけ、人肌程度に温める。
e0038047_07460.jpg

7. 生地をこねる。
e0038047_072316.jpg

8. 弾力が出てきて、なめらかになるまで、5分こねる。
e0038047_075562.jpg

e0038047_074135.jpg

9. バターを塗っておいた型に入れ、表面をなるべく平らにならす。
e0038047_082976.jpg

e0038047_08861.jpg

10. 大きいビニール袋に入れ、暖かい場所で30分発酵させる。
※ビニール袋にふわっと入れ、空気が入らないようにする。
e0038047_09733.jpg

e0038047_085011.jpg

11. オーブンを180℃に温める。
12. 10を180℃のオーブンで30〜40分、表面に焼き色がつくまで焼く。
※途中、表面が焦げそうになったら、アルミホイルで覆う。
e0038047_093666.jpg

e0038047_092235.jpg

13. 粗熱がとれたら型から外し、網の上で冷ます。
e0038047_094817.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/ダイレクター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-19 00:00 | イギリス菓子・レシピ

e0038047_063598.jpg

2017年2月上旬、イギリスの経済紙“ファイナンシャル・タイムズ/The Financial Times”にあったのはこんな記事。

ロンドンのパティスリー・ベスト5
Five of the best: London patisseries
https://www.ft.com/content/fb688eea-e74d-11e6-967b-c88452263daf


選ばれたのは以下のお店です。

e0038047_13133694.jpg01. Dominique Ansel Bakery
02. Café Lanka
03. Aux Merveilleux de Fred
04. Aux Pains de Papy
05. Patisserie Saint-Anne


ここに並んだ5軒、タイトルに“パティスリー/patisseries”とあるようにパティスリー。
何のこっちゃ、と思われるかもしれませんが、
このpatisseries(patisseriesはpatisserieの複数形なので後ろにsがつきます)って言葉、英語にズバッと当てはまる言葉がないんですよね。
“ベイカリー/bakery“とか“ベイクショップ/bake shop“という言い方は確かにあるけれど、英語でイメージするこれらの言葉は、(焼きっぱなしの)焼き菓子やパン。
bakeしたもの、それに重きをおく捉え方なので、お菓子もパンも焼いたもの(bakeしたもの)であれば、しっかり守備範囲です。

“ケーキショップ/cake shop“っていうこともあるけれど、
これは“ベイカリー/bakery“とか“ベイクショップ/bake shop“がもう少し広がって、
バタークリームとかをのせたケーキだったり、シュガークラフトを施したものだったり、ってイメージ。

なので、日本でケーキ屋さんって言ったときにパッとイメージするような、また日本語としてもそのまま使われるようになった“パティスリー/patisserie”、果物や生クリームとかできれいにデコレーションした生ケーキ(アントルメ)をメインとするケーキ屋さんって、英語、少なくともイギリスにはその概念がない(なかった)んですよね。
だから、フランス語をそのまま使って、“パティスリー/patisserie”と言うという、そのいいサンプルがこのタイトルです。


実際、ここでピックアップされているのも“パティスリー/patisserie”。
後半の3つは店名からしてフランス語そのままだし、
01の Dominique Ansel Bakeryにしろ、02のCafé Lankaにしろ、フランス菓子がベースだから、ね。

あっ、01のDominique Ansel Bakeryは日本にもお店がある、クロナッツで一躍世界にその名を轟かせたNY発パティスリーです。


こういう言葉の使い方を眺めるだけでも、イギリスの食シーンのあれこれが透けてみえますね〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスで行きたいベイクショップ・ベスト7 → http://ricorice.exblog.jp/25307911/
○ロンドンのかわいいケーキ屋さん・ベスト9 → http://ricorice.exblog.jp/24744359/
○ロンドンのベスト・ベーカリー&ケーキショップ → http://ricorice.exblog.jp/24331357/
○クロナッツ(のようなもの)in London → http://ricorice.exblog.jp/21474143/
○クラミック/cramique@オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド/Aux Merveilleux de Fred(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/21376550/
○お菓子のハイブリッドはつまるところマッシュアップ? → http://ricorice.exblog.jp/21185677/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-18 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_062739.jpg
サードウェーブコーヒーにスペシャルティコーヒー。
家の中やオフィスはともかく外に出ると、コーヒー店の方がぐっと賑やかなロンドン。
現在、カフェというと、この手の厳選したコーヒーと、工夫を凝らした焼き菓子や料理を提供する店というイメージです。

