イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧



e0038047_182146100.jpg
名前の通り、イースターのお菓子です。
イングランド西部が発祥のようで、
イギリス全土で知られているものではないようです。

ちょっとスパイシーでいろいろなドライフルーツを使います。
卵やウサギがイースターのシンボルで、それぞれ意味があるように、
中に入れたドライレーズンが、子孫繁栄を意味するのだとか。
ベーキングパウダーを使うので
(イギリスではセルフライジングフラワーという、
 あらかじめベーキングパウダーの入った薄力粉を使用)、
ちょっとぷくっとふくらみ、ややしっとりとした食感があります。

スパイスは、本当はミックススパイス(Mixed Spice)を使います。
これは、あらかじめ何種類かのスパイスがミックスされたもので、
オールスパイス、シナモン、ナツメグ、ジンジャー、クローブなどが配合されているよう。
イギリスでは焼き菓子によく使われます。
日本では入手がむずかしいので、
ナツメグやシナモンをメインに、適当に合わせて使うとよいかと思います。
このレシピでもそうしました。

作り方は、ここではより伝統的なやり方に倣いましたが、
簡単にするなら、表面に卵白を塗らなくてもよし。
その場合は、最後にグラニュー糖をふって、
オーブンで10〜15分、途中で出さずに焼きます。
本当はあまり焼き色をつけず、
また実際にイギリス人はしっかり焼き色をつけるのが好きではないようですが、
私個人は、焼き色をつけたいので、このビスケットも然り。
イギリス流にうっすら焼き色をつけたい方は、
オーブンの温度を、やや低めの160℃で焼くことをおすすめします。

<材料(約30枚)>
薄力粉……225g(8oz)+適量
ベーキングパウダー……小さじ2
バター……85g(3oz)
グラニュー糖……70g(2 1/2oz)+適量
卵……1個
レーズン……50g(2oz弱)
ミックスピール……大さじ1
牛乳……大さじ1〜2
オールスパイス、シナモン、ナツメグ(など合わせて)……小さじ1/2
卵白……1個分
e0038047_1822122.jpg


<作り方(調理:1時間 オーブン:約30分)>
下準備
*バターを室温でやわらかくしておく。
*天板にクッキングシートを敷いておく。
*オーブンを180℃に温めておく。
e0038047_18223154.jpg


1. 薄力粉220gとベーキングパウダーを合わせて2〜3度ふるう。卵をときほぐす。スパイス類を合わせる。レーズンとミックスピールは粗みじん切りにする。
e0038047_1822518.jpg

e0038047_18231298.jpg

e0038047_18232920.jpg

e0038047_18235065.jpg

e0038047_1824962.jpg

2. ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまでやわらかくする。グラニュー糖70gを加え、軽く白っぽくなるまでさらにかき混ぜる。
e0038047_1824275.jpg

e0038047_18244639.jpg

e0038047_1825655.jpg

e0038047_18252494.jpg

3. 2にときほぐした卵を少しずつ加えながら、混ぜ合わせる。
e0038047_18254426.jpg

e0038047_1826418.jpg

4. 3に1のふるった薄力粉とベーキングパウダー、スパイス類、レーズンとミックスピールを加えさっくりと混ぜる。
e0038047_18262227.jpg

e0038047_18264227.jpg

5. 牛乳を加え軽くこね、生地をまとめる。
※牛乳で生地のかたさを調整する。
e0038047_1827054.jpg

e0038047_18272082.jpg

e0038047_1827441.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-30 18:37 | イギリス菓子・レシピ

