イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧



ハイレベルのチョコレートは、脳と心臓疾患にいいらしい。
Chocolate may protect the brain and heart
ハイレベルってとこがミソですね。
あと、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしと警告。
砂糖と脂肪分にもお気をつけ遊ばせるのがよいかと。。。
by ricoricex | 2011-08-31 22:31 | イギリスの食ニュース

11:15起床。蒸し暑さのとかゆさで目が覚め、しばらく眠れず、それで起きるのが遅くなった。かゆいのはネコノミなのか何なのか。膝から下、ではなく、太腿あたりが軽いじんましんのような見た目。腕の付け根のあたりもかゆいし。ただ、かゆさの質がネコノミとは違う気がする。ここのところ、30℃超えのせいか、日曜日に庭に出たときに数匹かくっついて家の中に入っているのは確か。困ったもんだ。
シャワー。昼食。この日は、よくそういうことは起こるものの、福岡に来て初めての現象。あ〜、血圧が低いなぁ〜。起きているのがつらい。横になりつつ、起きつつ、だらだら仕事。
夕食。仕事含め、この日もやりとりが多い一日。2:00就寝。
by ricoricex | 2011-08-31 22:22 | 福岡雑記

8:15起床。シャワー。朝食。メール、メール、メール。気分転換にトライフルを作る。以前に、イギリス在住の友人からのクリスマスプレゼントで送られてきたバードのもの。バードはカスタードで有名。彼らはプディング(デザート)にカスタードかシングルクリームをたっぷりかける。家庭でいちいち作るはずはなく、缶詰めとかお湯でといて作るパウダータイプとかを利用する。その有名メーカーがバードで、私も随分お世話になった。

by ricoricex | 2011-08-30 20:56 | 福岡雑記

今年の春から取材・執筆にとりかかった、誠文堂新光社さんの
『サラダ バリエーション ブック』が、先日刊行されました。
フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、スウェーデン・北欧、トルコ
のヨーロッパ料理を出しているレストランさんにご提案いただいた
サラダを177種類紹介しております。
おなじみのサラダから知られざる1品まで、
写真や装丁もきれいで、実際のレシピ本としてはもちろん
眺めているだけで楽しい内容です。
ぜひお手にとってご覧くださいね。
e0038047_2282419.jpg

by ricoricex | 2011-08-29 22:08 | お知らせ

7:45起床。朝食をはさんで大掃除。外に出ると、う〜ん、ネコノミはまだいるなぁ。フン害もなんとかしたい! シャワー。買い出し。昼食。シエスタ。荷物整理。うだうだ。夕食。仕事&調べもの。2:00就寝。
by ricoricex | 2011-08-29 21:38 | 福岡雑記

11:15起床。シャワー。昼食をはさんで雑用。買い出し。荷物整理。調べもの。夕食。うだうだ。ネットをさまよって3:00就寝。たいしたことは何もやってないのに、あっという間に一日が過ぎるなぁ。
by ricoricex | 2011-08-28 19:51 | 福岡雑記

