イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:お菓子( 30 )



e0038047_254020.jpg
初めて食べたとき、トライフルみたいだなぁ、と思ったのです。
トライフルについてはこちら → http://ricorice.exblog.jp/23043503/
そのお菓子とはイタリアの、ズッパ・イングレーゼ。


e0038047_28234.jpgトライフルはフィンガービスケットやスポンジケーキといったやわらかいケーキ/ビスケット生地をシェリーなどを染み込ませ、カスタード、生クリーム、果物などを重ねたデザート菓子。ゼリーを入れることも珍しくありません。

ズッパ・イングレーゼもこれによく似ていて、シロップに浸したスポンジケーキとクリームを重ねて作られます。
特徴とトライフルとの違いは、アルケルメスという赤い色のリキュールを使うことでしょうか。


このズッパ・イングレーゼ、直訳するとイギリス風スープ。
ズッパがスープで、イングレーゼがイギリス風。
英語だとEnglish soupとなります。

ズッパは説明が必要で、今でこそ液状のスープですが、もともとはかたくて食べれなくなったパンを煮汁やワインなどに浸したもののこと、そこから転じて、現在では汁そのものがズッパ、つまりスープと呼ばれるようになりました。
ズッパ・イングレーゼの場合は、本来の使い方のズッパです。

で、このズッパ・イングレーゼ、16世紀半ばからイタリアの上流階級で食べられていて、名前の由来は、イギリスからの客人に好まれたから、とされていますが、私は、ずばりイギリスから入って来たのでは?と考えています。
単にイギリス人好みにしては、あまりに酷似してはいまいか?


トライフルが文献に登場するのは16世紀後半。
歴史に明るくないので、以下、憶測ですが、貴族同士の交流はヨーロッパでは盛んだったし、ええと、17世紀に入ってからだっけ? イギリスの貴族の子どもがグランド・ツアーと称して大陸へ旅行したのは。
いきなりグランド・ツアーとなるわけではなく、やはりその前の時代から行き来があったと考えるのが自然では?
人が交流すると文化も交換され、食べ物も然り。
そのなかにトライフルがあり、そのままの名前ではイタリアではわかりにくいから、“イギリス風”を冠したズッパ・イングレーゼになったんじゃないかな?


このあたり、確証が得られなかったので、拙著『イギリス菓子図鑑』ではトライフルとズッパ・イングレーゼの関連性については、あいにく踏み込んで綴っていません。


私はイタリア菓子について詳しくないので、ご存知の方がいたらぜひ教えてください!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○<イギリス・レシピ> トライフル【Trifle】 → http://ricorice.exblog.jp/23043503/
○<イギリス・レシピ> ブードルズ・オレンジ・フール【Boodle's Orange Fool】 → http://ricorice.exblog.jp/24562669/
○フランスのケーキにみるイギリス → http://ricorice.exblog.jp/24390658/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-10 00:00 | お菓子

e0038047_1911362.jpg
現在の日本では、洋菓子というと圧倒的にフランスで、イギリスなぞ(イギリスだけじゃないけれど)存在感が薄いなぁって思います。

そんなフランスのケーキに、イギリスらしいものもあり、その最たるものがケークではないでしょうか。
カトルカール、もしくはパウンドケーキ、つまり、バター、砂糖、卵、小麦粉を同量ずつ使ったケーキです。
イギリスでは、パウンドケーキ生地は円型で焼くと、ヴィクトリア・サンドイッチになるし、パウンド型やローフ型で焼くこともあり、とりわけ後者はレーズンやドレンチェリーなどのドライフルーツをたっぷり使って焼くことも多く、こちらはフルーツケーキと呼ばれます(もちろん円型でも焼かれますが、その場合、そのまま食べるというよりも、シュガークラフトの土台として使われることの方が多いように感じます)。

e0038047_191568.jpg
このフルーツをたっぷり使うパウンドケーキ、フランスの焼き菓子にもあり、その名も、ケーク・アングレ/cake anglais。
anglaisとは、フランス語で“イングランドの”、つまり “イングランドのケーキ”という意味です。
ケーク・アングレはフランス菓子店でよくみますね。

e0038047_1924795.jpg
イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは4つの国で構成されており、イングランドと同じくブリテン島にあり、イングランドの北に位置するのがスコットランド。
スコットランドはフランス語でエコス/Ecosse。
あまりメジャーではありませんが、スコットランドのケーキ、フランス語でケーク・エコセ/cake ecosaisってのもありまして、これは2色の生地が層になったケーキ。
2層がタータンチェックにみえることが名前の由来だそうです。


