イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧



2015年1月9日(金)づけのロンドンの情報メディア、Time Outで以下の記事がありました。
ロンドンのガストロパブ・ベスト22
London's best gastropubs
http://www.timeout.com/london/restaurants/londons-best-gastropubs

選ばれたお店を見てみましょう。
1行目は店名、2行目は予算の目安です(一部ないところあり)。

01. Anchor & Hope(サウスバンク)
予算:££

02. Hibiscus(メイフェア)
予算:££££

03. The Gun(ドックランズ)
予算:££

04. Jugged Hare(バービカン)
予算:££

05. Lady Ottoline(ホルボーン)
予算:£££

06. Old Red Cow(スミスフィールド)
予算:££

07. Bull & Last(ケンティッシュ・タウン)
予算:££

08. Horseshoe(ハムステッド)
予算:££

09. Princess of Shoreditch(オールド・ストリート)
予算:££

10. Norfolk Arms(ブルームズベリー)
予算:££

11. Gowlett(ペッカム)
予算:£

12. Harwood Arms(フラム)
予算:££

13. The Crabtree(ハマースミス)
予算:££

14. Railway Tavern(ダルストン)
予算:££

15. Princess Victoria(シェパーズ・ブッシュ)
予算:££

16. Culpeper(ブリック・レイン)
予算:££

17. Canton Arms(ストックウェル)
予算:££

18. Pig & Butcher(イズリントン)
予算:££

19. Cow(ウェストボーン・パーク)
予算:££

20. Prince(ストーク・ニューイントン)
予算:£££

21. King & Co(クラパム)

22. Stein's(リッチモンド)
予算:£

エリアをばらけさせて、それぞれからピックアップした印象です。
ガストロパブという選択肢はすっかり当たり前になりましたね。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスのガストロパブ・トップ50 → http://ricorice.exblog.jp/22843076/
○料理のおいしいパブ・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/21302225/
○ガストロパブのスターシェフ、トム・ケリッジへの一問一答 → http://ricorice.exblog.jp/21360524/



ワガママ海外旅行

直前OK&格安!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-30 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

広島アンデルセン


世の中においしいものはいっぱいあって、う〜むと唸るような感動があったり、はっと脳天を割られるような驚きがあったり。
そういうのって、もっともっと、と言葉を替えれば、とかくオブセッシブな方向へ行きがちなのですが、それとは別に体になじんだ味というのがあって、ダウン・トゥ・アースというのかなぁ、食べると戻ってきたなぁと思えるもの。
系列のタカキベーカリーやリトルマーメイドで育った私にとって、アンデルセンはそんなお店です。

2週間ほど前、たまたま広島に行く機会に恵まれ、とはいえさほど自由な時間があったわけではなく、かろうじてランチに広島アンデルセンに行くことができました。
バタバタだったため、写真はなし。

場所は、市内中心部のアーケード街の一画。
通りに面してカフェがあり、人々が談笑しながら食事をしたりお茶を飲んでいる様子がうかがえます。
お店は角に位置するため、入り口は2カ所。おばさまスタッフが扉を開けて中に招き入れてくれます。
入って右手にカフェ、右奥にパンコーナー、左手にお花屋さん、ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートブティック。
パンだけでなく、焼き菓子やデリ、ワインやチーズも揃えていて、見ているだけで楽しい。
パンは大きな石窯が陳列スペースの奥に見られ、焼き上がったものが次々と並べられます。
ワインは、私がずっと注視していた自社ワインもあったのですが(アンデルセンは広島の中国山地に農場をもち、小麦などの農作物の栽培をはじめ、ワイン造りも行っています)、荷物を持ち歩くことができず泣く泣く断念。
レジのところにあった瀬戸内の柑橘類を使ったクグロフもおいしそうだったなぁ。。。

食事スペースは2階にあり、ちょっと高級なフードコートといった趣。
サンドイッチ、デリ、ピザ&パスタ、中国料理、デザート、ドリンクなどのセクションに分かれていて、それぞれのところで好きなものをオーダーしてテーブル席で食べるというもの。
ここが通常のフードコートと違うのは個々に支払いをするのでなく、まずはエスカレーターをあがってすぐの受付けで個人番号を出してもらい、それを各セクションで見せてオーダーし、最後にまとめて会計するというシステム。
システムをよく理解していなくって、先にメニューをオーダーしたのですが、スタッフの方が気をきかせてよろしく取りはからってくださいました(笑)。

広島に来たのは14年ぶりです。
今住んでいる福岡からも、実家のある山口からも近いのに、なかなか行くことができませんでした。
街は変わったような変わってないような。
外国人観光客が多いのは相変わらずですね(人口比率では日本でもトップクラスの多さだと思います)。

1年ほど前だったか、この広島アンデルセンの建物が取り壊されるのでは、というニュースを見ました。そのあと、これは!とうかがう機会を狙っていてやっとの機会がこの日でした。
広島アンデルセンの建物は、1925年、三井銀行広島支店として新築されたルネッサンス様式の建物。アーチ窓を配した重厚な外壁、天窓から外光が差し込む吹き抜けの周囲に中2階の回廊を有し、1945年に被爆したものの生き残り、1967年に広島アンデルセンとして生まれ変わったのです。
記事の内容からどうやら耐震補強のため、ということは理解したのですが、果たして本当に取り壊される方向で進んでいるのか、お店の方にうかがいました。
結果は、どうやら未定のようです。
ただ、どの方向であれ、耐震補強工事は来年2016年に行うことは決定していて、そのため、取り壊しになるかも?の記事が先走りしてしまったとのこと。
おそらく、の前提で、建物は取り壊しにはならない可能性が高いかも、と。
とはいえ残すにしても耐震補強工事は行うわけだし、新しく建物を作るにしても、現在の店舗での通常営業は来年早い時期までとのことでした。
(現在の地で縮小営業になるのか、移転営業になるかは不明)

