イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:イングリッシュワイン( 140 )



e0038047_16425491.jpg

インターナショナル・ワイン・チャレンジ/International Wine Challangeといえば、毎年ロンドンで開催されている世界的なワインコンテスト。
今年、2017年受賞のイングリッシュワインは以下のとおりです。
http://www.englishwineproducers.co.uk/news/competitions-bak/?year=2016&competition=International%20Wine%20Challenge&Submit=1


○トロフィー/Trophy
Hambledon Classic Cuvee Rose, NV
Westwell Special Cuvée, 2014
Coates & Seely, Blanc de Blancs 'La Perfide', 2009
Cottonworth, Classic Cuvée Brut, NV

○金賞/Gold
Hambledon Classic Cuvee Rose, NV
Gusbourne, Berry Bros. & Rudd English Sparkling Wine Brut, 2011
Hambledon Classic Cuvée, NV
Gusbourne Blanc de Blancs, 2013
Upperton Alia, 2013
Coates & Seely, Blanc de Blancs 'La Perfide', 2009
Hattingley Valley Classic Reserve, NV
Ridgeview Bloomsbury, NV
Furleigh Estate, Blanc de Noirs Brut, 2014
Cottonworth, Classic Cuvée Brut, NV

Westwell Special Cuvée, 2014
Bluebell Vineyard Estates Hindleap Barrel Aged Blanc de Blancs, 2013
High Clandon The Aurora Cuvée, 2011
Wiston Estate Brut, NV
Nyetimber Blanc de Blancs, 2010
Nyetimber Classic Cuvée Magnum, 2009

○銀賞/Silver
Camel Valley, Annie's Anniversary Brut, 2014
Bolney Wine Estate, Blanc de Blancs Brut, 2011
Bolney Wine Estate, Blanc de Blancs Brut, 2013
Greyfriars Vineyard, Blanc de Blancs, 2013
Redfold Vineyards, Ambriel Classic Cuvee, NV
Trevibban Mill, Black Ewe White Sparkling Brut, 2014
Gusbourne Estate, Berry Bros. & Rudd English Sparkling Wine, 2013
Exton Park Vineyard, Blanc de Noirs, NV
Lyme Bay Winery, Blanc De Noirs, 2014
London Cru, Bacchus 'Baker St', 2016

Camel Valley Brut, 2013
Camel Valley Chardonnay Brut, 2014
Camel Valley Pinot Noir Rosé Brut, 2014
Camel Valley Bacchus Dry, 2015
Digby Non Vintage Brut, NV
Squerryes Brut, 2013
Court Garden Classic Cuvée, 2013
Furleigh Estate Classic Cuvée Brut, 2014
Breaky Bottom Brut 'Cuvée Sir Harry Kroto', 2013
Breaky Bottom Brut 'Cuvée Reynolds Stone', 2010

Aldwick Court Farm & Vineyard, Jubilate, 2013
Halfpenny Green - Late Harvest, 2014
Bluebell Vineyard Estates, Hindleap Blanc de Blancs, 2014
Gusbourne Pinot Noir, 2014
Gusbourne Brut Reserve, 2013
Harrow and Hope Blanc de Blancs, 2013
Chapel Down, Kit's Coty Chardonnay, 2014
Exton Park Vineyard, Pinot Meunier Rosé, NV
Nyetimber Classic Cuvee Multi-Vintage, NV
Nyetimber NUUP, 2010

Bolney Wine Estate, Pinot Noir, 2015
Ridgeview Rosé De Noirs, 2013
Ridgeview Rosé De Noirs, 2013
Ridgeview Fitzrovia Rosé, 2014
Ridgeview Bloomsbury, 2014
Woodchurch Rosé, 2014
Camel Valley, Pinot Noir Rosé Brut, 2014
Smith and Evans Higher Plot, 2013
Wraxall Vineyard, Somerset Sparkling Wine, 2014
Camel Valley, Pinot Noir Rosé, 2016

Conwy - Pefriog Brut, 2015

○銅賞/Bronze
Lyme Bay Winery, Chardonnay, 2015
Astley Veritas, 2015
Camel Valley White Pinot Brut, 2012
Astley Veritas, 2014
Hoffmann & Rathbone, Bacchus, 2015
Coates & Seely, Brut Reserve, NV
Redfold Vineyards, Ambriel Blanc de Blancs, 2010
Camel Valley, Bacchus Dry, 2016
Trevibban Mill, Black Ewe White, 2015
Bolney Bubbly, NV

Langham Wine Estate Classic Cuvée Reserve Brut, 2011
Greyfriars Vineyard, Classic Cuvée, 2013
Langham Wine Estate Classic Cuvee, 2013
Ridgeview, Gaultsbrook, 2013
Gusbourne, Guinevere, 2014
Court Garden Blanc de Blancs, 2013
Court Garden Rosé, 2013
Furleigh Estate, Classic Cuvée Brut, 2013
Scaddows Vineyard, El Birillo, 2014
Bolney Wine Estate, Eighteen Acre Rosé Brut, 2011