イギリスでは、イングリッシュ・ケーキ(ケーク・アングレの英語読み)、スコッチ・ケーキ/スコティッシュ・ケーキ(ケーク・エコセの英語読み)というケーキは存在しませんから、これら、日本人がバゲット類をフランスパンと、上部が丸みを帯びた食パンをイギリスパンと呼ぶのと同じ感覚なんでしょうね。
※注:イギリスにイギリスパンは存在しません。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○<レシピ> ヴィクトリア・サンドイッチ【Victoria Sandwich】 → http://ricorice.exblog.jp/10474300/
○<レシピ> ライト・フルーツ・ケーキ【Light Fruit Cake】 → http://ricorice.exblog.jp/22964678/
○jane asher party cakes → http://ricorice.exblog.jp/18746935/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-05-19 00:00 | お菓子

人間、変われば変わるもんです!
子どもの頃の私は、もらいものをすると待ちきれなくって、すぐに開けたくてうずうず。
なもんで、「ほいとの子みたい」と笑われていました(ほいと、についてはぐぐってみてください。今だとNGワードにされちゃうかもね〜)

今は、というと、いただきものをしたときにすぐに開けるか、もしくはしばらくそのままにしています(興味がないわけじゃないんですよ)。
なもんで、昨年のクリスマスにイギリスから届いた小包、それはお菓子が詰まったもので、ちびちび食べている状態。

以前、ご紹介したカドバリーのスノーマン・チョコレート(→ http://ricorice.exblog.jp/24108264/)に続いて食べたのはこちら!
e0038047_0311415.jpg


これまた、イギリスの一般チョコレートの代名詞、カドバリー/Cadburyの製品。
このメーカー、ほんっとにたくさんの種類のチョコレート加工品を出しているのよね〜。

で、どんなアイテムかというと、チョコレート・サンドイッチ。
リッツ/Ritzルー/Luといった有名なビスケットとのコラボ商品もあります。

・カドバリー・デイリーミルク・リッツ/Cadbury Daily Milk Ritz
ミルクチョコレート80%+ミニ・ソルトクラッカー8枚(片面4枚) 35g
https://www.cadbury.co.uk/products/Ritz--5277?p=5277
e0038047_0323215.jpg

e0038047_0321211.jpg

e0038047_0315165.jpg


・カドバリー・デイリーミルク・ルー/Cadbury Daily Milk Lu
ミルクチョコレート69%+ミニ・スウィート・ビスケット8枚(片面4枚) 35g
https://www.cadbury.co.uk/products/LU--5275?p=5275
e0038047_0341528.jpg

e0038047_0334297.jpg

e0038047_0331162.jpg


・オート・クランチ・デイリーミルク/Oat Crunch Cadbury Daily Milk
ミルクチョコレート+ミニ・オート・クランチ2枚(片面1枚) 30g
https://www.cadbury.co.uk/products/Oat-Crunch-7252?p=7252
e0038047_0364930.jpg

e0038047_0361640.jpg

e0038047_0355541.jpg



いずれも6×7.5×高さ0.5cmほどの掌サイズの小さなものですが、
味の違いは歴然。

はさまれているチョコレートがパキッとしていて、甘さもあり、で
一番好ハーモニーだったのは、オート・クランチとの組み合わせ。
言葉どおり、バリバリとクランチーな食感のオート・クランチは甘さがなく、チョコレートとよき補完関係にあります。
リッツはやや塩気が強い。ルーは甘いビスケットなので、甘さがややくどいのと、ビスケットの食感がチョコレートに比較してやわらかい。