そのスタッフの方曰く、全国からその件の問い合わせや実際にやって来る人も多いそうです。
この方、とても感じのいいおばさまで、店内のスタッフの方の平均年齢は高め。客層も高め。
例えが適切かどうかわかりませんが、モスバーガーが積極的に高齢者の方を雇用していて、マニュアルとは違ったほっこりするサービスだったりするでしょ、あれに近い。
ただ、広島アンデルセンの場合は、それとは違って、年齢でいうと50代と思われる方をよく見かけ、年取ってからではなく、若い頃に入社なさって長年ずっと働いてこられたんだろうなぁと思われます。

ちなみに3階はショップ&イベントスペース、4〜6階はパーティフロアです。
単にパンにとどまらず、お花屋さんがあることが象徴的なのですが、パンのある暮らし全体をボトムアップしたいという強い思いがうかがえます。
こういう信念が文化になるわけだし、こういうお店がある街って幸せだなぁ、とつくづく感じました。
次はちゃんと時間を作って来ようと思います。

wed 14/04/15


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○アンデルセン → http://ricorice.exblog.jp/21098895/



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2015-04-29 00:00 | 店レポート(日本)

2015年2月23日(月)づけのロンドンの情報メディア、Time Outにあったのは以下の記事。
「Time Out」によるロンドンの安くて旨い店・ベスト100
The 100 best cheap eats in London
http://www.timeout.com/london/food-drink/londons-best-cheap-eats

選ばれたお店は以下の通りです。
1行目は店名、かっこの中はジャンル、そしてエリア、2行目は予算または値段、3行目以降はおすすめメニューです(一部例外あり)。

e0038047_121023.jpg01. Borough Market(ストリートフード/サザーク)
値段:持ち帰り5〜8ポンド
5ポンド以下のおすすめメニュー: chorizo sandwich@Brindisa 3.75ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: toasted cheese sandwich@Kappacasein 6ポンド

02. Dosa n Chutny(インド/トゥーティング)
予算: 約18ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: special masala dosai 3.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: the South Indian set meal 5.50ポンド

03. Gökyüzü(中東/ハリンガイ)
予算: 約37ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: the small mixed meze starter 8.50ポンド(2人分)
おすすめメニュー: the daily stew 7.50ポンド

04. Koya(日本料理/ソーホー)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: plain atsu-atsu 6.90ポンド

05. Herman ze German(ドイツ/チャイナタウン)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: atwurst in a roll 4.45ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: sausage and a salad 5.75ポンド

06. Apollo Banana Leaf(アジア/トゥーティング)
予算: 約20ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: masala dosai 3.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: seafood string-hopper fry 6.50ポンド

07. Mangal Ocakbasi(中東/ダルストン)
予算: 約35ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
おすすめメニュー: main course kebabs 10ポンド

08. Ethos(ベジタリアン/ソーホー)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: 200g of couscous pesto with cherry tomatoes
7ポンド以下のおすすめメニュー: seitan barbecue ‘ribs’ with clementine and cabbage salad

09. Ariana II(アフガニスタン/キルバーン)
予算: 約33ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: kabuli palow with kofta kebab 7ポンド

10. Kanada-Ya(ラーメン/コヴェント・ガーデン)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

11. Jen Café(フィッシュ&チップス/チャイナタウン)
予算: 約25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: Beijing dumplings 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: won ton soup 6ポンド

12. Malletti(イタリア/ソーホー)
※閉店

13. Verden(ワインバー/クラプトン)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: pork loin cured in-house 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: meat board 13ポンド(2人分)

14. Snaps & Rye(デンマーク/ウェストボーン・パーク)
予算: 約30ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
おすすめメニュー: smoked eel smørrebrød 9ポンド

15. Hook Camden Town(フィッシュ&チップス/カムデン)
予算: 約35ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)

16. Heron(タイ/エッジウェア・ロード)
予算: 約40ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: minced pork omelette with steamed rice 6.50ポンド

17. Brixton Market (ストリートフード/ブリクストン)
値段: 持ち帰り4〜8ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: veggie fritter@Honest Burgers 7ポンド

18. E Pellicci(ブリティッシュ/ベスナル・グリーン)
予算: 約20ポンド(2人分、ホットドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: liver and bacon ciabatta 4.80ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: Pellicci’s full English breakfast 5.50ポンド

19. Poppies(フィッシュ&チップス/スピタルフィールズ)
予算: 約36ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: quarter chicken and chips with gravy 6.90ポンド

20. Meza(レバノン/トゥーティング)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

21. Hummus Bros(インターナショナル/ソーホー)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: houmous with chunky beef 6.70ポンド

22. Smack Deli(アメリカ/メイフェア)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: lobster chowder 4.80ポンド

23. Lahore Kebab House(パキスタン/ホワイトチャペル)
予算: 約25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー:methi chicken 7ポンド

24. Snackistan at Persepolis(イラン/ペッカム)
予算: 約18ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: a filled wrap 3.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: large meze platter 5ポンド

25. Shoryu Ramen(ラーメン/セント・ジェームズ)
予算: 約40ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: shoryu genki don(a rice and barbecue pork dish) 6.90ポンド

26. Daddy Donkey(メキシコ/ファーリンドン)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: Daddy D burrito with shredded beef 6.50ポンド

27. Fields(カフェ/クラパム)
予算: 約30ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: Poached eggs on wood-fired sourdough 5.50ポンド

e0038047_12192674.jpg28. Yalla Yalla(レバノン/ソーホー)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: sautéed chicken livers with pomegranate molasses 4.25ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: makalé samak(deep-fried squid, whitebait and tiger prawns with chilli minted yoghurt dip) 6.75ポンド

