「ほっ」と。キャンペーン

イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:お知らせ( 112 )



e0038047_0374736.jpg
福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.41でお仕事をしました(といっても少しだけ)。
今号の大特集は“2016年にオープンした美味しい店たち”。
そこでの、“2016年終盤開業の期待の新鋭たち”の取材&執筆を担当しました。
(全部ではありません。制作まっただなかの時期に、イギリス出張だったんですよね。。。)
e0038047_0382025.jpg

第二特集は、この季節にうれしい“お燗で一献”です。


「ソワニエ」vol.41、1月10日より店頭に並んでおります。
書店やコンビニでの実売は福岡を中心に九州エリアですが、アマゾンでぽちっとすることも可能です。
ぜひ、お手にとってご覧くださいね。

ソワニエVol.41 2017年1・2月号


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-01-13 12:00 | お知らせ

e0038047_5312725.jpg
「OZmagazine」から“meet JAPAN 〜まだ知らない日本に会いに〜”をテーマに発刊されている旅の雑誌「OZ TRIP(オズトリップ) 」。
こちらの2017 WINTER号でお仕事をしました。


今号の大特集は“温泉でのんびり ひとり旅”。
文字どおり、女性ひとり旅におすすめのグルメスポットやモデルコース、温泉宿のおひとりさまプランをご紹介した内容で、私が担当したのは別府。
大分県が誇る湯の町は、九州はもとより日本を代表する温泉地のひとつです。
今回、1年ちょいぶりに訪問して感じたのは、若い方が経営する実直なお店がぽつぽつ増えているなぁ、ってこと。
非常に私好みのコーヒー(酸味があるのは得意じゃない。苦味がほどよく、全体のバランスがとれているもの)を取り扱っているお店にも出合え、大興奮!
(家で淹れるとお店ほどではなかったのは、淹れ方もだけれど、水の違いも大きいだろうなぁ)
e0038047_8555314.jpg


こちら、別府のほかにも伊豆高原、箱根、草津、道後など全国から11のひとり旅・温泉エリアがピックアップされています。
また、温泉ひとり旅にTipもあれこれご紹介。
ぜひ、お手にとってご覧くださいね!


「OZ TRIP(オズトリップ) 」 2017 WINTER号

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-25 12:00 | お知らせ

e0038047_6572680.jpg
福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.40でお仕事をしました。
今号の大特集は“うまい魚が食べたい!”。
福岡に移って、食の面で、魚に恵まれていることはとても大きいなぁとつくづく感じています
(私は出身が山口で、漁業関係に従事していた親戚がいたりで魚介類に恵まれて育ちました)。
なので、私自身がとても楽しみな企画です。

e0038047_6581459.jpg
私が担当したのは、小特集の“蕎麦とつまみと日本酒と”。
実はこの企画を担当する前、
西日本出身者の例に漏れず、いや、和食に関しては
東京暮らしが20年以上にもかかわらず、濃ゆ〜い西っ子のままで、
蕎麦を食べることがはそうそうないのですが、
今年2016年5月に無性に食べたくなって、
東京・三軒茶屋の蕎麦屋を久しぶりに訪ね、
蕎麦気分が盛り上がっていたところにこの企画。
その気持ちのノリがうまく伝わっているといいなぁ。

e0038047_659274.jpg
もうひとつ、おせちのページも担当しました。
和洋中の飲食店のおせちを扱った企画ってありそうでなかったんじゃないかって思います。
注文をお考えの方、ぜひご参考に!

「ソワニエ」vol.40は発売が始まったばかりです。
書店やコンビニでの実売は福岡を中心に九州エリアですが、アマゾンでぽちっとすることも可能です。
ぜひ、お手にとってどうぞ。

ソワニエVol.40 2016年11・12月号


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-11-10 12:00 | お知らせ

e0038047_021763.jpg
福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.39でお仕事をしました。
今号の大特集は“福岡中華、絶賛進化中!”。
最新シノワからカジュアルダイニングまで幅広く取り上げています。

e0038047_0213620.jpg
私が担当したのは、“福岡中華、絶賛進化中!”に続く小特集の“熊本&大分応援”企画。
福岡は両県に隣接し、また出身者が多いこともあり、熊本や大分の食材を使ったり、郷土料理を提供する店がいくつもあります。
記憶に新しい、4月に熊本、大分を襲った地震。まだまだ復旧の途中、そして安心とまではいかない状況です。
義援や支援金、イベントに参加することはもちろん、外食のなかで食べて飲んで応援できれば!

