「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧



英国政府観光庁/Visit Britainの2013年10月7日づけの記事で、
トム・エイケンスへの一問一答
A delicious Q&A with Tom Aikens
http://www.visitbritainsuperblog.com/2013/10/a-delicious-qa-with-tom-aikens/

というのがありました。

トム・エイケンスはフレンチ&モダン・ブリティッシュのシェフで、
Pied a Terre(ロンドンにあるフランス料理店)のヘッドシェフをしていたときに
26歳の若さでミシュラン2つ星を獲得。
また2010年、チャンネル4で放映された「Iron Chef UK
(「料理の鉄人」イギリス版)の鉄人のひとりで、
イギリスのセレブリティシェフ(カリスマシェフ)のひとりです。

英国政府観光庁の記事ですから、
イギリス万歳!といった空気に満ちており、
読んでいるとこそばゆいような内容になっていますが、
それでも、イギリスの食シーンが劇的に変わり現在も進化していることが感じ取れます。
肝心のQ&Aの内容は以下の通りです。

- ご自身のレストラン以外に、イギリス国内で好きなお店はありますか?
The Champignon SauvageHibiscusThe SquareThe Waterside Innといったレストランは好きですね。

- イギリスの食シーンが元気なのはなぜでしょう?
食材にほかなりません。ここ10年で飛躍的によくなりました。以前、Pied a Terreのヘッドシェフをしていた頃は、しょっちゅうフランスまで買い出しに出かけたものです。今は違います。そんなことをしなくても良質な食材がいとも簡単に入手できるようになりました。それだけ良質な食材を作ってくれる生産者がたくさんいらっしゃるってことなんですよ。

- イギリスの食材の好きなところは?
なんといっても生産者の方々の情熱です。手間ひまかけて良質な食材を産み出してくれています。そして、われわれのような飲食店だと卸業者さんの存在も不可欠で、この業界にも優秀な方が多い。Tom Aikens Restaurant(トム・エイケンス自身のフレンチレストラン)とTom's Kitchen(Tom Aikens Restaurantと同じくトム・エイケンスの店で、こちらはカジュアルなブラッスリースタイルのモダン・ブリティッシュ)では信頼できる卸業者さんからジビエ、牛肉、ラム、鶏肉を仕入れています。

- 食べることが好きな旅行者におすすめの場所を教えてください。
どこかひとつを選ぶのはむずかしいですね。イギリスのそれぞれの地域でそれぞれのよさがあり、それは食も同じです。あえて言えば、イングランド南西部は気候が温暖なので、より食材に恵まれていると言えます。

- イギリス料理の特徴とは何でしょう?
イギリス料理のよさは、肩肘張らないところにあります。そして滋味深く、時代を超えて愛される料理が多いことです。伝統も歴史もあるので、流行云々とは違ったポジションにあると思います。たとえば、トゥド・イン・ザ・ホール、フィッシュ・アンド・チップス、シェパーズパイなどのパイ類。これらのイギリスの典型的な料理は、期待感でわくわくするようなものではないかもしれません。でも、いつ食べても変わらぬおいしさがあります。そこがイギリス料理の最大の特徴であり、神髄だと捉えています。

- イギリス料理はマズいという人に一言。
う〜ん、困りましたね(笑)。イギリスは良質の食材に恵まれ、料理のバラエティも豊かです。今や世界有数のグルメ大国になったと言っておきしょう。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-10-31 00:00 | 食の人

ケントは、イングランドの庭園と呼ばれる。
食材、とりわけ野菜や果物の多くは輸入品に頼っている今でも、
ケントは果物やビールのホップの産地として、その役割を担っている。
温暖な気候で雨量が少なく、肥沃な土地は、園芸にうってつけで、
少なくともチューダー朝以降は、
リンゴ、梨、プラム、チェリーなどの果物の産地として知られる。

