イギリスの食、イギリスの料理&菓子 ricorice.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスの食研究家、食の編集者/ライター、フードアドバイザー、情報発信サポーター“羽根則子”がお届けする、イギリスの食(&α)に関するつれづれ。


by ricoricex
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:順位&セレクト(ロンドンの店)( 269 )



e0038047_23511911.jpg

夏ですね〜。
イギリスの夏は暑くなったとはいえ、湿気が少ないので、屋外は本当に気持ちいい。
オープンエアや屋外のダイニングスペースを持っている飲食店で食事をするのは楽しいし、
ピクニック・バスケットを持って外でごはんを食べるのも快適な季節です。

外でピクニック気分でごはんとなると、自分で作るほかに、
ファストフードのテイクアウェイ(持ち帰り)やスーパーマーケットで買ってきたものを広げるのが相場だけれど、
こういう特集ができるほど、ポッシュなものを提供する店も!

ワンランク上のピクニック・バスケット、ロンドンはここで買えます!
Where to order a ready-made picnic in London
http://www.hot-dinners.com/Features/Hot-Dinners-recommends/where-to-order-a-ready-made-picnic-in-london


掲載されたのは、2017年6月21日(水)づけのイギリスの飲食メディア、Hot DInnersにて。
取り上げられたのは、以下のピクニック・バスケットです。

01. Rex Whistler @ Tate Britain £25(2人前)
02. The German Gymnasium £64(2人前)〜
03. Rivea London @ Bulgari Hotel £19
04. The De Beauvoir Deli Co £37〜
05. The Mount Street Deli £45〜
06. The Arch London £45(1人前)
07. La Fromagerie £245
08. Paul £20(2人前)〜
09. Dukes £75(2人前) ※バトラー・サーヴィス付き
10. Carluccio’s £45(2人前)
11. The Balcon £50

ピクニック・バスケットは、当然、予約が必要です。
オリジナル記事には、それぞれの予約方法が載っています。
また、夏季限定で発売しているところもあるので、気になる方は要チェック!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○エリア別、イギリスで人気のあるデリバリーメニューはこれ! → http://ricorice.exblog.jp/25589245/
○ロンドンのテイクアウェイ(持ち帰り)・ベスト28 → http://ricorice.exblog.jp/23864697/
○ロンドンのフードデリバリー・ベスト23 → http://ricorice.exblog.jp/23833572/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-07-19 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

夏は日差しと屋外と水辺がごちそう!なわけで、
ロンドンだとテムズ川沿い、というのも手。

そんなわけで、ロンドンの情報メディア、Londontopiaの2017年6月22日(木)づけであったのはこんな記事。
川べりのパブで1杯! ロンドンでおすすめの5軒
The London Fiver – Five of the Best Riverside Pubs To Have a Pint
http://londontopia.net/culture/pubs/london-fiver-five-best-riverside-pubs-pint/

選ばれたのは以下の5軒です。

01. The Prospect of Whitby
02. The Dove
03. The Mayflower
04. The Ship Wandsworth
05. The White Cross

いずれも古いパブで、新しいところで18世紀後半(!)にオープン。
ノスタルジックな雰囲気に浸かりに行くのもアリ!です。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンでこの夏試したい、テラス席のある店10選 → http://ricorice.exblog.jp/25872684/
○ロンドンのリバーサイド・レストラン25選 → http://ricorice.exblog.jp/24559382/
○ロンドンのリバーサイド・パブ&バー25選 → http://ricorice.exblog.jp/24557258/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-07-13 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

年々暑くなっている印象のロンドンの夏。
湿気がないので、同じ温度でも殺人的な暑さではないものの、
6月に入りなんと30℃を超える日があったり、と、いや〜、まいったね!であります。

暑くても湿気が少ないということは、日陰にいると快適なわけでして、
食事をするにしても、オープンエアは本当に気持ちいい。

そんなわけで、イギリスのレストランガイド“Harden’s”の2017年6月15日(木)づけであったのはこんな記事。

ロンドンでこの夏試したい、テラス席のある店10選
10 new terraces to try in London this summer
http://www.hardens.com/uk-london/15-06-2017/10-new-terraces-to-try-in-london-this-summer/


選ばれたお店は以下のとおりです。

01. Ivy City Garden
02. Sisu
03. Radici
04. Rail House Café
05. Mac & Wild
06. Pomona’s
07. Nutbourne
08. Bar Douro
09. Little Bird
10. The Imperial Durbar