こういう“おやつ”って、そこで暮らす人たちの生活がすけてみえる気がしません?
それを差し引いても、こーゆーの食べるの、素直に楽しい!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○カドバリーのスノーマン・チョコレート → http://ricorice.exblog.jp/24108264/
○イギリスのチョコレートバー・トップ24 → http://ricorice.exblog.jp/23852247/
○アフターエイトは初めて知った大人のミントチョコレート → http://ricorice.exblog.jp/24096564/
○イギリスで買ったもの ~食べもの 03~ → http://ricorice.exblog.jp/23385988/
○イギリスで買ったもの ~食べもの 02~ → http://ricorice.exblog.jp/22972240/
○チョコレート! チョコレート! チョコレート! → http://ricorice.exblog.jp/21663835/
○イギリス人はチョコレートがお好き → http://ricorice.exblog.jp/19663452/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2016-04-19 00:00 | お菓子

昨年のクリスマスにイギリスから届いた小包は、お菓子(というか駄菓子、スーパーマーケットとかコーナーショップとかキオスクとかで売ってるよーなやつね)の詰め合わせ。
チョコレート加工品が多く、改めて、イギリスの一般チョコレート市場におけるカドバリー/Cadburyの強さやヴァリエーションの豊かさを実感!

e0038047_8294510.jpg
そのひとつが、クリスマスシーズン限定で販売された、スノーマンのチョコレート。
文字どおり、スノーマンをかたどったチョコレート加工品で、商品にはムースと書いてあるものの、そこまでふわふわではなく、ややエアリーなチョコレートに(本当にやや、ね。やわらかいチョコレートといったところ)をミルクチョコレートでコーティングしたもの。
フレイヴァーは2種類あり、ムースがチョコレートかバニラとなっています。
正式名はそれぞれ、
Mousse Snowman Chocolate
e0038047_8302517.jpg


Snowman Vanilla Mousse
e0038047_8305990.jpg



e0038047_831599.jpg
見た目だけはどっちがどっちか区別がつかないけれど、カットすれば一目瞭然。
(見比べるとバニラ・フレイヴァーの方が、コーティングのチョコレートもミルク度が高いように見えますが、だからといって、ぱっと見ではフレイヴァーの予測がつかない)
チョコレートはチョコレート色、バニラは白色となっています。
e0038047_8343823.jpg


どちらも30g、6cmほどの高さなので、2口3口で食べ終わっちゃいます。
これ見比べると分かるのですが、スノーマンの向きが若干違う。。。なぜじゃ? 
あっ、そっか! 違う型を使うことで、(メーカーサイドが)外見からもどっちがどっちのフレイヴァーか区別できるためでしょう。

このスノーマン・チョコレート、毎年クリスマスの時季に登場するのか、昨年2015年クリスマスの企画ものかわかりませんが、スノーマンって、改めてクリスマスの風物詩なんだなぁ。子ども向けのクリスマス・ミュージカルの定番になっちゃったしね。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスのチョコレートバー・トップ24 → http://ricorice.exblog.jp/23852247/
○アフターエイトは初めて知った大人のミントチョコレート → http://ricorice.exblog.jp/24096564/
○イギリスで買ったもの ~食べもの 03~ → http://ricorice.exblog.jp/23385988/
○イギリスで買ったもの ~食べもの 02~ → http://ricorice.exblog.jp/22972240/
○チョコレート! チョコレート! チョコレート! → http://ricorice.exblog.jp/21663835/
○イギリス人はチョコレートがお好き → http://ricorice.exblog.jp/19663452/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2016-02-04 12:00 | お菓子

それまで、チョコレートとミントの取り合わせは得意ではありませんでした。
でも、四半世紀以上前に、チョコレートとミントの取り合わせにも、好きなものがあることに気づきました。

ひとつは、東京・広尾(今は白金台、って言った方がいいのかな?)のエリカ・ショコラティエミント
チョコレートとミントチョコレートの2層仕立てになっていて、葉っぱをあしらった見た目もかわいい。
お店のテーマカラーもミントグリーンですが、甘くなり過ぎず。
今でこそ少なくないショコラティエ、チョコレート専門店の草分けのひとつで、当時は大学生だったこともあり、ぐっと大人になった気分を味わったものでした。


e0038047_2325475.jpg
もうひとつ、チョコレートとミントの取り合わせで気に入ったのは、アフターエイト/After Eight
最初、パッケージに魅かれたんですよね。市販のチョコレートだけれど、子ども向けじゃない大人な感じで。
食べてみたら、味もそうだった。
きりっとしていて、キレもいい。そこにすっとした甘さもあるんだけれど、ふわっとしいなくって、余計なものをそぎ落としている感じが、それまでのチョコレートと一線を画していたんです。