ケントを代表する特産品のひとつ、チェリーは
ローマ人によってイギリスにもたらされ、ケントで盛んに栽培された。
チェリーは大きく2種類に分けられる。
ひとつはモレロやケンティッシュロードといった酸味の強いタイプで、
調理、缶やボトル詰めなどの加工品、チェリーブランデーの原料などに使われる。
もうひとつは、甘いタイプで、デザートチェリーとして生でそのまま食べられる。

盛んだったケントでのチェリー栽培だが、
ここ半世紀の間に、生産は激減。
従来の農業の重労働のため、従事者が減ったことがその原因である。
しかしながら、チェリーを使ったメニューは健在だ。
たとえば、チェリー・バター。
(筆者注:バターはbatterと綴り、生地の意味)
文字通り、チェリーを使った生地で、プディングに使われ、
フランスからノルマン人により伝わったとされる。

e0038047_23322881.jpgリンゴは今もケントで栽培が盛んである。
コックス(・オレンジ・ピピン)やブラムリーといった品種は、
このエリアで植えられた。
これらのイギリスでおなじみの品種だけでなく、
ウースター・ペアメインといった古い品種もケントでは見られる。
古い品種は、スーパーマーケットで見慣れたリンゴと比べると、
形は不揃いで不格好である。
しかし、いかにもリンゴを感じさせる独特の風味や食感は
一度食べたら忘れられない。
規格や流通面の問題があるのだろうが、こういったリンゴ品種が、
一般になかなかお目にかかれないのは、非常に残念である。

ヘーゼルナッツ、ヘーゼルナッツの一種であるコブナッツやハシバミも、
ケントで栽培が盛んである。
これらのナッツは保存してクリスマスに食したり、
乾燥させたり、砕いたりして、ヘーゼルナッツ・メレンゲに使われたりもする。
(・・続 く・・)

**********
これまでの、“イギリスの地方料理 ロンドン
イギリスの地方料理 バークシャー
イギリスの地方料理 バッキンガムシャー、ベッドフォードシャー、ハートフォードシャー
イギリスの地方料理 サリー
はこちら(↓)
http://ricorice.exblog.jp/i28/



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-10-30 00:00 | イギリスの地方料理

昨日開催、10月28日(月)東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeで開催した
アイリッシュパブナイト@Kirin Store
無事終了しました。
開店早々、そして閉店まで本当にたくさんの方に来ていただきました。
たくさんたくさんありがとうございました!
e0038047_2493794.jpg
(写真を撮るヒマがなく、宴の後の様子を。。。)

今後もいろいろ企画してやっていきたいと思っています。
よろしくお願いします!



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-10-29 08:00 | イギリス菓子の会&イベント

いやはや、時間がかかりました。
当ブログの“イギリスの最新・食ニュースあれこれ”で
お知らせしたトピックのひとつをやっとご紹介です。

イギリスのおすすめビールスポット(ブルワリー&パブ)・トップ10
Top 10 microbreweries and pubs: readers' tips
http://www.theguardian.com/travel/2013/sep/02/uk-best-pubs-and-microbreweries-readers-tips

2013年8月31日づけのイギリスの新聞、the guardianが出典元です。
選ばれた10軒は以下の通りです(順不同)。

01. Stoke Canon Inn(デヴォン)
02. Bare Arts Brewery(トッドモーデン、ウェスト・ヨークシャー)
03. The Black Isle Brewery(ハイランド)
04. Allanwater Brewhouse(ブリッジ・オブ・アラン、スターリング近郊)
05. The Four Candles(ブロードスティアーズ)
06. Beerwolf Books(ファルマス、コーンウォール)
07. Royal Standard of England(ビーコンズフィールド)
08. The Barrels(ヘレフォード)
09. The Watermill Inn(イングス、カンブリア)
10. The Kernel Brewery(ロンドン)

e0038047_031540.jpg自分が飲んでよかったところに、まずは行ってみたくなりますね。
03. The Black Isle Brewery/ブラックアイルがそれ。
スコットランドはインヴァネスにあるブルワリーで、オーガニックビールを各種造っています。
博多阪急「英国フェア2013」でも出ていましたし、
先日、東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeで開催した
アイリッシュパブナイト@Kirin Store」でもお出ししました。
こういう特集が組まれるということは、
やはり今、イギリスでもクラフトビールが注目されていることを確信した次第です。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-29 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

