「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧



e0038047_164791.jpg
スコッチエッグときくと、なんとなく日本の昭和のお総菜のような印象を受けます。
子どもの頃に、食卓にのぼったおかず。
名前が示す通り、イギリスにもスコッチエッグは存在します。
鶏の卵だと1個のボリュームが多いので、
こちらの方がつまみやすいかなと思い、ウズラの卵で作りました。

イギリスのスコッチエッグは、おかず、というよりも
もともとはピクニックのおともであり持参ランチです。
なので、揚げたてを食べるのではなく、冷めてもおいしい、が身上。
ウスターソースをあらかじめ入れるなどして、
なにもつけなくて、そのままで食べられるよう、強めの味にしています。
コショウも、若干多いかな、というぐらいでちょうどいいと思います。

イギリスには、ソーセージミートという便利な代物があります。
挽き肉にハーブなどを入れて、あらかじめフレイヴァー&味つけしてあるというもの。
日本では、業務用以外にはほとんどお目にかからないので、
合挽き肉に身近な食材を加えて作りました。

スコッチエッグはイギリスでもポピュラーな食べ物ですが、
その起源についてははっきりしていません。
スコッチとはいうものの、スコットランドとは関係がなく、
フォートナム&メイソンが18世紀に作ったメニューから派生したという説が有力です。
そうして、そもそもはピクニック用だったものが、いつしか働く人たちの持参ランチに。
揚げ物、ですので、現代の一般家庭で作るとは思えないのですが。
トラディショナルなパブやガストロパブのメニューには載っていることが多いです。

ですので、ビールに合う。
そのままでも充分食べられますが、
イングリッシュマスタードやマヨネーズ(クレソンを刻んで加えるとベター)を添えてもいいでしょう。

<材料(10個分)>
ウズラの卵……10個
合挽き肉……200g
タマネギ……1/4個
卵……2個
パルメザンチーズ……大さじ1
ウスターソース……大さじ1
セージ(ドライ)……小さじ1/4
塩……小さじ1/2
コショウ……適量
薄力粉……適量(15g程度)
パン粉……適量(40g程度)
サラダ油……適量
e0038047_16474479.jpg


<作り方(調理:35分 揚げ:8分)>
1. 鍋に水とウズラの卵を入れ、沸騰したら5分ほどそのままにし、かたゆで卵を作る。
※ときどき箸などで湯をかき混ぜる(黄身を中央に寄せるため)。
e0038047_16484297.jpg

e0038047_1648179.jpg

2. ウズラの卵をゆでている間に、タマネギをみじん切りにする。卵1個をときほぐす。
e0038047_16503949.jpg

e0038047_165015100.jpg

e0038047_16494681.jpg

e0038047_16491866.jpg

3. ウズラの卵がゆで上がったら、殻をむく。
e0038047_16513088.jpg

e0038047_1651821.jpg

4. ボウルに2のタマネギのみじん切り、合挽き肉、卵1個、パルメザンチーズ、ウスターソース、セージ、塩、コショウを入れ、粘りが出るまでこねる。
e0038047_1652472.jpg

e0038047_1652289.jpg

e0038047_165244.jpg

5. 4のタネの10分の1を手の平に広げ、中央にくぼみを作る。
e0038047_16532811.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-03-31 00:02 | レシピ

6. 5のくぼみに3のウズラの卵をおき、卵全体をタネで包む。これを10個作る。
e0038047_16351532.jpg

e0038047_1634574.jpg

e0038047_16343444.jpg

7. 薄力粉をまぶし、2の卵をといたものにくぐらせ、パン粉をまぶす。
e0038047_16385514.jpg

e0038047_1638384.jpg

e0038047_16371778.jpg

e0038047_16365676.jpg

e0038047_16362252.jpg

e0038047_1635484.jpg

8. 鍋/フライパンを火にかけ、サラダ油を入れ、180℃になったら、7を入れる。
※パン粉を落として、すぐにあがってきたら、油が充分に温まっており、揚げるタイミング。
※油が温まる間に、10で揚がったスコッチエッグの油を切るための新聞紙やバッドを、鍋/フライパンの近くに用意しておく。
e0038047_16395645.jpg

e0038047_16392982.jpg

9. 5分ほどそのままの状態で揚げ、その後、1〜2度ひっくり返して、全体に均一に火を通す。
e0038047_16414419.jpg

e0038047_1641791.jpg

e0038047_16403944.jpg

10. まんべんなくきつね色になったら、鍋/フライパンから取り出し、新聞紙やバッドなどにおき、油を切る。
e0038047_16425362.jpg

e0038047_16421754.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-03-31 00:00 | レシピ