29. Kerb(ストリートフード/キングス・クロス&セント・パンクラス)
値段: 5〜8ポンド
5ポンド以下のおすすめメニュー: tapas of braised ibérico pork cheek with butter-bean purée and herb oil@the Donostia Social Club 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: Korean burritos@Kimchinary 6ポンド

30. Ippudo(ラーメン/コヴェント・ガーデン)
予算: 約33ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)

31. Franks Canteen(カフェ/ハイバリー)
予算: 約28ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: bacon or sausage sandwich 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: egg on toast with chives 5.50ポンド

32. Mongolian Grill(中国/クラパム)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

33. Song Que(ベトナム/ハガーストン)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

34. Battersea Pie(ブリティッシュ/コヴェント・ガーデン)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

35. Shilpa(インド/ハマースミス)
予算: 約40ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: cheera parippu thalichathu(lentil and spinach curry cooked with mustard seeds and curry leaves) 4ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: Kerala fish curry 6.50ポンド

36. Galicia(スペイン/ウェストボーン・パーク)
予算: 約34ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: apas of bacalao(fried salt cod) 4ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: tapas of pincho moruno(grilled meat in garlic and pimento) 5.50ポンド

37. Indian YMCA(インド/フィッツロヴィア)
予算: 約15ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: lamb curry 3.50ポンド、tandoori chicken 3.70ポンド
※料理はすべて5ポンド以下

e0038047_1221146.jpg38. Princi(イタリア/ソーホー)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: croissant with pancetta and scrambled eggs 4.60ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: pizza marinara 6.50ポンド

39. Kerbisher & Malt(ブリティッシュ/ハマースミス)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: fish finger butty 4ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: fillet of matzo-breaded pollock, no chips 6.70ポンド

40. Café East(ベトナム/サリー・キーズ)
予算: 約25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)

41. Mosob(エリトリア/ウェストボーン・パーク)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

42. Mien Tay(ベトナム/ハガーストン)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: rice vermicelli with stir-fried beef, chilli and lemongrass 6.80ポンド

43. Big Apple Hot Dogs(ホットドッグ/キングス・クロス&セント・パンクラス)
値段: ホットドッグ4ポンド〜
5ポンド以下のおすすめメニュー: The Frank Jr 4ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: The Big Pole 7ポンド

44. Chicken Shop(鶏料理/トゥーティング)
予算: 約40ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: a quarter of grilled chicken 5ポンド

45. Ngon(ベトナム/チスウィック)
予算: 約25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: shredded duck banh mi 4.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: bun bo hue(spicy beef noodle soup with pork sausage) 6.95ポンド

46. New Asian Tandoori Centre(インド/サウソール)
予算: 約28ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: masala baingan(aubergine) 4.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: chicken methi 7ポンド

47. City Càphê(ベトナム/シティ)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: classic pork banh mi 4.25ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: beef pho 6.75ポンド

48. Hala(中東/ハリンガイ)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: a small kofte kebab 7ポンド

49. Masa(中東/ミドルセックス)
予算: 約30ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: aushak(dumplings with a spicy leek filling, topped with yoghurt and minced meat) 5.95ポンド

50. Café TPT(中国/チャイナタウン)
予算: 約28ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: prawn dumpling noodle soup 6.50ポンド




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-28 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

51. Sufi(イラン/シェパーズ・ブッシュ)
予算: 約30ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)

52. Stein's(パブ/リッチモンド)
予算: 約32ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: Würstchen mit Semmel(sausage in a roll) 4.10ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: Goulascheintopf mit Semmel(a bowl of Bavarian goulash stew with a roll) 6.10ポンド

53. Arancini Factory(イタリア/ケンティッシュ・タウン)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: poached egg on toast 4.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: ancini with hot veg stew 7ポンド

54. Le Rif(モロッコ/フィンズベリー・パーク)
予算: 約20ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: fish tagine with vegetables 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: royal couscous 6ポンド

e0038047_12242334.jpg55. Books for Cooks(カフェ/ラドブローク・グローブ)
値段: セットランチ(2コース)5ポンド、(3コース)7ポンド
5ポンド以下のおすすめメニュー: roasted cauliflower soup, then mushroom and chestnut bourguignon 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: beetroot and date dip, then Persian lamb, followed by cake 7ポンド

56. Square Pie(ブリティッシュ/スピタルフィールズ)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: macaroni cheese 4.69ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: classic pie with double mash 6.99ポンド

57. Meze Mangal(トルコ/ルイシャム)
予算: 約40ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: kiymali pide(minced lamb, tomatoes and green peppers on pide bread) 6.50ポンド

58. Ealing Road(ストリートフード/ウェンブリー)
予算: 12~25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: mini thali@Asher’s Africana 3.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: pau bhaji@Sakonis (steamed veg in spicy tomato sauce, with hot buttered pau bread) 5.75ポンド

59. DF Mexico(メキシコ/スピタルフィールズ)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: crumbed cod torta with red slaw and chipotle mayo 6.95ポンド

60. Mama Lan(中国/ブリクストン)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: wood-ear mushroom, spinach and vermicelli dumplings 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: king prawn and water-chestnut dumplings 6.50ポンド

61. Pull'd(アメリカ/シティ)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: small wrap or sandwich 4.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: regular wrap or sandwich 6.45ポンド

62. 19 Numara Bos Cirrik I(中東/ダルストン)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: lahmacun ‘Turkish pizza’ 2ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: mixed meze 12.50ポンド(2人分)

63. Jerk City(カリブ/ソーホー)
予算: 約30ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)

64. Miss Chu(ベトナム/ホワイトチャペル)
※閉店

65. Lanzhou Noodle Bar(中国/レスター・スクエア)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: la mian noodle soup with vegetables 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: dao xiao mian noodle soup with sliced beef 6.90ポンド