High Clandon Celebration Cuvée Special Vintage Reserve, 2010
Harrow & Hope Blanc de Blancs Brut, 2013
Halfpenny Green - Tom Hill, 2015
Jenkyn Place Brut, 2010
Gusbourne Blanc de Blancs, 2012
Gusbourne Rose, 2013
Gusbourne Pinot Noir, 2015
Halfpenny Green - Traditional Sparkling Brut, 2014
Halfpenny Green - Rose Sparkling, 2014
Halfpenny Green - Mercia, 2015

Aldwick Court Farm & Vineyard, Mary's Rose, 2015
Ridgeview, Marksman English Sparkling Brut Blanc De Blancs, 2013
Chapel Down, Lamberhurst Estate Bacchus Reserve, 2015
Waitrose, Leckford Estate Brut, 2013
Camel Valley, Pinot Noir Brut, 2014
Westwell Wines, Pelegrim, NV
Nyetimber Rosé Multi-Vintage Brut, NV
Bolney Wine Estate, Lychgate White, 2015
Denbies Wine Estate, Noble Harvest, 2015
Denbies Wine Estate, Pinot Noir, 2014

Stopham Estate Pinot Blanc, 2014
Stopham Estate Pinot Gris, 2014
Wraxall Vineyard, Somerset Rose Sparkling Wine, 2014
Sixteen Ridges, Pinot Noir Early Red, 2014
Greyfriars Vineyard, Sparkling Rose Reserve, 2014
Scaddows Vineyard, Solaris, 2015
Lyme Bay Winery, Shoreline, 2016
Lyme Bay Winery, Sparkling Rose, 2014
Polgoon Bacchus, 2015
Sugrue Pierre, The Trouble With Dreams, 2013

Waitrose English The Limes Selection, 2015
Woodchurch Blanc de Blancs, 2013
Wiston Estate Cuvee Brut, 2013
Conwy - Solaris, 2015

○入賞/Commended
Camel Valley Bacchus, 2014
Bolney Wine Estate, Cuvée Rosé, 2014
Bolney Wine Estate, Bacchus, 2015
Ridgeview Wine Estate, Cavendish, 2014
Trevibban Mill, Black Ewe Pink Sparkling Brut, 2014
Trevibban Mill, Black Ewe Red, 2015
Old Winchester Hill, Blanc De Blanc, NV
Chapel Down, Brut, NV
Chapel Down, Bacchus, 2015
Lyme Bay Winery, Classic Cuvee, 2013

Poulton Hill Estate, English Sparkling White, 2012
Poulton Hill Estate, English Sparkling Rosé, 2013
R.W. Buckingham & Son, Double Hedges Bacchus, 2014
R.W. Buckingham & Son, Double Hedges Bacchus, 2015
Giffords Hall Madeleine Angevine, 2015
Harrow & Hope Brut Reserve, NV
Halfpenny Green Vineyards - Long Acre, 2015
Gusbourne Guinevere, 2013
Oatley Vineyard Elizabeth's, 2015
Ridgeview Wine Estate, Fitzrovia, NV

Lily Farm Sparkling Rosé, 2014
Kerryvale - Shropshire Lady, 2015
Bluebell Vineyard Estates, Hindleap Classic Cuvee, 2014
Bluebell Vineyard Estates, Hindleap Rosé, 2013
Danebury Vineyards, Madeleine Angevine, 2014
Upperton Nebula, 2013
Digby Fine English, Leander Pink Non Vintage Brut, NV
Harrow & Hope Brut Reserve, NV
Harrow & Hope Brut Rosé, 2014
Chapel Down, Blanc de Blancs, 2013

Poulton Hill Estate, Phoenix, 2014
Polgoon Brut, 2014
Polgoon Seyval Blanc & Ortega, 2015
Oxney Organic Classic, 2014
Hambledon Vineyard, Première Cuvée, NV
Elizabeth Robson, Noble Purpose, 2014
Wraxall Vineyard, Pinot Noir Rose, 2015
The Mount Vineyard, Pinot Noir, 2013
Rodington - Rose, 2015
Rodington - Pinot Noir / Seyval Blanc, 2015

Lyme Bay Winery, Sandbar, 2015
Stopham Estate Bacchus, 2015
Hush Heath, Tesco finest* English Sparkling, NV
Denbies Wine Estate, The Co-operative Truly Irresistible Limestone Rise, 2015
Langham Wine Estate, Rosé Brut, 2013
Sharpham Sparkling Blanc, 2014
Somerby Vineyards, The Great Charter, 2015
Cottonworth, Sparkling Rosé Brut, NV
The Mount Vineyard, Sparkling Rose Brut, 2012
Seer Green - Rose Sparkling Brut, 2013

Chapel Down, Three Graces, 2011
Parva Farm Vineyard, Tintern Parva Bwthyn Rhosyn, 2015
Parva Farm Vineyard, Tintern Parva Dathliad Brut, 2013


発表から時間が経ってしましましたが、これ、私の備忘録として。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016 → http://ricorice.exblog.jp/24733578/
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2017・金&銀賞ワイン → http://ricorice.exblog.jp/25966426/
○第1回UKワイン・アウォーズ2017・結果発表! → http://ricorice.exblog.jp/25856663/
○「デカンタ/Decanter」アウォーズ2017 その1 → http://ricorice.exblog.jp/25831507/
○「デカンタ/Decanter」アウォーズ2017 その2 → http://ricorice.exblog.jp/25831497/
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その1 → http://ricorice.exblog.jp/24880678/
○インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2016 その2 → http://ricorice.exblog.jp/24940044/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-11-18 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_05245173.jpg

あ〜っ、今ごろ気づいちゃった!

