「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:スナック( 15 )



e0038047_0345420.jpg明日、2015年2月1日の成田発便をもって、ヴァージン アトランティック航空の日本線の運行は終了となります。ご存知の方も多くいらっしゃるでしょう。
昨年、私は「イングリッシュワインで乾杯!」と題したコラム連載をしたこともあり、なじみのあるエアラインのひとつです。

私が初めてヴァージン アトランティック航空を利用したのは1998年秋。
機首に“スカーレット・レディ”と呼ばれる女性のイラストとユニオンジャックが描かれるようになってさほど日数が経ってなかったような。。。
というのも、この“スカーレット・レディ”を描いたTシャツとかをキャンペーンか何かでもらったんですよね。
で、この当時、確か、ヴァージン アトランティック航空が各席にモニターを設置した先駆けと言われていたと記憶しています。それまで、ブロックごとに大きなスクリーンが設置され、そこに映画だのが映し出されていたんですよ、若いみなさん!
私自身は、機内で映画も観なければ音楽も聴かないし、かといってゲームもしないんです。なので、飛行機がどこを飛んでいるかを確認するぐらいでしかモニターを見ないという。。。では、何をしているかというと、ひたすら寝ているか、本を読んでいるか(ときどき仕事をしていることも。。。)。
まあ、これは飛行機に限らず、列車でもバスでも移動中はこんな感じです。

私、機内食が好きで(味うんぬんよりも、あのコンパクト感が近未来的な感じで好きなんです)、ある頃から写真を撮るようになり、1998年に利用したときの写真も残っていました。
当時はまだグラスやカトラリーが使われていたんですよね〜。
目を引いたのは、赤や青やオレンジをカバーなどに使ったポップな色使いでした。
それと、今でもはっきり覚えているのが、食事のあとでお茶をサーブするでしょ。そのときのティーポットが、赤をきかせたモダンスタイリッシュで、うぉ〜、欲しい〜!と思ったんです。

食事は往復とも2回。成田→ヒースローの最初の食事では、チキンを選んだ模様。このときのデザートのチョコレート菓子がおいしかったな。2度目の食事はカレー。
e0038047_0362331.jpg
e0038047_0363693.jpg
e0038047_0355510.jpg
e0038047_0361082.jpg

ヒースロー→成田の最初の食事では、サーモン・フィッシュケーキをチョイス。2回目の食事はイングリッシュ・ブレックファスト風。オムレツがスフレのごとく、ふわふわだったことをよく覚えています。
e0038047_0401745.jpg
e0038047_04046.jpg
e0038047_039498.jpg
e0038047_039356.jpg

より詳しいことは、、、もしかしたら、メモがどこぞに残っているかもしれません。
ちなみに席はエコノミーです。

この私の初フライトよりもさらに前の機内食はこんな模様(私は乗っていません)。
<昼食 ※西洋料理または日本料理>
・ 西洋料理
新鮮な季節のサラダ フレンチドレッシング
牛フィレ肉きのこソース ポテトのソテー カリフラワーチーズ風味 
または 舌平目の白ワインクリームソース海老添え パセリポテト ブロッコリー 茄子のグリル 
または 菜食料理(ベジタブルマイルドカレーライス)
ペアヘレン
ミントチョコレート
紅茶、コーヒー

・日本料理
松花堂スタイル(銀鱈西京焼き チキンロール 椎茸昆布 からすみ かに新挽揚 エシャロット 諸味噌 玉子焼 紅白蒲鉾 がんもどき いんげん 季節の混ぜ御飯 香の物)
和菓子

<英国スタイルアフタヌーンティー>
オープンサンドイッチ
モカケーキ
紅茶、コーヒー

<日本風リフレッシュメント>
フルーツ
一口茶巾
海老棒寿司
キャラブキ細巻
焼き鳥
枝豆
醤油
緑茶

<軽食>
チキン串焼き ベジタブルライス添え
または ツナのラザニア マッシュルームきのこ添え
チーズ
クラッカー
紅茶、コーヒー
e0038047_0424630.jpg
e0038047_0421324.jpg
e0038047_0415378.jpg
e0038047_0414461.jpg