66. Beyrouths(レバノン/バラム)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

67. Exmouth Market(ストリートフード/クラーケンウェル)
予算: 持ち帰りランチ5~8ポンド
5ポンド以下のおすすめメニュー: lamb kebab with Turkish salad, couscous, bread and own-made yoghurt@Moro 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: vegetarian thali (two curries with rice and sauces)@Gujarati Rasoi 5.50ポンド

68. Brockley Market(ストリートフード/ルイシャム)
予算: 持ち帰り4.50~7.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: a wrap of mackerel fillet with pickled forced rhubarb@Mike & Ollie 7ポンド

69. Sagar(インド/アルドウイッチ)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: idli 4.65ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: masala dosai 6.95ポンド

70. Maoz Vegetarian(ベジタリアン/チャイナタウン)
予算: 約19ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: falafel in pitta or a box 6.60ポンド

71. Lucky 7(アメリカ/ウェストボーン・パーク)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: classic hamburger 6.95ポンド

72. Te Amo(レバノン/ケンティッシュ・タウン)
予算: 約20ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: mixed shawarma lamb and chicken wrap 4.80ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: mixed meze 14ポンド(2人分)

73. Silk Road(中国/カンバーウェル)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: Xinjiang-style noodles in soup 4.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: special cooked lamb with noodles 6.50ポンド

74. Hornbeam Café(カフェ/ウォルサムストウ)
予算: 約20ポンド(2人分、ホットドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: mushroom, chestnut and lentil soup with fresh bread 3.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: onion focaccia with chard and potato pie and salad 5ポンド

75. Bibimbap(韓国/ソーホー)
予算: 約28ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: spicy rice cake 4.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: beef bool-go-gi 6.95ポンド

76. Kêu(ストリートフード/ソーホー)
予算: 約25ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
おすすめメニュー: Classic’ banh mi 7.10ポンド

77. Vantra Vitao(ベジタリアン/ソーホー)
予算: 約30ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: up to 277g of any food
7ポンド以下のおすすめメニュー: up to 388g of any food

78. Café Below(ブリティッシュ/シティ)
予算: ランチ約30ポンド、ディナー約45ポンド(各2人分、飲み物とサービス料込み)

79. Mother Mash(ブリティッシュ/ソーホー)
予算: 約27ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: sticky sausage and sweet potato salad 6.95ポンド
e0038047_12245679.jpg
80. Berwick Street Market(ストリートフード/ソーホー)
予算: 持ち帰り5~8ポンド
5ポンド以下のおすすめメニュー: takeaway box@Savage Salads 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: an Original (spicy cheeseburger)@Tongue ’n’ Cheek 6.50ポンド

81. Baozi Inn(中国/チャイナタウン)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
おすすめメニュー: Chengdu dan dan noodles 7.80ポンド

82. Delhi Grill(インド/イズリントン)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: a snack of samosa chat 3.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: the lunchtime deal of chicken karahi with tarka dal and rice (レギュラー)6ポンド、(大)7ポンド

83. Gold Mine(中国/ベイズウォーター)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: roasted duck rice 6.80ポンド

84. Food for Thought(ベジタリアン/コヴェント・ガーデン)
予算: 約20ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: quiche 4.30ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: spiced Jamaican stew with coconut and tomato sauce 5.30ポンド
※2015年6月に閉店

85. Jubo(韓国/オールド・ストリート)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: three Korean Fried Chicken strips 5ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: two steamed pork buns 6.50ポンド

86. La Polenteria(イタリア/チャイナタウン)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: Sicilian caponata 7ポンド

87. Koshari Street(エジプト/レスター・スクエア)
予算: 約17ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: small pot of koshari 3ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: large pot of koshari 6.50ポンド

88. Abu Zaad(シリア/シェパーズ・ブッシュ)
予算: 約32ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: kibbeh labanyeh (minced lamb with yoghurt and tarragon) 6.75ポンド

89. Canton(中国/チャイナタウン)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: hredded pork and preserved pickled vegetable handmade soup noodles 7ポンド

90. Four Seasons(中国/チャイナタウン)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: barbecued meat on rice 6.80ポンド

91. Zeytoon(中東/クリックルウッド)
予算: 約35ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: chelow kebab with grilled tomatoes and rice 6.95ポンド

92. Clutch(鶏料理/ハガーストン)
予算: 約38ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)

93. Stockpot(ブリティッシュ/レスター・スクエア)
予算: 約20ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: spaghetti napoli 4.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: smoked salmon and avocado salad 6.95ポンド

94. Regency Café(カフェ/ピムリコ)
予算: 約16ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: liver, bacon, chips and peas 4.85ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: lasagne al forno 5.10ポンド

95. Mario's Café(カフェ/ケンティッシュ・タウン)
予算: 約18ポンド(2人分、ホットドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: sausage, egg, bacon and tomato 4ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: orecchiette with fresh ricotta, tomato and basil 5.20ポンド

96. Counter Café(カフェ/オリンピック・パーク)
予算: 約25ポンド(2人分、ホットドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: bacon focaccia with egg and Counter relish 4.50ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: homemade pie with side salad 6ポンド

97. 101 Thai Kitchen(タイ/ハマースミス)
予算: 約35ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: a bowl of classic tom yum soup 4.95ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: beef pad grapow, stir-fried with chilli, garlic, green beans and holy basil 6.95ポンド

98. Tonkotsu East(日本料理/Tonkotsu East)
予算: 約36ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
7ポンド以下のおすすめメニュー: pork gyoza 5.75ポンド

99. Beatroot(ベジタリアン/ソーホー)
予算: 約18ポンド(2人分、ソフトドリンクとサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: small bean hotpot of the day with Greek salad 4.70ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: medium moussaka with dilled coleslaw 6.20ポンド

