イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧



e0038047_1732074.jpg
サラダうどんってありますよね。
そのオリエンタル版といった趣です。
以前にも書きましたが、イギリスの料理本やフードマガジンを眺めていると、
和の素材、今回であれば、うどんをこんな風にアレンジするんだ〜、と
その具材や調味料の合わせ方の自由な発送にはっとします。
(もしかしたら、彼らにしてみれば、そんなつもりはなくって、
 日本風に、と思っているのかもしれませんが)
このメニューも、フードマガジンをヒントにした一品です。

暑い夏の日に、本当におすすめです。
われながら上出来とほくそえんでいます。
クレソン、貝割れダイコン、アボカドのそれぞれの食感や風味がマッチ。
ゴマとドレッシングのゴマ油がまとめ役といえそうです。

個人的には、ドレッシングの醤油は
気持ちもう少しだけ控えめでもいいかなという気がしますが、
一般的にはこのくらいの味がちょうどよいのではと思えます。

7の工程で、鶏ムネ肉のスープが出ます。
うまみたっぷりで、捨てるのはもったいない。
このレシピでは使わないので、冷凍するなどしてとっておいて、
ほかの料理で使うとよいでしょう。
e0038047_1724482.jpg


<材料(2人分)>
乾うどん……2束(70g×2)
鶏ムネ肉……100g
日本酒……小さじ1
クレソン……1袋(約35g)
貝割れダイコン……1/2束
アボカド……1/2個
アサツキ(小口切り)……大さじ1
ゴマ……小さじ1

〜〜ドレッシング〜〜
醤油……大さじ1 1/2
日本酒……大さじ1 1/2
砂糖……小さじ1 1/2
ゴマ油……大さじ1
e0038047_173386.jpg


<作り方(調理:35分)>
1. 鍋に水を入れ、火にかける。
e0038047_1722762.jpg

2. 鶏ムネ肉は皮を外し、耐熱皿におき、日本酒をふり、軽くラップをして、電子レンジに約2分かける。
※鶏ムネ肉はなるべく平らにしておく。
e0038047_1721328.jpg
e0038047_1714390.jpg
e0038047_1712872.jpg

3. ドレッシングを作る。大きなボウルにに材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。
e0038047_1711033.jpg
e0038047_1705476.jpg

4. 1の水が沸騰したらウドンを入れ、そのウドンの所定の時間に従って、ゆでる。
e0038047_1703067.jpg
e0038047_170096.jpg

5. クレソンは太い茎を取り除く。貝割れダイコンは根元を取り、半分の長さに切る。アボカドは皮をむき、薄く切る。
e0038047_16594258.jpg
e0038047_16592797.jpg
e0038047_1659773.jpg
e0038047_1658454.jpg

6. ウドンがゆであがったら、湯を切り、流水で洗い、水を切る。
e0038047_1658172.jpg
e0038047_16575943.jpg

7. 2の鶏ムネ肉を手でさく。
e0038047_16572844.jpg
e0038047_16565556.jpg

8. 3のドレッシングのボウルに6のウドン、7の鶏ムネ肉、5の野菜類をすべて入れ、混ぜ合わせる。
e0038047_16562118.jpg
e0038047_16555379.jpg
e0038047_16552879.jpg
e0038047_16551035.jpg

