イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧



イギリスのファッション誌、stylistのウェブサイトに
2014年7月16日(水)づけでこんな記事がありました。
2014年夏のフードトレンド
Ultimate Experiences for the Food Lover in 2014
http://www.stylist.co.uk/life/recipes/ultimate-experiences-for-the-food-lover-in-2014#image-rotator-1

選ばれたのは以下のものです。

01. カクテル@Artesian (ロンドン)
02. 歌うピザ職人@Pizzeria & Canti Prosecco Bar, Harrods(ロンドン)
03. ドーナッツ@Crosstown Doughnuts(ロンドン)
04. コールドブルー@各取り扱い店(ロンドン)
05. グリルドチーズ・サンドイッチ@Sager + Wilde(ロンドン)
06. アートギャラリーとレストランのコラボ@Roth Bar & Grill(サマセット)
07. 野草を食べる@The Foxhunter(モンマスシャー、ウェールズ)
08. 高級フライドキチン@Clutch(ロンドン)
09. 個室で週替わりメニュー@The Dining Club(ロンドン)
10. 食前酒の最新形@Kamm & Sons

11. 人気イタリア料理店が期間限定でピッツェリアをオープン@Locadeli(ロンドン)
12. ハイドパークのThe Magazineに屋外スペースが誕生@The Magazine(ロンドン)
13. カスタマイズ・マグナム@Selfridges(ロンドン)
14. アトランタスタイルBBQ@各地(ロンドン)

新店や新メニューから、期間限定のものまでのトピックスが紹介されています。
オリジナル記事にはサマリーがついていますので、
気になる方はチェックしてみてください。
個人的に気になるのは、13.のカスタマイズ・マグナム。
マグナムはイギリスをはじめヨーロッパやアジアなどで販売されているアイスクリームで、
日本でいえば、パルムのような準高級アイスクリームといったところ。
マグナム誕生25周年を記念して、
ロンドンのデパート、Selfridges/セルフリッジにて、
2014年6月30日〜8月30日の期間限定で、コンセプトストアがオープン。
そこで、自分好みにマグナムをデコレーションできるというわけです。
なかなか楽しそうだな〜。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-31 00:00 | イギリスの食ニュース

今週末、8月3日(日)14:00から、福岡県太宰府市にある
イエノコト」住宅展示場で「普段着のイギリス菓子案内」を開催します。
e0038047_015353.jpg

第1回“ティーバッグで楽しむイギリスの紅茶”
第2回“モダン?正統?アフタヌーンティー”
第3回“Teaってお茶?食事? イギリスのTeaって何?”
第4回“新しいカップケーキ、懐かしいカップケーキ”
に引き続き、5回目の今回は、
“イギリスの冷たいお菓子”についてお届けします。
伝統的な定番デザートから、昨今増えている冷菓専門店まで
幅広くお伝えしたいと思います。
もちろん、実際に召し上がっていただくスイーツもご用意します。
(写真は前回の様子。内容についてはこちら(↓))
 http://ricorice.exblog.jp/22071333/

「普段着のイギリス菓子案内」
第5回“イギリスの冷たいお菓子”
日   時:8月3日(日)14:00~16:00
講座参加費:3000円(お菓子付き)
場   所:イエノコト  

福岡県太宰府市通古賀5-2-3

http://ienokoto.jp/
☆西鉄天神大牟田線都府楼前駅より400m

☆駐車場も完備しております。
申 込 み:chattex@yahoo.co.jp
(メールか下記FBイベントでお申し込みください)
https://www.facebook.com/events/1535709419990187/

お待ちしております!



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-30 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

ドーセットの温暖な気候は、羊の成育にも影響する。
すくすくと育つので、ほかのエリアよりも若いラムが市場に登場するのはそのためだ。
なかでも、ドーセット・ホーンはよく知られるドーセットを原産とする羊の種のひとつで、
やわらかい肉質とふわふわの羊毛が特徴である。

この地方では、ラムの尾はパイに用いられるのが伝統。
たとえば、ドーセット・ラム・クランブルはローストラムの余りをおいしく食べるのに有効だ。
ロング・パドル・ラムは、ウスターソースと一緒に煮込むキャセロール料理で、
料理名にも使われている“パドル/Puddle”という言葉、
パドルタウン/Puddletownやトルパドル/Tolpuddleなど、
ドーセットの村の名前でしばしば認めることができる。
これはこの州を流れるピドル川によるもの。
“パドル/Puddle”が“ピドル/Piddle”と言葉が若干違うのは、
ヴィクトリア朝時代にこの“ピドル/Piddle”という言葉が
おしっこの意味で用いられることが多かったことから、
“パドル/Puddle”に変えたという歴史があるためだ。
とはいえ、元の“ピドル/Piddle”の名を残している場所がないわけではない。
ピドルヒンドン/Piddlehintonやピドルトレントハイド/Piddletrenthideがそれである。
料理名にも使われており、その名もピドン・ベーコン・ケーキ。
ヴィクトリア朝時代にはいったん、パドン・ベーコン・ケーキとしたものの、
元に戻した珍しい例である。

