イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:順位&セレクト(イギリスの店)( 116 )



e0038047_00063025.jpg

ちょっと前になりますが、イギリスの新聞「Daily Telegragh」の2017年4月21日(金)づけであったのはこんな記事。

エキスパートが選ぶ、イギリスのアフタヌーンティー・スポット30選
The 30 best places for afternoon tea, as chosen by Telegraph experts
http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/restaurants/30-best-places-afternoon-tea-picked-telegraph-experts/


選ばれたのは以下の30軒です。

01. The Ritz(ロンドン)
02. Fortnum & Mason(ロンドン)
03. Claridge’s(ロンドン)
04. Brown's Hotel(ロンドン)
05. Hotel Cafe Royal(ロンドン)
06. Dean Street Townhouse(ロンドン)
07. The Sanderson(ロンドン)
08. The Wolseley(ロンドン)
09. Orange Pekoe(ロンドン)
10. Dandelyan(ロンドン)

11. Little Nan's(ロンドン)
12. The Salt Room(ブライトン)
13. The Royal Hotel(ワイト島)
14. Worth Matravers Tea and Supper Room(ドーセット)
15. Downhouse Farm(デヴォン)
16. Rosemergy Farmhouse(コーンウォール)
17. Polly Tea Rooms(ウィルトシャー)
18. The Ethicurean(ブリストル)
19. Comins Tea House(サマセット)
20. Wiveton Hall Cafe(ノーフォーク)

21. Fitzbillies(ケンブリッジ)
22. Peacocks Tea Room(ケンブリッジシャー)
23. Coombe Abbey Hotel(ウォリックシャー)
24. Holbeck Ghyll(レイク・ディストリクト)
25. Rosylee(マンチェスター)
26. Bettys Cafe Tea Rooms(ヨークシャー)
27. Violet’s Cafe(ニューカースル)
28. The Angel Hotel(アバーガベニー、ウェールズ)
29. Blythswood Square(グラスゴウ、スコットランド)
30. Kinloch Lodge(スカイ島、スコットランド)


この手の企画は、特にロンドンだけでなくイギリス全体となると、
とかくホテルやマナーハウスといった敷居の高いスポットや老舗ばかりが選ばれがちで、
正直、私は食傷気味で、
それこそ保守系の新聞のチョイスとあって期待していなかったのですが
これはいい!
喫茶店然としたところや田舎のティーハウスや、B&Bのスポットなど、こんなところも!といったところが選ばれています。
チョイスのバランスがよく、ひと言でアフタヌーンティーといってもエリアや展開される場所によって、いろんなタイプがあることがわかる好例です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリスのアフタヌーンティー・スポット25選 → http://ricorice.exblog.jp/24967713/
○「Olive Magazine」が選ぶ2016年イギリスのアフタヌーンティー・スポット → http://ricorice.exblog.jp/24568192/
○Harden’sによるイギリスのアフタヌーンティー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/24185469/
○イギリスのアフタヌーンティー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22373578/
○アフタヌーンティー・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24585472/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-06-28 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_00200376.jpg

イギリスから世界のワインメディアを牽引する、デカンタ/Decanter
2017年1月18日(水)づけであったのは以下の記事。
ワインが充実したイギリスの飲食店・ベスト10
UK restaurant wine lists: Where to go
http://www.decanter.com/wine-travel/wine-bars/best-uk-restaurant-wine-lists-352569/

選ばれたのは以下のお店です。

<レストランチェーン>
01. Brasserie Blanc
02. Hotel du Vin Bistros
03. Carluccio’s
04. Gaucho
05. Loch Fyne Seafood and Grill

<店舗>
06. La Trompette(ロンドン)
07. Chez Bruce(ロンドン)
08. The 10 Cases(ロンドン)
09. Gliffaes Hotel(ポーイス、ウェールズ)
10. The Newport(ファイフ、スコットランド)


03のCarluccio’sはロンドンだけでも20店舗を数えるイタリア食材&カフェの店で、私もたまにお茶を飲んだりしています。
食事ができることは知っていたけれど、そうかワインもいいのか。
っと、これってお店で買って飲めるってことみたい(だったらワインが充実ってのもは納得!)。
ということは、Carluccio’sでワインを楽しむには、頭数が揃えて、ってことだな〜。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンで自然派ワインが楽しめるワインバー6選 → http://ricorice.exblog.jp/24489219/
○プロが選ぶロンドンでワインが楽しめる店・ベスト37 → http://ricorice.exblog.jp/24201101/
○ロンドンで自然派ワインが楽しめる店7選 → http://ricorice.exblog.jp/23907077/
○最新・ロンドンのワインバー&ワインに注力したレストラン → http://ricorice.exblog.jp/23240436/
○ロンドンのワインバー・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/22561650/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-06-03 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