いよいよ、本日、10月28日(月)19時スタートです!
東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeが、
ひと晩だけアイリッシュパブに変身する、アイリッシュパブナイト@Kirin Store
アイルランドやイギリスの、バラエティ豊かなビールのラインナップ、
定番からモダンにアレンジしたフードメニューを
スタンディング形式(基本)で楽しもうという企画です。
e0038047_1834481.jpg

ざっくばらんな会ですので、ぜひお気軽に!
一緒に陽気な夜を楽しみましょう!

◆日時:10月28日(月)19.00~23.00
◆場所:日用品&ワイン喫茶Kirin Store
    東京都品川区西中延2-11-12 ハイツ西中延1F
    http://www.kirinstore.com/
e0038047_1836673.jpg
(注:黒板メニューは通常のもので、アイリッシュパブナイトのものではありません)

**********
◎ ナビゲーター
・田村 亮(Kirin Store店主)
・羽根則子(イギリス菓子&食研究家、食の編集者・ライター、フードアドバイザー)




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-28 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_0265258.jpg
2007年にイギリスのクッカリーコースで習ったレシピをアレンジ。
それまで粉類を入れないケーキを作ったことがなく、半信半疑だったのですが、
これが実にとろけるような口どけですっかり気に入って、
以来、ときどき焼くようになりました。

クッカリーコースで習ったものはロールケーキタイプ。
生地がやわらかいので、上手に巻くには少々気合いが要ります。
そこで、焼けた生地を切り分けて重ねるスタイルの方がいいのでは?と
やってみたところ、こちらの方がより気軽に作れるので、
以来、もっぱらこのスタイルです。

ポイントは焼けた生地の扱い。
やわらかいので、気をつけて扱いを。
生地を切り分けてから、敷いた紙をゆっくりとはがすようにするとうまくいきます。

見栄えをよくしたいなら、仕上げに粉砂糖をふったり、
立てた生クリームを少し残しておいてトッピングに絞り出したりするとよいでしょう。

<材料(26×19cm型のトレイ1個分)>
卵……3個
グラニュー糖……65g
水……大さじ3
インスタントコーヒー……小さじ2
ダークチョコレート……110g
生クリーム……100ml
e0038047_028536.jpg


<作り方(調理:35分 オーブン:10分)>
下準備
*型にバターを塗り、クッキングシートを敷いておく。
*オーブンを200℃に温めておく。
e0038047_0295089.jpg

e0038047_0291184.jpg

e0038047_0284952.jpg


1. 鍋に水、インスタントコーヒー、ダークチョコレートを砕いて入れ、チョコレートがとけるまで弱火にかける。
e0038047_0315973.jpg

e0038047_0313432.jpg

e0038047_0295715.jpg

2. 卵を卵白と卵黄に分け、それぞれ大きなボウルに入れる。
3. 卵黄を入れたボウルにグラニュー糖を入れ、白っぽくムース状になり、持ち上げたときに筋ができ、あとが残るまで泡立てる。
e0038047_0331567.jpg