9. 皿に盛り、ボウルに残ったドレッシングをかける。
e0038047_16544822.jpg

10. アサツキの小口切りとゴマを散らす。
e0038047_16542588.jpg

・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。




by ricoricex | 2011-07-29 17:06 | イギリス菓子・レシピ

。。。11:45起床。。。昨晩は蒸し暑くて、何度か目を覚ました。眠れなかったわけではない。でも、落ち着いてぐっすり、とはいかなかったのだろう。夜明けに目を覚ましてからようやくぐっすり眠れた気がする。あとは、月刊誌の校了が終わった安心感と解放感。とはいえ、ねぇ。歳をとれば睡眠時間が短くなると思っていたけれど、さにあらず。いつまで建ってもロングスリーパーだ。一日、7時間は寝ないと体の調子がよくない。食べるのも、ちゃんと食べてるなぁ。まあ、健康的な生活といえばそれまでだが。
シャワー。昼食。さあ、仕事にかかろうと思ったら、大家さん(厳密には大家さんの親戚の方で、現状窓口はこちら)が訪問。管理会社さんからネコノミのことを聞いて、いらしたのだ。腕をご覧になってびっくり。でも足はもっと悲惨なんです、とジーンズの裾をめくると、絶句! ここまでとは思ってらっしゃらなかった様子。これまでの経緯と状況をお話しする。この日は、隣の大家さんの敷地を、雑草をとったり、忌避剤を散布したりされた。これも効果があるといいなぁ。
さあ、仕事。だが、なんとなく気がのらない。眠くなってくるが、これはただの怠けグセ。主出して、探し物。買い出し&買い物に。帰省にあたって、姪と甥から博多通りもんを買ってくるように、とお達しがあったのだ。彼らは博多通りもんが大好物(東京では蜂の家のおいもこいも)で、世の中でこんなにおいしいものはないと思っている。箱入り10個より、簡易包装5個入×2の方が安いので、後者を購入。数年前に何かの話から、博多通りもん、博多通りもん、と連呼して、最初何を言っているのか分からなかったけれど、それはお菓子だった。そのときは、ふうん、聞いたことないなぁと思っていたけれど、今では駅や空港の売店でめちゃくちゃよく見る。目につきやすく、広い場所もスペースを確保。私が知らないなぁと思ったのは無理もなく、どうやらここ10年来の割と新顔らしい。子供の頃は、博多の女(ひと、と読む)が、学生の頃は博多ぶらぶらが好きだったんだけどね。
福岡にやって来て、子供の頃の記憶が(忘れていた訳ではないのだけれど、東京では思い出す機会がなかった)、いろいろよみがえる。今、テレビなしネットでラジオ生活で、ふと、大原松露饅頭やらチロリアンやら、CM曲が頭の中をかけめぐる。そういえば、東京に出たばかりの頃、ひよこ持ってふるさと帰ろ、というCMのフレーズを聞いてびっくり仰天したことがあったな(ひよこは福岡のお菓子で、東京でも作っているとは思っていなかったから)。
何か食べて帰ろうかなと思ったが、この日でネコノミのかゆみ止めの飲み薬が終わりなので家で食べることに(外だと飲みたくなって誘惑に負けるので)。通常、私は食関係の編集・ライティングをしていることもあり、あんまり外食などについては書かない。個人的に店の人を知っていてブログに書いてもいいよ、って時以外は。外食が仕事がらみってことも多いし。でも、どう?と聞かれる機会ががぜん増えたので、仕事の絡みがなく、ごく個人的なことであれば記してもいいのかなと思い始めた。
福岡に来てからは、すぐ月刊誌の企画で、下見&突撃取材(突然にもかかわらずどこのお店も、とてもよく対応してくださって、ありがとうございました)で、個人的な外食は皆無に等しかった中で、一度だけあった。
そのとき、博多駅の阪急にいて、もういい時間だし何か食べて帰ろう、と。阪急自体はレストラン街がなく、阪急の入っているビル全体でレストラン街がある。阪急の地下1階にフードコートがあり(珍しいねぇ)、サクサクッて気分だったので、ここで食べることに。各地のB級グルメを集めた感じで、からつバーガーとかイカ焼きとかあったけれど、このとき食べたのは小浜ちゃんぽん。小浜ちゃんぽんというジャンルがあるって知らなかった。雲仙名物のようです。麺はちょっと太めで、スープも比較的あっさり。ウスターソースをかけてもよし、ということで最後にちょっと試してみた。私は(というよりわが家は)ウスターソース消費量が多く、焼うどんも天ぷらも焼き飯もウスターソースだが(だった、の方が正しいかも)、ちゃんぽんにってのは初めて。悪くないけれど、なくてもいいかな。1杯630円。若干デパート価格って気がしないでもないが、悪くないです。普通においしい。でも、好みで言えば、普通のちゃんぽんの方が好きかも。
博多阪急にはラデュレが入っているのだが、私が通り過ぎたときは閑古鳥。ほかのフロアなどの集客と対照的だ。以下は私自身のジレンマ。こういう店の取材とかは好きだ。興味深いこと、知りたいことがいろいろある。でもいち消費者として買うか、と問われると基本的にはNOだなぁ。母が一回の食事にン万円も払うなんてバカじゃなかろうか、と言うのもよおおおく理解できるのである。要はそこまでして払う価値があるのかってことで、そこまで払わなくても手の届く価格でいいものはいっぱいある、ということが頭をよぎるのである。普段の生活はそれで十分ではないか、と。でも、仕事柄ゆえの好奇心がどうしてもむくむくもたげてきて、試したい!とも思うのである。なかなか、むずかしいねぇ。
帰宅後、夕食。仕事。やっと仕事モードに。1:00就寝。
by ricoricex | 2011-07-28 15:09 | 福岡雑記

