イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食のダイレクター/編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧



8:00起床。またしてもこの日も着手している仕事が、思うようにはかどらない。うーむ。
世間は忘年会シーズンだが、仕事でのやりとりは東京だし、静かなもんである。打合せ、発表会、下見や同業者の方と半分仕事半分好奇心を兼ねての食事etc、というのもぐっと減った。個人的に探訪しておきたいところはたくさんあるのだが、ついでが少なくわざわざ出かけることになり、しかも家だと、あーでもないこーでもない試作ができるので(時間がないときは別だが)、ほんっと、探求(広義の下見)をメインに据えた外食をしてないなぁ。。。そろそろ再開したくてうずうずしてきた。
東京の友人からクリスマスカードで近状報告。最後に会って以来なので、約半年ぶり。このブログを見ててくれていて、暮らしぶりがあまりに自由で、と綴ってある。福岡に来て、ちょこちょこと一緒に仕事している方から自然児だねぇ〜、と言われたことを思い出し、そーなのかしらん? こーゆーことって自分ではわからない。2:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-15 08:26 | 福岡雑記

8:00起床。この日も着手している仕事が、思うようにはかどらない。その一環で、英語の資料を読みくだいていて、その内容はおもしろいのだが、日本語でコメ、ごはんが英語だとriceになる逆パターンが起こり、しかも翻しにくいことがちょこちょこ出て来て、さてどうしようと思案することしきり。
今年は23、24、25が連休であることをラジオで初めて知る! へえええ〜、こりゃ商売人にとっちゃ稼ぎ時だわな。2:30就寝。
by ricoricex | 2011-12-14 20:49 | 福岡雑記

e0038047_18393322.jpg『日経レストラン』12月号でお仕事をしました。
「知っておいたい店情報」で福岡市の量り売りピザ店をレポート。来年早々には拡張移転するとのことで、今後の展開も非常に気になります。
2012年のトレンド予測では、全国を飛び回り、ピザ窯装飾を行ってらっしゃる宮村工作所さんのコメントも紹介されています。
by ricoricex | 2011-12-13 18:40 | お知らせ

8:00起床。着手している仕事が、思うようにはかどらず。夜は飲み会。我ながら、なんであんなぎゃあぎゃあ喋り散らすんだろう。。。いつまで経ってもアホである。店を出る頃、急に睡魔が。タクシーの中で爆睡。運転手さんにこの辺ですか?と聞かれ、目覚める。危ない、家の近くを過ぎるところだった。。。服を脱ぎ散らかしたまま、1:30にいったん就寝。3:00に目覚め、コンタクトレンズを外し、コーヒーをおとし、やっと不在時のメールチェック。4:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-13 12:09 | 福岡雑記

6:45起床。クリスマスカードの料金チェックと切手貼り。航空便のステッカーが足りないけれど、もう手書き、手書き。日曜の午前中は大掃除。もっと抜本的にきれいにしたいなぁ。クリスマスカードの投函を兼ねて外へ。用事etc。
e0038047_11431637.jpg夕食は、前の日に作ったミートソースでコテージパイ。夕食後、スカイプ、電話、fbのメッセージ機能などで喋り通し。物事ってどうしてこう重なるんだろう? ひとつ歳下の方が、老眼が、、、とおっしゃっていた。本当にそろそろ、老眼やプチ更年期が来てもおかしくないもんなぁ。
さあ、年賀状、どうしようかなぁ。3:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-12 09:14 | 福岡雑記

いろいろ考えていたらなかなか寝付けず、おそらく4:00とか5:00ごろ寝入ったと思う。10:00ごろいったん起きるものの、しばらくしてまた寝る。12:30ごろさすがに起きて、荷物を出しに行きがてら買い出し。しばらく台所でプディングを試作したり、ミートソースを作ったり。本当はスパゲッティやラザーニアに使うミートソースほどトマトの比率は高くなく割合としては肉が多いのだけど、久しぶりにコテージパイでも作ろうかなぁという気分に。でも実はコテージパイよりもシェパーズパイが好きなのだけど、肝心の羊のミンチ(羊肉を買って来て自分でミンチにしてもいいけれど、羊肉が高くって。余りならいざ知らず、こんな料理に使うのはもったいない)が入手しづらいので、牛肉のコテージパイに(このミートソースは合挽きだけど)。
さすがに今週末はクリスマスカードを投函したい!とクリスマスカード書きにかかる。今年はカードを買う余裕がなかったけれど、去年ごそっと買っておいてよかった。ぎりぎり足りそう。まだお知らせしていない方もいて、引っ越した旨を伝えたいので、同封する手紙も作成。いつもプレゼントを贈る数人があるが、すまん、今年はカードだけでご勘弁を! 宛名書きとカードに一言(このあたりはどうしても手書きにしたいのだ)、手紙に署名などをする。なんとか終了。料金をチェックして切手を貼る作業は翌朝に持ち越そう(これだけで1時間ぐらいかかりそうなので)。4:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-11 17:28 | 福岡雑記

