イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:イギリス菓子の会&イベント( 141 )



e0038047_23381284.jpg
すっかり遅くなりました。。。
12月2日(金)~18日(日)、イギリス雑貨店「PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)」(福岡市薬院)の12月イベントとして開催された、イギリスにゆかりのある4つのお店や人が出店し、お店にいながらにしてマーケット気分を楽しめるインドア“クリスマス・マーケット”、「英国の小さなクリスマス市」。

こちらのイベントに私も、昨年、一昨年、そして今年と3年連続で参加しました。
毎年秋にイギリスを訪ね、そのときに入手した楽しくってワクワクするカラフルなアイテムを放出。
今年もたくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございました!
お買い上げになったみなさんの生活に、彩りを添えることができればうれしいです。

在廊日には、毎年いらっしゃる方、お久しぶりの方にもお目にかかれ、現在進行形かつ一般の人々のイギリス・ライフなどについての会話も交わせ、楽しいひとときでした。


こちらのイベントでは拙著『イギリス菓子図鑑』も販売。

わざわざ取りおきのご連絡をくださった方もいらっしゃいました。
なんでも発刊されて間もなく、新聞かなにかの書評で取り上げられているのを見て、なんとなく気になってらしたようです。
その後、本のタイトルなど情報を忘れていらしたのですが、このイベントの告知サイトをご覧になり、あっ、これ!ということで再会を果たした次第。
こういうことって、あるんですね。うれしい限りです。


ご来店&ご購入くださったみなさま、「PISKEY VINTAGE」店主さま、本当にありがとうございました!
なお、「PISKEY VINTAGE」さんは、年内は29日(木)17:00まで営業なさっています。
年末の忙しいなか、素敵なヴィンテージグッズのあれこれでちょっとひと心地つきませんか。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-25 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_23381284.jpg
イギリス雑貨店「PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)」(福岡市薬院)の12月イベントとして、
12月2日(金)から開催されている
英国の小さなクリスマス市」。

昨年、一昨年に引き続き、私も参加しています。
イギリスから連れて帰ってきたグッズを大放出中!
なかにはすでに売り切れた商品も!
お買い上げくださったみなさま、ありがとうございます!
http://pskvintage.exblog.jp/26157040/

☆☆☆☆☆☆☆☆
「英国の小さなクリスマス市」
日 程:12月2日(金)~18日(日) ※12日(月)はお休み、17日(土)は18時までの営業です
場 所:PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)
福岡市中央区薬院2-13-20 榮ビル薬院3階
お店のサイト:http://piskeyvintage.petit.cc/pineapple1/
ご案内サイト:http://pskvintage.exblog.jp/26157040/
☆☆☆☆☆☆☆☆

e0038047_23383740.jpg
こちら、イギリスにゆかりのある4つのお店や人が出店し、お店にいながらにしてマーケット気分を楽しめるインドア“クリスマス市”です。
今回私がお出しするのは、イギリスのスマートカジュアル飲食店で使用頻度の高いホーローの食器やティータオル(ふきん)、高級スーパーマーケットのしゃれたショッピングバッグといったキッチン周りのグッズをはじめ、あれやこれや。
e0038047_2340865.jpg

また、私の著書『イギリス菓子図鑑』(誠文堂新光社刊)も店頭にお目見えします!
PISKEY VINTAGEのウェブサイトで素敵にご紹介いただいております(↓)。
http://pskvintage.exblog.jp/26186760/

ほかにも、紅茶とハーブ店さん、アロマセラピストの方、クロスステッチ刺繍作家さんがご出店なさいます。

このクリスマス市、いよいよ今週末、18日(日)までです。
お出ししているアイテムは1点もの、もしくは点数が少ないものばかりです。
早めに足を運んで、とっておきを見つけてくださいね!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-14 12:00 | イギリス菓子の会&イベント

私が講師をつとめる「イギリス菓子講座」を開催していただき、会場としてもお世話になっている
重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)。
(つい先日も“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい ~クリスマス編~”を開催。満員御礼! ありがとうございました!)
現在、こちらで私のレシピで製作されたヴィクトリア・スポンジを2Fティーサロンでご提供なさっています。
e0038047_19554276.jpg
(写真提供:重要文化財 旧下関英国領事館