ロンドンの新聞、ロンドン・イヴニング・スタンダード/London Evening Standardの2017年5月30日(火)づけであったのはこんな記事。

ロンドンでイングリッシュワインを飲むならこの5軒
Where to drink English wine in London
https://www.standard.co.uk/goingout/restaurants/where-to-drink-english-wine-in-london-10279573.html


選ばれたのは以下の5軒です。

01. The Oxo Tower(サウス・バンク)
02. Roast(バラ(ボロー)・マーケット)
03. Wine Pantry(リヴァプール・ストリート)
04. Vinoteca(ロンドン各所)
05. Greenberry Cafe(プリムローズ・ヒル)

スタイリッシュなレストランあり、コージーなカフェあり、ですが、
特筆すべきは、03のWine Pantry
ここ、飲食店というよりはショップ。
しかもイングリッシュワインに特化したお店なんです。
そこで、テイスティングできる、というわけ。

イングリッシュワインを実際に見たい、知りたい、試したい、ならまずはここへ!を私はおすすめします。
Wine Pantryでは“食べる”ことはできませんが、周囲には良質な飲食店が点在していますので、
ここでは“飲む”(というより試す)に集中してどうぞ。

っと、ここまで書いて、オリジナル記事が半年前のことってのもあり、状況は一変!
Wine Pantryが移転(移転中?)。
もともとあった、バラ(ボロー)・マーケットに戻ったようです
(ただし、以前の場所ではありません)。
一般に、ではなく、イベントもしくはチケッチ利用者に限定してオープン、とやり方も変わったようです。。。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ワイン・パントリーが完全移転 → http://ricorice.exblog.jp/25032231/
○ワイン・パントリー → http://ricorice.exblog.jp/21571477/
○イギリスでイングリッシュワインを飲む → http://ricorice.exblog.jp/24112930/
○イギリスの飲食店でイングリッシュワインを揃えたほうがいい5つの理由 → http://ricorice.exblog.jp/24280953/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-11-09 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_23354687.jpg

ロンドンでおなじみの夕刊、ロンドン・イヴニング・スタンダード/London Evening Standardの2017年9月11日(月)づけで掲載されたのはこんな記事。
2017年、この秋ベストなイングリッシュワイン7本
7 of the best English wines
https://www.standard.co.uk/shopping/esbest/food-drink/wine-spirits/7-of-the-best-english-wines-for-summer-a3251471.html


選ばれたのは、以下の7本です。

01. Danebury Madeleine Angevine, 2014
参考価格: £12

02. Ridgeview Blanc de Noir, 2013
参考価格: £40

03. Coates and Seely Brut Reserve, NV
参考価格: £29.95

04. Chapel Down Sparkling English Rosé Brut, NV
参考価格: £24

05. Albury Estate Classic Cuvée, 2013
参考価格: £29.95

06. Camel Valley Bacchus Dry, 2013
参考価格: £14.99

07. Hush Heath Estate, Balfour Brut Rosé, 2011
参考価格: £28.79


ワインのチョイスは選者の好みもあるので、ふんふん、なのですが、
それよりもこのオリジナル記事で、へええええ〜っ!だったのが、
現在、イギリス政府のセラーにあるワインの約半分、
昨年購入された3052本のうち1500本が、地元産のイングリッシュワインである、ということ。
ここには、質がよくなった、など複数の理由があるのでしょうが、Brexitに向けて国内産により注力する動きもあるのかなぁ、と思ったりして。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イングリッシュワイン、今飲むべきシャルドネはこの8本 → http://ricorice.exblog.jp/26077318/
○バッカス(バフース)でイングリッシュワインを選ぶならこの3本 → http://ricorice.exblog.jp/26026259/
○イギリスのスーパーマーケットのシャンパーニュ&スパークリングワインを評価する! → http://ricorice.exblog.jp/25998219/
○2017年夏 この6本が今飲みたいイングリッシュワイン → http://ricorice.exblog.jp/25927604/
○2017年初夏のイングリッシュワイン・ベスト14 → http://ricorice.exblog.jp/25780213/
○Brexit/EU 離脱! これがイギリス国民が出した答 → http://ricorice.exblog.jp/24481123/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-10-30 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_23145014.jpg

シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ/The Champagne & Sparkling Wine World Campionships
略して、The CSWWC。
http://www.champagnesparklingwwc.co.uk/

かいつまんで言うと、世界の優勝なシャンパーニュとスパークリングワインを選び、讃えるもので、今年、2017年で4回目を迎えました。
どんなものかについては、こちらを( → http://ricorice.exblog.jp/23695449/

今年、2017年7月に金賞および銀賞ワインが発表された(↓)のに引き続き、
(→ シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2017・金&銀賞ワイン
9月14日(木)にはロンドンのVintner’s Hallで各賞の発表および授賞ディナーが開催されました。
受賞ワインは以下のとおりです。
CSWWC 2017 Trophies
https://www.champagnesparklingwwc.co.uk/results/cswwc-2017-results/


当ブログでは、イギリス(イングランド)の各賞の入賞ワインについてご紹介します。


○ブラン・ド・ブラン・世界チャンピオン/World Champion Blanc de Blancs
Hattingley Valley 2011 Blancs de Blancs(Magnum)