一方で、日本で、たとえば東京・神保町あたりで「さぼうる」「ラドリオ」といった古くから続く喫茶店が健在だったりもして、今のカフェと区別して、レトロカフェと言ったりもします。
このレトロカフェに該当する店が、ロンドンはアールズ・コートに1軒あります。

アールズ・コート駅を東側の出口、アールズ・コート・ストリート側(逆の西側はウォリック・ロード側で、アールズ・コート・エキシビション・センターへの出口です)を出て右折、フラムに向かって歩くこと数分、大きい道、オールド・ブロンプトン・ロードにぶつかったら、この道を右に曲がってワンブロック進んだところ(左手にあるので、道を横断しておいた方がいい)。
ここにあるのは、トルバドゥール/Troubadourというカフェ。
http://www.troubadourlondon.com/
e0038047_065364.jpg


e0038047_0761.jpg
店の外にもテーブルがおかれ、赤いギンガムチェックのテーブルクロスと椅子が、フランスのカフェっぽい(変わっていたらごめんなさい!)
店はもともとは2つ隣り合っていたテナントをくつけたのでしょう。
真ん中にカウンターをはさんで、両側に席が広がっています。
古い鋳物(台所用具でしょうか)やコーヒーポットなどが並び、照明も暗めで、独特のノスタルジックな空気が流れています。
このインテリアを見るだけでも訪ねる価値があります。
e0038047_073833.jpg

e0038047_07232.jpg


朝から夜まで営業していて、それぞれの時間帯で、朝食、昼食、夕食を食べることができます。
フル・イングリッシュブレックファストだったりコック・オ・ヴァンといったクラシカルなフランス料理だったり、奇をてらったものではないけれど、定番ものが用意されています。
食事をとらなくても、コーヒー1杯、ワイン1杯という使い方もでき、先日私が利用したのもまさにそれ。
ちょっとひと休み、コーヒーや紅茶って気分ではなく、とても喉が乾いていたので、プロセッコ(スパークリングワイン)を1杯。
e0038047_08024.jpg



これだけでも十分に今や稀少な存在のカフェなのですが、トルバドゥールトルバドゥールたらしめているのは、ここが文化サロン的な役割を果たしていること。
それもそのはず、トルバドゥールとは“吟遊詩人”という意味で、1954年のオープン以来、ポエトリーリーディングやライブミュージック、映画鑑賞会の場としても使われているのです。
1950年代後半から60年代にかけてのブリティッシュ・フォーク・リバイバルの後押しに、このトルバドゥールは一役買っています。

これまで蒼々たる面々が、ボブ・ディランもポール・サイモンもジミ・ヘンドリックもエルビス・コステロもここでプレイしたことがあります。
今もとほとんど毎日こういったイベントが行われいて、エド・シーランが登場したこともあります。


e0038047_082672.jpg
私がひと休みで訪ねたときは14時過ぎ。
小1時間いたのですが、近くのテーブルでは昼食がてらやって来て、そのあとえんえんと語り論じ続けていた2人のマダムが。
その一方で、ずっと本を読んでいる初老の男性もいたりして、
長居して自分の世界に没頭でき、それをさせてくれるのもトルバドゥールにふさわしいあり方かもしれないなぁ、と感じるのです。


thu 10/11/16


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○店構えがステキ! それだけでも訪問する価値あるロンドンの店41選 → http://ricorice.exblog.jp/24999425/
○「Time Out」によるロンドンのベスト・コーヒースポット&カフェ → http://ricorice.exblog.jp/24362433/
○イギリスのコーヒーシーン・サードウェーブ → http://ricorice.exblog.jp/21922922/
○東ロンドンのかわいいコーヒーショップ18選 → http://ricorice.exblog.jp/24703726/
○今週は、イギリス・コーヒー週間/UK Coffee Weekです! → http://ricorice.exblog.jp/24292592/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-17 00:00 | イギリスのグルメ店レポート

e0038047_0305137.jpg

ピンク・フロイドの空飛ぶ豚のアルバム『アニマルズ』のカバーであまりにも有名。
ロンドンの建造物のひとつ、バターシー・パワーステーションは、現在、再開発まっただ中です。
https://www.batterseapowerstation.co.uk/
(取り壊す前に見学の機会があり、そのタイミングでロンドンにいたことは、とてもラッキーなことでした。 → http://ricorice.exblog.jp/21345239/