100. Longji(中国料理/ソーホー)
予算: 約25ポンド(2人分、飲み物とサービス料込み)
5ポンド以下のおすすめメニュー: prawn dumplings 3.60ポンド
7ポンド以下のおすすめメニュー: hawker soup noodles 6.20ポンド

安くて旨い店セレクションは当ブログで人気の高いテーマのひとつです。
イギリス、特にロンドンは外食が高い(実は日本が安過ぎる気がするのですが。。。)ので、こういったリアルフードの情報が重宝されるもかもしれません。
これから本格化するGWをはじめ、出かけられる方をご参考にどうぞ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○シェフがすすめるお手軽アジアン in ロンドン → http://ricorice.exblog.jp/22863075/
○「BuzzFeed」が選ぶストリートフード・ベスト21 → http://ricorice.exblog.jp/22825447/
○「BuzzFeed」が選ぶ安ウマ・ベスト21 → http://ricorice.exblog.jp/22800185/
○ロンドンの安ウマな食べ物13選→ http://ricorice.exblog.jp/22591044/
○イギリスのストリートフード大賞2014 → http://ricorice.exblog.jp/22487813/
○ロンドンのストリートフード5選 → http://ricorice.exblog.jp/22187324/
○ロンドンのストリートフード・マーケット5選 → http://ricorice.exblog.jp/22013325/
○ファストフィースト・アウォーズ2014 → http://ricorice.exblog.jp/21997670/
○ロンドンの安くて旨い店 → http://ricorice.exblog.jp/21728612/
○ストリートフード@リアルフードマーケット・アット・ザ・サウスバンクセンター → http://ricorice.exblog.jp/22560842/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-27 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_1522180.jpg
イギリスでポピュラーなサラダのひとつ。
鶏肉を使ったマイルドなカレー味のサラダです。
でも、これがなぜ戴冠(式)を意味するコロネーションの名前が付いているかって?
それは、1963年、現エリザベス女王が即位した際のパーティで供されたから。
カレー風味というのは、インドをはじめ多くの国々を植民地としていたイギリスだからです。

e0038047_15225033.jpg鶏ムネ肉は、このレシピでは電子レンジに回しましたが、蒸してもゆでてもOK。
電子レンジに回したあとでスープが出ますが、うまきがあるので、スープやリゾットなどのダシとして使ってください。

やや面倒かもしれませんが、乾煎りしたアーモンドスライスは必須です。
香ばしい風味と歯応えで、これがあるとなしとでは、仕上がりの締まり方はまったく異なります。
コロネーション・チキンはほんのり甘さがあるのが特徴。
レーズンや干しアンズを加えたり、マンゴーチャツネを入れたりします。
このレシピではアプリコットジャムを使いました。

また、なるべくシンプルに、をモットーしとしているので紹介しているのはごく基本のレシピですが、
ほんの少しトマトピュレやウスターソースを加えたり、サニーレタスを下に敷いてもきれいです。
私が好きなのは、刻んだコリアンダーを少し加えること。
よりエキゾティックな味わいになります。

料理の一品としてはもちろん、サンドイッチの具材にも便利。
食パン、マフィン、チャパタ、フォカッチャによく合います。

<材料(4人分)>
鶏ムネ肉……1枚(250~300g)
白ワイン……大さじ1
セロリ……1本
マヨネーズ……大さじ1 1/2
無糖ヨーグルト……大さじ1 1/2
カレー粉……小さじ1
アプリコットジャム……小さじ1
レモン汁……小さじ1
アーモンドスライス……大さじ1
塩・コショウ……適量
e0038047_15443248.jpg


<作り方(調理:45分)>
1. 鶏ムネ肉は皮を外し、耐熱皿におき、フォークで数カ所穴をあける。
e0038047_15472168.jpg

e0038047_15464925.jpg

e0038047_15461357.jpg

e0038047_15454318.jpg

2. 白ワインをふり、軽くラップをして、電子レンジに約4分かける。
※鶏ムネ肉はなるべく平らにしておく。
e0038047_15484726.jpg

e0038047_15482666.jpg

e0038047_15475447.jpg

3. 鶏ムネ肉を取り出し、ひっくり返してラップをし、さらに約3分電子レンジにかける。
e0038047_15503918.jpg

e0038047_15501598.jpg

e0038047_15494591.jpg

e0038047_15491884.jpg

4. アーモンドスライスをフライパンで乾煎りにする。
e0038047_15512611.jpg

e0038047_1551329.jpg

5. セロリは葉と筋をとって、薄く切る。葉2~3枚は飾り用にみじん切りにする。
e0038047_15544720.jpg

e0038047_15541571.jpg

e0038047_15534532.jpg

e0038047_15531658.jpg

e0038047_15523730.jpg

e0038047_1552825.jpg

6. 3の鶏ムネ肉を手でさく。
e0038047_15564143.jpg

e0038047_15561232.jpg

e0038047_15554124.jpg

e0038047_15551580.jpg




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-26 00:02 | イギリス菓子・レシピ

7. ボウルにマヨネーズ、無糖ヨーグルト、カレー粉、アプリコットジャム、レモン汁、塩・コショウをふり、混ぜ合わせる。
e0038047_0251262.jpg

e0038047_0244534.jpg

e0038047_0242061.jpg

8. 7に5の薄く切ったセロリ、6の鶏ムネ肉、4の乾煎りにしたアーモンドスライスを加え、混ぜ合わせる。
e0038047_0264467.jpg

e0038047_0261656.jpg

e0038047_0254940.jpg

9. 器に盛り、5の粗みじん切りにしたセロリの葉を散らす。
e0038047_0282853.jpg

e0038047_0275566.jpg

e0038047_0271673.jpg




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-26 00:00 | イギリス菓子・レシピ

おもしろい!
2015年4月15日(水)づけの、イギリスの新聞The Independentにこんな記事がありました。
イギリス人が心地よさを感じる事柄・トップ50
Study reveals top 50 things that make people in Britain feel 'great'
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/study-reveals-top-50-things-that-make-people-in-britain-feel-great--and-they-are-mostly-free-10178763.html