○ベスト・イングリッシュ・スパークリングワイン/Best English Sparkling Wine
Nyetimber 2009 Classic Cuvée (Jeroboam)


○ブラン・ド・ノワール/Best English Blanc de Noirs
Alder Ridge Vineyard 2013 Blanc de Noirs

○ヴィンテージ・ロゼ/Best English Vintaged Rosé
Harrow & Hope 2014 Brut Rosé

○ブラン・ド・ブラン/Best English Blanc de Blancs
Hattingley Valley 2011 Blancs de Blancs(Magnum)

○マグナム/Best English Magnum
Hattingley Valley 2011 Blancs de Blancs(Magnum)

○ブリュット・ブレンド/Best English Brut Blend
Nyetimber 2009 Classic Cuvée (Jeroboam)

○ノンヴィンテージ・ロゼ/Best English NV Rosé
Plumpton Estate NV The Dean Blush

○ベスト・ヴァリュー/Best Value English Sparkling Wine
Plumpton Estate NV The Dean Blush


ノンヴィンテージ・ロゼとベスト・ヴァリューに選ばれた、
Plumpton Estate NV The Dean Blush。
これ、大学のワインエステイトによるボトル。
当然ではありますが、研究しつつ、ワインの質を追求しつつ、のアプローチで、登場時から非常に気になっているんですが、やすやすと入手できないので、まだ飲めていないんです。。。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2017・金&銀賞ワイン → http://ricorice.exblog.jp/25966426/
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2016・入賞ワイン発表 → http://ricorice.exblog.jp/24687814/
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2015・入賞ワイン発表 → http://ricorice.exblog.jp/23695449/
○第1回UKワイン・アウォーズ2017・結果発表! → http://ricorice.exblog.jp/25856663/
○イギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/23361253/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-10-20 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_21173384.jpg

イギリス産ワインに特化したウェブサイト、Great British Wineの2017年9月21日(木)づけで投稿されたのはこんな記事。
イングリッシュワイン、今飲むべきシャルドネはこの8本
Great British Wine Chardonnay Spotlight Tasting
http://www.greatbritishwine.com/spotlight-tasting/great-british-wine-chardonnay-spotlight-tasting/


金、銀、銅賞、次点という形で選ばれた8本は以下のとおりです。

○金/Gold
Chapel Down Kit's Coty Chardonnay 2014(ケント)
希望小売価格: £30

○銀賞/Silver
Hush Heath Skye’s English Chardonnay 2015(ケント)
希望小売価格: £16

○銅賞/Bronze
Nutbourne Chardonnay 2013(サセックス)
希望小売価格: £12.50

○次点/The Other 5 Wines
New Hall Limited Edition Chardonnay 2014(エセックス)
希望小売価格: £9.50

Gusbourne Guinevere Twenty Fourteen(ケント)
希望小売価格: £22

Lyme Bay Chardonnay 2015(デヴォン)
希望小売価格: £17

Chapel Down Chardonnay 2013(ケント)
希望小売価格: £14.99

Simpsons The Roman Road Chardonnay 2016(ケント)
希望小売価格: £22


シャルドネはイギリスで一番多く栽培されているワイン用ブドウ品種で(2015年のデータによる)、その割合は23%。
栽培面積のおおよそ1/4を占めており、
イングリッシュワイン = スパークリングワイン、といった部分もありますから、
スパークリングワインへの使用用途が高いのは想像にかたくありません。

もちろんシャルドネを使って白ワインも造っています。
そうしてGreat British Wineがジャッジしたのが、上記の結果というわけです。

シャルドネは、ブドウの個性というよりも、造り手の個性がでやすく、味わいに幅が広いのが特徴。
誰かの基準がすべてではありませんが、それでもこういった指南があると選ぶときの手助けとなるのではないでしょうか。


個人的に興味深いのは、賞には選ばれなかったものの、次点として挙がったSimpsonsのシャルドネ。
きいたことないワイナリーだな〜、と思ったら、
このワイナリーの初収穫のブドウを使った貴重な1本。
これは、気になる!

入手しやすいところでは、8本のうち2本がエントリーしたChapel Down
ここで金賞となった“Kit's Coty Chardonnay 2014”は、ほかのアウォードやセレクションでも、非常に評価の高いワインです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○バッカス(バフース)でイングリッシュワインを選ぶならこの3本 → http://ricorice.exblog.jp/26026259/
○2017年夏 この6本が今飲みたいイングリッシュワイン → http://ricorice.exblog.jp/25927604/
○2017年初夏のイングリッシュワイン・ベスト14 → http://ricorice.exblog.jp/25780213/
○イギリスの白ワイン → http://ricorice.exblog.jp/23742812/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-10-09 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_00022763.jpg

彼の登場はひとつのニュースでした。
マルコ・ピエール・ホワイト/Marco Pierre White
1987年、ロンドンに最初のレストランをオープンするやいなやミシュランの星を獲得。
33歳のときに、ミシュラン最年少、そしてイギリス初の3つ星をもたらし、天才の名を欲しいままにしました(もちろんすさまじい野心と努力があったのでしょうが)。
“アンファン・テリブル/enfant terrible”(恐るべき子供(若者))と称されたゆえんです。