パワーステーション、つまり発電所として再オープンではなく、エリア再開発となり、
飲食店ありショップあり、高級住居エリアあり、象徴的だった煙突は展望台として再利用となったり、リバーサイドに広がる一大高級タウンが登場します。
そして、ついに今年、2017年夏、新しいバターシー・パワーステーションの第一弾としてCircus West Villageと呼ばれる区域がオープンします。

で、2月11日(土)に送られてきたニュースレターに貼られていたリンク(↓)
https://batterseapowerstation.co.uk/#!/go/view/app/circus-west
および、ロンドンの飲食メディア“Hot Dinners”の2月7日(火)づけの記事より(↓)、登場する飲食店が明らかにされました。
What restaurants are going in the new Battersea Power Station?
http://www.hot-dinners.com/Gastroblog/Latest-news/battersea-power-station-revamp-gets-vagabond-allens-and-more


こんなお店が登場する模様です。

01. Mother(デンマーク・コペンハーゲン発イタリアンピザ店)
02. Wright Brothers(新進気鋭のシーフード・レストラン)
03. Dodd’s Gin(注目のオーガニック・ジン)
04. Ben’s Canteen(ハンバーガーなどのカジュアルダイニング)
05. Duckroad(ソーホーにあるワインバー、Duckroadの姉妹店)
06. Pedler Cru(日替わりメニューが好評のダイニングスポット)
07. Vagabond(ワインショップ&バー)
08. Allens of Battersea butcher(歴史ある肉屋さん。コース料理も提供)
09. Flour Power City Bakery(オーガニックベーカリー&カフェ)
10. The Coffeeworks Project(豆を買い付け。人気のコーヒーショップ)

11. The General Store(フーディー垂涎のグロッサリーショップ&デリ)
12. No. 29(モダンスタイルのレストランパブ)


チェルシー・ブリッジをわたってすぐ、これらの飲食店を擁するCircus West Villageは、バターシー・パワーステーションでは一番アクセスしやすい(と思われる)区域にあるせいか、スマートカジュアルな飲食店、とはいえ大々的にチェーン展開はしていない、これからの成長株を狙って集めた印象です。
最近のロンドンの注目店は、中心部からやや離れたところにあり、そこまで行かなくてもここに来れば揃っている、といった様相。

e0038047_0262981.jpg
以前のバターシー・パワーステーションの印象があまりに強い私には、景色があまりに変わってしまうことに若干のとまどいがないといえば嘘になりますが、これも時代の流れ。すぐに、いともやすやすとなじんでしまうのでしょう。
これからはリバーサイドのポッシュエリア、バターシー・パワーステーションという認識になるんだろうなぁ。


ところで、冒頭でピンク・フロイドのアルバム『アニマルズ』についてふれましたが、
2017年5月13日(土)より、ロンドンのヴィクトリア&アルバート・ミュージアム/Victoria and Albert Museumで「ピンク・フロイド展」が開催されます。
アニマルズ』カバーのアートワークについても紹介されます。
ピンク・フロイド展」の詳細はこちら(↓)。
https://www.vam.ac.uk/exhibitions/pink-floyd


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○バターシー・パワーステーション/Battersea Power Station公開! → http://ricorice.exblog.jp/21345239/
○サッカー・スタジアムは新しいダイニングスポットとなるか? → http://ricorice.exblog.jp/25312139/
○exゴードン・ラムジィのヘッドシェフ、ノッティング・ヒルに自身の店舗をオープン! → http://ricorice.exblog.jp/25184272/
○ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ → http://ricorice.exblog.jp/25138762/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-16 00:00 | イギリスの食ニュース

e0038047_1202844.jpg
イギリスの大衆紙“The Sun”がすっぱ抜き、それに追随するように大手メディアもこぞって報道したのですが、肝心の制作会社Love Productionもテレビ局Channel 4も発表していないので、当ブログで綴るのはどうかと思ったのですが、とりあえず状況報告ということで。

イギリスのテレビ番組、「The Great British Bake Off」(通称、GBBO)。
腕に覚えのあるアマチュアお菓子作り名人たちがその腕を競い合う番組で、2010年から毎年秋に放送され、シリーズを重ねるごとに高視聴率を叩き出し、イギリスの国民的テレビ番組にして超人気テレビ番組です。
(2016年の“シリーズ7”についてはこちらを → http://ricorice.exblog.jp/24770639/

が、が、制作費の問題などで1年ぐらい交渉が行われていまして、BBCでの放送は昨年2016年が最後。
今年2017年からは、テレビ局をChannel 4に移して放送されます(制作会社は同じ)。