ドーセットの内陸では、牛の育成も盛んである。
この地における牛肉の伝統的な食べ方は、ドーセット・ジャグド・ステーキ。
ステーキとはいうものの、ポート(ワイン)を使った牛肉とミートボールの煮込み料理で、
お祭りが町にやって来るときに作られた。
煮込んでおいて、最後にミートボールを加えればOKという代物で、
帰りの時間を気にしなくてもいいところが重宝されたようである。
ビーフ・オリーブは古いレシピで、
スライスした牛肉で具材を包む料理。
スワネージ鉄道の「Wine and Dine」イベントで提供されることもある。

シカ肉も昔から食べられて来た。
ひところはあまり見られなくなったが、
現在では再び、日常的にお目にかかるようになった。
シカ肉はキャセロールやソーセージの具材として使われることが多い。

これまでいくどとなくソーセージが出て来たが、
ドーセット・ソーセージと呼ぶ場合には注意が必要である。
なぜなら、ソーセージというものの、その実態はミートローフだからだ。
ドーセット・ソーセージは前日に作っておき、スライスしてピクニックに持参したり、
トーストにのせて前菜として食したり、
サラダと一緒にディナーで供したりするのに適している。
(・・続 く・・)

**********
前回までの“イギリスの地方料理 ドーセット 01&02”はこちら(↓)
イギリスの地方料理 ドーセット 01 http://ricorice.exblog.jp/22181386/
イギリスの地方料理 ドーセット 02 http://ricorice.exblog.jp/22207514/

これまでの、“イギリスの地方料理 ロンドン
イギリスの地方料理 バークシャー
イギリスの地方料理 バッキンガムシャー、ベッドフォードシャー、ハートフォードシャー
イギリスの地方料理 サリー
イギリスの地方料理 ケント
イギリスの地方料理 イースト・アングリア
イギリスの地方料理 サセックス
イギリスの地方料理 ハンプシャー&ワイト島
イギリスの地方料理 ケンブリッジシャー
イギリスの地方料理 ウィルトシャー
はこちら(↓)
http://ricorice.exblog.jp/i28/



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-30 00:00 | イギリスの地方料理

ロンドンの情報メディア、 time out
ロンドンの屋外スペースのあるパブ
London's best beer gardens
http://www.timeout.com/london/bars-pubs/londons-best-beer-gardens

という記事がありました。
選ばれたパブは以下の通りです。
    
<ロンドン北部>
Canonbury
The Albion
Alwyne Castle
Earl of Essex
The Edinboro Castle
Faltering Fullback
Garden Gate
Junction Tavern
Stag
White Hart

<ロンドン南部>
The Castle
Avalon
County Arms
Crown & Greyhound
Devonshire
Dolphin
Florence
Grand Union
Guildford Arms
Rosendale
Ship

<ロンドン東部>
People's Park Tavern
Nags Head
Prospect of Whitby
Scolt Head
Water Poet
Crate Brewery
Crooked Billet

<ロンドン西部>
Aragon House
Crabtree
Eagle
Drayton Court
Old Ship
Phene
Stein's
Swan
White Horse
White Swan

先日、当ブログでアップした
晴れた日に行きたいロンドンのパブ8選
http://ricorice.exblog.jp/22129723/

と併せて読んでいただくといいかもしれません。

にしても、このこちらのオリジナル記事のタイトル、
London's best beer gardens
となっており、つまり“ロンドンのベスト・ビアガーデン”。
でも、これだと大いなる誤解を招くので
“ロンドンの屋外スペースのあるパブ”とした次第です。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2014-07-29 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

昨日、2014年7月27日(日)
東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeさんで開催した
“サマー☆ペティアンナイト 自然派微発砲ワインの夕べ”
無事終了しました。
e0038047_11113088.jpg
e0038047_1110527.jpg
e0038047_11103212.jpg

お越しくださったみなさま、ご連絡をくださったみなさま、
そしてkirin store店主さん、ありがとうございました!
香りと味のギャップが大きいものが多く(いい意味で)、かつ、いろいろ試す楽しさ
宵のゆるゆるペティアン、一番楽しんだのも私かも!
クセになりそうです。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-28 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_041033.jpg近年、随分と良質なコーヒーショップが
増えた感のあるロンドン。
折りにふれ、特集も組まれています。
そんな中、2014年6月28日(土)づけの
イギリスの新聞、the guardian
ウェブサイトにあったのは以下の記事。
読者が選ぶロンドンのコーヒーショップ・トップ10
10 of the best coffee shops in London: readers' tips
http://www.theguardian.com/travel/2014/jun/30/london-best-coffee-shops-readers-tips