このマルコ・ピエール・ホワイト、お口の方も超一流で、かのゴードン・ラムズィ/Gordon Ramsayがまったくもってかわいらいく思えるほどの辛辣さ。
毒舌というよりも、言いたい放題、罵倒しまくり、と言った方がいいかもしれない。
もうね、小心者の私なんぞ、あの目できっと睨まれただけで、ちびりそう。いや、ちびるどころか、心臓も止まりそう。。。
(ついでに、ものすごおおおおおい色気があるんだよねぇ)。

2000年代、イギリスに「ヘルズ・キッチン/Hell’s Kitchen」というテレビ番組がありまして、
このシリーズの最初の年、2004年に登場したのは、ゴードン・ラムズィ
2007年と2009年はマルコ・ピエール・ホワイトが。
当初はマルコ・ピエール・ホワイトに打診したものの断られ、引き受けたのがゴードン・ラムズィ
その後、気が変わったのが、マルコ・ピエール・ホワイトが登場。
そもそもゴードン・ラムズィマルコ・ピエール・ホワイトのもとで修業していた、という経緯があります。

1999年、“ミシュランの囚人はもうご免だ!”と調理場を去り、マルコ・ピエール・ホワイトはレストラン経営者に。
その傍ら、2000年代に入るとテレビ出演もするようになり、そのきっかけが先の「ヘルズ・キッチン」だったというわけです。
2008年にステーキハウスを開業し、2017年9月現在イギリスで20店舗ほどを運営。イタリアンレストランも経営しています(マルコ・ピエール・ホワイト自身はフランス料理出身ですが、彼の母親はイタリア人)。

このステーキハウス、Marco Pierre White Steakhouse Bar & Grillが、イングランド南西部デヴォンはプリマスに新しく店舗を構えることになりまして、
どういう経緯からそういう話題になったのか不明ですが、
イングリッシュワインについて言及。
それがしっかり記事になっちゃうってのは、発言の影響力が大きい人物である表れでしょう。

マルコ・ピエール・ホワイト、イングリッシュワインに吠える
Marco Pierre-White says only a numpty would buy English wine
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/09/10/marco-pierre-white-says-numpty-would-buy-english-wine/
e0038047_00023207.jpg


2017年9月10日(日)づけのイギリスの新聞「Daily Telegragh」に掲載されたもので、
9月8日(金)にマルコ・ピエール・ホワイトイングリッシュワインに対して発っした言葉は以下のとおりです。

“イングリッシュワイン? そんなの買うのはバカ。まったく気が知れない”
“値段が高い割に、質がよくない”
“ワインはやっぱりフランス! イングリッシュワインなんておままごと”
“クリュッグやボランジェよりいい? 笑わせるな”(注:クリュッグ、ボランジェはともにフランスの高品質シャンパーニュメーカー)
“物事には適材適所ってもんがある。イギリスのチェダー(チーズ)やパスティは最高だし、フランスのバゲットやブリー(チーズ)も素晴らしい。フランスでポーク・パイは期待できず、やっぱりイギリスに限る!ように”


55歳の今も、変わらず、ですねぇ(笑)。
正直なところだろうなぁ、と思うし、これ、一般の人の感じ方もおおむねそうなんじゃないか、って気がします。
イングリッシュワイン? 意識高いね、スノッブだね、みないな部分はあるか、と。

じゃあ、私がマルコ・ピエール・ホワイトの意見に同意するかといえば、そんなことはなくって、
確かに、イングリッシュワインはまだまだだけれど、
期待値が大きい!
実際に飲んだり、ワイナリーを訪問したり、市場がどんどん広がっている様を見ていると、
これからに賭けたいし、それだけのポテンシャルはおおいにあると、私はふんでいます。

それと。
“常識は疑え! 既成概念は壊しちゃえ!”
な〜んて、私は思っていまして。
というのも、ものごとは常に変化していて、現在、そのスピードはますます加速の一途をたどっています。
なにがあってもおかしくない。イングリッシュワインも大化けするかもしれない。
だから、これまでのステレオタイプな見方に立脚して、ものごとを捉えるのはいかがなものか、と。

そのひとつが値段。
シャンパーニュよりもイギリスのスパークリングワインの方が良心的だし、
もっといえばニューワールドの品質のよい泡なんて、本当に価格もうれしいもんですよ。
(いまだにニューワールド、って言うのってどーなの?って気はしますが、とりあえず)

とはいえ、イングリッシュワインを称賛する傾向のある今、
こういう正直で真っ向からの意見は重要かもしれません。
マルコ・ピエール・ホワイトみたいな人が、“イングリッシュワインいいじゃん!”と認めたら、
いよいよ、ほらね!間違いない!な状況に突入するわけですから。



ところで、はっと思い出したのですが、
マルコ・ピエール・ホワイトの自伝『The Devil in the Kitchen
をもとに、リドニー・スコットが映画を作るってきいたけど(↓)、その話は今どうなったんだろう?