ここで選ばれているのは、新しいところが中心。
テラス席ですもの、天気が最高にして最大のごちそうなわけで、雨さえ降らなければ完ペキです!
毎日ではないところもあるので、詳細は各店舗のURLをチェック!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンの屋上バー・ベスト30 → http://ricorice.exblog.jp/24574735/
○ロンドンのリバーサイド・レストラン25選 → http://ricorice.exblog.jp/24559382/
○ロンドンのリバーサイド・パブ&バー25選 → http://ricorice.exblog.jp/24557258/
○ロンドンのアウトドア・ダイニング44選 → http://ricorice.exblog.jp/24539421/
○ロンドンで屋外スペースのあるレストラン・ベスト12 → http://ricorice.exblog.jp/24519286/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-06-27 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22420529.jpg
2017年6月3日(土)夜に起こったロンドン・ブリッジ・アタックの影響で休業していた、
今や人気観光スポットのフードマーケット、バラ(ボロー)・マーケット/Borough Market
事件発生から11日経った6月14日(水)朝10時、1分間の黙祷のあとにベルが鳴らされ、
マーケットが再オープンとなりました。
e0038047_22404735.jpg


これを受けて再開前日の6月13日(火)、イギリスの女性誌「Stylist」で、以下の記事が掲載されました。
祝・再開業! バラ・マーケットで食べるならここ!
An insider guide to the best places to eat in Borough Market
http://www.stylist.co.uk/life/recipes/borough-market-an-insider-guide-to-the-best-places-to-go


エキスパートがバラ(ボロー)・マーケット内、そして周辺からおすすめの飲食スポットを紹介。
<カフェ/Cafes><レストラン/Restaurants>のカテゴリーでピックアップされた店舗は、以下のとおりです。

<カフェ/Cafes>
e0038047_22423559.jpg
01. Gourmet Goat
02. La Tua Pasta
03. Brindisa
04. Kappacasein
05. Richard Haward Oysters
06. Horn Ok Please!
07. Maria’s Market Café

<レストラン/Restaurants>
e0038047_22430546.jpg
01. Padella Pasta
02. Tapas Brindisa
03. The Globe Tavern
04. Tacos El Pastor
05. Arabica
06. Elliot’s
07. Hawksmoor Borough
08. Mango


ここでは腰を落ち着かせて飲み食いできる店舗が選ばれていますが、
バラ(ボロー)・マーケットには、カジュアルに買い食いできるスポットもたくさんありますよ。
e0038047_22412555.jpg



~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ランチ@パデッラ/Padella(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/25657886/
○ドーナッツ@ブレッド・アヘッド/Bread Ahead(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/25828940/
○ロンドンのストリートフード・ベスト50 → http://ricorice.exblog.jp/24838487/
○週末のお出かけに! ロンドンのサタデー・マーケット → http://ricorice.exblog.jp/23421394/
○ロンドンのおすすめ新しめのマーケット → http://ricorice.exblog.jp/21990828/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-06-15 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

母の日は違うものの、父の日はイギリスも日本も同じで、6月の第3日曜日。
今年2017年は、6月18日(日)が父の日です。
そんなわけで、イギリスのレストランガイド“Harden’s”の2017年6月1日(木)づけであったのはこんな記事。

父の日に行きたいロンドンの飲食店・ベスト10
Father’s Day roundup: 10 places to treat the old man on 18 June
http://www.hardens.com/uk-london/01-06-2017/fathers-day-roundup-10-places-to-treat-the-old-man-on-18-june/


目的別に選ばれたお店は以下の10軒です。


○ロンドンで最上のステーキを食べるなら/Treat him to London’s best steak
Guinea Grill
3コース・サンデーランチ £46

○ウィスキー、シガー、ステーキ、ジャズ……男性の好きなものばかり/Whisky, cigars, steak, jazz… dad will be in heaven
Boisdale
ウィスキー・フライト £35、ほか父の日の特典割引あり

○肉より野菜!な向きに/Dad doesn’t eat meat? Try the veggie roast
The Gate
2コース £18.50、3コース £21.50

○古き佳き時代を味わう/Complimentary Old Fashioned for the old man
Rivington Grill

○ブランチもしくはディナーが無料/How about a free brunch or dinner for dad?
Mint Leaf

○伝統的なサンデーローストを食す/Take him for a traditional Sunday roast
The Grill in McQueen’s

○景色もごちそうのひとつ/Enjoy some spectacular scenery with your Sunday lunch
View 94
2コース・サンデーランチ £18、3コース・サンデーランチ(コーヒーまたは紅茶付き) £28

○ビールとローストを楽しむ/Or how about a beer and roast extravaganza?
Belgo
2コース(ビールまたはプロセッコ付き) £20、3コース(ビールまたはプロセッコ付き) £24