e0038047_22544461.jpge0038047_22545659.jpge0038047_225575.jpge0038047_22541669.jpge0038047_22542518.jpg11:15起床。シャワー。仕事少し、雑用を済ませて外出。ランチはクレガにて。この週末で閉店になっちゃうのだ。夜、訪ねてみたかった。今回は1500円のパスタコース。コーンスープがおいしい。とうもろこしの甘いこと。パスタは糸島野菜のトマトソースに。野菜がいいこともあるが、活かし方がうまいなぁ。食後の飲み物はハーブティーに。レモングラス主体のものにして、これもよかった。ハーブティーは最近おいている店が増えたが、店によって当たり外れも大きい。なので、つい二の足を踏んでしまうのだ。
岩田屋の食品売り場を見る。野菜、とりわけハーブが充実している。人にすすめられて来て、確認の甲斐あり。街を歩いていると、服とか靴とか身につけるものを、あれもこれも欲しいって気になる。いっそのこと、持って来た服を一気に全部処分して、全部買い直したい気分(実際にはできないけれど)。こんなこと初めてだ。場所を移って何となく物珍しさともあるのだろうと思っていたが、そういうわけでもなさそう。この日も試着して、なんとか誘惑を振り切ったけれど、でも後日出直して買っちゃいそう。お店のお姉さんも応対もとても感じがよかったし、名刺と一緒に品番やサイズなどの情報のメモもくれたし(それが手だとしても)。
e0038047_22554488.jpge0038047_225688.jpg薬院のシュエットへ。ここはコム・ラ・フランスというフランス洋菓子教室が今年の3月に始めたケーキ屋。と言っても教室も併設しており、むしろそっちがメインに見える。入ってすぐのスペースは製菓器具やキッチン用品などの販売スペースで、向かいにレジ。ここに販売スイーツのショーケース。左手にカフェスペース、奥が教室となっている。購入したのはシュークリーム210円とロールケーキ270円。シュークリームは皮がパリッと焼き上がっていて、中のクリームはバニラがきいてやさしい味わい。値段を考えると、もう少し食べ応えがあるとうれしい。ロールケーキは、う〜ん、なんだろう、なんだか私にはエギーに感じられる。といっても卵(特に黄身)を必要以上に多く使っているわけではなさそう。味わいはそうでもないが、風味がエギー。これだけ判断はできないのは大前提だが、単にケーキ屋として考えると、おお〜これは!という菓子屋として徹底したプロフェッショナルではないし、かといってほっこりとしたホームメイドな感じでもない。菓子教室でこういうもの作ってますよ、家でもこういうの作れますよ、といったところか。販売しているグッズや内装を含め、教室もしくは講師の世界観を表現する手段に菓子の販売があるのかも。だとしたら、それはそれでおもしろい戦略かもしれない。
e0038047_2258835.jpge0038047_22572643.jpge0038047_22563562.jpg近くだから、と16区へ。やっと、の訪問。行きたい行きたいとずっと願っていた店。近くにいくとビルの屋上(?)に看板が出ている。広い店内。お客さんも多い。厨房も広そう。まずは、看板商品のダックワーズ2個入り367円。生菓子は悩んだ挙げ句、エクレア・ショコラ189円、桃のショートケーキ420円、クレーム16区420円。ダックワーズはさすがの完成度の高さ。個人的にはマカロンとかダックワーズはあまり得意ではないのだが、大きさといい、味といい、本当によくできている。エクレアは、クリームにラムをしのばせ、意外と濃厚(といってもくどくはない)。シュー生地はしっかり練ってひきのある生地にしている。今どきのものより若干卵が多いかな? もしくは粉は薄力粉オンリーか薄力粉のパーセンテージが高いかもしれない。クレーム16区は、チーズの心地よい酸味がある。ほどよいテキスチャーもさすが。
そして、そして、いや〜、これはすごい! 桃のショートケーキに感動! こんなフレッシュ感をケーキで表現できるんだ〜。果物のみずみずしさが失われず、それでいてスポンジ、シャンティイのバランスがよく、ケーキとしてもこの完成度! すごい! 見ると地元または九州の果物を使ったケーキがいくつかあり、どうしてもダックワーズに目がいってしまうが、この素材使いの素晴らしさは特筆もの! 昨今はフランスの地方/伝統菓子、よりオーセンティック、またはとんがった菓子に目がいきがちだが、食べて落ち着く、繰り返し食べたいのは、私の場合は、やっぱり日本のフランス菓子。16区の場合は、安定感も底知れない。昨日今日じゃこうはできないよ。それと、コロンビエ(フランスの祝い事に使われる菓子)があったのも気に入った。コロンビエを作っている店ってあんまりないような気がする。
レシートは担当者と商品名、数量、値段、つまり明細がきちんと記してあるタイプってのも徹底してるなぁ。近くには専用駐車場もあり、スタッフの方が誘導していた。そして紙袋で買い物してきたと分かると元気に挨拶してもらった。菓子そのものもだが、サービスなどもとてもよい。小冊子ポーズキャフェも作っていて、これもバックナンバーすべて欲しい!
帰宅し、ケーキを食べたりしつつのんびり。fbでシンガポールの知人とチャットしたり、スカイプでイギリスの友人としゃべったり。世界は狭くなったもんだ。私はインターネットデビューは95年(96年の早い頃だったかな?)で、そのためにマックを買って、で、当初より、リアルもその側面はあるが、それ以上にネットの世界の共通言語は圧倒的に英語だなぁ、とつくづく感じる。ツイッターをfbにリンクさせていて、英語で書くことがあるのはそのため。
1:00就寝。
by ricoricex | 2011-08-27 22:33 | 福岡雑記

e0038047_2153361.jpg
日本では家庭料理だとあまり頻繁に使わないような気がしますが、
イギリスでちょこちょこ使うのがライム。
実際、私がクッカリー・コースをとっていたときも
(そこは、いわゆる家庭料理というよりは、それを軸に応用できるよう、
 きっちりとしたものを実践で作りつつ、
 料理の基礎技術と知識を集中して学ぶというものでした)
ライムはときどき使いました。
おそらく、ですが、昔から伝統的に使っていたというより、
いろんな国の料理は食材が入ってきているので、それでかなぁという気がします。
(本当はどうなんだろう? 調べてみるとおもしろいかもしれない)