e0038047_0325072.jpg

e0038047_03228100.jpg

4. 卵白を角が立つまで泡立てる。
e0038047_0344659.jpg

e0038047_034209.jpg

e0038047_033186.jpg

5. 3に1のとかしたチョコレートを加えて混ぜ、4の泡立てた卵白を加えて、やさしく混ぜる。
e0038047_0391524.jpg

e0038047_0383973.jpg

e0038047_038765.jpg

e0038047_0363628.jpg

e0038047_0364418.jpg

e0038047_0355715.jpg

6. 用意しておいた型に5の生地を流し入れ、表面をならす。
e0038047_040185.jpg

e0038047_0392042.jpg

e0038047_0385837.jpg

7. 200℃のオーブンで10分焼く。
e0038047_041214.jpg

8. 焼き上がったケーキはクッキングシートなどで覆う。
※こうすることで水分を閉じ込め、しっとりとした食感にする。
e0038047_0422850.jpg

e0038047_0421032.jpg

e0038047_042916.jpg

9. 冷めたら型から外し、3等分に切る。
e0038047_0431182.jpg

e0038047_0424864.jpg

10. 生クリームを8分立てにする。
e0038047_0445292.jpg

e0038047_0443042.jpg

11. 切り分けたケーキの1枚に10の生クリームを半量広げる。
e0038047_0462545.jpg

e0038047_0445158.jpg

e0038047_0445729.jpg

12. ケーキを1枚のせ、残った半量の生クリームを広げ、残った1枚のケーキをのせる。
e0038047_047452.jpg

e0038047_0464040.jpg

e0038047_0472686.jpg

e0038047_0464717.jpg

13. 食べやすい大きさに切り分ける。



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-27 00:00 | レシピ

ギリシャで誕生した新しい中食(外食と家庭で食べる食事の中間にある食事形態。
具体的には、お総菜やお弁当などを外で購入し、家で食べること)が
ロンドンに上陸する、という記事が
2013年9月22日づけのBBCのウェブサイトにありました。
Cookisto: A new Greek way of getting dinner
Cookistoはロンドンで市民権を得るか?
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24163742


Cookistoは、フードシェアともいえる新しいタイプの、料理のデリバリーで、
ウェブサイトを基盤に運営されています。
我こそはと思う料理自慢たち(プロ、アマ問わず)は、
サイトにプロフィールを登録し、
その日のメニューを(午前中に)アップロード。
オーダーが入り、夕食の時間に合わせて料理を運ぶというシステム。
アテネではここ数カ月で利用者が増え、12000人もの人が登録しているといいます。
(筆者注:最新、10月26日の時点では、利用者約2万2000人、提供者約1400人)

店舗を持たないこともあり、価格は安めで、
アテネで2.5〜3.4ポンド(日本円で400〜540円、2013年10月現在)。
家庭の主婦らアマチュアの参加が多く、
となれば、果たして厨房の衛生面や料理に使われる食材が懸念されますが、
そこは利用者の感想などを投稿でき、ランクづけもされるシステムになっており、
自然淘汰されることから、現在のところ問題は起こっていないようです。

料理を作る側には、
同じ作るなら大量に作った方がおいしいけれど余ったものを捨てるのはしのびない、
自分の料理を待ってくれている人がいることに喜びを感じる、
料理が好きだけど家族分だけだと物足りない、
お小遣い程度からビジネスとしてしっかり利益をあげているとこもある、
といったメリットがあります。
利用する側の最大のメリットは、価格の安さ。
さらに家庭の味を楽しめることも人気の要因のようです。

この新しいフードシェアともいえるCookistoが人気を博した理由には、
ギリシャの経済不安も大きく関係していることを付け加えておきます。

Cookistoはオリジナル記事によると、数週間後にロンドンに上陸とあります。
https://www.cookisto.co.uk/
既に公式サイトには英語版が登場していますが、今のところまだ稼働していません。
さて、ロンドンでもアテネのような人気を得るのでしょうか。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-10-26 00:00 | 食ニュース

10月28日(月)19.00スタートのアイリッシュパブナイト@Kirin Store
東京・荏原中延の日用品&ワイン喫茶Kirin Storeが
ひと晩だけアイリッシュパブに変身して、
スタンディング形式(基本)で楽しもうという企画です。
アイルランドやイギリスの、バラエティ豊かなビールのラインナップ、
定番からモダンにアレンジしたフードメニューを用意してお待ちしております。
e0038047_792817.jpg

ざっくばらんな会ですので、気軽にいらしてください。
Cheerfulなパブナイトを一緒に楽しみましょう!