○ちょっと足をのばして、ヘイワーズ・ヒースで/Haywards Heath
Jeremy’s at Borde Hill Restaurant
3コース・サンデーランチ £40

○クラシックなカレーとシャンパーニュのペアリング/Treat your dad to a classy curry with champers
Karnavar
3コース・インディアンブランチ £30、シャンパーニュ付き £50


特典がある店が中心に選ばれています。
母の日に隠れがちですが、父の日も大事ですね〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ヴァレンタイン・デイに奮発して食べたい、ロンドンの看板メニュー7選 → http://ricorice.exblog.jp/25355338/
○イギリスのセレブリティシェフ10人による母親の思い出の味 → http://ricorice.exblog.jp/23077565/
○イギリス人が母親を思い出す味・トップ10 → http://ricorice.exblog.jp/21839814/
○イギリスのセレブリティシェフの母親の味 → http://ricorice.exblog.jp/21824156/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-06-14 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_01212199.jpg

もちろん物理的に近いし、歴史的なつながりもあるし、
なんだけれど、こんなチョイスが出てきたってことは、
それだけロンドン在住フランス人が多いからなのか、
フランス的なものを求める人がロンドンに多いからなのか。

2017年2月21日(火)づけの、ロンドン情報のウェブサイト“Londonist”にあったのはこんな記事。

ロンドンでエクレアを食べるならこの5軒
London's Best Eclairs
http://londonist.com/2016/07/london-s-best-eclairs


選ばれたのは以下の5軒です。

e0038047_01220985.jpg01. Maitre Choux(サウス・ケンジントン)
02. Belle Epoque(イズリントン、ニュイーントン・グリーン、デパート“Selfridges”)
03. Melba at The Savoy(ストランド)
04. No 11 Cadogan Gardens(チェルシー)
05. Rabbit(チェルシー)

エクレアといえば、フランスの国民的なお菓子で、チョコレートやモカクリームが詰まっているのが定番ですが、昨今は味も見た目も華やかなものがたくさん見受けられます。
それはロンドンの店でも同じこと。
なかにはアフタヌーンティーの1品や、甘くないセイヴォリータイプのエクレアを出している店も選ばれています。


それにしても、“ケーキ屋”とか“フランス菓子店”とかそういう大きなくくりではなく、“エクレア”という細かいカテゴリーでこういうふうに企画ができるなんて、それだけ人々の好みが多様化し、同時にさまざまなものがロンドンで食べられるようになった証しですね〜。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのパティスリー・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/25375179/
○ロンドンのケーキ屋さん・ベスト5 → http://ricorice.exblog.jp/22726539/
○キャロット・ケーキ@ラ・パティスリー・デ・レーヴ/La pâtisserie des Rêves(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/22939612/
○モンブラン@メゾン・バトー/Maison Bertaux(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/22514178/
○クラミック/cramique@オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド/Aux Merveilleux de Fred(ロンドン) → http://ricorice.exblog.jp/21376550/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-05-30 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

2017年4月25日(火)づけのイギリスの飲食メディア、Hot DInnersにあったのはこんな記事。
テーマ別! ロンドンでブランチを食べるならここ!
The best new brunches in London
http://www.hot-dinners.com/Features/Hot-Dinners-recommends/the-best-new-brunches-in-london


カテゴリーと選ばれた14軒は以下のとおりです。


01. ビールをお供に/The one with beer
Galvin HOP(スピタルフィールズ)
ブランチ営業: 土日曜&祝日11.30〜16.00

02. アルゼンチン料理/The Argentine brunch
Gauchos(ブロードゲイト、カナリー、チャンセリー、ピカデリー、スローン、スミスフィールド、タワー・ブリッジ)
ブランチ営業: 土曜11.00〜16.00

03. カクテルと一緒に/The cocktail brunch
Cocktail Trading Company(ブリック・レーン)

04. パスタと1杯と/The one with pasta
Cantina Del Ponte(シャッド・テムズ)
ブランチ営業: 日曜12.00〜15.00

05. 中近東料理/The Middle Eastern one
Bababoom(バタシー)
ブランチ営業: 土日曜10.30〜15.00

06. 王道・イギリス料理/The very British brunch
Temple and Sons(シティ)
ブランチ営業: 土曜11.00〜15.00

07. イタリアとイギリスの融合/The Italian/English brunch
Margot(コヴェント・ガーデン)
ブランチ営業: 土日曜12.00〜16.00

