「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


マクビティ【McVitie's】


世界で一番おいしいビスケットメーカー。ま、製品はビスケットだけじゃないけど。普段食べるのにうってつけの飽きのこなさ加減は絶妙。甘いだけでなく、微妙な塩の塩梅もいいし。ホロホロのダイジェストビスケット、ホブノブ、チョコビスケット、あー、うまいうまい。これにミルクティーがあれば言うことなし。ペンギンという甘あまのチョコバーもおいしいし、アイスチーズケーキは食後のデザートにいい。
e0038047_11292493.jpg
日本で売ってるマクビティはライセンス生産のためか、味はかなり違う。イギリスの方が、おおざっぱな味でもっと小麦が香る。日本のはオツにすました感じ。私自身の好みは断然イギリスの方だが、まあ、これは個人の嗜好に拠るので、好みはそれぞれだろうが。

ところで、オエイシスのギャラガー兄弟のお母さんはマクビティの工場で働いていたとかいかなったとか聞いたことあるけど、本当? 


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2006-09-30 20:26 | お菓子

ポーリッジ【Porridge】


オートミールのおかゆ。鍋に米ぬかみたいなポソポソした状態のものを入れ、水を加え、火にかけてもっちりするまでかき混ぜたらできあがり。これがですねー、胃にやさしくって、あったくって、寒い日の朝食にサイコーなのですよ。まさにおかゆであります。
e0038047_21353920.jpg


一度、スコットランドを旅行しているとき、確かスカイ島のB&Bでだったと思うけど、朝食にポーリッジが出されたことがある。小さいB&Bで2泊した次の朝に出された。今日もイングリッシュ・ブレックファストだと飽きるだろうという気遣いと、その日は6月というのに雨が降ってとても寒かったからというのがその理由。じんと温まるやさしい味でした。ちなみに塩味にするのはスコットランド風で、イングランド風の場合は砂糖やジャムなどで甘くして食べます。
e0038047_1443872.jpg



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2006-09-25 03:34 | メニュー

タンゴ【Tango】


炭酸系飲料の代表格。かなりシュワシュワした飲み物だったと思う。黒地をベースにオレンジ色を配色したデザインもかなり目立つ。ええと、昔、ドンパッチだっけ、口の中にいれるとパチパチするお菓子がなかったっけ? デザインといい、味といい、あれの飲み物版といえなくもない。ちなみにコーラはコカコーラが圧倒的。ペプシが好きでない私はよしよしってなもんだけど。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2006-09-17 03:35 | 飲み物

Walkersなどでおなじみの、元々はスコットランドのお菓子。だからたいがいパッケージデザインにはタータンチェックが使われている。ブレッドというものの、パンではなく、サクサクした焼き菓子、の意味。四角いのが多いが、丸くてフリルのあるものはその形からペチコートと名付けられていたりする。今も売っているのかわからないけど、グリコからsunaoというショートブレッドが出ていて、これが本家も顔負けするほど美味。e0038047_16334978.jpge0038047_146465.jpg
by ricoricex | 2006-09-12 02:53 | お菓子

サバを薫製したやつ。スーパーなどでパウチされて、売っている。胡椒で風味付けしたのとプレインとあったような…。で、これ、すんごおくおいしいの。沸騰したお湯であっためて、私の場合は、マヨネーズ+レモン汁+スプリングオニオン(あさつきみたいなの)のみじん切りを混ぜてソースにして食べてました。ご飯のおかずにてもよさそうなのよ。炊き立ての銀シャリに、このサバをのっけてお醤油たらしても十分にいけると思います。

そういえば『イギリスはおいしい』の林先生も同じようなことを書かれていたような…。
by ricoricex | 2006-09-10 20:19 | メニュー

e0038047_1472319.jpg
イギリスのスーパーに行って、おおおおーっと圧倒されるのは、シリアルの棚。ブランフレーク、ミューズリーなどいろいろ種類はあるが、一番ポピュラーなのは、やはりコーンフレークでしょう。このコーンフレーク、日本のものとかなり味わいが違う。もっと腰があって歯応えがあり、大粒で一粒一粒(一枚一枚?)も大きい。牛乳をかけても、すぐへこたれないのがいい。そしてうれしいのはシュガーコーティングされていないこと。自分で好みの量のグラニュー糖をかけて食べるのだ。

イギリスのスーパーは自社ブランドを幅広く展開していて、コーンフレークもその例に漏れず。で、その中にはスタンダードな商品と、エコノミーな商品が存在する。コーンフレークに関しては、メーカーによって違うとは思うが、いくら安いとはいえエコノミーはいただけない、というのが私の感想。なんだか腰砕けの味なのよ。e0038047_16344562.jpg
by ricoricex | 2006-09-05 01:29 | スナック