5000人を対象にした調査で、その結果は以下の通りです。

e0038047_11364326.jpg01. ベッドメイキングしたばかりのベッドの寝ること – 62%
  Sleeping in a freshly made bed
02. 顔に太陽の光を感じること – 57%
  Feeling the sun on your face
03. 見ず知らずの人に感謝されること - 53%
  Being thanked, or a random act of kindness from a stranger
04. 思いもよらない場所でお金を見つけたとき – 52%
  Finding money in unexpected places
05. 自分自身のための時間を持つこと – 48%
  Having time to yourself
06. お腹がよじれるほど笑ったとき – 48%
  Laughing so hard it hurts
07. 愛する者とソファでくつろぐとき – 44%
  Snuggling on the sofa with a loved one
e0038047_1139302.jpg08. 焼き立てのパンの匂い – 43%
  Smelling freshly made bread
09. 人のために何かをすること - 43%
  Doing something for others
10. シャワーを浴びてさっぱりしたとき – 42%
  Feeling clean after a shower

11. ラジオから好きな歌が流れてきたとき – 42%
  Your favourite song coming on the radio
12. バーゲンで掘り出しモノを見つけたとき – 41%
  Finding a bargain in the sales
13. 部屋の中で雨や雷の音をきくとき - 40%
  Listening to rainfall/thunderstorms when indoors
e0038047_11481264.jpg14. 淹れたての紅茶やコーヒーを飲むとき – 39%
  Drinking freshly brewed tea or coffee
15. 何かを成し遂げたとき – 38%
  The thrill of personal achievement at work or completing a physical challenge
16. 温かいお風呂にゆっくり浸かること – 36%
  Having a long, hot bath
17. 雪が積もったのを見たとき – 34%
  Seeing a fresh coating of snow
18. 刈りたての芝の匂い – 34%
  The smell of freshly cut grass
e0038047_11555338.jpg19. 口の中でチョコレートがとけるのを感じるとき - 33%
  Chocolate melting in your mouth
20. 屋外で過ごすとき(自転車に乗ったり、走ったり、田舎を歩いたり) – 32%
  Doing something active outdoors like a bike ride, run or country walk

21. 朝、ベーコンを焼くとき – 32%
  Cooking bacon in the morning
e0038047_12181340.jpg22. ペットと話したり遊んだりするとき – 30%
  Talking to or playing with your pet
23. マッサージを受けること - 30%
  A soothing massage
24. 金曜日の気分 – 30%
  That ‘Friday feeling’
25. 完璧に焼かれたステーキを食べること– 29%
  Eating a perfectly cooked steak
26. 目覚まし時計が鳴る前に目が覚め、二度寝できるほど時間がたっぷりあるとき – 28%
  Waking up before the alarm and realising there’s more time to sleep
27. 体を動かすこと – 24%
  Exercising
28. 虹を見たとき – 23%
  Seeing a rainbow
29. 忘れていたはずの人や物の名前を思い出したとき- 23%
  Remembering the name of someone or something you thought you’d forgotten
e0038047_1218361.jpg30. ケーキやパイがうまく焼けたとき – 23%
  Baking a perfect cake or pie

31. 落ち葉の上を歩いたときにかさかさした音がすること – 21%
  Stepping on crunchy autumn leaves
32. プチプチ(梱包材)をつぶすとき – 20%
  Popping bubble wrap
33. 海や湖で泳ぐこと - 20%
  Swimming in the sea or lake
34. 新車の匂い – 20%
  The smell of a new car
35. 人目を気にしないで踊るとき – 19%
  Dancing like no one’s watching
36. 新しい本や雑誌の匂い – 19%
  The smell of new books or magazines
e0038047_127415.jpg37. 上質なワインの香り – 16%
  The smell of a fine wine
38. 休暇の前に留守電をセットするとき – 15%
  Setting your ‘out of office’ message before going on holiday
39. 新しい靴下を履くとき- 14%
  Putting on a brand new pair of socks
40. 寒い日に吐く息が白いとき – 12%
  Watching your breath float away in cold air

41. 新しい文房具を買ったとき – 11%
  Getting new stationery
42. シャワーを浴びながら歌うこと – 11%
  Singing in the shower
43. バスや列車、地下鉄で席があいていたとき - 11%
  Getting a seat on the bus, train or Tube
44. むきやすいオレンジに当たったとき – 9%
  Picking an orange from the fruit bowl that is easy to peel
45. 食後にジーンズをゆるめるとき – 9%
  Loosening your jeans after eating
e0038047_12174060.jpg46. ジャムの瓶をポンと開けるとき – 9%
  The ‘pop’ when opening a new jar of jam
47. 吹き出物をつぶすこと – 8%
  Squeezing a spot
48. 耳をきれいにすること – 8%
  Cleaning your ears
49. 浴室を掃除すること - 6%
  Cleaning the bathroom
50. 王室のことを思うとき – 4%
  Thinking about the Royal family