この企画では、日常的に両県の食材や料理を提供している店を取り上げています。
ここで取り上げた以外にも飲食店が点在しているので、これが
“食べて飲んで熊本&大分を支援”のきっかけになればいいなぁと願っています。


「ソワニエ」vol.39、発売がスタートしたばかり。
書店やコンビニでの実売は福岡を中心に九州エリアですが、アマゾンでぽちっとすることも可能です。
ぜひ、お手にとってどうぞ。


ソワニエVol.39 2016年9・10月号


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-09-11 12:00 | お知らせ

e0038047_11251779.jpg
OZmagazine」から“meet JAPAN 〜まだ知らない日本に会いに〜”をテーマに発刊されている旅の雑誌「OZmagazine TRIP」。
こちらの2016 AUTUMN号でお仕事をしました。

今号の大特集は“おいしいグルメ旅”。
食にフォーカスを当てたもので、巻頭の「南の食の都・博多で絶対食べたい8品」を担当しました。
現在、私は福岡市在住。5年前に東京から移り、まだまだstrangerなので、そんな旅人気分が反映されているといいなぁ、と感じています。
e0038047_11214754.jpg


ほかにも、南があれば北があるということで、札幌、ワインの勝沼、さつまいもスイーツの川越、信州そばの上田、島の味覚の奄美など、全国津々浦々、おいしい旅情報が詰まっています。
私が心を奪われたのが、おやつの町、北九州市。私がずっと気になっていて、ちょっと前に「雲のうえ」でもおやつ特集号があったし、ますます気になる北九州市。


OZmagazine TRIP」2016 AUTUMN号は発売されたばかりです。
ぜひ、お手にとってご覧くださいね。

「OZmagazine TRIP」2016 AUTUMN号


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-09-09 12:00 | お知らせ

福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.38でお仕事をしました。
今号の大特集は“とびきりのご褒美ランチ”。
ちょっと贅沢したいときや、会食にも使えるランチがピックアップされています。

e0038047_231465.jpg
私が担当したのは、“とびきりのご褒美ランチ”に続く小特集の“サンドイッチ”。
・サンドイッチに特化した専門店
・カフェや喫茶店、ダイニングバーのサンドイッチメニュー
・このパン屋さんではこのサンドイッチを!といった、サンドイッチ・カタログ
の3部構成です。
当たり前といえばそれまでですが、ひとことでサンドイッチといってもいろいろあって、お店の個性も出るなあとつくづく感じた次第。


ソワニエVol.38 2016年7・8月号

「ソワニエ」vol.38、発売がスタートしたばかり。
書店やコンビニでの実売は福岡を中心に九州エリアですが、アマゾンでぽちっとすることも可能です!
ぜひ、お手にとってご覧ください。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-07-11 12:00 | お知らせ

e0038047_1663825.jpg
一昨日の2016年6月6日(月)中村学園大学短期大学部(福岡市)に、ゲストスピーカーとしてご招待いただき、現在のイギリスの食事情についてお話ししました。
http://www.nakamura-u.ac.jp/

この日、聴講いただいたのは栄養学科の学生さん、ということで、
・ヴェジタリアン&ヴィーガン、グルテンフリー事情(レストランやコーヒーショップでのメニュー展開の仕方など)
・ オーガニックショップやファーマーズマーケットが身近な存在に
・ ランチにサラダパックを食べるのもポピュラー
・ Bean to Bar、Specialty Coffee/Tea、Sourdough Bread/Pizzas/Doughnuts

・ 子どもの肥満対策として、シュガー・タックス(砂糖税)を導入
・ ジェイミー・オリヴァーの給食革命、失敗に終わる

ということを、画像をお見せしながらお話ししました。

加えて、上記にみられる、
・ ヘルシー志向(eat well、health conscious)と高カロリー食摂取の乖離には何があるのか

さらに広がって、
・ 飲食業の人材不足によって何が起こっているか
・ イギリスで人気のある日本食チェーンの戦略
なんてトピックについても。


せっかくなので、
イギリスの料理本、レストランガイド、新聞の付録、スーパーマーケットの冊子やキッチンウェア・ショップのカタログ、飲食店のリーフレットなどもお持ちし、見ていただきました。
e0038047_16745100.jpg