ヴィクトリア・スポンジは、ヴィクトリア・スポンジ・ケーキ、ヴィクトリア・サンドイッチ(・ケーキ)とも呼ばれる、イギリスを代表するケーキのひとつ。(ちなみに、イギリスではヴィクトリア・ケーキとは言いません)
私がクッカリーコースで学んだとき、最初に習ったのケーキがこれ。
イギリスのケーキの基礎とも呼べる、シンプルで、そして紅茶(ミルクティー)によく合うケーキです。

重要文化財 旧下関英国領事館のティーサロンで出してらっしゃるのは、比較的しっとり。口どけがよく、ひと口ごとにやさしい味わいが広がっていきます。
シンプルな材料&レシピゆえ、作り手によって表情が変わるのはおもしろいところです。
単品で600円。ドリンクとセットで1000円です。


レシピの出典は拙著『イギリス菓子図鑑』。
当ブログのレシピでも、ヴィクトリア・スポンジをご紹介していますが、こちらはケーキの厚さが薄め。著書でご紹介しているのは厚めで、こちらの方が一般的。
配合の比率は変わらないものの、重要文化財 旧下関英国領事館で提供されているヴィクトリア・スポンジは『イギリス菓子図鑑』がベース。
ちなみに、中に挟んでいるバタークリームも『イギリス菓子図鑑』でご紹介しているレシピで作られています。



このヴィクトリア・スポンジは、12月28日(水)までの期間限定メニュー。
ほかにも、
エリザベス女王90th記念限定紅茶(リントンズ)500円 ※ポットで提供
ダージリン・セカンドフラッシュ700円 ※ポットで提供
ベイクウェル・プディング 単品800円/ドリンクセット1200円、
をラインナップなさっています。

e0038047_19572123.jpg重要文化財 旧下関英国領事館のティーサロンは2Fにあり、すぐそこは関門海峡。
海を眺めながらの、のんびりティータイムは至福のときです。
年末の忙しいなか、イギリスの代表的なケーキとともに、しばしゆっくりとした時間はいかがですか?


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○満員御礼!  “知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい ~クリスマス編~”終了! → http://ricorice.exblog.jp/25005130/
○満員御礼!  “知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい ~ケーキ編~”終了! → http://ricorice.exblog.jp/24674931/
○満員御礼! “知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい ~スコーン編~” → http://ricorice.exblog.jp/23894644/
○アフタヌーンティーなど@旧下関英国領事館 → http://ricorice.exblog.jp/23621124/
○<イギリス・レシピ> ヴィクトリア・サンドイッチ【Victoria Sandwich】 → http://ricorice.exblog.jp/10474300/
○<イギリス・レシピ> バタークリーム【Butter Cream】 → http://ricorice.exblog.jp/22065718/
○<イギリス・レシピ> ベイクウェル・タート【Bakewell Tart】 → http://ricorice.exblog.jp/22911131/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-10 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_23381284.jpg
12月2日(金)から開催されている
イギリス雑貨店「PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)」(福岡市薬院)の12月イベント
英国の小さなクリスマス市」。

昨年、一昨年に引き続き、今年も開催され、こちらに私も3年連続参加しています。
イギリスから連れて帰ってきたグッズを大放出中です!
http://pskvintage.exblog.jp/26157040/

☆☆☆☆☆☆☆☆
「英国の小さなクリスマス市」
日 程:12月2日(金)~18日(日) ※12日(月)はお休み、17日(土)は18時までの営業です
場 所:PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)
福岡市中央区薬院2-13-20 榮ビル薬院3階
お店のサイト:http://piskeyvintage.petit.cc/pineapple1/
ご案内サイト:http://pskvintage.exblog.jp/26157040/
☆☆☆☆☆☆☆☆

e0038047_23383740.jpg
こちら、イギリスにゆかりのある4つのお店や人が出店し、お店にいながらにしてマーケット気分を楽しめるインドア“クリスマス市”です。
今回私がお出しするのは、イギリスのスマートカジュアル飲食店で使用頻度の高いホーローの食器やティータオル(ふきん)、高級スーパーマーケットのしゃれたショッピングバッグといったキッチン周りのグッズをはじめ、あれやこれや。
e0038047_2340865.jpg