この後、司会の2人、メル・ギェドロイツ/Mel Giedroycとスー・パーキンス/Sue Perkins、そしてジャッジのひとりであるメアリー・ベリー/Mary Berryが降板を発表。
出演者として番組に残るはもうひとりのジャッジ、ポール・ハリウッド/Paul Hollywoodのみに。

となると、気になるのが後継者。
それをすっぱ抜いたのが“The Sun”だったというわけです。
メアリー・ベリーを引き継ぐジャッジに、プリュ・リース/Prue Leithに決まったとか(なんとか)。
プリュ・リースは、イギリスの飲食業界の重鎮で、フードライターであり、レストラン経営者であり、そしてロンドンきっての料理学校、Leiths School of Food and Wine(私も渡英のたびにお世話になっていて、拙著『イギリス菓子図鑑』を蔵書に加えていただいています → http://ricorice.exblog.jp/24434241/)の創設者という人物で、メディアでもおなじみ。

2017年2月13日(月)の“The Sun”報道を皮切りに、
各メディアは以下のように伝えています。

The Sunの記事2本
Prue Leith to replace Mary Berry as judge on The Great British Bake Off
https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/2857481/prue-leith-to-replace-mary-berry-as-judge-on-the-great-british-bake-off/


The Great British Bake Off soon to start filming but who will judge with Paul Hollywood?
https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/2713713/great-british-bake-off-2017/


London Evening Standardの記事
Prue Leith tipped as Great British Bake Off's ‘new Mary Berry’ on Channel 4
http://www.standard.co.uk/stayingin/tvfilm/great-british-bake-off-prue-leith-tipped-as-channel-4s-new-mary-berry-a3466106.html


Daily Telegraghの記事
Prue Leith 'to take over from Mary Berry' on Great British Bake Off
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/02/14/prue-leith-take-mary-berry-great-british-bake/


The Guardianの記事2本
Judging Great British Bake Off would be my dream, says Prue Leith
https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2017/feb/14/prue-leith-to-replace-mary-berry-on-great-british-bake-off-reports?CMP=share_btn_fb


Prue Leith: can the culinary legend fill Mary Berry’s boots on Bake Off?
https://www.theguardian.com/tv-and-radio/shortcuts/2017/feb/14/prue-leith-can-culinary-legend-fill-mary-berry-boots-bake-off?CMP=share_btn_fb


Woman and Homeの記事
Mary Berry’s Bake Off Replacement Is A Strong Choice
http://www.womanandhome.com/news-and-entertainment/541383/mary-berry-replacement-pru-leith-bake-off?utm_campaign=womanandhome&utm_source=facebook&utm_medium=social

BBCの記事
Prue Leith hopeful after Bake Off audition
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-38966663



さてさてどうなることやら。
正式に新しいジャッジ、および司会が発表されたら、改めて当ブログでお知らせします。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○「The Great British Bake Off」シリーズ7最終回の視聴者が過去最高を記録! → http://ricorice.exblog.jp/24770639/
○「The Great British Bake Off」シリーズ7終了! → http://ricorice.exblog.jp/24755233/
○「The Great British Bake Off」がBBCからC4へ → http://ricorice.exblog.jp/24656475/
○「The Great British Bake Off」シリーズ7始まる! → http://ricorice.exblog.jp/24612081/
○著書『イギリス菓子図鑑』をロンドンの料理学校においていただきました → http://ricorice.exblog.jp/24434241/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-15 12:00 | イギリスの食ニュース

e0038047_031153.jpg
2016年1月30日(金)づけのイギリスの新聞「Daily Telegragh」にあったこんな記事。

2017年イギリスのフードトレンドを予測する!
Tacos, turmeric, the latest tech and more: a taste of 2017's food trends
http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/features/tacos-turmeric-latest-tech-taste-2017s-food-trends/


こんなものが今年2017年、流行るかもしれません。

<食べ物/Hipster to high street: going from niche to mainstream in 2017>
01. 枝豆ヌードル/Edamame noodles
02. 生ターメリック/Fresh turmeric root
03. ポキ/Poké
04. 紅茶キノコ/Kombucha

<外食シーン/Look out for..>
01. メイン野菜(肉の代替として)/Hero vegetables
02. 炎で料理/Cooking over fire
03. 麹、糀/Koji
04. シリア料理/Syrian food
05. マーブル模様/Marbling
06. イタリア料理の隆盛/Italian renaissance
07. タコス/Tacos
08. 1970代テイスト/Tongue-in-cheek Seventies
09. 野菜ヨーグルト/Savoury yogurts