ナプキン 03



最近、日本のどこぞのショップでも見かけたような。。。
2010年秋、2週間ちょいのイギリス訪問の折り、
行くと必ず立ち寄るキッチンウェアの店、divertimentiで見つけた
コットンナプキンです。
e0038047_18504591.jpg


アルミホイルやラップフィルムのようにロール状になっており、
ミシン目でびりびり切り取って使う代物。
ナプキンごとに、ふちの内側に白い線が入っており、
もちろんアクセントの意味合いもあるでしょうが、
切り取り線が見つけやすいという利便性も。

正直、コットンなのに使い捨てというのは罪悪感があります。
でも人数が多いときや出先で使いたいときには、やっぱり便利。
うまいところを付いた商品だなぁと思いました。

大きさや色によって、いくつか種類がありました。
いずれも、原色に少しだけニュアンスを加えた、ぱきっとした色だったと記憶しています。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-30 00:00 | 買ったもの

Glastonbury Festival 2013


イギリスに夏の訪れを告げるもの、それはウィンブルドンであり、
グラストンベリー・フェスティバル(以下、グラスト)であります。
悲しいかな、私は一度もグラストに行ったことはないのですが
(イギリスでの音楽フェスティバルはVしか行ったことがない。。。)、
彼の地では、テレビや新聞でもレポートされるし、
そういうのを見ているだけで気持ちが高まります。
夏にはたくさんの音楽フェスティバルがありますが、
その先陣をきるのが、このグラストでもあります。
今年は50回目の開催、6月26日(水)〜30日(水)の開催(実質的には28日(金)〜)です。

3月27日、今年のラインナップが発表されました。
ヘッドライナー(大トリ)をつとめるのは、
28(金):Arctic Monkeys
29(土):The Rolling Stones
30(日):Mumford & Sons

29日に登場するThe Rolling Stonesはなんと初出演!
テレビをおいていないこともあって、インターネットラジオを流していることが多く、
bbcをよくつけているのですが、そこのブレイキングニューズでも、
ストーンズがグラストに大トリで初出演!と。

以下、さまざまなウェブサイトによるニュース記事です。
ラインナップも確認できます。

Glastonbury festival公式サイト
http://www.glastonburyfestivals.co.uk/

“Arctic Monkeys, The Rolling Stones, Mumford and Sons to Headline Glastonbury festival”by NME

“Glastonbury 2013: festival lineup” by the guardian

“Rolling Stones to headline Glastonbury Festival”by bbc

チケットは既にソールドアウトですが、
来月に入ったら少し再発売されるようです。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-29 00:00 | 音楽

「Grazia」休刊


つい先日、講談社の女性誌2誌、
「Grazia(グラツィア)」と「GLAMAROUS(グラマラス)」が
7月6日の8月号で休刊になるというニュースが流れました。

「GLAMAROUS」については直接関わりはありませんでしたが、
「Grazia」では何度かお仕事をさせていただきました。
といってもファッションや美容ではなく、食のページで、です。
東京の最新パン事情をおさえた(当時)ブックインブックを作ったり、
レストラン記事を書いたりしました。

講談社さんは、私がこの仕事を始めて初めて
自らがメインをなって回す編集担当を持ったのが
「東京おいしい店ガイド」という本でした。
誤解のないように言うと、講談社の社員だったわけではなく、
編集プロダクションにいたのです。
この当時は、まだ旧い社屋でしたが、先の仕事をしたときは
既に新社屋になっており、セキュリティも厳しくなり(当然か)、
なにより、当時住んでいた文京区目白台の自宅&事務所から近かったので、
なにかと便利でした。

起こっていることがすべて正しいとは思わないけれど、
雑誌の休刊は、時代の流れで仕方ないなぁと感じます。
それを受け止めて進んで行くしかないんですよね。
何の仕事でも同じですね。守るところと攻めるところとのバランスでやっていく。
それが時代と噛み合なくなったら、淘汰されるか消えるか。あるいは新しい形で復活するか。
私自身、紙媒体をメインにやってきましたが、それにこだわっているわけではなく、
その方法論と技術でもって、未来を開拓することはできるんじゃないかなぁと考えています。

お世話になりました&ありがとうございました。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-28 00:00 | 日常

how to eat scones


e0038047_13553590.jpg日本で出回っているものはアメリカのスコーンが多いものの、
それでも、日本でもよく知られているイギリスのお菓子のひとつはスコーンです。
スコーンは作るのは簡単ですし、でもなかなか作ってらっしゃる方にお目にかからない。
その理由は、いかに食べるか、にあるような気がします。
実際に私も、さあ、どうしよう、ということがありました。
そこで、以下の食べ方をご提案します。