納得!もあれば、へぇ〜ってこともありますねぇ。
こういうのって国民性というよりも個人的な側面の方が強い気がします。

果たして自分は何だろう、って思ったら、“08. 焼き立てのパンの匂い”や“淹れたての紅茶やコーヒーを飲むとき(私の場合は圧倒的にコーヒーです)”“36. 新しい本や雑誌の匂い” “47. かさぶたをつぶすこと” 48. 耳をきれいにすること”はおおいに共感。
“37. 上質なワインの香り”がありますが、私は、ワインというよりもリキュールのスーズ、嗅いだときの匂いよりも口に含んだときに鼻腔を抜ける匂いが大好きで、夏草の匂いだなぁと思い、南仏気分で満たされるんですよね。
同様なものにエルダーフラワーがあり、こっちはイギリスの田舎の爽やかな初夏の香り。
ワインのブドウ品種でソーヴィニヨン・ブランが圧倒的に好きなのは、スーズやエルダーフラワーの共通した匂いがとれるからなんですよねぇ。
ディオールのディオリッシモも5月だなぁと感じます。ボディショップのANANYA(今も売ってるのかな?)は、春の花々を思い起こさせるし。
ラルフローレンの男性用香水は好きなものがいくつかあり、とりわけsafariがお気に入り。一時期、自分でも使っていたけれど、自分の体臭とでは理想の香りで持続せず、断念。
safariをまとっていた男性がいたであろう香り香が残っていることがあると、ものすごおおおく得した気分になります。
仕事柄、香水は控えることが多いので、憧憬みたいなのもあるかもしれません。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○アメリカが考えるイギリスに倣うべき29の事柄 → http://ricorice.exblog.jp/22874027/
○イギリス人の好きなブランド・嫌いなブランド → http://ricorice.exblog.jp/22869055/
○アメリカ人にはわかるまい。 → http://ricorice.exblog.jp/21564573/
○イギリス人が誤解しているイギリスのこと・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/20792026/
○イギリスの新しいクラス(階級)システム → http://ricorice.exblog.jp/20098425/


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-25 00:00 | イギリス社会

イギリスの女性誌「Stylist」のウェブサイトに以下の記事がありました
イギリスでおすすめのベジタリアン・レストラン・ベスト29
30 must-visit vegetarian restaurants
http://www.stylist.co.uk/life/recipes/30-must-visit-vegetarian-restaurants

選ばれたのは、以下の29軒です(順不同)。

01. Mildreds(ロンドン)
http://www.mildreds.co.uk/

02. Vitao(ロンドン)
http://vantra.co.uk/

e0038047_03397.jpg03. Rasa(ロンドン)
http://www.rasarestaurants.com/

04. Woodlands Restaurant(ロンドン)
http://www.woodlandsrestaurant.co.uk/

05. inSpiral Café(ロンドン)
http://www.inspiral.co/

06. Shayona Restaurant(ロンドン)
http://www.shayonarestaurants.com/

07. Vanilla Black(ロンドン)
http://www.vanillablack.co.uk/

08. The Gate(ロンドン)
http://thegaterestaurants.com/

09. Tibits(ロンドン)
http://www.tibits.ch/

10. Ms. Cupcake(ロンドン)
http://www.mscupcake.co.uk/

11. Amico Bio(ロンドン)
http://www.amicobio.co.uk/

12. 222 Veggie Vegan(ロンドン)
http://www.222veggievegan.com/

13. Green Note(ロンドン)
http://www.greennote.co.uk/

14. Manna(ロンドン)
https://www.facebook.com/pages/manna-restaurant/39025664131

15. Riverside Vegetaria(キングストン・アポン・テムズ)
http://riversidevegetaria.co.uk/

16. Terre à Terre(ブライトン)
http://www.terreaterre.co.uk/

17. Food For Friends(ブライトン)
http://www.foodforfriends.com/

18. Cranks(デヴォン)
http://www.cranks.co.uk/gb

19. Rainbow Café(ケンブリッジ)
http://www.rainbowcafe.co.uk/

20. Crocus Café(ノッティンガム)
http://www.crocuscafe.com/

21. Woodruffs Organic Café(グロスタシャー)
http://www.woodruffsorganiccafe.co.uk/

22. Summersault(ラグビー)
http://www.summersault.ltd.uk/

23. Warehouse Café(バーミンガム)
http://www.thewarehousecafe.com/

24. The 8th Day(マンチェスター)
http://8thday.coop/

25. Greens(マンチェスター)
http://www.greensdidsbury.co.uk/

26. Bistro 1847(マンチェスター)
http://www.by1847.com/

27. Hansa's(リーズ)
http://hansasrestaurant.com/

28. Dandelion & Burdock(ウエスト・ヨークシャー)
http://www.dandelionandburdockrestaurant.com/

29. David Bann(エディンバラ)
http://www.davidbann.com/


オリジナル記事には30軒あったのですが、1軒は閉店したため29軒と相成りました。
私自身はベジタリアンではないのですが、ヘビーな食事が続くと自然と体が野菜を欲します。
そんなときの指南にしてもいいのかも。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのヘルシーレストラン&バー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22789643/
○自家菜園で収穫したものを提供しているイギリスのレストラン5選 → http://ricorice.exblog.jp/21672257/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-24 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

本日、4月23日はイングランドの守護聖人、聖ジョージの日です(ちなみに、スコットランドの聖人聖アンドリューの日、セント・アンドリュース・デイは11月30日、ウェールズの聖人聖デイヴィッド日、セント・デイヴィッド・デイは3月1日、アイルランドの聖人、聖パトリックの日、セント・パトリック・デイは3月17日です)。
e0038047_0363614.jpg

この4月23日のセント・ジョージ・デイはスペイン・カタルーニャ地方では、サン・ジョルディの日となり、日本では書店関係が本を贈る日として展開しています。
聖ジョージは英語での呼び名で、聖ゲオルギオスといった方がいいかもしれません。イングランドのみならず、カタルーニャ、ハンガリー、ジョージア(グルジア)、モスクワ、ヨルダンやシリアでも祝日となっています。ただし日にちは地域によってことなります。
イングランドのセント・ジョージ・デイは休日ではありません。
かつて、宗教上重要な日と位置づけられていましたが衰退。ただし、近年、イングランドではセント・ジョージ・デイを重要な日に位置づけようとする動きもあるようです。