2017年1月30日(月)、ガストロパブ・アウォーズ、そしてイギリスのガストロパブ・トップ50が発表されました。
イギリスのガストロパブ・トップ50
The top 50 gastropubs in Great Britain
http://www.top50gastropubs.com/

トップ50に入ったお店は以下のとおりです。店舗のあとの数字は、昨年2016年のランキングです。

01. The Star at Harome(ハローム、ノース・ヨークシャー) 03
02. The Sportsman(ウィスタブル、ケント) 01
03. Pony & Trap(チュー・マグナ、ブリストル) 05
04. Freemasons at Wiswell(ウィズウェル、クリスロウ、ランカシャー) 06
05. The Coach(マーロウ、バッキンガムシャー) 04
06. Harwood Arms(フラム、ロンドン) 07
07. The Beehive(メイデンヘッド、バークシャー) 14
08. The Butchers Arms(エルダーズフィールド、グロスターシャー) 12
09. Pipe & Glass(サウス・ダルトン、イースト・ヨークシャー) 02
10. The Crown(メイデンヘッド、バークシャー) 22

11. The Rat Inn(ヘクサム、ノーサンバーランド) 13
12. Anchor & Hope(ウォータールー、ロンドン) 19
13. Parkers Arms(クリセロー近郊、ランカシャー) 48
14. The Cornish Arms(タヴィストック、デヴォン) 27
15. Masons Arms(サウス・モルトン、デヴォン) 10
16. The Flitch of Bacon(リトル・ダンモウ、エセックス)
17. The Compasses Inn(カンタベリー、ケント)
18. Drapers Arms(イズリントン、ロンドン)
19. The Broad Chare(キーサイド、ニューカースル・アポン・タイン) 28
20. The Wellington Arms(バーグハースト、ハンプシャー)40

21. The Inn at Whitewell(クリザーロー、ランカシャー)
22. The Assheton Arms(クリザーロー、ランカシャー)
23. The Port Gaverne(ポート・アイザック、コーンウォール)
24. The Kensington Arms(レッドランド、ブリストル)
25. The Kings Head, Wye(アシュフォード、ケント)
26. The Alma(ワンズワース、ロンドン)
27. Tarr Farm Inn(ダルバートン、サマセット)
28. The Scran & Scallie(ストックブリッジ、エディンバラ)
29. The Marksman(ハックニー、ロンドン) 11
30. Hardwick(モンマスシャー、ウェールズ) 08

31. The Nut Tree(マーコット、オックスフォードシャー) 39
32. The Kingham Plough(チッピング・ノートン、オックスフォードシャー) 09
33. The Staith House(ロウ・ライツ、ノース・シールズ) 31
34. The White Post(ヨーヴィル、サマセット)
35. The Butchers Arms, Hepworth(ハダースフィールド、ウェスト・ヨークシャー)
36. The Hundred of Ashendon(アイルズベリー、バッキンガムシャー)
37. The Red Lion & Sun(ハイゲイト、ロンドン) 20
38. Parlour(ケンサル・グリーン、ロンドン) 43
39. St Tudy Inn(ボドミン、コーンウォール)
40. The Mariners(ウェイドブリッジ、コーンウォール)

41. The Unruly Pig(ウッドブリッジ、コーンウォール)
42. The Treby Arms(プリマス、デヴォン) 15
43. The Better Half(ホヴ、イースト・サセックス)
44. Bunch Of Grapes(ポンティプリッド、ウェールズ)
45. The Royal Oak Paley Street(メイデンヘッド、バークシャー) 37
46. The Pot Kiln(ヤッテンドン、バークシャー)
47. The Longs Arms(ブラッドフォード・オン・エイヴォン、ウィルトシャー)
48. The White Swan(バーンリー、ランカシャー)
49. Yew Tree Inn(ターパーリー、チェシャー)
50. The Swan(バンプトン、デヴォン)


このイギリスのガストロパブ・トップ50の総評について、イギリスの飲食メディア、“Big Hospitality”で以下のように伝えています(↓)。
http://www.bighospitality.co.uk/Events-Awards/Top-50-Gastropubs-2017-Yorkshire-pub-steals-the-top-spot?nocount
http://www.bighospitality.co.uk/Events-Awards/Top-50-Gastropubs-2017-Yorkshire-pub-steals-the-top-spot