7:30起床。シャワー。仕事。昼食。仕事。
月刊誌の校了日。今回はぎりぎりの進行で、昨日からやっと取材先など(在福岡)に内容確認。この先方への確認というのが、時間がかかる。当たり前だけれど、先方の都合もあるし、担当の方がつかまらないと、なかなか骨が折れる。愚痴ってるわけではない。これも仕事。そういうもんだと思っている。先方にとってこれは本業じゃないわけで、お願いして取材に応じてもらって(まあ、広告ではないから、立場としては対等なわけだけれど)、で同じやるなら、できるだけ余裕をもって気持ちよくやってもらいたいといつも思う。ただ、時間の制約などでなかなかむずかしいのが実情。
昨日から確認出しを始めたということは、暗にすぐに見てくれという意味なわけで、申し訳なく、かつ心配したが、びっくりするほど回答が早かった。ほんとにびっくり。結局、今日に持ち越したのは1件だけ。具体的な内容はファクスやメールを使い、できるだけ電話で一報を入れるようにしているが、ときどきタイミングが合わなくって電話できないことがある。この1件も電話を入れられなかったところ。で、この日の午後電話を入れたら不在で、またあとで電話しようと思っていたら、先方からかかってきた。びっくり! 以前の電話でやりとりの履歴が残っていて、それで気づいてか? そんなわけで驚くほどスムーズだった。
ふと、今の家を探すときに、いくつかの仲介会社さんにあたったが、どこもレスが早く、きめ細かくって(希望があれば何でも言ってくれ、とか、こんな物件もあるけどどうでしょう、とか)びっくりしたことを思い出した。東京では体験したことないねぇ。プラスもマイナスもなく淡々って感じだったのに(それはそれのよさがある)。商売ゴリ押しって風でもなく、感じもよかった。引っ越し屋さんもそうだったな。あ〜、商売人だなぁと思い、今回もそれと同質な気がする。
ひと段落したら夕方。ネコノミにやられた箇所のかさぶたをとり始めたら止まらない! 困ったもんだ、それにしてもすごいかさぶた。皮膚は今、一生懸命再生しております。こういうこともあるんだなってことで、この被害も写真に撮っておこうかな。非常にグロテスクで人様には見せらないし、あとから見たら気持ち悪くなりそうだけど。
このネコノミの件で、まだ荷物がほとんど箱の中にある今のうちに引っ越した方がいいのかな、と思わなくはないけれど、本気でそういう気にならない。お金が惜しいとかというより(確かに経済的損失は大きい。でも、私は自分の快適さを優先するので、お金は二の次三の次で本当に嫌になったら、サッと行動しちゃう)、この家や周辺環境に体がなじみ始めたのかもしれない。でもこれ以上ひどくなると考えざるを得ないかも。もう少し様子見だ。それもあって、ということで、荷物整理がまったく進んでいない(言い訳)。
夕食。私が解放的な気分になっているのを知ったかのように、電話&fbでチャット。タイの知人が夏休みパリに行くんだ〜、秋はハノイ(こっちは仕事かな?)、と。いいねぇ〜。私も高飛びしたいよ。で、いつタイに来るの?と。行けたらすぐ行きたいよ〜! 福岡は東京よりもタイに近いし、あぁ、ふらふらっと本当に行きたくなる。雑用をしていたらあっという間におねむの時間。0:20就寝。
by ricoricex | 2011-07-27 12:25 | 福岡雑記