この料理は、ドレッシングの酸をライムを使うというもの。
ハチミツを入れることでやわらかいおだやかな甘さが加わり、
刻んだミントがいい風味となっています。
一般にイギリス人はスイートチリソースが好きで、
それと同じ系統のドレッシングかもしれません。

鮭の切り身をどんとのせるので、これだけでメインとなりえる一品。
鮭はカリッとクリスピーに焼くと
よりこのサラダにふさわしく、おいしさが増します。

<材料(2人分)>
鮭(切り身)……2切れ
アボカド……1個
キュウリ……1本
サラダ菜……1/2玉(約50g)
塩・コショウ……適量
オリーブオイル……小さじ1

〜〜ドレッシング〜〜
ライム……1個
ハチミツ……小さじ1
オリーブオイル……大さじ1
ミントの葉……大さじ1
塩・コショウ……適量
e0038047_21525626.jpg


<作り方(調理:35分)>
1. アボカドは半分に切って皮と種を取り薄く切る。キュウリは半分に切って3〜5mmの暑さの斜め切りにする。サラダ菜は1cm幅に切る。
e0038047_21523627.jpg

e0038047_2152684.jpg

e0038047_21512894.jpg

e0038047_21511153.jpg

2. ドレッシングを作る。ライムは半分ほど皮をすりおろし、1個分のジュース(約大さじ2 1/2)を搾る。ミントはみじん切りにする。材料をすべて、ジャムの空き瓶などに入れる。
e0038047_21504187.jpg

e0038047_2150473.jpg

e0038047_21492733.jpg

e0038047_2149104.jpg

e0038047_21484634.jpg

e0038047_21482299.jpg

3. 鮭は皮と骨を取り、塩・コショウをふる。
e0038047_2148071.jpg

e0038047_2147421.jpg

e0038047_21472463.jpg

4. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、中火で片面約3分ずつ焼く。
※外はパリッと、中はしっとりがよい状態。
e0038047_2147118.jpg

e0038047_2146434.jpg

e0038047_21452877.jpg

5. 鮭を焼いている間に、皿に1のサラダ菜、キュウリ、アボカドを置く。
e0038047_2145878.jpg

6. 2のドレッシングをよくかき混ぜ、半量ほどを5の野菜に回しかける。
※ふたをしてシャカシャカする容れ物だと便利。
e0038047_21445046.jpg

e0038047_21442849.jpg

7. 4の鮭が焼き上がったら、6の上におき、余ったドレッシングをかける。
e0038047_2144996.jpg

e0038047_21434953.jpg






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2011-08-26 21:55 | イギリス料理・レシピ

8:15起床。シャワー。朝食。この日は久しぶりにいい天気。仕事。昼食。少し休み、雑用。軽食。前の日にお目にかかった方に誘われて、警固にあるbuena onda(ブエナ オンダ)で行われた交流会へ。40人ぐらい集まっていたのかな? オープンな人が多いので、すんなり入っていってわいわいくっちゃべる。あ〜、このノリ。イギリスの学校でスペイン人と仲良くしていて、彼らが、今日は何時に○○のパブに集合ね!来てね!とか、週末に○○行くから一緒に行こう、とやっていた、構えのなさに似てるなぁ〜。これ、私にとって心地よい。
ワインをグラスになみなみ注いでもらって2杯。どっちもスペインか? いい意味でアーシーさがありつつするする飲める。夏向きの赤と白。料理はイカスミのパエリアが気に入った。オーナーさんとも話す機会が持てたが、料理とか内装とかでなく、この店のコンセプトがとてもおもしろい! なるほど〜!とちょっとうなってしまった。
店を出て、もちょっと喋ろうということで近くのモスバーガーへ。喋っててあまり食べてなかったのか、飲んで満腹中枢がやられたのか(おそらく後者)、とにかくまだ食べたい欲求だったので、ハンバーガーをセットでぱくり。
24:00ごろ帰宅。久しぶりのアルコール(ネコノミでやられたところがかゆくなるので抑えているのだ)で、目がさえまくり3:30就寝。
by ricoricex | 2011-08-26 20:04 | 福岡雑記

7:45起床。シャワー。朝食。仕事。昼食。シエスタ。仕事しつつ雑用。軽食。予定があり外出。23:00頃帰宅。仕事少し。ネットでうろうろ。2:30就寝。
by ricoricex | 2011-08-25 16:28 | 福岡雑記