記憶が正しければ、東京・青山の紀ノ国屋で買っていた、と思います(というのも、そうはいっても通常のスーパーマーケットなどで売っている国産チョコレートに比べると高いわけで、頻繁に購入していたわけではないから)。

当時の紀ノ国屋は今と違って、表参道の駅を出て外苑前方面に歩いて右側の2階建ての建物でした。
今ほど、輸入食材を扱う店がなかった時代、ソニー・プラザ(現プラザ)にも輸入菓子はあったんだけれど、いつも女子高生&大学生で混んでるからあんまり寄り付かなかったんですよねぇ(ソニー・プラザでアフターエイトを扱っていたかどうかは不明)。
大学生だっら私はたいがい、お菓子は紀ノ国屋、食材は東京・下北沢のカルディコーヒーファーム(以下、カルディ)で調達していました。
(補足:紀ノ国屋もカルディも今ほど店舗がなかったんですよ)


アフターエイトは、1962年にイギリスで生まれたチョコレート菓子。
ややねっとりした、砂糖を水で練った感じといえば想像しやすいでしょうか、ミントクリームを薄いダークチョコレートではさんだもので、ひとつひとつ、黒い薄紙で個包装されています。

現在、メーカーはネスレ/Nestle、ですが、もとはローンツリー/Rowntreeと呼ばれる会社で作っていました。なんせM&Aが激しいですからねぇ。

ほかのロングセラー商品同様、パッケージデザインなどマイナーチェンジを経て今にいたっていますが、アフターエイトはチョコレートも変えています。
昔は乳製品を一切加えていなかったものの、2000年代に入り、乳脂肪を加えるようになったとか。
とはいえ、甘いとかやさしいとか、ではなく、きりっと端整なチョコレートです。

私はコーヒーを濃い目におとして、それこそ、アフターエイト、夕食後に食べますが、飲めればウィスキーと合わせてもいいんだろーなーと思います。


このアフターエイト、昨年2015年12月、イギリス雑貨店「PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)」(福岡市薬院)さんのイベント「英国の小さなクリスマス市」に参加した際、店内で販売されているのを見て、うれしくなって買っちゃいました。
1枚2枚とついつい食べ過ぎてしまうのが難ですが(私だけ?)、しばらくの間、ゆったりとした気持ちでアフターエイトを過ごすことができました。


それにしても、先日の記事“何を聞いても何かを思い出す”然り、“1カ月遅れのクリスマスプレゼント”然り、味覚と音はタイムマシーンですねぇ。
一瞬にして、その時代の風景がまざまざと眼前に広がります。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○チョコレート! チョコレート! チョコレート! → http://ricorice.exblog.jp/21663835/
○イギリス人はチョコレートがお好き →http://ricorice.exblog.jp/19663452/
○英国の小さなクリスマス市、終了! ありがとうございました! → http://ricorice.exblog.jp/23985615/
○何を聞いても何かを思い出す → http://ricorice.exblog.jp/24059440/
○1カ月遅れのクリスマスプレゼント → http://ricorice.exblog.jp/24079459/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-02-01 00:00 | お菓子

パイのパイのパイ


桜庭ななみじゃなくって郷ひろみなんだよね〜、世代的に。
♪パイのパイのパイ♪
ロッテの「パイの実」のCMソングのことね。

なんで、こんなこと言うかっていうと、今日、1月23日はナショナル・パイ・デイ/Nationapl Pie Day、そう、パイの日なのです。
そんなわけで、当ブログでご紹介したパイのレシピを一挙ご紹介!