08. バスク料理/The Basque brunch
Eneko(アルドウイッチ)
ブランチ営業: 土曜11.30〜14.30、日曜11.30〜15.30

09. ターミナル駅で食べるなら/The handy for the station brunch
Plum and Spilt Milk(キングス・クロス・セント・パンクラス駅)
ブランチ営業: 土日曜11.00〜16.00

10. アメリカンな雰囲気/The Stateside/Thameside brunch
Mondrian London(スピタルフィールズ)
ブランチ営業: 土日曜12.00〜16.00


11. インド料理/The Indian brunch
Mint Leaf(ピカデリー)
ブランチ営業: 土曜11.30〜16.00

12. ペルー料理/The Peruvian brunch
Coya(メイフェア)
ブランチ営業: 土日曜12.00〜16.00

13. フィッツロヴィアで/The Fitzrovian brunch
Foley's(フィッツロヴィア)
朝食営業: 月〜土曜8.00〜12.00

14. お米を使った料理/The rice brunch
Tapas Brindisa Shoreditch(ショーディッチ)
ブランチ営業: 土日曜12.00〜17.00


眺めているだけで、なんだか楽しくなるラインナップです。
単に“ブランチ”でなく、カテゴリーを定めてそこでのめぼしいお店、ってことで個性が立っている店が並びました。
ただし、週末のみ、ってとこもあるし、こういうのは見直しが入るし、
で、気になるお店にいざ行く前にチェックを忘れずに!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンで飲み放題ブランチが楽しめる店・ベスト7 → http://ricorice.exblog.jp/24723116/
○ロンドンのブランチスポット・ベスト73 → http://ricorice.exblog.jp/24599371/
○ロンドンのベスト・ブランチ27選 → http://ricorice.exblog.jp/24261059/
○ブランチに訪ねたいロンドンのレストラン・ベスト10 → http://ricorice.exblog.jp/23324711/
○最新イギリスのブランチスポット15選 → http://ricorice.exblog.jp/22949977/
○ロンドンで週末、飲み放題ブランチを楽しめる店5選 → http://ricorice.exblog.jp/22896384/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-05-25 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_22451177.jpg

こう言うと、よってたかって反発されそうですが、
日本の食事情はむしろ貧しいと思っています、私。
いえね、先進国とは思えないほど安い値段でそこそこのものが食べられる、ってのは圧倒的に抜きん出ています。料理人の腕や工場技術も(おそらく)悪くない。
(一番すぐれているのは、普通に売ってるチョコレート製品だと思っています。
 粉っぽくない、って時点ですごい技術だな〜と感心することしきり)

じゃあ、何かが乏しいかっていうと、圧倒的に素材の力。
本来持っているそのものの味がしない、っていうのかなぁ。
全部がじゃないけれど、薄っぺらいぺらっぺらのものに取り囲まれているように思えます。

イギリスに飛んでうれしくなるのは、
パンがちゃんと小麦など穀物が香り味がすること、
牛乳など乳製品が乳の甘味とコクがあること(ミルク色ってのは納得できる)、
果物は甘味も酸味もあり、野菜には苦味もちゃんとある。

とりわけ野菜は見た目も鮮やかなものも多いし、
野菜そのものが主張するから、張り切ってもりもり食べちゃいます。
シンプルなヴィネグレットソースだけで充分!


そんな私の声を反映するかのように、
2017年4月25日(火)づけの、 “Culcure Trip”にあったのはこんな記事。

ロンドンでサラダを食べる歓び! 行くならここ!
The Best Restaurants in London for Amazing Salads
https://theculturetrip.com/europe/united-kingdom/england/london/articles/the-best-restaurants-in-london-for-amazing-salads/


選ばれたのは以下の8軒です。

01. Ottolenghi(ベルグレイヴィア)
02. The Culpeper(アルドゲイト)
03. Granger & Co.(クラーケンウェル)
04. Nama(ノッティング・ヒル)
05. Mildreds(キングス・クロス)
06. Detox Kitchen(フィッツロヴィア)
07. Wild Food Cafe(コヴェント・ガーデン)
08. The Good Life Eatery(チェルシー)

レストランあり、デリあり、チェーン店あり、とお店のあり方もいろいろ。にしても、こうやって眺めると、外食でたっぷりのフレッシュ野菜が摂れる店がぐぐ〜んと増えましたねぇ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのヘルシーレストラン・ベスト37 → http://ricorice.exblog.jp/24543893/
○ヴィーガンにやさしいロンドンのレストラン → http://ricorice.exblog.jp/24253491/
○グルメも納得!のイギリスのベジタリアン・レストラン・ベスト15 → http://ricorice.exblog.jp/23061126/
○ロンドンのヘルシーレストラン&バー・ベスト20 → http://ricorice.exblog.jp/22789643/
○イギリスでの、次なる日本食の目玉はカツカレー? → http://ricorice.exblog.jp/24226785/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-05-19 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