Marco Pierre White's Memoir to Become a Movie: Ridley Scott Options The Devil in the Kitchen
https://www.eater.com/2014/7/18/6184865/marco-pierre-whites-memoir-to-become-a-movie-ridley-scott-options-the


Marco Pierre White's Memoir to Michael Fassbender Slated to Play Marco Pierre White in Upcoming Biopic
https://www.eater.com/2015/8/29/9224853/michael-fassbender-playing-marco-pierre-white-devil-in-the-kitchen-ridley-scott



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○テタンジェがイギリス・ケントの畑で植樹式を行う → http://ricorice.exblog.jp/25754935/
○仏シャンパーニュメゾン、テタンジェがイギリスに畑を購入! → http://ricorice.exblog.jp/23996871/
○イギリスのスパークリングワインはシャンパーニュより上? → http://ricorice.exblog.jp/24393939/
○イングリッシュワインの歴史 → http://ricorice.exblog.jp/22925146/
○ゴードン・ラムジィ【Gordon Ramsay】 → http://ricorice.exblog.jp/3633463/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-09-20 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_00060354.jpg

イギリスの新聞 “ガーディアン/The Guardian(日曜日はオブザーヴァー/The Observer)”の、2017年8月13日(日)づけであったのはこんな記事。

バッカス(バフース)でイングリッシュワインを選ぶならこの3本
Three cheers: a trio of English wines
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/aug/13/english-wines-made-from-bacchus-grape-david-williams


選ばれたのは、次の3本です。

01. New Hall Bacchus, 2016(エセックス) £9.50〜
02. Camel Valley Bacchus, 2015(コーンウォール) £13.95
03. Denbies Bacchus, 2015(サリー) £14.95


白ワイン用ブドウ品種、バッカス(バフース)/bacchusはシルヴァーナーとリースリングを交配させたものに、ミュラー・トゥルガウを交配させて生まれました。
ワインに覚えのある方なら、ドイツワインを代表するブドウと思われるかもしれません。
確かにそう。

イギリスもドイツ同様、ワイン生産国としては冷涼なエリアですから、バッカス(バフース)に適しており、2003年の古いデータで恐縮ですが、イギリスで3番目に多く栽培されています。
それを裏付けるかのようにバッカス(バフース)は、日本では、北海道で多く栽培されているワイン用ブドウ品種です。

バッカス(バフース)は香りが強いのが最大の特徴。
マスカットを思わせる甘い香りを持ちます。
その個性を生かすためか、シングルヴァラエタル(単一品種)ワインとして使われることが多いです。

世界のワインメディアの雄、デカンタ/Decanterの賞「The Decanter World Wine Awards」 (略してDWWA)で、
今年2017年、白ワインの単一品種お値打ち部門"Best Value White Single-Varietal"で100点満点中95点を獲得し、世界のベスト白ワインに選出されたのが、イギリスの“”Winbirri Vineyards Bacchus 2015”
(→ http://ricorice.exblog.jp/25793975/
であったことを照らし合わせると、イングリッシュワインのバッカス(バフース)の質の高さを思わせます。

小規模ワイナリーが多く、人件費などの経費の問題もあり、値段だけ見るとイングリッシュワインは厳しいものがありますが、
上に紹介した“ガーディアン”が選んだバッカス(バフース)の3本は、いずれも£15以下とお値打ち。
外れなく、適度な値段でイングリッシュワインを選びたいときの基準のひとつに“バッカス(バフース)”としてもいいかもしれませんね。


Hip Hip Hooray! Hip Hip Hooray! Hip Hip Hooray!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○イギリス・ノーフォークの白ワイン、世界最高峰に位置づけられる → http://ricorice.exblog.jp/25793975/
○2017年夏 この6本が今飲みたいイングリッシュワイン → http://ricorice.exblog.jp/25927604/
○2017年初夏のイングリッシュワイン・ベスト14 → http://ricorice.exblog.jp/25780213/
○イギリスの白ワイン → http://ricorice.exblog.jp/23742812/
○イングリッシュワイン 〜ブライトウェル・ヴィンヤード バッカス 2011〜 → http://ricorice.exblog.jp/21172732/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-09-07 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_00032130.jpg

イギリスの新聞で私が好きなのは、“ガーディアン/The Guardian(日曜日はオブザーヴァー/The Observer)”。
今はウェブで記事が読めるとあって、つくづくいい時代になりました。
なぜ“ガーディアン”がお気に入りかというと、どーでもいいことを、不要なまでに大マジメにぐぐっと掘り下げてくれるから(ほめてますっ!)

で、今頃見つけてしまった!
それは、2017年5月21日(日)づけであったのはこんな記事。

イギリスのスーパーマーケットのシャンパーニュ&スパークリングワインを評価する!
Taste test: champagne and sparkling wines
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2017/may/21/taste-test-champagne-and-sparkling-wines


もちろん、シャンパーニュ&スパークリングワインは一年中、特にクリスマスなどのお祝いの場に欠かせないものですが、この企画が登場したのは5月下旬。
夏に向けての意図だったはず。。。

なわけで、そろそろ夏は終わるものの、シャンパーニュ&スパークリングワインは年間を通して飲む、ということで、当ブログでその内容を以下にご案内します。
<シャンパーニュ(£20以下)><プロセッコ><カバ><イングリッシュ・スパークリングワイン><ロゼ・シャンパーニュ><ヴィンテージ・シャンパーニュ>の6つの項目から選ばれたのは以下のワインです。