<食事パイ>
e0038047_0404380.jpgモダン・フィッシュ・パイ【Modern Fish Pie】
http://ricorice.exblog.jp/21730337/


<お菓子パイ>
レモン・メレンゲ・パイ【Lemon Meringue Pie】
http://ricorice.exblog.jp/23664573/

e0038047_0421437.jpgエクルズ・ケーキ【Eccles Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/23227799/

ベイクウェル・タート【Bakewell Tart】
http://ricorice.exblog.jp/22911131/

ミンス・パイ【Mini Mince Pies】
http://ricorice.exblog.jp/21420933/

<パイ生地>
e0038047_043893.jpgショートクラスト・ペイストリー【Short Crust Pastry】
http://ricorice.exblog.jp/21363785/

ラフ・パフ・ペイストリー【Rough Puff Pastry】
http://ricorice.exblog.jp/23181771/


パイ生地を使うパイって(食事パイで紹介しているモダン・フィッシュ・パイは、マッシュポテトでふたをしたもの)、作る時に生地がだれないこと、そのために、材料を冷たい状態で使うことが大事なので、今はまさにパイ作りにうってつけ。
上手に作るためのコツは、、、こちら(↓)をご参照ください。
http://ricorice.exblog.jp/23861577/
お試しあれっ!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドン&イギリスでおいしいパイが食べられる店15選 → http://ricorice.exblog.jp/24073655/
○ロンドンで食すべきパイ12選 → http://ricorice.exblog.jp/22858707/
○ロンドンのパイ&マッシュの店7選 → http://ricorice.exblog.jp/22898935/
○上手にパイを作るには? → http://ricorice.exblog.jp/23861577/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています。買ってね!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-01-23 18:00 | お菓子

本日、1月6日は、日本ではケーキの日です。
なんで、この日がケーキの日かって?
それは、明治12年(1879)、東京・上野の凮月堂が日本で初めてケーキの宣伝をしたから。

そんなわけで、それに便乗して、当ブログでご紹介しているケーキのレシピをご紹介します。


e0038047_11481961.jpgアップル・シナモン・ケーキ【Apple and Cinnamon Cake】
http://ricorice.exblog.jp/15907178/

オールドファッション・チェリー・ケーキ【Old-fashioned Cherry Cake】
http://ricorice.exblog.jp/22402428/

e0038047_11512562.jpgオレンジとアーモンドのケーキ【Orange and Almond Cake】
http://ricorice.exblog.jp/13969189/

カプチーノケーキ【Cappuccino Cake】
http://ricorice.exblog.jp/14957570/

e0038047_11523937.jpgキャロットケーキ【Carrot Cake】
http://ricorice.exblog.jp/17561422/

クイーン・ケーキ【Queen Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/11587405/

粉なしチョコレート・ケーキ【Flourless Chocolate Cake】
http://ricorice.exblog.jp/21241540/

e0038047_11534542.jpgコーヒーとクルミのケーキ【Coffee and Walnut Pudding】
http://ricorice.exblog.jp/17191212/

サツマイモとホワイトチョコのケーキ【Sweet Potato and White Chocolate Cake】
http://ricorice.exblog.jp/21637008/

e0038047_11545311.jpgズッキーニのカップケーキ【Spiced Courgette Cupcakes】
http://ricorice.exblog.jp/23331028/

ストロベリー・ショートケーキ【Strawberry Shortcakes】
http://ricorice.exblog.jp/22876505/

e0038047_1252426.jpgスポンジ・ケーキ【Sponge Cake】
http://ricorice.exblog.jp/15032971/

スポンジ・ケーキ(とかしバター入り)【Sponge Cake(with Melted Butter)】
http://ricorice.exblog.jp/15635570/

e0038047_1295072.jpgダンディー・ケーキ【Dundee Cake】
http://ricorice.exblog.jp/22626927/

チョコ・カップケーキ【Surprise Chocolate Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/10516267/

e0038047_12143014.jpgチョコレート・マーブルケーキ【Chocolate Marble Cake】
http://ricorice.exblog.jp/17297812/

マデイラ・ケーキ【Madeira Cake】
http://ricorice.exblog.jp/13803158/

e0038047_12144440.jpgモイスト・ケーキ【Moist Cake】
http://ricorice.exblog.jp/17939605/

ヨーグルト・ケーキ【Yoghurt Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/19258575/

ライト・フルーツ・ケーキ【Light Fruit Cake】
http://ricorice.exblog.jp/22964678/

e0038047_12182630.jpgラーディ・ケーキ【Lardy Cake】
http://ricorice.exblog.jp/23909966/

リッチ・アーモンド・ケーキ【Rich Almond Cake】
http://ricorice.exblog.jp/14558672/

e0038047_12183969.jpgレッド・ヴェルヴェット・ケーキ【Red Velvet Cupcakes】
http://ricorice.exblog.jp/19733022/