そんなわけで当ブログでご紹介しているイングランドのレシピを集めてみました。

e0038047_0365892.jpgアーノルド・ベネット・オムレツ【Omelette Arnold Bennett】
http://ricorice.exblog.jp/13641062/

イートン・メス【Eton Mess】
http://ricorice.exblog.jp/17730765/

イングリッシュ・マフィン【English Muffins】
http://ricorice.exblog.jp/22108854/

e0038047_0372168.jpgギフォード・マンシェット【Guildford Manchets】
http://ricorice.exblog.jp/22362665/

クレーム・アングレーズ【Crème Anglaise】
http://ricorice.exblog.jp/17982421/

サフォーク・ラスク【Suffolk Rusks】
http://ricorice.exblog.jp/17226959/

e0038047_0374159.jpgサリー・ラン【Sally Lunn】
http://ricorice.exblog.jp/21186327/

シュルーズベリー・ビスケット【Shrewsbury Biscuits】
http://ricorice.exblog.jp/17839980/

シラバブ【Syllabub】
http://ricorice.exblog.jp/9558891/

e0038047_0375726.jpgシンギン・ヒニー【Singin' Hinny】
http://ricorice.exblog.jp/9805473/

セント・クレメント・ムース【St. Clement Mousse】
http://ricorice.exblog.jp/21686555/

チェルシー・バンズ【Chelsea Buns】
http://ricorice.exblog.jp/14105584/

e0038047_0381487.jpgバックス・フィズ【Buck's Fizz】
http://ricorice.exblog.jp/21475159/

バーント・クリーム【Burnt Cream】
http://ricorice.exblog.jp/22607825/

ベイクウェル・タート【Bakewell Tart】
http://ricorice.exblog.jp/22911131/

e0038047_0383184.jpgホット・クロス・バンズ【Hot Cross Buns】
http://ricorice.exblog.jp/17664948/

ヨークシャー・プディング【Yorkshire Puddings】
http://ricorice.exblog.jp/22662604/



〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○セント・デイヴィッド・デイ → http://ricorice.exblog.jp/22838181/
○本日はセント・パトリック・デイということで → http://ricorice.exblog.jp/22881401/
○本日はバーンズ・ナイトということで → http://ricorice.exblog.jp/22754508/


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-23 00:00 | 記念日&週間

チョコレートにお酒を使ったものは、いかにもアルコールを含んでいます!というものが少なくないのですが、これは別。
いわれなければ、スパークリングワインが使用されているとわからないのではないでしょうか。
e0038047_082246.jpg

この“Sparkling Wine Truffles”は、“Chapel Down & Artisan du Chocolat”と併記してあるとおり、イギリスを代表するワイナリーのチャペルダウン/Chapel Downと、同じくイギリスを代表するチョコレートショップ、アルティザン・デュ・ショコラ/Artisan du Chocolatがタグを組んだ一品。
手づくりのチョコレートトリュフが16粒入っていて、重量は160g。11.99ポンド。ギフトにもぴったりです。
e0038047_085243.jpg

チョコレートトリュフは2層になっており、Chapel Downのスパークリングワインとミルクチョコレートを合わせたソフトでなめらかなチョコレートを、コロンビア産のきりっとしたダークチョコレートが覆っています。
口の中に入れて、パリッと外のダークチョコレートを歯で砕くと、中からマイルドなチョコレートが出て来て、これらが口の中で混じり合う感触は、幸福感を運んでくれます。
スパークリングワインを感じるか、というとそれは??? ごくごくほのかなアルコール感が口の中を覆う程度です。
e0038047_0931100.jpg

e0038047_1475225.jpgスパークリングワイン(シャンパーニュ)のトリュフで知られるものに、シャルボネル・エ・ウォーカー/Charbonnel et Walkerの“Pink Marc de Champagne Truffles”があり、こちらは華やかさがありシャンパーニュの原料であるブドウのフレイヴァーがやや前面に出た感じ。“Chapel Down & L'Artisan du Chocolat Sparkling Wine Truffles”の方が端整な佇まいで、私自身の好みとしては、チョコレート感がより強いこともあり、後者です。
おっと驚く仕掛けや、う〜む、これは!と唸る味わいがあるわけではないのですが、しっとりと落ち着いていてじたばたしたところがないので、プレゼントをする際に贈る人を選ばないのではないでしょうか。

スパークリングワイン入りとはいえ、スパークリングワインに合うわけではありません。
かといってお茶の時間に食べるって性格のものでもなく。
私はもっぱら、濃いめに落としたコーヒーと一緒に夕食の締めに1粒食べます。ばくばく食べるタイプではないので、1粒もしくは2粒で十分です。

私は、ワイナリーのチャペルダウンで買い求めましたが、もちろんチョコレートショップのアルティザン・デュ・ショコラでも扱っていました。

sun 21/09/14


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○チョコレート! チョコレート! チョコレート! → http://ricorice.exblog.jp/21663835/
○よいチョコレートの見分け方 → http://ricorice.exblog.jp/21271797/
○イギリス・チョコレート週間2014 → http://ricorice.exblog.jp/22474529/
○イギリス・チョコレート週間2013 → http://ricorice.exblog.jp/21210198/
○ゴージャスなチョコレートバー・ベスト10 → http://ricorice.exblog.jp/21549056/
○イギリス人はチョコレートがお好き → http://ricorice.exblog.jp/19663452/
○チョコレート【Chocolate】 → http://ricorice.exblog.jp/5417190/
○ロンドンでホットチョコレートが楽しめる店・ベスト11 → http://ricorice.exblog.jp/22637470/
○買ったもの ~食べもの 01~ → http://ricorice.exblog.jp/19367273/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-22 00:00 | 買ったもの