時代を感じさせる表記もありますねぇ。
なぜ、こんなことを乗ってもいないのに知っているかって?
もう随分前に、どなたかにこのメニューをいただたんです。
三つ折りになっていて、そのうちの一面は絵はがきになっているというスタイル。
この絵はがき部分のイラスト、時代を感じさせるものではありますが、アイディアがぎゅっと詰まっています。
e0038047_044877.jpg
イラストは、ロンドンの街中が舞台とされています。ダブルデッカーとか、電話ボックスとか、ハロッズのショッピングバッグとかが描かれていて、容易にそれとわかるようになっています。
そして、これ、ヴァージン アトランティック航空の絵はがきなのに、肝心の飛行機はどかんと描かれているわけではありません。
子どもが握っている風船にロゴが入った機体が映っているのみです。
これがミソで、描かれているほとんどの人は空を見上げている格好になっています。つまり、空を飛んでいるヴァージン アトランティック航空の機体が、風船に映っているというわけ。
ストレートに宣伝する、というよりも、ロンドンの雰囲気を伝え、そのことで旅に誘う、というやり方。上手にできていて、うまいなぁ、と思いました。
描かれている人も子ども、老人、警察官、ポッシュなお嬢さん、ゴスの女の子、バスカーと、多様性を感じさせるところもいいですね(今なら人種もいろいろ描かれるのでしょう)。


そんなわけで、お世話になりました! ありがとうございました!
と言いつつ、日本から撤退したに過ぎないので、別の路線やヴァージン・エキスプレスなどを利用することがこれからもあるとは思うのですが(笑)。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2015-01-31 00:00 | スナック

ふと立ち寄ったスーパーマーケットで発見!
タカキベーカリーのイングリッシュマフィン。
ほかの地域の事情が分からないのですが、東京では
イングリッシュマフィンといえばパスコ、のイメージで、
実際にほかのメーカーのものはお目にかかったことがありません。

同時に食べ比べたわけではなく、
パスコは舌の記憶によるものですが、
タカキベーカリーの方が、コーンミールが強い印象。
ざらっとしたテクスチャーも強く、生地はややもちっとした感じ。
パスコの方がふわっとしていた印象です。
パスコが概してやわらかいのに比べ、
比較的主張するタイプがタカキベーカリー。
e0038047_23154790.jpg


私は山口の出身なので、広島が本社のタカキベーカリーにはとてもなじみがあります。
8歳ぐらいのときに、「パンの道」(だったような)というテレビ番組をやっていて、
それは特別番組で、パンの文化背景を辿るといった内容だったと記憶してますが、
それがものすごい強烈な印象でした。
番組そのものの内容は覚えてないのですが、
ヨーロッパのパンのある暮らしの映像が今も強く焼き付いています。

舌がそのように形成されたからなのか、
東京で暮らしていた20年以上の月日の中で一番よく利用したパン屋さんが
アンデルセンであり、リトルマーメイド(フランチャイズ店舗)でした。
くるみパン、ダークチェリー(ペストリー)とバゲットハムチーズサンドが
昔も今もとにかく好きで好きで。
取材でアンデルセンに伺えたときはとてもうれしかったな。
広島アンデルセンもぜひ取材したいものです。

で、タカキベーカリー。
いつも思うのですが、商品名の文字の書体や色使いがとても目立つのです。
パッケージデザインが独特だなぁと感じます。
このあたりも探りたい。

で、もう一言。
タカギベーカリー、じゃなくって、タカキベーカリーですよ。
“タカキ”の“キ”は濁音ではありません。念のため。

tue 18/09/12


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

by ricoricex | 2012-09-30 23:15 | スナック

アフタヌーンティーに登場するフィンガーサンドイッチはキューカンバーサンドイッチというのが定番だが、私の知り合いのイギリス人いわく、エッグ&クレスサンドイッチが本物だと。しかし、実物はおろか、本や雑誌でも見たことないので確証はない。この場合はエッグはスクランブルエッグだそうだ。クレスとはクレソンのこと。見た目きれいだし、上品そうな感じはする。まだつくってみたことはないけど。
by ricoricex | 2007-05-16 23:08 | スナック

イギリスにもカップ麺が存在する。その名もポットヌードル。完成度の低いカップヌードルといえば分かりやすいかも。どこのスーパーでも売ってる。私、食べたことないのです…。なんか、まずいというか中途半端な味のような気がして…。

「トレインスポッティング」の中でロンドンで不動産の仕事に就いたマーク(ユアン・マクレガー)がダイアン(ケリー・マクドナルド)からの手紙を寝そべりながら読んでいるときに、食べていたのがポットヌードル、もしくはポットヌードルに類するものです。
by ricoricex | 2007-05-14 23:03 | スナック

なんてことはない、ジャガイモを丸ごと電子レンジでチンしたもの。別においしいものではないが、お腹はふくれるので、空腹はしのげる。そのままではいくらなんでも味気ないので、ベイクドビーンズと一緒に食べたりする。私はサワークリームと一緒に食べるのが好き。
by ricoricex | 2007-04-27 21:00 | スナック

ノール【Knorr】


クノールとは読まない。know同様kは発音せず、ノールだって。日本では味の素がやってる(ライセンス生産なのかなぁ)が、もともとはオランダの会社、だった、ような…、忘れちゃった。やはりインスタントカップスープが有名。
by ricoricex | 2007-04-12 16:44 | スナック