7:30起床。シャワー。朝食。仕事。ネコノミのことで、管理会社さん&仲介会社さんとやりとり。屋内はあるけれど屋外の害虫駆除をやってくれる業者さんはほとんどなく、やっとつかまったと思ったら効果が確認しづらいし、何度もやんないといけないし、草木に影響を及ぼすといけないしetcで、であれば自分でやろう、ということで管理会社さんがやってくれることに。管理会社さんが見つけてきたのは業務用の駆除剤。これが5万円近い。まずは大家さんと許可と金銭負担について話さないといけないから、ということでいったん報告終わり。
昼食。仕事。昨日訪ねたご近所さんが訪問。昨日の手みやげ(といってもたいしたことはしてない)のお礼に、とお茶をいただく。冷やして飲んでもおいしらしい。今年の夏はこれを飲んで過ごそう。ネコノミは災難だけど、これがきっかけで近所の人と話せて(管理会社さんも近く)、環境がわかっていいなぁ。
夕方、管理会社さんがやって来る。なんでも薬局で駆除剤を仕入れてくれたよう。先の駆除剤よりコンパクトサイズで値段もそこそこだったよう。大家さんとは連絡とれずで、でもまずはこれでやってみましょう、ということで、私が外(ネコノミが出没する庭と通路)に出られないのでやってもらう。一回で効くものじゃないから、何度かやってみましょう、ということに。
夕食。久しぶりにスイカを食べる。本来なら縁側でスイカが似合う家なのに、惜しいな〜。仕事。24:00就寝。
by ricoricex | 2011-07-26 14:22 | 福岡雑記

8:30起床。やっとネジが元に戻ったみたい。すぐに昨日注意を受けたブロック塀の忌避剤の除去を行う。長袖、長いソックスと肌を露出しないように気をつけ、パタパタ払って家の中に入ったものの、やっぱりくっついてきちゃったよ〜。粘着テープ片手にノミとり。気づけば1時間。はぁ〜。朝食。週に一度の大きな掃除。これに3時間。はぁ〜。シャワー。昼食。
仕事。買い物。昨日のお詫びにご近所を伺う。いろいろ話し、ノミネコに対する状況やら教えてもらう。やっぱり根本的に何かやんないとなぁ。
この週末、いくつかうれしいメールが。私の東京出張を確認してくれたり(終わっちゃったよ〜)、今週福岡出張だから会いましょう、この週末福岡だったけれど会う時間が作れなかったのでまたの機会に、お盆明けに福岡に引っ越しますetc。いや〜、うれしいね〜。いつもに増してうれしい。
東京にいるときとそう変わらない生活スタイル(ひとりで動くことが多い)だけれど、街中や飲食店で人々が楽しそう(ひとりの客も店員と楽しそうにやりとりしている)なのにあてられちゃってか、人恋しいのかな。ほとんど飲めないのに、外に出るとちょっと飲んで帰ろうかな、という気分にいつもなるし(でも、今はかゆみがひどくなるので我慢)。
家の整理少々。夕食。仕事。23:30就寝。
by ricoricex | 2011-07-25 08:49 | 福岡雑記

異常な睡魔で17:00起床。途中ぼんやり目が覚めないこともなかったが、こんこんと眠り続けた。夕方までってのは、まれにみる凄さ。自然の摂理として昼食後眠いとかではなく、どうにも抵抗できない吸い込まれるような本能が要求する眠さ。こういうときは起きていても、目は覚めているけれど脳はうとうとで使い物にならないので、体が欲することに従うようにしている。食べるものもときどき強烈に○○が食べたいと思うことがあり、それは先の睡魔と同様、本能が求めているんだろうから、従うようにしている。
仕事。夕食。ずっともわもわっと睡魔に包まれている。
電話(スカイプ)で、猛烈に眠くってと言うと、引っ越し前後のバタバタが落ち着いて安心して、無意識にたまっていた疲れがどっと出たんじゃない、と。疲れか〜。疲れってほどのものは感じてはいないけれど、言われるとそうなのかもしれない。
22:00頃近所の方が訪問。忌避剤をブロック塀の上にまいてたら、ブロック塀はその家の持ち物で布団を干したりするらしく、どけといね、と。もっともだ。ブロック塀の所有者と使用用途を知らなかったとはいえ、悪いことしちゃったな。ネコノミがすごくって云々の話をすると(そのブロック塀を歩いているところを見たことがあったのでまいた)、あら、ほんとだ、かわいそうに、それはひどいわね、と。忌避剤の影響かどうかわわからないけれど、ここ数日ネコの姿は以前ほど目撃していないらしい。安心材料、になるといいのだが。
そのネコノミ、薬のおかげでかゆみはほぼおさまっている。でもやられ続けているようなので、先は長い。0:00就寝。
by ricoricex | 2011-07-24 10:15 | 福岡雑記