レモン・ケーキ【Lemon Cake】
http://ricorice.exblog.jp/11440117/

レモン・ドリズル・ケーキ【Lemon Drizzle Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/9901846/



e0038047_1254247.jpgアールグレイ・ティー・ケーキ【Earl Grey Tea Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/21784986/

ウェルシュ・ケーキ【Welsh Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/12241321/

エクルズ・ケーキ【Eccles Cakes】
http://ricorice.exblog.jp/23227799/


e0038047_1255540.jpgアップサイドダウン・バナナ・プディング【Upside-down Banana Pudding】
http://ricorice.exblog.jp/18030081/

イヴズ・プディング【Eve’s Pudding】
http://ricorice.exblog.jp/23846159/

e0038047_12101237.jpgスティッキー・トフィー・プディング【Sticky Toffee Pudding】
http://ricorice.exblog.jp/19690635/

レモンカード・スポンジ・プディング【Lemon Curd Sponge Pudding】
http://ricorice.exblog.jp/15463435/




e0038047_1261281.jpgヴィクトリア・サンドイッチ【Victoria Sandwich】
http://ricorice.exblog.jp/10474300/

スイス・ロール【Swiss Roll】
http://ricorice.exblog.jp/21064106/

e0038047_12102950.jpgチョコレート・ブラウニー【Chocolate Brownies】
http://ricorice.exblog.jp/17037065/

トライフル【Trifle】
http://ricorice.exblog.jp/23043503/

e0038047_1215920.jpgパーキン【Parkin】
http://ricorice.exblog.jp/23824357/

バナナブレッド【Banana Bread】
http://ricorice.exblog.jp/20215483/

レーズン・ティー・ローフ【Raisin Tea Loaf】
http://ricorice.exblog.jp/17263001/




さまざまなタイプのケーキが揃いました!
ケーキという名前が付いていないけれどケーキだったり、逆にケーキと冠されているものの実態はパイ菓子だったり、と実にさまざま。
すべてレシピ付きの記事ですので、今度の三連休あたり作ってみてはいかが?


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ケーキを食べる=特別なことは過去のものとなったのか? → http://ricorice.exblog.jp/24019939/
○「The Great British Bake Off」クラシックケーキ10選 → http://ricorice.exblog.jp/23767240/
○イギリスで1970年代に人気のあったケーキはコレ! → http://ricorice.exblog.jp/23547627/
○ジャファケーキってケーキ? ビスケット? → http://ricorice.exblog.jp/22954872
○エリック・ランラードが教えるカップケーキを上手に作るコツ → http://ricorice.exblog.jp/23780623/





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-01-06 12:00 | お菓子

その昔、もう40年近く前でしょうか。ロッテからマザービスケットというシリーズが出ておりまして、CMに登場していたのがアメリカのドラマ「奥さまは魔女」のサマンサ役で知られるエリザベス・モンゴメリー。
このマザービスケット・シリーズに、ビスケットにオレンジジャムがのっかり、チョコレートでコーティングした、ジャフィーというものがあり、これが子どものときに大、大、大好きでした。
ただし、ちょっとリッチめ系のビスケットゆえ、そう頻繁に食べていたわけではないのですが、サクサクしたビスケットに、酸味のあるオレンジ、ビターなチョコレートの取り合わせが絶妙で、夢中になっていたのです。

イギリスに行くようになって、その名もJaffa Cakes/ジャファケーキという代物があることを知りました。
あ〜、これ、マザービスケットのJaffy/ジャフィーじゃん! 
これが、私が初めてジャファケーキを食べたときの印象です。とはいえ、ジャフィーはビスケットであるのに対し、ジャファケーキはビスケットと呼ぶにはやわらかい生地で、大きさも一回り小さい(記憶が正しければ。。。)。でも味わいはジャフィーを思い起こすのに十分でした。
e0038047_182129.jpg

私はやわらかいビスケットがあまり得意ではないので、ジャファケーキは何が何でも食べる、というわけではないのですが、それでもたまに食べたい衝動にかられます。
このジャファケーキ、イギリスではおなじみのお菓子のひとつ。ケーキと呼ぶもののスーパーマーケットなどではビスケットの棚に置かれています。
ケーキかビスケットか。
これが論争ならいざ知らず、裁判を引き起こすことになった歴史があるのをご存知でしょうか。