トースター【Toaster】


イギリスの食生活で欠かせない家電。日本のオーブントースターの様なタイプは見当たらず、昔ながらのポップアップスタイルが主流。なかには、ひとつの差し込み口に2枚入る幅の広いタイプもある。日本の食パンは厚いのが人気があるので、イギリスのトースターには不向き。逆も然り。食パンだけでなくクランペットやナン(スーパーで普通に売っている。ナンブレッドと呼んでいる)ももちろん焼ける。
by ricoricex | 2007-04-10 21:33 | スナック

イギリスの缶詰めといえばコレ。大豆のトマト煮、といえばいいのかな。イングリッシュ・ブレックファストについてるアレ。日本人にはすこぶる評判が悪いのだが、実は私、けっこう好き。たいしておいしいもんじゃないけど、時々無性に食べたくなるから困ったもんだ。日本で入手できるのかなぁ。昔、大丸ピーコックで、一瞬ウエイトローズのやつを売ってたが、パスタコーナーに並べてあったことからも、どうもトマトの水煮とベイクドビーンズを間違えたのではないかと思われる。

イギリス人は大好きで、各メーカーやスーパーブランドなど種類はたくさん。しかも安い。ハインツとかホームプライドとかあるが、私が一番好きだったのはセインズベリーというスーパーのエコノミーというブランド(今はなくなったらしい…)。同じセインズベリーブランドの中でも激安のもので、日本円にして100円もしなかったと思う。あっさりしてて私好みでした。

私の好きな食べ方は、トーストにマーガリン(バターではない)を塗って、そこに温めたベイクドビーンズをのっけて、半分に折ってぐわっと食べるという。


そうそう、98年にイギリスに行くのにヴァージン・アトランティックで行ったのだが、機内の朝食にもオムレツ、ソーセージと一緒にベイクドビーンズが入っていた…、さすが!
e0038047_16302758.jpg




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2007-03-27 22:18 | スナック

e0038047_1472319.jpg
イギリスのスーパーに行って、おおおおーっと圧倒されるのは、シリアルの棚。ブランフレーク、ミューズリーなどいろいろ種類はあるが、一番ポピュラーなのは、やはりコーンフレークでしょう。このコーンフレーク、日本のものとかなり味わいが違う。もっと腰があって歯応えがあり、大粒で一粒一粒(一枚一枚?)も大きい。牛乳をかけても、すぐへこたれないのがいい。そしてうれしいのはシュガーコーティングされていないこと。自分で好みの量のグラニュー糖をかけて食べるのだ。

イギリスのスーパーは自社ブランドを幅広く展開していて、コーンフレークもその例に漏れず。で、その中にはスタンダードな商品と、エコノミーな商品が存在する。コーンフレークに関しては、メーカーによって違うとは思うが、いくら安いとはいえエコノミーはいただけない、というのが私の感想。なんだか腰砕けの味なのよ。e0038047_16344562.jpg
by ricoricex | 2006-09-05 01:29 | スナック

イギリスのソーセージはまずいまずい、と聞かされていて、さぞや、とドキドキしながらそのチャンスをうかがっていたが、ついにその機会はなかった。と、そーではなく、私が逆にこのソーセージおいしいなぁ、と思っていたのが、イギリスのソーセージでした…。イングリッシュ・ソーセージを私が好きなのは、私が肉の脂を好きでないからかもしれない。カルビや和牛は脂っこくって苦手だからなぁ。
 
ドイツや日本のパリッとする肉たっぷりの入ったソーセージと違って、見た目はほんのりピンク、そして肉の量はきわめて少ない。替わりにパン粉だかなんだかが入ってふにゃふにゃしている。肉は入っていないという、まことしやかなうわささえあるほどだ。なんでも肉の含有量が少なくって、EUの規定するソーセージの分類に入れられないらしい…。そーいえばイギリスのチョコレートもミルクの量が多すぎて同じようなことになっていたような…。
 
私の好きなイングリッシュ・ソーセージの食べ方は、フライパンで焦げ目が付くまで焼いて、グレイヴィーソースをたっぷりかけて、付け合わせにマッシュドポテト(マッシュドキャロットでもマッシュドピーでもOK)やさやいんげん(人参でもOK)のグラッセ、スチームもしくは茹でたカリフラワー(ブロッコリー、キャベツや芽キャベツでもOK)とかを添えるというもの。ただし、日本ではイングリッシュ・ソーセージを見かけないので、食べられないのが残念。いかん、食べたくなってきた…。



・当ブログ内の文章、写真、その他の無断転用、転載を固く禁じます。
by ricoricex | 2006-07-10 00:50 | スナック