<お酒/The new booze>
01. ミード(蜂蜜酒)/Mead
02. フリッツァンテ(ピニョレットを使った微発泡性白ワイン。プロセッコよりも泡立ちが強い)/Pignoletto
03. マスティハ(マスティハという木の樹液を材料にしたギリシャのリキュール)/Mastiha
04. シェリーを使ったカクテル/Sherry cocktails

<テクノロジー/Food tech: a raft of innovations will help busy foodies in 2017>
01. フードデリバリー/Restaurant ordering apps
02. マイカップでコーヒー料金を支払い/Quick-pay coffee cups
03. デジタル・キッチン用品/‘Smart’ kitchen gadgets


すでにその兆しがあるものも少なくなく、こういうのおもしろいですね〜。
とはいえ、箇条書きだけだとわかりづらいかも。。。
オリジナル記事には、さくっと説明がありますので、気になる方はあたってみてください(↓)。
http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/features/tacos-turmeric-latest-tech-taste-2017s-food-trends/


個人的には<テクノロジー>のカテゴリーが一番興味深い。
実際に利用する/しないはおいておいて、こうやって文字になっているのを眺めると、知らず知らずのうちに生活のなかにす〜っと入ってきてなじんでしまったものもあったりして、世の中の動きや変化をはっきりと体感できるんですよね〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2017年ロンドンのレストランシーンはこうなる(かも?) → http://ricorice.exblog.jp/25269524/
○食のプロが予想する、2017年イギリスのフードシーンはこうなる! → http://ricorice.exblog.jp/25192988/
○今年、2017年の開業が待たれるロンドンのレストラン30選 → http://ricorice.exblog.jp/25221311/
○2016年のイギリスの食シーンを振り返る → http://ricorice.exblog.jp/25121083/
○ロンドンで紅茶キノコを楽しむなら → http://ricorice.exblog.jp/24521543/
○イギリスの新聞「The Guardian」が選ぶ2016年のベスト・フードブック20選 → http://ricorice.exblog.jp/25106290/
○ロンドンのフードデリバリー、急成長で発展中! → http://ricorice.exblog.jp/25233403/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-15 00:00 | イギリスの食ニュース

e0038047_13115414.jpg
カップルたちのロマンティックな日、といえばヴァレンタイン・デイ。
そんなわけで、2017年2月3日(金)づけのロンドンの経済紙“City A.M.”にあったのはこんな記事。

ヴァレンタイン・デイに奮発して食べたい、ロンドンの看板メニュー7選
Plan ahead for Valentines day and book yourself a table: The restaurants that serve London's poshest dishes
http://www.cityam.com/258391/plan-ahead-valentines-day-and-book-yourself-table?utm_source=dlvr.it&utm_medium=dvTwitter


選ばれたのは以下の7つのメニューです。

01. ビーフ・ウェリントン/Beef Wellington@The Ritz Restaurant
02. キャビア・オムレツ/Caviar Omelette@The Wolseley
03. チキン・パイ/The chicken pie@Bob Bob Ricard
04. ロースト・チキン/The roast chicken@Hélène Darroze at The Connaught
05. ミート・フルーツ/Meat fruit@Dinner by Heston Blumenthal
06. ロブスター・テルミドール・タート/Lobster thermidor tart@Holborn Dining Room
07. デザート・プレート/Dessert platter@Roka


おなじみの看板メニューがずらずらずら。
私が試したいのは、03のBob Bob Ricardのチキン・パイ。
チキン・パイってイギリスのカジュアルな料理ってイメージだけれど、ここのはまず見目麗しい!
ここでピックアップされたほかのメニューもそうですが、よく知られるメニューをファインダニングが手がけるとこうなるのか!みたいなお手本が並んだような印象です。

このオリジナル記事は、ヴァレンタイン・デイ向けですが、別段ヴァレンタイン特別メニューではないので、ロマンティックな食事を考えていらっしゃる向きはご参考までに。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのスタイリッシュなレストラン・ベスト9 → http://ricorice.exblog.jp/24951738/
○インテリアが素敵! ロンドンのレストラン・ベスト7 → http://ricorice.exblog.jp/24851870/
○ロンドンのロマンティックなレストラン・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/24131281/
○ロンドン&イギリスのロマンティックなレストラン → http://ricorice.exblog.jp/22798045/
○ロンドンのロマンティックなレストラン → http://ricorice.exblog.jp/21683230/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

# by ricoricex | 2017-02-14 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)