詳細は上記の記事をみていただくとして、トップ50に入ったガストロパブのうち、なんと24軒がニューエントリー。
イギリスの飲食シーンの入れ替わりの激しさを垣間見た気がします。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2016年イギリスのガストロパブ・トップ50 → http://ricorice.exblog.jp/24136475/
○2015年イギリスのガストロパブ・トップ50 → http://ricorice.exblog.jp/22843076/
○ロンドンのガストロパブ・ベスト22 → http://ricorice.exblog.jp/23032061/
○料理のおいしいパブ・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/21302225/
○ロンドンのパブ&バーのおつまみ・ベスト9 → http://ricorice.exblog.jp/23821211/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-04 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

2017年2月6日(月)づけのイギリスのニュースサイト、BuzzFeed UKにあったのはこんな記事。

今年、2017年こそ訪ねたいイギリスのレストラン27選
27 Restaurants You Must Visit In 2017
https://www.buzzfeed.com/emmacooke24/restaurants-you-must-visit-in-2017?utm_term=.ibMeE2W71#.ih4x3kYMK


選ばれたのは以下の27軒です(かっこの中はエリアです)

01. A Wong(ロンドン)
02. Bala Baya(ロンドン)
03. Breddos(ロンドン)
04. James Cochran EC3(ロンドン)
05. Kiln(ロンドン)
06. Kricket(ロンドン)
07. Smokestak(ロンドン)
08. The Sportsman(ウィスタブル)
09. The Larder House(ボーンマス)
10. Ruby(エクスマス)

11. Outlaw’s Fish Kitchen(ポート・アイザック)
12. Casamia(ブリストル)
13. The Kingham Plough(オックスフォードシャー)
14. Two Cats(バーミンガム)
15. The Wilderness(バーミンガム)
16. Sticky Walnut(チェスター)
17. The Rabbit In The Moon(マンチェスター)
18. Maray(リヴァプール)
19. Bundobust(リーズ)
20. Barrio Comida(ニューカースル)

21. Lake Road Kitchen(アンブルサイド、カンブリア)
22. L’Enclume(カートメル、カンブリア)
23. Crabshakk(グラスゴウ、スコットランド)
24. The Gannet(グラスゴウ、スコットランド)
25. Inver(アーガイル & ビュート、スコットランド)
26. The Classroom(カーディフ、ウェールズ)
27. Barking Dog(ベルファスト、北アイルランド)


オリジナル記事はどかんと写真付きで紹介されていて、これがそそること!
撮りおろしではなくって、お店から画像を借りてページを作っているから統一感はないんだけど、ひとつひとつお店側が本気で撮った写真が大集合とあって、これはこれで迫力満点!です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2017年ロンドンで試したいレストラン13選 → http://ricorice.exblog.jp/25132327/
○「Hot Dinners」が選ぶ、2016年ロンドンのベスト・フード&レストラン → http://ricorice.exblog.jp/25092675/
○「ロンドン・イヴニング・スタンダード」が選ぶ、2016年ロンドンのベスト・レストラン → http://ricorice.exblog.jp/25091317/
○ナショナル・レストラン・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24537044/
○『ミシュランガイド イギリスおよびアイルランド』2016年版発売 → http://ricorice.exblog.jp/23692425/
○レストラン評論家が選ぶ、イギリスのレストラン・ベスト50 → http://ricorice.exblog.jp/24024625/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-03-02 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_05046100.jpg
ちょっと前になりますが、イギリスのフードマガジン「Food Heaven」の2016年11月24日(木)づけにあったのはこんな記事。

イギリスで行きたいベイクショップ・ベスト7
The ultimate guide to the UK’s best bakeries
http://www.foodheavenmag.com/uks-best-bakeries/


選ばれたのは以下のお店です。

01. Bageriet(ロンドン)
02. Violet Cakes(ロンドン)
03. Evershot Village Bakery(ドーセット)
04. Loaf(バーミンガム)
05. Baltic Bakehouse(リヴァプール)
06. Skinner Street Shop & Tea Room(ヨークシャー)
07. Cuckoo’s Bakery(エディンバラ)

英語のベイカリー/ベイクショップって、ベイク(bake)するところ、ベイクしたものを売っているところ、って意味なので、パンも焼き菓子も同等。
そう、パン屋さんもケーキ屋さんもベイカリー/ベイクショップとなるのです。