ロンドンの情報メディア、“Time Out”の2017年4月28日(金)づけであったのはこんな記事。

ロンドンで行きたいレストランのニューフェイス14選
The best new restaurants in London
https://www.timeout.com/london/restaurants/the-best-new-restaurants-in-london


選ばれたのは以下のお店です(かっこの中はジャンル、スラッシュの後はエリアです)。

01. Apres Food Co(カフェ/ファーリンドン)
02. Bel-Air(インターナショナル/ホルボーン)
03. Bleecker(ハンバーガー/ヴィクトリア)
04. Bun House(中国/ソーホー)
05. The Cheese Bar(ストリートフード/カムデン)
05. Club Mexicana at Pamela(メキシコ/キングスランド)
06. Duck Duck Goose(中国/ブリクストン)
07. Farang(タイ/ハイベリー)
08. Food Store(カフェ/レスター・スクエア)
09. Goose Island Vintage Ale House(クラフトビール・パブ/バーラム)
10. Kricket(インド/ピカデリー・サーカス)

11. Nape by Cannon & Cannon(デリ/カンバーウェル)
12. Plot(イギリス/トゥーティング)
13. Temple of Hackney(ヴィーガン/ハックニー)
14. TWID(モダン・ヨーロッパ/クラパム・ジャンクション)

私が非常に気になるのは、
04のBun House
bunとあるように、包子がウリのお店。
ウェブサイトがシンプルながら、中国のおかあさんたちが淡々と調理している模様がバックスクリーンに流れて、これが郷愁をそそりかつエキゾチックな感じでいいんですよね〜。
(実際にお店で出しているのは、モダンかつイギリスで受けるようにしていると思いますが。)
このセンス! 店舗設計やインテリアも気になるなぁ。


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○2016年にオープンし、すでにロンドンの顔になったレストラン・ベスト16 → http://ricorice.exblog.jp/25293490/
○今年、2017年の開業に期待大! ロンドンのレストラン・ベスト15 → http://ricorice.exblog.jp/25158103/
○2017年ロンドンで試したいレストラン13選 → http://ricorice.exblog.jp/25132327/
○今年、2017年の開店が待ち遠しい! ロンドンのレストラン10選 → http://ricorice.exblog.jp/25111559/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!

by ricoricex | 2017-05-15 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)

e0038047_19384127.jpg

イギリスのフードマガジン“Olive Magine”にこんな記事をみつけました。

ロンドンのストリートフード・レストラン5選
The best ‘top secret’ street food restaurants in London
http://www.olivemagazine.com/restaurants/london/the-best-top-secret-street-food-restaurants-in-london/


選ばれたのは以下のお店です。


○ダンプリングなら/FOR DUMPLINGS
Jen Café

○ロティなら/FOR ROTI
Roti King

○すしなら/FOR SUSHI
Atari-Ya

○カティ・ロールなら/FOR KATI ROLLS
Kati Roll Company

○韓国風フライドチキンなら/FOR KOREAN FRIED CHICKEN
Jubo


ここで選ばれているのはストリートフードを固定店で出しているところ。
っと、すべてアジア料理ですね〜。気になるところがあればぜひ!


~~過去の関連記事も併せてどうぞ
○ロンドンのストリートフード・ベスト50 → http://ricorice.exblog.jp/24838487/
○ロンドンのストリートフード・マーケット5選 → http://ricorice.exblog.jp/22013325/
○週末のお出かけに! ロンドンのサタデー・マーケット → http://ricorice.exblog.jp/23421394/
○ロンドンの安ウマな食べ物13選 → http://ricorice.exblog.jp/22591044/
○「タイムアウト/Time Out」選 ロンドンの安くて旨い店・ベスト100 その1 → http://ricorice.exblog.jp/25694467/
○「タイムアウト/Time Out」選 ロンドンの安くて旨い店・ベスト100 その2 → http://ricorice.exblog.jp/25694466/




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・『イギリスの食、イギリスの料理&菓子は“イギリスの食研究家”“食の編集者/ダイレクター/ライター”羽根則子のブログです。

プロフィール ・活動内容  ・著書
 (↑お手数ですが、それぞれクリックしてくださいね)

お仕事・講演などのご依頼は、
 chattexあっとまーくyahoo.co.jp までメールでご連絡を!


by ricoricex | 2017-05-10 00:00 | 順位&セレクト(ロンドンの店)