1. クローテッドクリームとストロベリージャム
e0038047_1352239.jpg定番です。
クローテッドクリームではなく、ウィップクリームで提供されている店もありますが、
個人的には合わないと思います。
でも、なぜウィップクリームで代替するのでしょうか?
それはクローテッドクリームが入手しづらいことと、
コスト、そして管理面から扱いづらいにほかならないでしょう。
でも、売っているのです。
一番入手しやすいのは、中沢フーズのクローテッドクリーム。
デパートの地下食料品売り場やちょっと気のきいたお店で販売しています。

2. マスカルポーネとアプリコットジャム
e0038047_13523762.jpgこれ、いいんです。
昔、仕事でチーズの本を作ったときに、
撮影で使ったマスカルポーネを、さあ、どうやって食べようかなぁ、と思ったときに、
そうだ!と試してみたらとてもよかったのです。
マスカルポーネとクローテッドクリームは食感がとてもよく似ているのです。
ただし、味は全く違います。
クローテッドクリームは甘味を、マスカルポーネはさっぱり感を比較的感じやすい。
なので、ストリベリージャムとは、よく合うとは言いづらい。
そこで、登場するのがアプリコットジャム。
以前、“レーズンロールのアプリコットジャムのせ”でもご紹介したように、
マスカルポーネとアプリコットジャムはよく合います。
ジャムはマーマレードでもいいでしょう。
ただし、マーマレードの場合は、あまり量を使わない方が合うかな、と思います。


3. ハチミツ(&バター)
e0038047_1353897.jpgKFCのビスケットの食べ方です。
合わないわけがありません。
なぜなら、アメリカのビスケットは、
アメリカのスコーンよりも、イギリスのスコーンにぐんと近いから。
なので、この食べ方もおおいにありです。
ハチミツは液状のものが食べやすい。
ハチミツだけでもいいのですが、もしもう少しコクが欲しい場合は、バターを加えるといいでしょう。

私は、なんでもかんでもその国に倣って、がいいとは思っていません。
軸がぶれない程度に振ってもいいのではと考えています
(その振り幅は個人によって見解が異なりますが)。
エリアや時代に合わせて変わるのは、むしろ当然のことでしょう。
なので、2や3はイギリス人から見れば、あれっ?でしょうが、
これらの食材の方が日本ではぐんと一般的だし、
こういう提案もあっていいかなと思っています。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-27 13:59 | お菓子

布もの 03


e0038047_12441325.jpg3月10日に、講師をさせていただいた
イベント「伝統からモダンまで 知って楽しむ英国菓子講座」の会場だったのが、
福岡市薬院のイギリス雑貨店、PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)さん。
随分前になりますが、こちらのお店でイースターにふさわしいアイテムを購入しました。
e0038047_2225335.jpg


テーブルランナーだと思われます。
割れた卵の中に、雄鶏と雌鶏とひよこがいて、なんとも微笑ましい。
描かれている花はクロッカスかな。
春を待ちこがれている様子が伝わっています。
これ、よく見ると、印刷がずれているんです。
それも味がある。

イースターは、日本語でいうと復活祭。
卵は再生を意味しますし、同じくモチーフとしてよく使われるウサギ(バニー)は
多産なことから生命を象徴します。
キリスト教のお祭りであり、移動祝日である今年のイースターは、今週末の3月31日。
よってイースターの直前の金曜日のグッド・フライデーは、今年は3月29日。

e0038047_22325531.jpge0038047_22324241.jpg当ブログでは、イースターのお菓子について紹介しています。
ホット・クロス・バンズイースター・ビスケット
(ホット・クロス・バンズは、広くイースターの時期に食べられますが、
 厳密には、グッド・フライデーのお菓子です)。
よかったら試してみてくださいね。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-26 22:33 | 買ったもの

e0038047_211269.jpg紅茶のイメージが強く、現に家庭で飲むのは
ティーバッグで淹れたマグのミルクティーが圧倒的なイギリスですが、
街を歩けばコーヒーショップにたくさん出くわします。
90年代のスターバックス上陸をはじめ、
コスタ、コーヒーリパブリック、ネロといったコーヒーチェーンは
今やしっかり街になじんだ風景となりましたし、
マンモウスなど、より質にこだわったコーヒーショップも人気があります。
コーヒーの人気を裏付けるかのように、
4月25日〜28日には、ブリックレーンで
3回目の開催となる「ロンドン・コーヒー・フェスティバル」も開催されます。