ここでピックアップされたうち、03の Evershot Village Bakery、04のLoaf、05のBaltic Bakehouseはパン屋さんの類。

e0038047_20114855.jpgロンドンにある01のBagerietは北欧スタイルのベイクショップ。02はViolet Cakesは、シンプルな佇まいにセンスのよさを感じさせるケーキ屋さん。いずれちゃんと記事にします(汗)。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのかわいいケーキ屋さん・ベスト9 → http://ricorice.exblog.jp/24744359/
○ロンドンのベスト・ベーカリー&ケーキショップ → http://ricorice.exblog.jp/24331357/
○ロンドンのケーキ屋さん・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/22726539/
○ロンドンのケーキ屋さん&パン屋さん・ベスト50 → http://ricorice.exblog.jp/22928773/
○BBCアメリカが選ぶロンドンのケーキ屋さん・ベスト10 → http://ricorice.exblog.jp/22666119/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-02-09 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_032163.jpg
空港とかターミナル駅とかが大好き! 日常と非日常が交錯して、さすらっている感じがたまらないのよね〜。
そんなわけで、おおお〜っと目を引いたのが、イギリスのフードマガジン、「Olive Magazine」の2016年10月12日(水)づけであったのはこんな記事。
イギリスの空港にあるおすすめ飲食店・ベスト5
Five of the best airport restaurants in the UK
http://www.olivemagazine.com/travel/europe/five-of-the-best-airport-restaurants-in-the-uk/

選ばれたのは以下の5軒です。


e0038047_034268.jpg
01. James Martin Kitchen(スタンステッド)
02. Comptoir Libanais(ガトウィック、ヒースロー・ターミナル4)
03. Jamie’s Italian(ガトウィック)
04. Gordon Ramsay’s Plane Food(ヒースロー・ターミナル5)
05. Heston’s Perfectionists’ Café(ヒースロー・ターミナル2)


おなじみのスターシェフの店舗が並ぶなか、ひとつ異彩を放つのは02のComptoir Libanais
e0038047_04968.jpg

これ、モダン中近東料理のキャンティーン、といったところで、ヒースロー・ターミナル4にオープンしたのは、2015年あたり、じゃなかったかなぁ。
確か、2015年は、リヴァプール・ストリート駅近くのビルにも入店したし、街中でも店舗が増殖している印象。
e0038047_044350.jpg

2016年秋には、グロスター・ロード駅近くにもこれからできるよん!という、ね(私のテリトリー内です(笑))。
e0038047_045838.jpg


01のJames Martin Kitchenを擁するスタンステッド空港で、むしろ私が吸い込まれそうになるのは、パブチェーンのDJ Whetherspoon系列のThe Windmill
パブ、なんだけれど、感覚としてはファミレスみたいな感じかな。
ここに行けば、とりあえずなじみのものにありつける安心感、というか、ね。
e0038047_052987.jpg



ヒースロー以外は長距離のフライトではなく、ヨーロッパ線など飛行時間の短い路線、ライアンエアーやイージージェットなどの格安航空でも利用されています。
ところで、格安航空のこと、イギリスでは(英語では、でもあるのかな?)LCCって言い方、一般的じゃないんですよね〜。
バジェット・エア(ライン)とかそんな言い方をします。
日本人には、バジェット(予算)が安い、が結びつきにくいとしても、わざわざLCC(Low Cost Carrier)って言わなくても格安航空でいいんじゃないの? ねぇ。

この手の格安航空会社は、ご存知のとおり、チェックインを早めにしたかったり座席を選んだりするのは有料というシステム。
私の感触だと、空港内の飲食店やショップ、ほかの設備をよりいっそう充実させ、そこでお金を落とさせ、空港自体やテナントのみならず、何らかの形で格安航空会社にもそのお金(もしくはそれに類するもの)をフィードバックし、利益を生むようにしている/していくんじゃないのかなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ジェイミー・オリヴァー、6つのレストランを閉鎖へ → http://ricorice.exblog.jp/25138762/
○2017年フーディーにおすすめの街・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/25125275/
○フーディーなら訪ねたいイギリスの海辺の町・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/24534152/
○フーディーにおすすめのイギリスの旅行先・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/23578363/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-01-12 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_684126.jpg
イギリスの女性誌「woman & home」にあったのはこんな記事。

イギリスのアフタヌーンティー・スポット25選
Anyone For Tea? Find Britain's Most Indulgent Afternoon Teas
http://www.womanandhome.com/galleries/recipes/36140/1/0/best-afternoon-tea-britain