それは1991年のこと。
ことの発端は、英国内国歳入庁が、ジャファケーキを贅沢品と見なしたことです。
どういうことか、というと、イギリスでは日本の消費税に相当する付加価値税(VAT)は一律に課せられるのではなく、生活必需品は非課税、贅沢品は課税の対象となります。
この線引きがやけに細かく(内国歳入庁の人間ですら把握していないのではと思えるほど複雑!)、ビスケット自体は非課税、しかしチョコレートのかかったビスケットは課税となります。ところがケーキの場合は非課税。
日本人の感覚だと、ケーキこそ贅沢品で課税じゃないの?と思ってしまいそうですが、ケーキは伝統的ないつもそこにある食べ物、ということで(おせんべいとかそういう感覚なのでしょう)非課税なのです。

となると、ですよ。
ジャファケーキは、ケーキであれば非課税、ビスケットの場合であれば、チョコレートがかかっているわけですから課税商品となるわけです。
内国歳入庁の判断は、ジャファケーキはビスケット。
そこで待った!をかけたのが、ジャファケーキのメーカーであるマクビティ(ユナイテッド・ビスケッツ社)でした(ユナイテッド・ビスケッツ社は現在、Yildizグループのひとつ)。
最初から、ケーキとビスケットの線引きが明確であればこのような事態に発展しなかったのですが、確たる区分が作られていなかったためにどちらともとれるジャファケーキはその区分をめぐって、裁判にもつれこんだわけです。

ビスケット側、つまり内国歳入庁の言い分は、ジャファケーキはほかのビスケットと同じようなパッケージで、同じ陳列棚におかれているではないか、という点。
対して、ケーキであると主張するマクビティ(ユナイテッド・ビスケッツ社)は、ビスケットは時間の経過とともにかたかったものがやわらかくなるけれど、ケーキは逆でやわらかかったものがかたくなる。ジャファケーキは後者であるゆえにケーキ、だと。
証拠として、マクビティ(ユナイテッド・ビスケッツ社)は直径30cmもの大きなケーキを提出したそうです。。。
ケーキとビスケットと、両方の要素を持ち合わせるとしつつ、結果、マクビティ(ユナイテッド・ビスケッツ社)の勝利に。
めでたく非課税商品となったわけです。
とはいえ、最初からメーカーはケーキと呼んでいたじゃないか、という気もしなくもないのですが。。。

ちなみに、このジャファケーキはケーキかビスケットか裁判から約20年後、改めてそのことが記事になっています。
Jaffa Cakes - definitely not biscuits - prepare to take on imitators
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/9249366/Jaffa-Cakes-definitely-not-biscuits-prepare-to-take-on-imitators.html



そして、そのとき、実はことはそれだけで終わらず。。。
ジャファケーキはビスケット(ややこしいなぁ)とチョコレートの間にオレンジのゼリーが入っているのですが、これが何であるかをめぐり新たな論争が巻き起こったのです。
ジャムかゼリーかというよりも、食品をかためるために使われるゲル化剤が何であるかを見極めようと躍起になったようで。
というのも、含有物によってはベジタリアンは御法度のものがあるからなんですね。


いやはや、なんとも、すごいですなぁ。。。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスならではの食べ物、いくつ食べたことある? → http://ricorice.exblog.jp/22833681/
○イギリスの生活必需品(食品)の変遷 → http://ricorice.exblog.jp/22779789/
○イギリス人の好物、実は親会社は外国企業 → http://ricorice.exblog.jp/22564336/
○オレンジ風味【Orange Flavour】 → http://ricorice.exblog.jp/3583805/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2015-04-15 00:00 | お菓子

夏といえばアイスクリーム。
フランスのアイスクリームは、イタリア・フィレンツェのメディチ家のカテリーナ/カトリーヌが
フランスのオルレアン公に嫁いだ際に、
専任シェフらとともにアイスクリーム職人を伴ってお輿入れしたことによりもたらされました。