6. 作業台とのべ棒に薄力粉をふるい、5mmほどの厚さにのばし、直径5cm程度の菊形の型で抜く。
e0038047_1828775.jpg

e0038047_182829100.jpg

7. 準備しておいた天板に6で抜いた生地を置き、表面にフォークで軽く穴をあけ、180℃のオーブンで10分焼く。
※フォークで穴を開けるのは、膨らみ過ぎるのを防ぐため。
e0038047_18522098.jpg

e0038047_190516.jpg

8. 卵白をよくときほぐす。
e0038047_1853282.jpg

9. 7の生地をいったん取り出し、表面に6の卵白を塗り、グラニュー糖をふり、オーブンに戻しさらに5分ほど、表面に焼き色がつくまで焼く。
※オーブンに戻すときに、天板の手前と奥を逆にすると、全体に均一に火が通る。
e0038047_18532455.jpg

e0038047_18534768.jpg

e0038047_1854865.jpg

10. 焼き上がったら網の上で冷ます。
e0038047_18542889.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-30 18:36 | イギリス菓子・レシピ

e0038047_18422592.jpg
イチゴの旬は、日本では春。
最近では、クリスマス頃に需要が多くハウス栽培が増え、
冬から春にかけてがシーズンですが、
イギリスではイチゴは夏の果物に分類されます。
だから、ウィンブルドンの時期に出回っていて、名物にもなっているんですね。

イチゴはなるべく素朴な感じのものがいいと思います。
粒が小さく、あまり糖度が高すぎず、適度に酸味もあるのがベストです。
大粒できれいにパック詰めされたものは
そのまま生で食べるのによく、手をかけるのはもったいない。

オレンジ・キュラソーはコアントローやグラン・マルニエなどを。
大さじ1としましたが、お好みでもう少しきかせてもいいかなと思います。

苦みがあるオレンジの皮は、見た目にもよいアクセント。
ただし、主張させないよう、薄く、細くが鉄則。
オレンジの皮を切り取るときは、白い部分を外すように、薄く切り取りましょう。
白い部分が入ると食感がもそもそしてよくありません。
そして、イチゴや生クリームの食感を邪魔しないよう、
できる限り細く切るとよいでしょう。

このデザートは、
ロシアのロマノフ王朝の皇帝に捧げたイチゴのデザートに由来。
ロマノフという名前はそこから来ているようです。

<材料(4人分)>
イチゴ……250g
オレンジ……1/2個
オレンジ・キュラソー……大さじ1
生クリーム……150ml
粉砂糖……大さじ1(9g)
e0038047_18425142.jpg


<作り方(調理:15分 漬け:約15分)>
1. オレンジは皮の部分を数か所そぎ、細く切り、飾り用にとっておく。
e0038047_1843154.jpg

e0038047_184322100.jpg

2. 1のオレンジを半分にカットし、ボウルにオレンジ汁を搾る。
e0038047_1843501.jpg

e0038047_18441069.jpg

3. イチゴをヘタをとって縦半分に切り、2のボウルに入れ、オレンジ・キュラソーも加え、軽く混ぜ、約15分そのままにしておく。
※混ぜるときは、イチゴを傷つけないためにも、ボウルをゆすれば十分。
e0038047_18442578.jpg

e0038047_18445086.jpg

e0038047_18451161.jpg

4. 生クリームに粉砂糖を加えて、軽く角が立つぐらいまで泡立てる。
e0038047_18453311.jpg

e0038047_18455317.jpg

e0038047_18461369.jpg

5. 器に3のイチゴを汁も一緒によそい、1のオレンジの皮をあしらい、4の泡立てた生クリームをおく。
e0038047_18463436.jpg

e0038047_1847316.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-23 18:50 | イギリス菓子・レシピ

e0038047_20331989.jpg
ブロッコリーをゆでるだけなら、
よくいえば“トラディショナル”な付け合わせでしょうが、
ニンニクと赤トウガラシをプラスし、
元気な感じが“モダン”なのかもしれません。

ニンニクがクリスピーに仕上がって、
これがとってもよいアクセントです。
辛いのがお好きな方は赤トウガラシを1本使ってもよいでしょう。

これに合うのは断然ビール、
青島ビールあたりがいいかと思います。

<材料(2人分)>
ブロッコリー……約200g
オリーブオイル……大さじ1 1/2
ニンニク……1片
赤トウガラシ……1/2本
塩……少々
e0038047_2033365.jpg