この日、お話ししたことがストレートに伝わると、もちろんうれしいのですが、それよりも自分の身近な/知っている範囲の外にある、よその世界への興味の喚起になればいいなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○著書『イギリス菓子図鑑』をロンドンの料理学校においていただきました → http://ricorice.exblog.jp/24434241/
○シュガー・タックス(砂糖税)導入は問題解決の糸口となるか? → http://ricorice.exblog.jp/24308455/
○キッチンスタッフ求む! 人手不足に悩むイギリスのレストラン業界 → http://ricorice.exblog.jp/23763775/
○イギリスでの、次なる日本食の目玉はカツカレー? → http://ricorice.exblog.jp/24226785/
○イギリスのサワードウ・ブレッド食べ比べ → http://ricorice.exblog.jp/24419366/


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-06-08 00:00 | お知らせ

ほかの大都市の例に漏れず、ロンドンにはクッカリースクールがいくつもあります。
国外でも、かもしれませんが、それよりもイギリス国内で圧倒的に高い評価を受けている学校に、ロンドンのLeiths School of Food and Wineがあり、キャサリン妃が受講したことでも知られています。
e0038047_0201163.jpg
この学校、私も渡英のたびに、ワンデイクラスだったり、イヴニングクラスだったり、イベントだったりに参加しています(長期はなかなかとれず。。。)。
値段だけみると決してお値打ちとはいえないのですが、いったん参加するとそのたびに新しい発見があり、元は十分にとったと思えます。なので、いつも受講を楽しみにしています。
以前はケンジントンにあってアクセスが便利だったものの、今はゾーン3かな?最寄りの地下鉄の駅から15分は歩くし、ちょっと行きづらいのが難点ですが。

このLeithsの図書館の蔵書に、なんと拙著『イギリス菓子図鑑』を加えていただきました。
(現在)イギリスに居住していない外国人が日本語で綴ったイギリスの食文化についての本が、イギリスの料理学校に蔵書としてある、というのは不思議な気がしますが、非常にうれしいことです! ありがたいことです!


何度も何度も行っていてよく知っているはずの学校ですが、実はライブラリーは訪問したことがないんです。。。
なので開架式なのか閉架式なのかわからないですし、セキュリティが厳しく関係者以外、つまりクラスを受講していないと館内に入れないので、気軽にみてみてくださいね!とは言えないのですが。。。
でも、機会があればぜひ!
私も次の受講の際は、自分の目で確かめてみたいと願っています。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-06-05 12:00 | お知らせ

福岡のグルメマガジン「ソワニエ」vol.37でお仕事をしました。
今号の大特集は“必食、スペシャリテ!”。
この特集で、スウィーツを担当しました。
e0038047_8133095.jpg


ご登場いただいたのは、福岡を代表する6軒のパティスリー。
一般的にイメージされる“店の看板”とは違ったアイテムをスペシャリテとしてご紹介くださったところもあります。
詳細は、見てのお楽しみ、ということで。

大特集 “必食、スペシャリテ!”は老舗、フレンチ、イタリアン、肉、シーフード、野菜、スウィーツの7つのカテゴリーで構成されています。
写真が大きく使ってあり、思わず引き込まれ、食べに行きたくなっちゃいます。

ソワニエ Vol.37 2016年5・6月号

「ソワニエ」vol.37、本日より絶賛発売です。
実売は福岡を中心に九州エリアですが、アマゾンでぽちっとすることもできるので、ぜひ!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-05-10 12:00 | お知らせ

e0038047_11595939.jpg
日本でもその言葉をきくようになって随分経つのが、コーヒーのサードウェーブ。
その熱い模様はメディアで取り上げられること、しばしば。

そのサードウェーブって何?ってのをわかりやすく解説した記事がウェブに登場。
題して、
“サードウェーブ”? コーヒーの世界の今を知る!
http://lifestyle.3ple.jp/1036/


こちらの記事は、その定義や、果たしてファースト、セカンドは何だったのか、そして世界のコーヒー文化から、この現象がまとめられています。
この記事の終盤で、イギリスのコーヒー事情についてお話ししました。とても、わかりやすくまとめてくださっています!

コーヒーのサードウェーブ?何それ?って方も、改めておさらい、って人も、ぜひチェックしてみてください!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのおしゃれカフェ16選 → http://ricorice.exblog.jp/23767244/
○「Time Out」によるロンドンのコーヒースポット・ベスト30 → http://ricorice.exblog.jp/23250282/
○ロンドンのコーヒーショップ・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/22959925/
○イギリスのブランチ&コーヒースポット・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22415210/
○読者が選ぶロンドンのコーヒーショップ・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/22236223/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ライター/アドバイザー”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2016-04-09 12:00 | お知らせ