e0038047_7113124.jpg◆日時:10月28日(月)19.00~23.00
◆場所:日用品&ワイン喫茶Kirin Store
    東京都品川区西中延2-11-12 ハイツ西中延1F
    http://www.kirinstore.com/

**********
◎ ナビゲーター
・田村 亮(Kirin Store店主)
・羽根則子(イギリス菓子&食研究家、食の編集者・ライター、フードアドバイザー)




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-25 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_18154237.jpg2010年からイギリスのテレビ局、BBC2で放送されている
The Great British Bake Off」(通称、GBBO)。
お菓子作りに腕のある素人さんたちがその腕を競い合うというもので、今回でシリーズ4回目。
8月20日から始まり、全10回にわたって放送されました。

この「The Great British Bake Off」、
先日10月22日に最終回を迎え、平均で約840万人以上が視聴。
ピーク時には約910万人が視聴するほどの驚異の数字がたたき出されました。
イギリスの人口は、2011年現在で約6300万人ですから、
10人に1人以上は視聴していたことになり、
いかに多くの人の心をつかんでいるのかがわかります。
(ちなみに2012年の第3シリーズでは、平均で約650万人が、最高時で約720万人が視聴。
 そのときの記事はこちらからどうぞ(↓)。
 “「The Great British Bake Off」シリーズ3” http://ricorice.exblog.jp/19072179/
ここ10年のBBC2で放送された番組で最も高い視聴率を獲得したそうです。
裏番組では、フットボール(サッカー)のチャンピオンリーグが放送されており、
こちらの視聴者約410万人をダブルスコアで上回る結果に。

シリーズ4の半ばでは、既に高視聴率を受けてでしょう、
来年2015年のシリーズ5は、BBC2からBBC1に移ることが発表されました。
また、放送前には、公式サイトで、最終回の楽しみ方指南がアップされたり、
というフィーヴァーぶりを見せていましたので、
ある程度予想はできたのですが、ここまでとは!

放送の翌日、23日はどのメディアもこの事象を大きくピックアップ。
レトロなケーキが見直されるようになった、だの、
砂糖の撮り過ぎは健康によくない、だの、
さまざまな総評がありますが、要はそれだけ注目を集めた、ということです。

また、優勝したFrances Quinn/フランシス・クイン(本職は服飾デザイナー)は
早速、BBC Radio2の朝の人気番組「The Chris Evans Breakfast Show」に
ゲスト出演したのを筆頭に、さまざまな取材に追われています。
The Great British Bake Off」の人気を受けて、
ちゃっかり、ベイキングスクールの特集が組まれたり(笑)、
ファイナリストたちのキッチン拝見など、
付随する内容の記事もあれこれ登場しています。

以下は、公式サイトを始め、「The Great British Bake Off」を取り上げた
おもな記事です。
あまりにもたくさんあるので、あくまでおもだったもののみ。
そこから関連事項にはリンクがはられていますので、気になる方はアクセスしてください。
また大手新聞のThe TimesThe Financial Timesなどでも取り上げていると思うのですが、
私が読者登録していなかったり、などの関係で見つけられず。

The Great British Bake Off(公式サイト)
http://thegreatbritishbakeoff.co.uk/

The Great British Bake Off(BBC2のテレビ番組サイト)
http://www.bbc.co.uk/programmes/b013pqnm

Great British Bake Off final watched by 9.1 million(BBCの総評)
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-24621448

Great British Bake Off scoops up more than 8 million viewers(The Guardianの総評)
http://www.theguardian.com/tv-and-radio/2013/oct/23/great-british-bake-off-final-8m-viewers

Frances congratulated by fans as she is crowned Bake Off winner(The Daily Telegraphの総評)
http://www.telegraph.co.uk/foodanddrink/10398192/Frances-congratulated-by-fans-as-she-is-crowned-Bake-Off-winner.html

Spoiler alert: TV review - The Great British Bake Off Final, too much sugar and not enough spice(The Independentの総評)
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/reviews/spoiler-alert-tv-review--the-great-british-bake-off-final-too-much-sugar-and-not-enough-spice-8897544.html