<作り方(調理:25分)>
1. 鍋に水と塩を少し入れて、沸騰させる。
e0038047_20335384.jpg

2. ブロッコリーは小房に分ける。
※ブロッコリーは茎も食べられるので皮をむいて、適当な大きさに切る。
e0038047_2034824.jpg

e0038047_20342239.jpg

3. 1のお湯が沸いたら、2のブロッコリーを入れ、4分ゆでる。
e0038047_20343710.jpg

e0038047_20345397.jpg

4. ブロッコリーをゆでている間にニンニクを薄くスライスする。赤トウガラシは種をとり、細く切る。
e0038047_20351088.jpg

e0038047_20353311.jpg

5. ブロッコリーがゆで上がったら、湯を切る。
※冷めないように、皿などでふたをする。
e0038047_20355420.jpg

e0038047_20361130.jpg

6. フライパンにオリーブオイルとスライスしたニンニクを入れて、弱火にかける。
e0038047_20363981.jpg

e0038047_20365786.jpg

7. ニンニクがチリチリ言ってきつね色になったら火から下ろし、赤トウガラシを加えて、次いでブロッコリーを加えて軽く混ぜる。
※フライパンをゆすって混ぜればOK。
e0038047_20371172.jpg

e0038047_2037306.jpg

e0038047_20374751.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-16 20:41 | イギリス菓子・レシピ

e0038047_213892.jpg
まだまだ寒いこの時期に、ほっこりと暖まるうれしいスープです。
チキンストックは顆粒や固形でOK。
野菜からエキスが出るので、
表示されている量より、少なめで大丈夫です。
野菜は、さほど気にして揃える必要はありませんが、
どれも100g前後にするとよいでしょう。

タイムやスイートバジルを一緒に煮てもよし、
仕上げにほんの少しナツメグを加えると
ぐっと味が引き締まり、大人っぽい趣になります。
また、生クリームをたらしてもよいでしょう。
添えるのは、全粒粉のパンとバターがベストマッチです。

<材料(2人分)>
タマネギ……1/2個
ニンジン……1/2本
カブ……1個
ジャガイモ……1個
チキンストック……450ml
バター……10g
塩・コショウ……少々
e0038047_213257.jpg


<作り方(調理:30分 煮込み:20分)>
1. タマネギ、ニンジン、カブ、ジャガイモは皮をむき、薄く切る。
e0038047_2134333.jpg

e0038047_2135725.jpg

e0038047_214146.jpg

e0038047_2143045.jpg

e0038047_2144522.jpg

2. 鍋にバターを入れ弱火にかけ、1の野菜を入れ、ふたをして、やわらかくなるまで3〜5分汗をかかせる。
※ときどき鍋をゆするとよい。
e0038047_215197.jpg

e0038047_2152679.jpg

e0038047_215459.jpg

e0038047_2164571.jpg

3. ふたをあけて軽くかき混ぜ、チキンストックを入れ、塩・コショウをして、約20分、野菜がやわらなくなるまでごく弱火にかける。
※ふたをしない。
e0038047_21759.jpg

e0038047_2172565.jpg

e0038047_21751100.jpg

4. ブレンダーでピュレ状にし、味見をして、足りないようであれば塩・コショウを足す。
e0038047_2181760.jpg

e0038047_2184396.jpg

e0038047_219595.jpg





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-09 21:12 | イギリス菓子・レシピ

中華三昧


別に嫌いなわけではなく、
積極的に選択することが少なくって、
普段の食事で中国料理を食べる機会があんまりない私。
ですが、2月は、なぜか中国料理月間でした。
前々から決行を目論んでいたアウェイな(中国ローカルっぽい)店での鍋、
かと思えば、ホテルのレストランでコース、
仕事でも、下見に取材と、こんなにまとめて中国料理を食べたのは初めてです。
同じ料理が続くのはとっても苦手なのですが、
同じジャンルが続くのはクセになるというか、
おっ、では、あの店はどうだ! 次はこっち、みたいな気分になって
思わず突き進んでしまうから不思議です。
by ricoricex | 2010-03-08 22:11 | 日常