9:00起床。もっともっと早くに目が覚めたものの、寒くて布団から出られなかった。。。午後、近所の方が見える。食べきれないブラウニーを手渡す。夕食後、やりとりしているときに、子供の頃、クリスマスや誕生日に親からプレゼントをもらったことがあるのは数える(おそらく2〜3回)ほどだと言ったらえらく驚かれる。誕生日を忘れられたこともあったと言ったら絶句される。(冗談でだが)かわいそうに。。。と言われ、かわいそうだと思ったことはないし、別になんとも思ってなかったけれど、そういう反応をさせることにこっちも驚く。じゃあ、子供の頃のキラキラした思い出はないんだ〜、と言われ、楽しいことはあったけれど別にキラキラしてない。基本、子供でいることが窮屈だったからなぁ。その後、いろいろ考えさせられた。1:30就寝。
by ricoricex | 2011-12-10 11:01 | 福岡雑記

e0038047_21212254.jpg
チョコレート・ブラウニーは、もともとはアメリカ合衆国のお菓子で、
定義としては、ナッツが入った四角または棒状のリッチなチョコレートケーキ、
食感はケーキとビスケット(クッキー)の中間といったところでしょうか。
国際化、簡単に作れる、おそらくチョコホリックなイギリス人が多いということもあり、
フードマガジンなどでも頻繁に紹介されています。

本来はもっとリッチです。
でも、それはややヘビー。グラニュー糖はぐんと減らしました。
風味とコクを出したかったので、チョコレートによく合う
オレンジキュラソーを少しプラス。
クルミのくだき具合は好みですが、
あまり細かくせず、粗いぐらいの方が
クルミの食感や風味が残り、しっかりとアクセントになるのでは、と思います。

<材料(26.5×26.5cmの天板1枚分)>
マーガリン……180g
ダークチョコレート……110g
グラニュー糖……300g
卵……4個
薄力粉……170g
ベーキングパウダー……小さじ1
クルミ……100g
オレンジキュラソー……大さじ1
e0038047_21205349.jpg


<作り方(調理:30分 オーブン:50分)>
下準備
*型にバター塗り、クッキングシートを敷いておく(四隅をハサミで切り、型にフィットさせる)。
*オーブンを160℃に温めておく。
e0038047_21202963.jpg

e0038047_2120162.jpg

e0038047_21193539.jpg


1. 湯煎の準備をする。 鍋に水を入れ火にかける。
e0038047_211924.jpg

2. クルミを粗くくだく。薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。
e0038047_21184218.jpg

e0038047_21181954.jpg

e0038047_21175656.jpg

e0038047_21172361.jpg

3. ボウルにマーガリン、チョコレートを割り入れ、1の鍋にのせ湯煎でとかす。
e0038047_21165881.jpg

e0038047_21161673.jpg

e0038047_21155192.jpg

4. とけたら火からおろし、グラニュー糖を加え、とけるまでよく混ぜる。
e0038047_21152693.jpg

e0038047_21150100.jpg

e0038047_21144032.jpg

e0038047_21141413.jpg

5. 2のときほぐした卵、くだいたクルミ、オレンジキュラソーを加えて混ぜる。
e0038047_2113566.jpg

e0038047_21132944.jpg

e0038047_2113080.jpg

e0038047_21123694.jpg

6. 2のふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる。
e0038047_211299.jpg

e0038047_21113891.jpg

7. 6の生地を型に入れ、表面をならし、160℃のオーブンで50分焼く。
e0038047_21111658.jpg

e0038047_21104423.jpg

e0038047_2110934.jpg

8. 冷めたら型から外し、適当な大きさ(6×6)に切る。
e0038047_219478.jpg

e0038047_2192693.jpg



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2011-12-09 21:24 | イギリス菓子・レシピ

8:30起床。だらだら、ぐずぐず仕事。今週は、張りつめていた糸が切れたのか、体調なのか、だら〜っとしてしまう。2:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-09 11:40 | 福岡雑記

e0038047_18565816.jpge0038047_18572066.jpg8:30起床。連絡事項等を済ませ、午前中、所用で外出し、買い出しも済ませる。ブラウニーの最終試作とおでん作り。いいなぁ、福岡は牛スジが、しかも竹串に刺してあるし、おでんコーナーに天ぷら(平天、のようなもの)もある! 感動! 
いい悪い、うまいまずいでは決してない。味覚は幼少時に決定されるといわれ、その真偽のほどは分からないけれど、少なくとても私はそう。外国の料理、韓国料理や中国料理、フランス料理やイタリア料理、イギリス料理などなどは、幼少時ではなく、後天的にそのおいしさを知ったので、福岡だろうが東京だろうが、香港だろうがバンコクだろうがロンドンだろうが、どこにいても楽しめるものは楽しめる。ただ、普段の総菜や和食は、もっと体なのか本能なのかに直結するところがあって、それが20年以上東京に住んでいたけれど、最後までなじめなかった。先のおでんの種、天ぷらは諦め、牛スジは何軒も店を回ったりとっておいてもらったりした(とはいえ今はだいぶ置いている店が増えた。串に刺しているのはみたことなかったけど)。調味料関係は帰省した際に購入したり、ついでのときに送ってもらったりしてたもんなぁ。繰り返し言うけれど、いい悪い、うまいまずいでは決してない。
夕方、ゲスト2人と落ち合い、おでん以外は用意してないので、ローソンでスナックやらおむすびやらを購入(してもらう)。味つけする前だったので、塩と醤油は入れたが、きちんと味見をしなかったので、薄かったみたい。。。ワインも開ける(って私ひとりで飲んでた?)。それぞれ仕事もあるので、早々に撤収。ワイン飲みながら雑事。あれっ、ひとりで1本開けてしまったかも。。。酔いが回ってきて、0:00就寝。
by ricoricex | 2011-12-08 18:58 | 福岡雑記