選ばれたのは以下の25軒です。

01. Oblix@Shangri-La at the Shard(ロンドン)
02. Conrad St James Hotel(ロンドン)
03. The Bulgari Hotel(ロンドン)
04. Aqua Shard(ロンドン)
05. The Goring(ロンドン)
06. The Langham(ロンドン)
07. Royal Opera House(ロンドン)
08. The Dorchester(ロンドン)
09. The Berkeley(ロンドン)
10. Hotel Cafe Royal(ロンドン)

11. sketch(ロンドン)
12. Grosvenor House(ロンドン)
13. One Aldwych(ロンドン)
14. Lancaster London(ロンドン)
15. The Rose Lounge@Sofitel St James(ロンドン)
16. Claridge’s(ロンドン)
17. The Ritz(ロンドン)
18. The Strand Dining Rooms(ロンドン)
19. Brown's Hotel(ロンドン)
20. The Landmark London(ロンドン)

21. Amanzi Tea(ロンドン)
22. The Blackpool Tower Ballroom(ブラックプール)
23. The Lowry(マンチェスター)
24. Betty’s of Harrogate(ノース・ヨークシャー)
25. The Balmoral(エディンバラ)


ほとんどがホテルというのは、保守的な媒体だから、かな。
そのなかで異彩を放つのが、21のAmanzi Tea。お茶屋さんのアフタヌーンティーって、どんなものを提供してくれるのでしょうか。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○アフタヌーンティー・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24585472/
○「Olive Magazine」が選ぶ2016年イギリスのアフタヌーンティー・スポット → http://ricorice.exblog.jp/24568192/
○Harden’sによるイギリスのアフタヌーンティー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/24185469/
○イギリスのアフタヌーンティー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22373578/



(↑104の英国お菓子ストーリーを詳しく紹介しています!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-26 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_20513332.jpg
2016年9月29日(木)づけのロンドンの夕刊、London Evening Standardにあったのはこんな記事。

イギリスのコーヒーショップ・ベスト19
19 of the best coffee shops in the UK
http://www.standard.co.uk/lifestyle/travel/19-of-the-most-instagrammable-coffee-shops-in-britain-a3357321.html


選ばれたお店は以下のとおりです。

01. Lili Vanilli(ロンドン)
02. Violet Cakes(ロンドン)
03. Look Mum No Hands!(ロンドン)
04. Lina Stores(ロンドン)
05. MILK(ロンドン)
06. Hatch(ロンドン)
07. Workshop Coffee(ロンドン)
08. Lion Coffee + Records(ロンドン)
09. The Marwood(ブライトン)
10. Café Marmalade(ブライトン)

11. Café Boscanova(ボーンマス)
12. The Plough(バーミンガム)
13. Steam Yard(シェフィールド)
14. Honest + Harvey(ウッドブリッジ)
15. North Tea Power(マンチェスター)
16. Bold Street Coffee(リヴァプール)
17. Café Royal(ニューカッスル)
18. Pettigrew Tea Rooms(カーディフ)
19. General Merchants(ベルファスト)


ロンドンだけでなく、コーヒーのみならずぐっと雰囲気のある(indulgeといえばいいのかな?)お店が選ばれています。
で、このオリジナル記事、
19 of the best coffee shops in the UK
と、もうひとつ、
Most Instagrammable coffee shops in Britain
というタイトルもありまして。

こちらのタイトル、日本語にすると、
インスタグラムにうってつけのコーヒーショップ
となります。

通常はフォトジェニック、っていうけれど、ここで使われているのはインスタグラマブル。
インスタグラムにふさわしい、ってことで、写真はもはや時代はインスタグラム、なんですよね〜。

ネットで検索することを“ぐぐる”というように、この言葉も定着するのでしょうか。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○東ロンドンのかわいいコーヒーショップ18選 → http://ricorice.exblog.jp/24703726/
○「Time Out」によるロンドンのベスト・コーヒースポット&カフェ → http://ricorice.exblog.jp/24362433/
○今週は、イギリス・コーヒー週間/UK Coffee Weekです! → http://ricorice.exblog.jp/24292592/
○ロンドンのおしゃれカフェ16選 → http://ricorice.exblog.jp/23767244/
○「Time Out」によるロンドンのコーヒースポット・ベスト30 → http://ricorice.exblog.jp/23250282/
○イギリスのコーヒーシーン・サードウェーブ → http://ricorice.exblog.jp/21922922/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2016-11-12 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_0162391.jpg
前回お届けした
フィッシュ&チップス・ショップ・ベスト10 for 2017”。
こちらは“ショップ”と言っているようにテイクアウェイ/持ち帰りに焦点を当てたお店のベスト10。
フィッシュ&チップスはテイクアウェイ/持ち帰りのみならず、イートインできるところもあるわけでして、そちらのベスト10についても、
フィッシュ&チップス・アウォーズ2017
The National Fish & Chips Awards 2017
http://www.fishandchipawards.com/