イギリスに入ってきたのは、約90年後の1624年。
フランスにアイスクリームがもたらされたのと同様、
イギリスにアイスクリームが入ってきたのもメディチ家と関係があり、
カテリーナ/カトリーヌの孫娘ヘンリエッタ/アンリエッタがチャールズ1世と結婚する際に、
祖母であるカテリーナ/カトリーヌ同様、
アイスクリーム職人を伴って結婚したことがきっかけだったとされています。

ヘンリエッタ/アンリエッタにより紹介されたアイスクリームに
チャールズ1世はすっかり夢中になり、
さまざまなアイスクリームを考案させたと言います。
そのひとつが、今もデザートメニューなどに登場する、
グラス・ナポリタン/ナポリタン・アイスクリームで、
バニラ、ストロベリー、チョコレートの3つのアイスクリームの組み合わせです。
なぜ、この3色アイスクリームが
グラス・ナポリタン/ナポリタン・アイスクリームと呼ばれるようになったかについては、
わかっていないようです。
e0038047_134611.jpg

まさしく、このグラス・ナポリタン/ナポリタン・アイスクリームに出合ったことがあります。
それは、2010年の秋にジャージー島を訪ねたときのこと。
トラットリア、というか、町場のイタリア風食堂みたいな店に入ったときの
デザートで食べたのが、まさにグラス・ナポリタン/ナポリタン・アイスクリームでした。

ところで、グラス・ナポリタンというのは英製仏語のようで、
フランス語では、Tranche napolitaineと呼ぶようです。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2014-08-20 00:00 | お菓子

e0038047_845383.jpg以前の当ブログ記事を読み返す機会があり、
あまりにもお粗末で、我ながらびっくりしたのが、
ターキッシュ・ディライトに関する記述。
個人的な感想としては今もさして変わらないものの、
この内容はひどい!(笑)
ということで、改めてご紹介したいと思います。

ターキッシュ・ディライト
直訳すると“トルコの喜び”。
はあ、何のこっちゃ、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これ、お菓子の名前。
イギリスでよく食べられるお菓子のひとつです。

初めて食べたとき、その強烈な甘さと香り、ねちっとした食感に、
イギリスにこんなお菓子があるのか〜、と思いました。
脳天を直撃するはっきりとしたねちっとした甘い甘いお菓子は
東南アジア諸国で見られますが、
イギリスで出合うとは思っていなかったのです。
いえね、焼き菓子やクリーム系であれば驚かないのですが、
ターキッシュ・ディライトはすあまのような甘さと食感のお菓子で
(すあま、というのは西日本の方にはわかりづらいでしょうか。
 であれば、ゆべしなどが近いと思います)、
この手のお菓子がイギリスにあることに意外な印象を受けたのです。

それもそのはず、ターキッシュ・ディライトは、その名が示す通り、
トルコのロクムをルーツとするお菓子。
19世紀にイギリス、そしてヨーロッパに紹介され、今にいたっています。
このときに、ロクムではなくターキッシュ・ディライトとして売り出されたのが名前の由来。
当時は、まだトルコは近くて遠いエキゾチックな国だったでしょうから、
そこを突く、なかなか上手いネーミングだなぁと思います。

e0038047_8455915.jpg材料は、砂糖、コーンスターチ(デンプン)、水、
そして香料。
今はいろいろなフレイヴァーがありますが、
香りはレモンとバラが一般的です。
色はたいがい、そのフレイヴァーを反映させた色で、
一口サイズの小さな形と相俟って、
黄色やピンクの色合いがかわいらしい。

日常菓子としても食べますが、クリスマスのお菓子としても知られています。
クリスマスといっても宗教的な意味合いはなく、
ギフトやちょっとつまむのに好適といった使われ方です。
ですので、クリスマスに限らずギフトとして定着させようとした動きもありました。
こういった使用範囲の広さは、日本の昨今のチョコレートあたりが近いかもしれません。
普段使いのものもあれば、粒ショコラのように芸術的なものもあり、
後者の場合は、自分用というよりも、ギフト需要が多いのと一緒ですね。
実際に、イギリス人の友人宅で、
お茶請けにターキッシュ・ディライトをすすめられたときのこと。
美しいデザインの箱に入っていて、きけば、プレゼントでもらったの、と言っていました。

ふぅ、これで少しはまともなご紹介ができたかな?(笑)



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。


by ricoricex | 2014-05-13 00:00 | お菓子