選ばれた10軒は以下の通りです。
1位以外は順不同、かっこの中はエリアです。

01. The Attendant(フィッツロヴィア)

<ロンドン中心部>
02. Brill(エクスマウス・マーケット、クラーケンウェル)
03. Alchemy Coffee(ブラックフライヤーズ)
04. 2 LOVE Tea and Coffee House(ランベス)

<ロンドン北部>
05. The Haberdashery(クラウチ・エンド)
06. The Wet Fish Café(ウエスト・ハムステッド)

<ロンドン南部>
07. Arlo and Moe(クロフトン・パーク、ブロックリー)
08. Lerryn's(ペッカム)

<ロンドン東部>
09. Climpson and Sons(ハックニー)
10. Violet Cakes(ハックニー
)

全体に日常的に使える心地よさ重視かな、という印象で、
中には、今どきのリアルなカフ、といった佇まいのお店も入っています。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2014-07-28 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

本日、2014年7月27日(日)16:00~、
東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeさんで、
“サマー☆ペティアンナイト 自然派微発砲ワインの夕べ”開催!
日仏伊の優しい口あたりと味わいの自然派微発泡ワイン(ペティアン)各種を取り揃え。
お得なテイスティングコース(3種類、5種類、10種類)もありますよ、
ワインに合わせたモダンブリティッシュフードもご用意します。
今回は少量ずつ多種類を楽しんでいただけるラインナップにしています
(フード5種類、中東風パン、デザート)。
夏の宵の口を、優しい泡と一緒に楽しみましょう!
みなさまのお越しをお待ちしております!

<<サマー☆ペティアンナイト@Kirin Store>>
時間:7月27日(日)16:00~
場所:日用品&ワイン喫茶Kirin Store 
東京都品川区西中延2-11-12 ハイツ中延1F
https://www.facebook.com/kirinstore



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-27 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

イギリスの国民食といえば、チキン・ティカ・マサラは外せない一品。
カレーは、200年以上前にロンドンに初めてカレー屋ができて以来、成長を続け、
すっかりイギリスの生活に定着しました。
ですので、先日、当ブログで2回にわたってご紹介したように(↓)
http://ricorice.exblog.jp/22170111/
http://ricorice.exblog.jp/22167271/
今年のナショナル・レストラン・アウォーズでトップに輝いたのが
高級インディアンレストランであったのは、なんら不思議ではないのかもしれません。

このインディアンレストランの快挙を受けて、
2014年6月10日(火)付けのイギリスの新聞、daily telegraghのウェブサイトにあったのは、
イギリスのカレー屋・トップ20
Britain's top 20 curry houses
http://www.telegraph.co.uk/foodanddrink/10938098/Britains-top-20-curry-houses.html

という記事。
選ばれた20軒を以下にご紹介します。(順不同)

01. Gymkhana(ロンドン)
予算:£££

02. Prithvi Restaurant(チェルトナム)
予算:££

03. Everest Spice Nepalese and Indian Restaurant(エプソム)
予算:££

04. New Lahore(ニューポート)
予算:£

05. Shampan at The Spinning Wheel(ケント)
予算:££

06. Malabar(ロンドン)
予算:£

07. The Viceroy(カンブリア)
予算:££

08. Benares(ロンドン)
予算:£££

09. The Radhuni(ミッドロージアン)
予算:££

10. Myristica(ブリストル
)
予算:£££

11. Chez Mumtaj(ハートフォードシャー)
予算:£££

12. Quilon(ロンドン)
予算:£££

13. Chak 89(ミッチャム)
予算:££

14. Babur(ロンドン)
予算:£££

15. Trishna(ロンドン)
予算:££££

16. Amaya(ロンドン)
予算:££££

17. Haweli Indian Restaurant(レディング)
予算:££

18. Rasoi(ロンドン)
予算:££££

19. Tamarind(ロンドン)
予算:£££

20. The Cinnamon Club(ロンドン
)
予算:£££

予算を見ていただいても分かるように、ポッシュでモダン、洗練されたお店が多い。
それだけ、一口にカレー屋といっても、
カジュアルからハイエンドまでヴァリエーション豊かなことを、改めて実感。
個々のお店の簡単な説明などについては、オリジナル記事でご確認くださいね。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2014-07-26 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

今週末、2014年7月27日(日)16:00~、
東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeさんで、
“サマー☆ペティアンナイト 自然派微発砲ワインの夕べ”開催!
日仏伊の優しい口あたりと味わいの自然派微発泡ワイン(ペティアン)各種を取り揃え。
お得なテイスティングコース(3種類、5種類、10種類)もありますよ。
ワインに合わせたモダンブリティッシュフードもご用意します。
今回は少量ずつ多種類を楽しんでいただけるラインナップにしています
(一例:中東発イギリス経由のスパイス香るパン。暑いので(?)、いいかな〜、と)。
夏の宵の口を、優しい泡とともに楽しみましょう!
みなさまのお越しをお待ちしております!