また、私の著書『イギリス菓子図鑑』(誠文堂新光社刊)も店頭にお目見えします!
PISKEY VINTAGEのウェブサイトで素敵にご紹介いただいております(↓)。
http://pskvintage.exblog.jp/26186760/

ほかにも、紅茶とハーブ店さん、アロマセラピストの方、クロスステッチ刺繍作家さんがご出店なさいます。

本日、8日(木)14〜18時まで、私もお店におります。
ぜひお気軽に足を運んでくださいね!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-08 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_2152066.jpg
昨日、2016年12月4日(日)、重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)にて開催の
イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜
満員御礼! 盛況のうちに終了しました。
お越しくださったみなさま、前回キャンセル待ちで今回ご参加くださった方、リピーターさん、初めましての方、ありがとうございました!

今回のテーマは“イギリスのクリスマス”。
以下の、いかにも!なイギリスのクリスマス菓子をご試食いただきながらの会となりました。
クリスマス・プディング
ミンス・パイ
・ジンジャーブレッド・マン
・アドヴェント・カレンダー(チョコレート)
e0038047_2154411.jpg


先月イギリスに行っていたこともあり、せっかくなら、と
クリスマス・プディング
ミンス・パイ
・アドヴェント・カレンダー(チョコレート)
は、あえて現地で市販しているものをご試食いただきました。
(ジンジャーブレッド・マンは私が作ったものをご用意)
e0038047_2161553.jpg

クリスマス・プディングは濃厚な味と香り、ほかにないぎとっとしたテキスチャーで、実際、イギリス人もヘビーと感じているお菓子ゆえ、どうかな?気に入ってもらえるかな? 無理〜!と感じるにせよ、これも経験と思っていただければ、とお出ししました。
少量だったせいもあるかもしれません。いける、という反応が多かったので、ほっ。旨をなで下ろした次第です。


今秋、イギリスから持ち帰ったのは、何もお菓子ばかりではありません。
イギリスの一般的なクリスマスのあり方に加え
イギリスのクリスマスのお菓子の概要についてはこちら → http://ricorice.exblog.jp/21446958/)、
今年のクリスマス菓子の傾向やデパートの売り場やクリスマスアイテム、ライトアップの模様など最新の情報もお伝えできたのが、とてもよかったです。
ほかにも、イギリスのクリスマス・クラッカーを試し(通常の大きなサイズは危険物と見なされ日本に持ち込みできないので、小さなサイズのもので)、ハンパーや食品などの今年のクリスマスカタログも実際に見ていただき、少しでも“今”の現地の様子を知っていただけたのでは、と自負しております。
e0038047_21201160.jpg



重要文化財 旧下関英国領事館では、ほかにもワークショップあり、文学サロンあり、の楽しくわくわくするイベントが随時開催されています。
クリスマスに向けてのイベントも行われます。
チェックして、気になるものがあれば、ぜひ気軽に足を運んでくださいね!
e0038047_2163823.jpg



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-05 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_6215462.jpg
いよいよ今週末です!
2016年12月4日(日)、
重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)で開催の、
イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”で講師を務めます。


日本のクリスマスのお菓子の定番と言えば、イチゴのショートケーキ。
では、イギリスでは?
伝統的なものから最近のお菓子の傾向、イギリスのクリスマスの過ごし方などをお伝えします。

とはいえ、肩肘張ったものではなく、ざっくばらんで気軽な講座です。
そして、私、イギリスから戻ってきたばかり。ということで、より現地感を味わっていただける内容にしたいと張り切っております。
日本ではなかなか食べる機会のないイギリスのクリスマス菓子のご試食もぜひお楽しみに!

こちらの講座、事前予約が必要です。下記、「旧下関英国領事館」にお申し込みください。
先取り気分で、一緒にステキなクリスマスの時間を過ごしましょう!


<イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”>
e0038047_10451549.jpg日 時:2016年12月4日(日) 15:00〜16:30
場 所:重要文化財 旧下関英国領事館
    山口県下関市唐戸町4-11
    http://www.kyu-eikoku-ryoujikan.com/
参加料:1500円 ※お菓子の試食&お茶付き
申込み&問合せ:083-235-1906
主 催:重要文化財 旧下関英国領事館


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-02 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_23381284.jpg
12月に入りました。街にはイルミネーションが輝き、いよいよ本格的な師走、クリスマスシーズンですね。

昨年、一昨年に引き続き、今年もイギリス雑貨店「PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)」(福岡市薬院)の12月イベント「英国の小さなクリスマス市」開催!
http://pskvintage.exblog.jp/26157040/
こちらに私も参加します! 先日、イギリスから連れて帰ってきたグッズを大放出しますよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆
「英国の小さなクリスマス市」
日 程:12月2日(金)~18日(日) ※12日(月)はお休み、17日(土)は18時までの営業です
場 所:PISKEY VINTAGE(ピスキーヴィンテージ)
福岡市中央区薬院2-13-20 榮ビル薬院3階
お店のサイト:http://piskeyvintage.petit.cc/pineapple1/
ご案内サイト:http://pskvintage.exblog.jp/26157040/
☆☆☆☆☆☆☆☆

e0038047_23383740.jpg
イギリスにゆかりのある4つのお店や人が出店し、お店にいながらにしてマーケット気分を楽しめるインドア“クリスマス市”です。
今回私がお出しするのは、イギリスのスマートカジュアル飲食店で使用頻度の高いホーローの食器やティータオル(ふきん)、高級スーパーマーケットのしゃれたショッピングバッグといったキッチン周りのグッズをはじめ、あれやこれや。
e0038047_2340865.jpg

また、私の著書『イギリス菓子図鑑』(誠文堂新光社刊)も店頭にお目見えします!
PISKEY VINTAGEのウェブサイトで素敵にご紹介いただいております(↓)。
http://pskvintage.exblog.jp/26186760/

ほかにも、紅茶とハーブ店さん、アロマセラピストの方、クロスステッチ刺繍作家さんがご出店なさいます。
期間中、私もおうかがいしますし、店頭に立つ機会も作る予定です(日にちが決まったらまた報告しますね)。
PISKEY VINTAGEさんは福岡市薬院という便利な場所にあります。ぜひお気軽に足をお運びください!
みなさまのクリスマスへの準備&お気に入りに加えていただけるとうれしいです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-12-01 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_6215462.jpg
来月頭、2016年12月4日(日)、
重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)で開催の、
イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”で講師を務めます。


日本のクリスマスのお菓子の定番と言えば、イチゴのショートケーキ。
では、イギリスでは?
伝統的なものから最近のお菓子の傾向、イギリスのクリスマスの過ごし方などをお伝えします。

とはいえ、肩肘張ったものではなく、いつものようにざっくばらん、とても気軽な講座です。
そして、私、ちょうどイギリスから戻ってきたばかり。
イギリスで買って来たものをはじめ、日本ではなかなか食べる機会のないイギリスのクリスマス菓子のご試食もぜひお楽しみに!

こちらの講座、事前予約が必要です。下記、「旧下関英国領事館」にお申し込みください。
先取り気分で、一緒にステキなクリスマスの時間を過ごしましょう!


<イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”>
e0038047_10451549.jpg日 時:2016年12月4日(日) 15:00〜16:30
場 所:重要文化財 旧下関英国領事館
    山口県下関市唐戸町4-11
    http://www.kyu-eikoku-ryoujikan.com/
参加料:1500円 ※お菓子の試食&お茶付き
申込み&問合せ:083-235-1906
主 催:重要文化財 旧下関英国領事館


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-24 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_6215462.jpg
来月頭、2016年12月4日(日)に、
重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)で開催の、
イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”で講師を務めます。

日本のクリスマスのお菓子と言えば、イチゴのショートケーキなどが浮かびますが、
果たしてイギリスでは?
当講座では、イギリスの伝統的なお菓子から最近の傾向、イギリスでのクリスマスの過ごし方などをお伝えします。
とはいえ、肩肘張ったものではなく、ざっくばらんな講座です。
日本ではなかなか食べる機会のないイギリスのクリスマス菓子のご試食もお楽しみに!

こちらの講座、事前予約が必要です。下記、「旧下関英国領事館」にお申し込みください。
クリスマスを先取り気分で、一緒にステキな時間を過ごしましょう!


<イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜クリスマス編〜”>
e0038047_10451549.jpg日 時:2016年12月4日(日) 15:00〜16:30
場 所:重要文化財 旧下関英国領事館
    山口県下関市唐戸町4-11
    http://www.kyu-eikoku-ryoujikan.com/
参加料:1500円 ※お菓子の試食&お茶付き
申込み&問合せ:083-235-1906
主 催:重要文化財 旧下関英国領事館


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-16 00:00 | イギリス菓子の会&イベント

e0038047_22341786.jpg
昨日、2016年9月22日(木・祝)、重要文化財 旧下関英国領事館(山口県下関市)にて開催の
イギリス菓子講座“知る! 食べる! イギリス菓子っておいしい 〜ケーキ編〜
たくさんの方にお越しいただき(遠くは千葉からお見えになった方も!)、盛況のうちに終了しました。
ありがとうございました!

e0038047_2233399.jpg
今回のテーマは“イギリスのケーキ”。
実は、イギリスにおけるケーキの定義は曖昧で、そしてその範疇は広い。
パンもパイもビスケットも、そして甘くないお総菜でもケーキと呼ばれるものが存在し、
きちんと本1冊/論文として書くことが十分にできるテーマです。(いずれ体系立てて、まとめていきたいと計画しています)
また、イギリスのケーキの主流はスポンジケーキではなくパウンドケーキのようなタイプ。ケーキを焼くときの道具やアクセサリー、食べるシチュエーションなどを、実際に現地から連れて帰ったものアイテムなどをお見せしながらお話をしました。
同時にイギリスのケーキの世界の流行や社会現象についてもお伝えしました。
鋭いご意見が要所要所で飛び出し、こういった質疑応答があったことで、よりいっそうみなさんが熱心に耳を傾けてくださる内容になったことと思います。

なお、本日ご試食いただいたのは以下の6つのケーキです。
ヴィクトリア・サンドイッチ(ヴィクトリア・スポンジ・ケーキ)
e0038047_22344349.jpg

レモン・ドリズル・ケーキ
e0038047_2235115.jpg

バナナブレッド
e0038047_22352885.jpg

クイーン・ケーキ
e0038047_2236083.jpg

ティー・ケーキ
e0038047_22363029.jpg

・ グーズナー・ケーキ
e0038047_223658100.jpg

人数分より多めに用意したのですが、ほとんど全部召し上がっていただけたのもうれしかったな。

e0038047_2237449.jpg
紅茶はイギリスの紅茶ブランド、ドーセット ティーのものをお出ししました。
ドーセット ティーについてはこちら → http://ricorice.exblog.jp/24125179/


こちらの講座、告知と同時に1日で満席となり、急遽広いスペースでの開催となりました。それもすぐに埋まり、キャンセル待ちをしていただく事態に。
あいにく本日ご参加いただけなかった方もいらっしゃいます。
キャンセル待ちの方からは、次の開催の際はご連絡を!とのお声もいただいています。
できるだけ早い段階で、次の企画を練りたいと思っています。

また、本日持参したアイテムについて、購入したい!というお声もいくつかいただきました。
今回は私自身がすでに使っているものあり、また、こういったイベントのための資料的側面で所有しているものもあり、で、販売という意識はまったくなかったのですが、
ご要望とあらば、そういうことも視野に入れて、イベントを企画していきます。

e0038047_2241425.jpgご意見&ご要望がありましたら、ぜひ重要文化財 旧下関英国領事館までどうぞ。
みなさまのお声を反映し、参加してよかった!と思っていただける内容をお届けしたいと願っています。
URL:     http://www.kyu-eikoku-ryoujikan.com/
FBページ:      https://www.facebook.com/%E9%87%8D%E8%A6%81%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1-%E6%97%A7%E4%B8%8B%E9%96%A2%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8-1473880016190257/


重要文化財 旧下関英国領事館では、ほかにも文学サロンあり、ワークショップあり、の楽しくわくわくするイベントを随時開催なさっています。
これらのイベントにもぜひお気軽に足をお運びくださいね!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-09-23 00:00 | イギリス菓子の会&イベント