9:45起床。7時台、8時台と目は覚めるものの、どうにも眠かった。起きたら、即、仕事。昨日中に終わらせたかったものに着手。確認作業は時間がかかるなぁ。気分転換を兼ねてシャワー。仕事。ひと段落して、14:00過ぎに昼食。
郵便物のチェック。支払いの件について一通あり、内容がよくわからないので確認の電話。問題なさそうで安心、買い出し。おきゅうとを売ってるなぁ、さすが。
帰宅後、猛烈な睡魔に襲われて、シエスタ。昨日、今日となんでこんなに眠いんだ? 
夕食。スカイプで長電話。荷物整理少し、仕事少し。0:00就寝。
by ricoricex | 2011-07-23 19:13 | 福岡雑記

e0038047_22212573.jpg
魚料理は、普段は焼いたり煮たりですが、
イギリスのフードマガジンや料理本を眺めていると、
なるほど〜、こんなやり方もありか〜、とはっと気づかされることがあります。
これもそれらからヒントを得た料理のひとつ。

タマネギはゆっくり熱を入れることで甘みが増します。
一緒に入れるニンニクもマイルドでほくっとした印象。
リンゴジュースを少し入れることで、コクが出るような気がします。

ローズマリーはドライタイプを使いましたが、
フレッシュなら2〜3枝使えばよいでしょう。

オーブンを使うので暑いと思いがちですが、
材料を切ってホイルに包んで焼くだけなので台所に立つ時間は短く、
味わいは、レモンがきいてさっぱりなので、
夏向きのメニューかもしれません。

<材料(2人分)>
サバ(3枚におろしたもの)……2切れ
レモン……1個
ローズマリー(乾燥)……小さじ1
ニンニク……2片
タマネギ(小)……1個(約150g)
リンゴジュース……大さじ4
塩・コショウ……少々
e0038047_22205977.jpg


<作り方(調理:20分 オーブン:25分)>
下準備
*オーブンを200℃に温めておく。
*耐熱皿の2倍の長さ以上に切ったアルミホイルを天板に敷く。
e0038047_222036100.jpg


1. サバに塩・コショウをふる。
※あからじめ塩がふってある場合は、コショウのみ。
e0038047_22201841.jpg

2. タマネギはスライスする。レモンは半月切りにする。ニンニクはスライスする。
e0038047_22194734.jpg

e0038047_22192899.jpg

e0038047_2219765.jpg

3. 準備しておいた耐熱皿に2のレモンをおき、2のニンニクのスライスとローズマリーを散らす。
e0038047_22184930.jpg

e0038047_22183175.jpg

e0038047_221899.jpg

4. 3の上にサバをおき、2のタマネギのスライスをおき、リンゴジュースをふりかける。
e0038047_22173671.jpg

e0038047_22171034.jpg

e0038047_22164183.jpg

5. アルミホイルをかぶせ、アルミホイルの端を閉じ、200℃に温めておいたオーブンで約25分焼く。
e0038047_22161266.jpg

e0038047_22155411.jpg

e0038047_22153380.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2011-07-22 22:25 | イギリス料理・レシピ