から、2016年10月18日(火)に発表されました。

フィッシュ&チップス・レストラン・ベスト10 for 2017
UK’s Top 10 Fish And Chip Restaurants Announced 2017
http://www.fishandchipawards.com/news/article?blogitem=49


選ばれた10軒は以下のとおりです。

01. Seafresh Restaurant(ピムリコ、ロンドン)
02. Something Else Fishy(ミルボーン・ポート、サマセット)
03. The Pelican(バーンステイプル、デヴォン)
04. Harbour Lights(ファルマス、コーンウォール)
05. The Elite Fish & Chip Company(リンカン、リンカンシャー)
06. Trenchers Restaurant(ウイットビー、ノース・ヨークシャー)
07. The Fishermans Wife(ウイットビー、ノース・ヨークシャー)
08. Mister C’s(セルビー、ノース・ヨークシャー)
09. Lloyds(ランピーター、ケレディジョン、ウェールズ)
10. Catch Fish & Chips(グラスゴウ、スコットランド)


当然といえば当然ですが、海に近いロケーションがやっぱいいな、という印象です。
個人的には、特にイートインですぐに食べるときって、北の方が魚の身がしまっていておいしい気がするけど、どーなんだろう?


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○フィッシュ&チップス・ショップ・ベスト10 for 2017 → http://ricorice.exblog.jp/24776644/
○フィッシュ&チップス店・ベスト10 for 2016 → http://ricorice.exblog.jp/23750518/
○フィッシュ&チップス・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24166117/
○イギリスのフィッシュ&チップス店20選 → http://ricorice.exblog.jp/24189901/
○フィッシュ&チップス【Fish & Chips】 → http://ricorice.exblog.jp/3551039/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-02 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)

e0038047_0125988.jpg
2016年10月4日(火)、
フィッシュ&チップス・アウォーズ2017
The National Fish & Chips Awards 2017
http://www.fishandchipawards.com/

から、
フィッシュ&チップス・ショップ・ベスト10 for 2017
UK’s Top 10 Fish and Chip Shops Announced
http://www.fishandchipawards.com/news/article?blogitem=47

が発表されました。
イギリスを10エリアに分け、その中から優良店が1軒ずつピックアップされています。
選ばれたお店は以下のとおりです。

01. Henley's of Wivenhoe(コルチェスター、エセックス、ロンドン&南東イングランド)
02. Kingfisher Fish & Chips(プリマス、デヴォン、南西イングランド)
03. Godfrey's Fish and Chips(ハーペンデン、ハートフォードシャー、中央&南イングランド)
04. Burton Road Chippy(リンカン、リンカンシャー、東イングランド)
05. Oldswinford Fish & Chips(ダドリー、ストローブリッジ、ミッドランズ)
06. Hodgson’s Chippy(ランカスター、ランカシャー、北西イングランド)
07. Miller's Fish and Chips(ハクスビー、ノース・ヨークシャー、北東イングランド)
08. Hennighan's Top Shop(マハンレス、ポーイス、ウェールズ)
09. Fochabers Fish Bar(フォッシャバーズ、マレー、スコットランド)
10. The Dolphin Takeaway(ダンガンノン、ティロン州、北アイルランド)

ここで紹介されている、フィッシュ&チップス店、ショップ、つまりテイクアウェイ/持ち帰りとしての基準で選ばれています。イートインできるところもあるでしょうが、テイクアウェイ/持ち帰りとして評価の高い店、ということで。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○フィッシュ&チップス店・ベスト10 for 2016 → http://ricorice.exblog.jp/23750518/
○フィッシュ&チップス・アウォーズ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24166117/
○イギリスのフィッシュ&チップス店20選 → http://ricorice.exblog.jp/24189901/
○フィッシュ&チップス【Fish & Chips】 → http://ricorice.exblog.jp/3551039/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-01 00:00 | 順位&セレクト(イギリスの店)