Great British Bake Off final winner is Frances Quinn(The Daily Mailの総評)
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2472013/Great-British-Bake-Off-final-winner-Frances-Quinn.html

Bake Off winner: Frances Quinn’s recipe for success(The Daily Expressの総評)
http://www.express.co.uk/news/showbiz/438573/Bake-Off-winner-Frances-Quinn-s-recipe-for-success

Great British Bake Off final: Tempers rising nicely as Raymond Blanc cooks up a Twitter storm over Ruby(London Evening Standardの総評)
http://www.standard.co.uk/showbiz/celebrity-news/great-british-bake-off-final-tempers-rising-nicely-as-raymond-blanc-cooks-up-a-twitter-storm-over-ruby-8896164.html

Great British Bake Off final attracts twice the audience of Champions League football coverage(Metroの総評)
http://metro.co.uk/2013/10/23/great-british-bake-off-final-attracts-twice-the-audience-of-champions-league-football-coverage-4157947/

The Great British Bake Off Blogs(「Woman & Home」のブログページ)
http://www.womanandhome.com/galleries/news-and-entertainment/35774/1/0/great-british-bake-off-blogs

GREAT BRITISH BAKE OFF 2013(GREAT BRITISH CHEFのウェブページ)
http://www.greatbritishchefs.com/great-british-bake-off

The Great British Bake Off: why did our show attract so much vitriol?
(22日の放送直後、21.08にThe Guardianにアップされた、
 ファイナリストのひとりRuby Tandohによるコラム)
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/oct/22/great-british-bake-off-ruby-dandoh?CMP=fb_gu

The Chris Evans Breakfast Show(優勝したフランシスが放送の翌朝、出演したラジオ番組)
http://www.bbc.co.uk/programmes/b03dv65g

Great British Bake Off winner Frances: 'The horrible Twitter stuff really knocked my confidence'
The Daily Telegraphによる優勝したフランシスへの取材記事)
http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/10396834/Great-British-Bake-Off-winner-Frances-The-horrible-Twitter-stuff-really-knocked-my-confidence.html

Baking and bread making courses around the UK(ベイキングスクールの紹介)
http://www.theguardian.com/travel/2013/oct/22/great-british-bake-off-baking-holidays




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-25 00:00 | 食ニュース

2013年10月7〜13日はロンドン・カクテル・ウィークでした。
それを受ける形で、10月8日づけのTime Out Londonのウェブサイトで、
ロンドンで試すべきカクテル・トップ7
Seven must-try cocktails in London
http://www.timeout.com/london/food-drink/seven-must-try-cocktails-in-london
が紹介されていました。
詳細はウェブサイトにとんでいただくとして、
選ばれた7つのカクテルは以下の通りです(順不同)。
『007』でおなじみのザ・定番から、アヴァンギャルドなものまでのラインナップです。

01. The Prairie Oyster@69 Colebrooke Row, £5.50
02. Nina Fresa@Sushisamba, £10.50
03. Harmony Royale@Milk & Honey, £10
04. Martini@Dukes Hotel, £18
05. Bacon, Egg & Fries@The London Cocktail Club, £8
06. The Hix Fix@Mark's Bar, £13.50
07. Margarita@Casa Negra, £8

ちなみに、10月10日には、イギリスを拠点とする専門誌
Drinks International」より
「THE WORLD'S 50 BEST BARS 2013」の発表と授賞式が行われました。
選ばれた50軒などは、以下のサイトから確認できます。
http://www.worlds50bestbars.com/

「Drinks International」はイギリスが拠点なので、ロンドンの店が多いのはご愛嬌として、
3位には、東京・銀座のBAR HIGH FIVEがランクイン。
おそらく日本国内だけのランキングであれば、
上位に入ってもトップは別の店になる可能性が高いのではと思うと、
感覚の違いと、BAR HIGH FIVEは海外との付き合いも積極的なようで、
こういうことも反映された結果なんだろうなぁと、考えさせられました。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-10-24 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)