最新のロンドンのコーヒー事情について、2013年3月23日(日)付けの
経済新聞、the financil timesのウェブサイトに載っていました。
(もちろんペーパー版(イギリスの新聞は週末版は冊子がつくのです)にもあり、
 the financil timesの日曜版のこの手の特集はなかなかおもしろい。)
“From Lantanato Prufrock: perfect coffee”
と題し、ロンドンのトップバリスタによる完璧な一杯を作る秘訣を紹介しています。
おもしろいのが、彼らのバックグラウンドを示すべく、出身地を掲載していること。
外国人を変に持ち上げたり(その逆も然り)しないあたりが、
コスモポリタンだなぁと感じたりして。
紹介されているのは、以下の5軒です。

Baptiste Kreyder from Brittany, France
@Caravan King’s Cross /
http://www.caravankingscross.co.uk

Celeste Wong from Dunedin, New Zealand
@Lantana
http://www.lantanacafe.co.uk

Ross Brown from Kent, UK
@Brown's of Brockley
http://www.brownsofbrockley.com

Victor Frankowski, from: Sydney, Australia
@Protein by DunneFrankowski
http://df.studio-subsist.com

James Bailey from Leicestershire, UK
@Prufrock/Workshop Coffee
http://www.prufrockcoffee.com
http://www.workshopcoffee.com

冒頭でも綴ったように、紅茶のイメージが強いイギリスですが、
実は歴史を振り返れば、先にポピュラー化したのはコーヒーだったんですよね。
17世紀半ば、コーヒーハウスが人気を博しました(紅茶は後れること17世紀後半)。
今のように情報を簡単に得ることのできなかった時代、
コーヒーハウスは新聞が読め、かつ人々の情報交換ができる場だったのです。
紅茶の生産地として知られるスリランカは、
もともとはコーヒーの木を栽培しようとイギリス人が入ったわけですし
(コーヒーは失敗し、その代替に行った紅茶栽培が成功を収めたので、
 それが今まで続いているのです)。
歴史は、もちろん同じ形ではないけれど、繰り返すのかもしれませんね。

上記の店の中にはオーストラリア出身のバリスタのコーヒーショップもあります。
オーストラリアはスターバックスが成功しなかった国。
その理由のひとつは、すでに街に根づいたコーヒー文化があったから。
オーストラリアのコーヒー文化も気になるところです。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2013-03-25 21:52 | 食ニュース

2012年初夏のイギリス訪問はわずか1週間。
日も長いし、天候もいいし、天気にも恵まれ(ほとんど雨が降らなかった!)、
ロンドンをちょこまか回りました。

イギリスに行くたびに寄るスポットがあり、
divertimentiもそのひとつ。
やや上等な日常使い、といったキッチンウエアのお店です。
ずっと探していたエプロンを見つけたのもここでした。

この滞在でも訪ねたのですが、心躍るアイテムにほとんど出合えず。
と言いつつ、探していたものを何点か購入し、
その時、一緒に買ったのが、このユニオンジャックのカップケーキケース。
e0038047_2157769.jpg


e0038047_21575540.jpgユニオンジャックはモチーフとしてアレンジしやすいんですね。
“製菓アクセサリー 08”でご紹介したカップケーキケース然り、
“紙ナプキン 01”然り.
ほかにもすでにいくつかご紹介していると思います。

このカップケーキケース、通常のものより、サイズが小さいんです。
それが買うときの決め手になりました。
“製菓アクセサリー 01”のカップケーキケース同様に小さかった。
とはいえ、全体から見ると、小さいサイズはあまり見かけませんが、
それでも、こういうことろからも、サイズの縮小化が進んでいるなぁと感じてしまいました。

sat 30/06/12



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-03-24 21:58 | 買ったもの

tea? dinner?


イギリスのフードマガジン「delicious.」のブログでおもしろい記事を見つけました。
記事はこちら。
Tea v dinner: the north-south divide”。
食事の呼び方についてのコラムです。

e0038047_22373737.jpgどういうことか?
日本では豪華な夕食がdinner、簡素なものがsupperという認識かと思いますが、
イギリスでは違います。
もっとちゃんといえば地域やクラス(階級)によって異なります。
朝食はbreakfastですが(fastをbreakする、つまり一日の最初の食事という意味的にも)、
昼食と夕食は違い、lunch、supper、dinner、そしてteaも混在します。
teaは、純粋なお茶の時間をいうこともあれば、食事を指すこともある。

dinnerは一日の中のメインとなる食事もしくはフォーマルな夕食、
という意味なんですね。
なので、昼食にも夕食にもなりうる。
christmas lunch/dinner、school lunch/dinner
と混在しているのもそのためです。
詳しくは、「delicious」のブログ記事をお読みください。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2013-03-23 22:38 | イギリス的表現