<シャンパーニュ(£20以下)/Champagne under £20>
Morrisons Brut Champagne £19
★★★★☆

Asda Extra Special Selection Louis Bernard Brut £16
★★★☆☆

Waitrose Champagne Brut NV £19.99
★★★☆☆

Comte de Senneval, Lidl Champagne Brut Premium £9.99
★★☆☆☆


<プロセッコ/Prosecco>
Valdobbiadene, Aldi Prosecco Superiore DOCG £7.99
★★★★☆

Waitrose Prosecco DOC £7.99
★★★☆☆

Asda Extra Special Prosecco Brut £8.28
★★★☆☆

Tesco Finest Valdobbiadene Prosecco Superiore DOCG £10
★★☆☆☆


<カバ/Cava>
Asda Extra Special Marques de Portola Cava Brut £7.98
★★★★☆

Morrisons Vintage Cava Brut £7
★★★★☆

Marks & Spencer Cava Prestige Medium Dry £11
★★★☆☆

Sainsbury’s Taste the Difference Vintage Cava £9
★★★☆☆


<イングリッシュ・スパークリングワイン/English sparkling>
Sainsbury’s Taste the Difference English Sparkling Wine £21
★★★★★

Ridgeview, M&S Marksman English Sparkling Brut Blanc de Blancs, 2013 £26
★★★★☆

Leckford Estate, Waitrose Brut English Sparkling Wine £24.99
★★★★☆

Tesco Finest English Sparkling Wine £17.50
★★★☆☆


<ロゼ・シャンパーニュ/Rosé champagne>
Harvey Nichols Champagne Brut Rosé 1er Cru NV £34
★★★★★

Fortnum & Mason Rosé Champagne, Billecart Salmon NV £43.50
★★★★☆

Morrisons Champagne Rosé £20
★★★★☆

Oudinot, M&S Rosé Pink Champagne £28
★★☆☆☆


<ヴィンテージ・シャンパーニュ/Vintage champagne>
Les Pionniers, Co-op Vintage Champagne, 2008 £25.99
★★★★☆

Champagne Monsigny, Aldi Vintage Blanc De Blancs Champagne, 2006 £19.99
★★★★☆

Fortnum & Mason Vintage Champagne by Louis Roederer, 2009 £39.50
★★★★☆

Tesco Finest Vintage Champagne, 2007 £25
★★☆☆☆


ひとこと補足を。
2〜3年前、2015年頃のデータですが、イギリス人の9割以上は、スーパーマーケットでワインを買っているとか。
そう、スーパーマーケットのワイン売り場は、非常に充実しているのです。
確かに、とりわけ大型店ともなると、その品揃えは立派!
だからこそ<ロゼ・シャンパーニュ><ヴィンテージ・シャンパーニュ>なんて項目も成立するわけで(もっとも、これらの項目に関しては、スーパーマーケットだけでなくデパートからも選ばれていますが)。
さらに、スーパーマーケットではほかの商品の例に漏れず、ワインにおいてもPB商品を手がけているので、手頃な値段で買えるのもうれしい限り。

日本ではワインが充実しているスーパーマーケットはあまりないのですが、イギリスでは事情が違う。
ワイン専門店ももちろんいいけれど、スーパーマーケットをのぞいてワイン売り場をチェックするのも楽しいものです。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○目的別、夏に飲みたいイギリスのロゼ・スパークリングワイン その1 → http://ricorice.exblog.jp/25879601/
○目的別、夏に飲みたいイギリスのロゼ・スパークリングワイン その2 → http://ricorice.exblog.jp/25906173/
○2017年初夏のイングリッシュワイン・ベスト14 → http://ricorice.exblog.jp/25780213/
○イギリスの高級スーパー、ウェイトローズが選ぶイギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/25099283/
○イギリスでイングリッシュワインを買う → http://ricorice.exblog.jp/23827603/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-08-29 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_00014870.jpg

イギリスのクラウドファンディングによるワイン販売の代名詞的存在といえば、ネイキッド・ワイン/Naked Wine
https://www.nakedwines.com/
このネイキッド・ワインより興味深いレポートが提出されました。

それは、
“イギリス産スパークリングワインの売上げはロンドンと生産地が圧倒的!”
ということ。
なんでもイギリス産スパークリングワインの売上げの半分以上を、ロンドンと生産地、具体的にはイングランド南東部が占めるとか。
多いだろうなぁ、とおぼろげながら予測はできたものの、まさかここまで、とはね!

ちなみに、イングリッシュワインがよく売れているエリアのトップ10は以下のとおりだとか。

01. ロンドン
02. ケント
03. サリー
04. ハンプシャー
05. エセックス
06. イースト・サセックス
07. ウェスト・サセックス
08. ハートフォードシャー
09. ランカシャー
10. バークシャー

見事にロンドンと生産地ですね。
これらのエリアはイギリスのほかの地域に比べ、スパークリングワインを選ぶ際に、イギリス産を選ぶ率が10倍だとか!
これもあってか、ネイキッド・ワインにおけるイングリッシュワインの売上げは、昨年に比べて16%の伸びだそうです。

このイングリッシュワインの売上げが好調な大きな理由として、
・地球温暖化の影響や天候など、イングリッシュワインにとってよりよい自然条件になっていること
・ほかのヨーロッパ諸国の通貨に比べ、ポンドの貨幣価値が下がっていること
が挙げられます。