うわぁ〜、かっちょえ〜!
年齢を重ねてもこうありたいもんです。

「おばあちゃんDJ」、フランスのナイトシーンを席巻 | Excite エキサイト

果たして、どんな曲をプレイしているのでしょうか?
そのあたりも気になります。

私にも夢がありまして、、、
50歳になったら、ヴィヴィアン・ウエストウッドをばりばり着こなしたいなぁ〜と。
服に負けないぐらい、(気分は)パンキッシュでないとね。
なもんで、こういうお方はよい励みになります。
by ricoricex | 2010-03-07 20:50 | イギリスの食ニュース

e0038047_210106.jpg
グリドルを使って焼くお菓子のひとつ。
ただし、このウェルシュ・ケーキの場合は、
ほかのグリドルを使うケーキやスコーンと違って
少しばかりやわらかいのが特徴です。
疲労困憊、お腹をすかせてやって来た旅人のために
イン(宿屋)の人が、食事までの間の小腹を満たすために
サーヴしたのが始まりと言われています。

もうひとつのウェルシュ・ケーキの特徴はグラニュー糖を仕上げにふること。
お好みでバターを塗ってから、グラニュー糖をふってもよいでしょう。

ウェルシュ・ケーキはウェールズ語でPice ar y maen。
cakes on the stone(石の上のケーキ)という意味で、
ベイクストーンという鉄のフライパンで焼いたことが由来だとか。

ほろほろとした食感で、口の中でとけるようなおいしさがあります。
熱いうちに召し上がれ。
冷めたらアルミホイルで包んで、オーブントースターで温めるとよいでしょう。

<材料(12枚分)>
薄力粉……225g(8oz)
ベーキングパウダー……小さじ2
バター……110g(4oz)
グラニュー糖……60g(2oz)+適量
レーズン……60g(2oz)
卵……1個
サラダ油……適量
e0038047_2103147.jpg


<作り方(調理:45分 フライパン:約20分)>
1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、2〜3度ふるう。卵をときほぐす。バターを適当な大きさ(3cm角より小さいとよい)にカットする。
e0038047_2105030.jpg

e0038047_211777.jpg

e0038047_2112434.jpg

2. 大きなボウルにふるった粉類、次いでバターを入れる。
e0038047_2114345.jpg

3. 両手を使い、指先でこすりながら混ぜ合わせる(決して指に力を入れない)。このとき、手は胸の高さまで持ち上げるつもりで、ボウルから15〜20cm上だとよい。
e0038047_2115936.jpg

4. しばらくして、3が生パン粉状になったら、グラニュー糖とレーズンを入れ、小さなパレットナイフ/ナイフなどをつかって軽くかき混ぜる。
e0038047_2121523.jpg

e0038047_2123752.jpg

e0038047_213098.jpg

5. 4に1のときほぐした卵を加えて混ぜる。
※まとまりが悪ければ牛乳を少量加える。
e0038047_2131953.jpg

e0038047_2133821.jpg

e0038047_2135716.jpg

6. 作業台とのべ棒に薄力粉をふるい、5mmほどの厚さにのばし7cm程度の円形の型で抜く。
e0038047_2141649.jpg

e0038047_214401.jpg

e0038047_215684.jpg

7. 余った生地はまとめて、6と同様にのばして型で抜く。
e0038047_2152756.jpg

8. フライパンにサラダ油を入れて熱し、弱火で片面5分ずつ、こんがり焼き色がつくまで焼く。
e0038047_2155058.jpg

e0038047_21151213.jpg

e0038047_21153492.jpg

9. グラニュー糖をふって食べる。
e0038047_21155777.jpg




(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2010-03-02 21:17 | イギリス菓子・レシピ

野菜:ブロッコリー、紫ブロッコリー、ニンジン、若いキャベツの葉、スプリングオニオン、冬野菜全般
果物:ルバーブ(はしり)
肉(ジビエ):おとなの山ウズラ、キジ、マガモ、ハト、ウサギ、ノウサギ
魚:サバ、オヒョウ、バス、野生の鮭、マス
チーズ:コザーストーン、ウィンズリーデイル
by ricoricex | 2010-03-01 22:35 | 食材