<<サマー☆ペティアンナイト@Kirin Store>>
時間:7月27日(日)16:00~
場所:日用品&ワイン喫茶Kirin Store 
東京都品川区西中延2-11-12 ハイツ中延1F
https://www.facebook.com/kirinstore



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-07-25 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

今年、BBC2からBBC1に移ってシリーズ5を迎えるテレビ番組“The Great British Bake Off
(どんな番組かについてはこちらを → http://ricorice.exblog.jp/21235932/)。
(ちなみにイギリス英語の場合は、シーズンではなくシリーズとなります、念のため)

e0038047_02344100.jpgThe Great British Bake Off”シリーズ5は
2014年8月6日(水)20:00からのスタートで、
それに先駆け、プロモーション企画も
いろいろ出てきました。
そのひとつ、2014年7月20日(日)づけの
イギリスの新聞、the observerにあったのは、
この番組の審査員である
メアリー・ベリーポール・ハリウッド
過去のシリーズから好きなレシピを選ぶ、というもの。
題して、
メアリー・ベリーとポール・ハリウッドの好きなお菓子
Paul and Mary's favourite Bake Off recipes
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/jul/20/mary-berry-paul-hollywood-favourite-recipes-great-british-bake-off

選ばれたのは以下のお菓子です(かっこの中は、そのお菓子が登場したシリーズとテーマ)。

メアリー・ベリー
フレジエ/Fraisier(シリーズ3、テクニカルチャレンジ)
チョコレート・ルラード/Chocolate Roulade(シリーズ2、テクニカルチャレンジ)
コーヒーとクルミのバッテンバーグケーキCoffee and Walnut Battenburg(シリーズ2、テクニカルチャレンジ)
タルト・オ・シトロン/Tarte au Citron(シリーズ2、テクニカルチャレンジ)

ポール・ハリウッド
オリーブ・スティックパン/Olive Breadsticks(シリーズ4、シグネイチャーチャレンジ)
カマンベールとマルメロの平パン/Camembert and Quince Flatbread(シリーズ3、シグネイチャーチャレンジ)
アイスド・フィンガー/Iced Fingers(シリーズ2、テクニカルチャレンジ)
ウズラの卵入りポークパイ/Pork Pies with Quail's Eggs(シリーズ2、テクニカルチャレンジ)

メアリー・ベリーはケーキ類を、ポール・ハリウッドはパン&食事パイからのセレクトです
(当記事のタイトルは便宜上、ケーキとしていますが、
 オリジナル記事のタイトルにはBakeとあるようにパンも食事パイも含むのです)。
メアリー・ベリーが選んだもののひとつに、チョコレート・ルラードがあり、
私もこの類のケーキを粉なしチョコレート・ケーキとして
レシピ紹介していて、本当においしい。
ただ、生地がやわらかいので、巻くとどうしても割れ目が入っちゃうんですよ
(ルラードとはロールケーキのこと)。
なんで、私の場合はスライスして重ねる方法をとっています
(レシピはこちら → http://ricorice.exblog.jp/21241540/)。

e0038047_0253312.jpgオリジナル記事には、これらのレシピも掲載されています。
また、“The Great British Bake Off”からは何冊も本が出ており、
出典元も記してあります。

ほかにも今シリーズの “The Great British Bake Off”放映に向けて、
番組予告をはじめ、いろいろな記事がアップされていますので、
興味のある方は、以下のリンクからのぞいてみてください。

BBC One - Meet the bakers...
https://www.facebook.com/photo.php?v=790568024296951

Teaser: The Great British Bake Off 2014 - Mel & Sue
http://www.bbc.co.uk/programmes/p0233dyr

GBBO on BBC One: We’re gonna need a bigger boat…
http://thegreatbritishbakeoff.co.uk/bigger-boat/

The Great British Bake Off: ‘Now we’re on BBC1, Mary Berry demands a golden throne’
http://www.theguardian.com/tv-and-radio/2014/jul/20/-sp-great-british-bake-of-paul-hollywood-mary-berry-sue-perking-mel-giedroyc-interview-jay-rayner?CMP=fb_gu

Behind the scenes at the Great British Bake Off
http://www.theguardian.com/tv-and-radio/2014/jul/20/jay-rayner-behind-the-scenes-at-the-great-british-bake-off


公式サイトとテレビ局BBC1の番組サイトはこちら。

The Great British Bake Off
http://thegreatbritishbakeoff.co.uk/

BBC One - The Great British Bake Off
http://www.bbc.co.uk/programmes/b013pqnm




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2014-07-25 00:00 | 順位&セレクト