ネイキッド・ワインでは新規参入するワイナリーに対して、£100万の投資を行うことも発表。
造り手、流通&販売、購入者がそれぞれの立場で、イングリッシュワインの成長を促している表れ、ってことかな。


こちらのニュース、オリジナル記事は2017年8月9日(水)づけの“English Wine Producers”の以下のものです(↓)。
London and Home Counties ‘bubble’ putting the fizz into English wine
http://www.englishwineproducers.co.uk/news/latest/london-and-home-counties-bubble-putting-the-fizz-into-english-wine/

気になる方はこちらもどうぞ。


〜〜過去の関連記事も併せてどうぞ
○イングリッシュワイン用ブドウ、今年だけで100万本植えられる → http://ricorice.exblog.jp/25724705/
○2017年のイングリッシュワインは、さらなる展開に期待大 → http://ricorice.exblog.jp/25136022/
○過去最大量のイギリスのスパークリングワイン、アメリカに輸出される → http://ricorice.exblog.jp/24646719/
○2016年夏は、イングリッシュワインにとって飛躍のシーズン → http://ricorice.exblog.jp/24622723/
○イギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/23361253/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-08-19 00:00 | イングリッシュワイン

e0038047_08295300.jpg

今年、2017年で4回目を迎えた、
シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ/The Champagne & Sparkling Wine World Campionships。略して、The CSWWC。
http://www.champagnesparklingwwc.co.uk/
どんなものかについては、こちらを( → http://ricorice.exblog.jp/23695449/

The CSWWCとはかいつまんで言うと、
世界の優勝なシャンパーニュとスパークリングワインを選び、讃えるもので、
各賞の発表は、9月14日(木)にロンドンで開催される授賞ディナーで発表されると思われますが、
それに先駆け、2017年7月、金賞および銀賞ワインが発表されました。
https://www.champagnesparklingwwc.co.uk/results/cswwc-2017-results/
各国の金&銀賞ワインについては上記公式サイトでご確認いただくとして、
当ブログでは、イギリス(イングランド)の金&銀賞ワインを以下にご紹介します。


○金賞/Gold Medal Winners(ワイナリーのアルファベット順)
Alder Ridge Vineyard 2013 Blanc de Noirs(バークシャー)
Bolney 2010 Blanc de Blancs (Magnum)(ウェスト・サセックス)
Bolney 2014 Cuvée Rosé (Magnum)(ウェスト・サセックス)
Camel Valley 2014 Pinot Noir Rosé Brut(コーンウォール)
Coates & Seely 2009 Blanc de Blancs ‘La Perfide’(ハンプシャー)
Digby Fine English 2010 Vintage Brut(イングランド)
Harrow & Hope 2014 Brut Rosé(テムズ・ヴァレー)
Hattingley Valley 2011 Blanc de Blancs (Magnum)(ハンプシャー)
Hattingley Valley 2014 Rosé(ハンプシャー)
High Clandon Estate Vineyard 2011 The Aurora Cuvée Grand Vintage Rosé(サリー)

Nyetimber 2010 Classic Cuvée (Magnum)(ウェスト・サセックス)
Nyetimber 2009 Classic Cuvée Jeroboam(ウェスト・サセックス)
Plumpton Estate NV The Dean Blush(イースト・サセックス)
Squerryes 2010 Brut Late Disgorge(ケント)

○銀賞/Silver Medal Winners(ワイナリーのアルファベット順)
Alder Ridge Vineyard 2013 Classic Cuvée(バークシャー)
Black Chalk 2015 Wild Rosé(ハンプシャー)
Bolney Blanc de Blancs(ウェスト・サセックス)
Chapel Down NV Classic Non-Vintage Brut(ケント)
Chapel Down Kit’s Coty 2Blanc de Blancs(ケント)
Chapel Down Kit’s Coty 2013 Coeur de Cuvée(ケント)
Gusbourne 2013 Blanc de Blancs(ケント)
Gusbourne 2013 Brut Reserve(ケント)
Gusbourne 2013 Rosé(ケント)
Hattingley Valley Classic Reserve(ハンプシャー)

Henners 2011 Brut(イースト・サセックス)
Hoffmann & Rathbone 2010 Rosé Réserve(サセックス)
Jenkyn Place 2010 Brut Cuvée(ハンプシャー)
Nyetimber 2010 Blanc de Blancs(ウェスト・サセックス)
Raimes English Sparkling 2014 Blanc de Noirs(イングランド)
Sugrue Pierre 2013 The Trouble With Dreams(ウェスト・サセックス)


おなじみのワイナリーのボトルもあるけれど、
あまりメディアで取り上げられないワイナリーのものもちらほら。
選ばれた基準が(私には)イマイチよくわからないので、果たしてダークホースと見るべきか否か。。。う〜む。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2016・入賞ワイン発表 → http://ricorice.exblog.jp/24687814/
○シャンパーニュ&スパークリングワイン世界チャンピオンシップ2015・入賞ワイン発表 → http://ricorice.exblog.jp/23695449/
○第1回UKワイン・アウォーズ2017・結果発表! → http://ricorice.exblog.jp/25856663/
○イギリスのスパークリングワイン → http://ricorice.exblog.jp/23361253/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-08-10 00:00 | イングリッシュワイン