6:45起床。仕事。シャワー。朝食。今日こそクリニックへ。電話を入れると、予約はとってないとのこと、お昼頃になると混むから早めにいらっしゃい、というわけで、オープン直後の9:30過ぎに到着。診察中の人が一人、待っている人が一人。すぐに順番が回って来る。
一目見るなり、こりゃネコノミやね、とのこと。ノラ猫がいて、ノミを運んでいて、それが飛んで来たのだろう、と。確かにネコは見る。野良にしては毛並みがいいけれど、外をうろついている。塗り薬と飲み薬をもらう。でも、これじゃ根本的な解決にならない。ちなみにこれまで私がやった畳にインジェクトするやつとかアースレッドは効果がないらしい。その通りだったけど。
ネコノミそのものの退治はどうすればいいですか? う〜ん、そうやね、ナフコ(ホームセンター)とかに行けばなんか売ってるんじゃあないかね。でも、ナフコってたいがい車でないと行けないところですよね? そうね。あっ、東急ハンズは?あそこならなんでもあるんじゃない?というわけで、東急ハンズにきいてみたけれど、ダメだった。
帰りしな、管理会社さんに電話。状況を報告していたので、原因がネコノミだったことetcを話す。私が帰宅するタイミングでうちに来てくれた。で、ナフコへ一緒に行こうということに。ネコノミ対策のものを一緒に探す。店員さんとも相談するけれどないねぇ。とりあえず、忌避剤を買う。管理会社さんはノミとりホイホイが効くらしいと調べてくれていたけれど、販売してなかった。
とにかく忌避剤をまこうと外に出たら、またネコノミの小集団が! 急いで振り払う。
見るとスカートのかげとかにいる。クリニックの先生も言っていたけれど、こうやって家の中に入ってくるんだなぁ。
昼食を挟んで仕事。14:00過ぎに管理会社さんがやって来る。なんでも昼食後、別のホームセンターへ行って、ノミとりホイホイを探し当てて買って来てくれて、届けれくれたのだ。 近所とはいえ、親切だなぁ。
なんでもこのネコノミ被害、うちだけじゃないらしい。並びの3、4軒先のおたくでも被害に遭っているとか。
DDTのような対策をとらないとダメそう。今年の夏は格闘だな。
でも、ともあれ、原因がわかって安心。安心からかどっと眠くなり、どうにも我慢できずシエスタに突入。昼寝なんて福岡に来て2回目。よくこんなに寝てないなぁ。
夕食、仕事。荷物整理。かゆみ止めの飲み薬が眠くなるらしく、また眠くなる。(こーゆーのよく効くんです)。1:00就寝。
by ricoricex | 2011-07-22 18:17 | 福岡雑記

6:30起床。シャワー。朝食つきでないので(だからこのホテルを選んだってのもある)、以前からず〜っと気になっていて、東京にいるときはついぞ試せなかったホテル近くのベーカリーカフェで朝食。出勤前の友達と落ち合う。パンを2つ選べ、リュスティックとイングリッシュマフィンにしたけれど、イングリッシュマフィン(イギリス人は、これがマフィンで、イングリッシュマフィンとはいかに、って言ってた。通常マフィンって言っている方をアメリカンマフィンにしろ、だって。ははは)は好みとはちょっと違う。チョイスを間違えたかな〜。コーンミールの比率が少ないんだろうか。でも、全体としては満足度の高い朝食。
ホテルに戻り、台風情報をチェックしながらパッキング。チェックアウトし、銀行に寄る。東京の家の敷金(だったっけ?)の戻り、中古レコード&CD買取りの入金あり。よかった! これでしばらく生きられそう。
銀行と言えば、口座を持っている都市銀行のメインバンクは残すとして、福岡の地銀の口座を作らないとなぁ。予定の時間までコーヒーショップで仕事。午後、アポの入っていた仕事へ。
約束の仕事が終わったのが16:15頃。台風の影響で飛行機が心配だったが、大丈夫そう。羽田空港へ向かう。
18:40の予定時刻を少し過ぎて離陸。到着予定の20:35頃到着。ごくごくたま〜に、乗り物が到着した瞬間に、あっ、(相性が)ダメ!と強く感じることがあって、それが街自体なのか時期によるのか分からないけれど(これ、得体が知れず不気味で、気持ちがまったく落ち着かない)、そうなったらどうしよう、と一瞬危惧したけれど、大丈夫だった。受け入れてくれてありがとう。
途中で夕食を食べて22:00過ぎ帰宅。出張前にたいていったアースレッドを処理。そのあと、掃除機がけして雑巾がけ。電話が調子悪いと思っていたけれど、ふと、モデムか?と思い、トラブルシューティング。原因はモデムだった。でもごそごそやっていたら正常に戻った。よかった。
疲れているのになぜか少し興奮状態。寝る気になれず、2:30にやっと就寝。
by ricoricex | 2011-07-21 14:42 | 福岡雑記